2008-2009 プリンタ・プロッタ市場の実態と展望

業務用からコンシューマ用まで、プリンタ市場を網羅。各種プリンタの現状から将来予測までを掲載。更に、今年度版では、今後の動向が注目されるUVプリンタ市場を分析。

発刊日: 2009/02/27 体裁: A4 / 333頁
資料コード: C51100300 PDFサイズ:
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 108,000円 (本体 100,000円 消費税 8,000円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:プリンタ・プロッタメーカーの実態を調査・分析することにより、当該企画/関連企業のビジネスにおける
       参考資料を作成する
調査対象:日本国内に拠点を置くプリンタ・プロッタ・LFPメーカ
調査方法:直接面接取材を基本とし、e-mail・電話による取材を併用
面接調査期間:2008年12月~2009年2月
 

リサーチ内容

第1章 プリンタ総市場の概況

1.プリンタ総市場の概況
  1.1 出荷台数の推移
  1.2 出荷金額の推移
2.地域別出荷状況
3.プリンタ総市場の推移・予測(2006~2012年度)


第2章 プリンタ カテゴリ別市場動向

1.シリアル・インパクト・ドット
  1.1 市場動向
  1.2 市場規模/メーカシェア
    1.2.1 台数ベース
    1.2.2 金額ベース
  1.3 国内/海外販売形態別出荷推移
    1.3.1 2007年度
    1.3.2 2008年度見込み
  1.4 地域ブロック別出荷数量
  1.5 タイプ/速度別出荷数量
    1.5.1 24ピン/その他(国内、2008年度見込み)
    1.5.2 24ピン速度別(2008年度見込み)
  1.6 市場規模予測(2006~2012年度)
2.インクジェット
  2.1 市場動向
  2.2 市場規模/メーカシェア
    2.2.1 出荷数量シェア推移(SFP+MFP)
    2.2.2 出荷数量シェア推移(SFP)
    2.2.3 出荷数量シェア推移(MFP)
    2.2.4 出荷金額シェア推移(SFP+MFP)
    2.2.5 出荷金額シェア推移(SFP)
    2.2.6 出荷金額シェア推移(MFP)
  2.3 国内/海外販売形態別出荷推移
    2.3.1 2007年度
    2.3.2 2008年度見込み
  2.4 地域ブロック別出荷数量
  2.5 用紙サイズ別出荷数量
  2.6 市場規模予測
3.ライン・インパクト・ドット
  3.1 市場動向
  3.2 市場規模/メーカシェア
    3.2.1 出荷数量シェア推移
    3.2.2 出荷金額シェア推移
  3.3 国内/海外販売形態別出荷推移(OEM/自社ブランド)
    3.3.1 2007年度
    3.3.2 2008年度見込み
  3.4 タイプ別出荷数量
  3.5 市場規模予測(2006~2012年度)
4.ページ高速
  4.1 市場動向
  4.2 市場規模/メーカシェア
    4.2.1 出荷数量シェア推移
    4.2.2 出荷金額シェア推移
  4.3 国内/海外販売形態別出荷推移
    4.3.1 2007年度
    4.3.2 2008年度見込み
  4.4 地域ブロック別出荷数量
  4.5 タイプ別出荷数量
    4.5.1 カット紙/連続紙仕様別(国内、2008年度見込み)
    4.5.2 カット紙/連続紙仕様別(海外、2008年度見込)
  4.6 市場規模予測(2006~2012年度)
5.ページ中・低速
  5.1 市場動向
  5.2 市場規模/メーカシェア
    5.2.1 出荷数量シェア推移
    5.2.2 出荷金額シェア推移
  5.3 国内/海外販売形態別出荷推移
    5.3.1 2007年度
    5.3.2 2008年度見込み
  5.4 地域ブロック別出荷数量
  5.5 速度別出荷数量
    5.5.1 速度別(国内カラー、2008年度見込み)
    5.5.2 速度別(国内モノクロ、2008年度見込み)
    5.5.3 速度別(海外カラー、2008年度見込み)
    5.5.4 速度別(海外モノクロ、2008年度見込み)
  5.6 用紙サイズ別出荷数量
    5.6.1 用紙サイズ別(国内カラー、2008年度見込み)
    5.6.2 用紙サイズ別(国内モノクロ、2008年度見込み)
    5.6.3 用紙サイズ別(海外カラー、2008年度見込み)
    5.6.4 用紙サイズ別(海外モノクロ、2008年度見込み)
  5.7 カラー/モノクロ別出荷数量
    5.7.1 国内(2008年度見込み)
    5.7.2 海外(2008年度見込み)
  5.8 市場規模予測(2006~2012年度)


第3章 日本国内における注目市場の動向

1.レーザプリンタSFP/A4-MFP
  1.1 国内市場の動向(SFP)
    不況の影響を受け、10%程度の落ち込み
    表/図 レーザプリンタの国内出荷台数推移(カラー/モノクロ)
  1.2 有力企業のビジネス概況
    1.2.1 留まるところを知らないキヤノンの独走
    1.2.2 用途特化した成長を計画するエプソン
    1.2.3 ソリューション提案のリコー
    1.2.4 富士ゼロックスはMFP連携ソリューションとエコを訴求
    1.2.5 カラー転換をし始めた日本電気
    表/図 レーザプリンタのブランドシェア(モノクロ+カラー)
    表/図 カラーレーザプリンタのブランドシェア
    表/図 カラーレーザプリンタのメーカシェア(エンジンベース)
  1.3 国内市場動向(A4-MFP)
    1.3.1 2桁成長が続く
    表/図 A4-MFPの国内出荷台数推移(カラー/モノクロ)
    表/図 A4-MFPのブランドシェア(国内、モノクロ+カラー)
    表/図 A4-MFPのブランドシェア(国内、カラーのみ)
    図 対応セグメントのイメージ図
    1.3.2 速度を訴求した買い増しと集約化によるリプレイス
    1.3.3 ネット販売の強化が重要
2.インクジェットプリンタ-SFP/MFP
  2.1 市場拡大が難航
    2.1.1 MFPは成長を維持するも総市場は飽和状態
    表/図 インクジェットSFP/MFPの市場規模推移・予測(2006~20012年度)
    2.1.2 リプレイス需要喚起に向けて
    図 MFPとSFPの市場シェア
  2.2 各社の取組み
    2.2.1 モデル別ではエプソンが返り咲き
    表 インクジェットプリンタ2008年秋冬モデル比較
    2.2.2 シェア3位以下のビジネス概況
    表/図 インクジェットプリンタの国内ブランドシェア(SFP+MFP)
    表/図 インクジェットSFPのシェア(2006~2008年度)
    表/図 インクジェットMFPのシェア(2006~2008年度)
3.業務用ラベルプリンタ市場の概況
  3.1 2008年秋から軟調に転じ、通年見通しは下方修正の可能性も
    表/図 2006~2008年度の市場規模推移
  3.2 特需は一段落するも、モバイルタイプには成長が見込まれる
    図 特需を除くモバイル市場の推移イメージ
    表/図 タイプ別の市場規模推移(2006~2008年度)
  3.3 今後の市場拡大に向けて
    3.3.1 食品のカロリーを自動測定・表示
    3.3.2 医療分野には牽引役が期待される
    表/図 需要分野別の市場規模推移(2007~2008年度)
  3.4 2006~2008年度のベンダシェア
  3.5 2008年度の販売状況
  3.6 市場規模予測


第4章 プリンタメーカの個別実態

プリンタ個表の見方
  1.インフォプリント・ソリューションズ・ジャパン株式会社
  2.株式会社沖データ
  3.カシオ計算機株式会社
  4.キヤノン株式会社
  5.京セラミタ株式会社
  6.コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社
  7.シチズン・システムズ株式会社
  8.セイコーエプソン株式会社
  9.日本電気株式会社
  10.日本ヒューレット・パッカード株式会社
  11.富士ゼロックス株式会社
  12.富士通株式会社
  13.ブラザー工業株式会社
  14.株式会社リコー
  15.リコープリンティングシステムズ株式会社
  16.レックスマーク インターナショナル株式会社


第5章 プロッタ/LFP市場の動向と分析

1.プロッタ総市場の動向
2.プロッタ タイプ別出荷推移
3.プロッタ総市場規模の予測(2006~2012年度)


第6章 プロッタ/LFP カテゴリ別市場動向

1.フラットベッド型
  1.1 市場動向
  1.2 市場規模/メーカシェア
  1.3 タイプ別出荷実績/見込
  1.4 流通ルート別出荷実績/見込
2.グリッドローリング型
  2.1 市場動向
  2.2 市場規模/メーカシェア
  2.3 流通ルート別出荷実績/見込
3.ドラム型
  3.1 市場動向
  3.2 市場規模推移
4.電子写真方式
  4.1 市場動向
    4.1.1 2007~2008年度の市場概況
    図 A2機の供給関係
    4.1.2 リプレイス需要確保が至上命題
    4.1.3 厳しい船出のフルカラー機
    4.1.4 参入企業の動向
  4.2 世界市場規模/メーカシェア
    4.2.1 電子写真方式 出荷数量世界シェア推移(ブランド)
    4.2.2 電子写真方式 出荷数量世界シェア推移(エンジン)
    4.2.3 電子写真方式 出荷数量国内シェア推移(ブランド)
    4.2.4 電子写真方式 出荷数量国内シェア推移(エンジン)
    4.2.5 電子写真方式 出荷数量世界シェア推移(単体機、ブランドベース)
    4.2.6 電子写真方式 出荷数量世界シェア推移(単体機、エンジンベース)
    4.2.7 電子写真方式 出荷数量国内シェア推移(単体機、ブランドベース)
    4.2.8 電子写真方式 出荷数量国内シェア推移(単体機、エンジンベース)
    4.2.9 電子写真方式 出荷数量世界シェア推移(複合機、ブランドベース)
    4.2.10 電子写真方式 出荷数量国内シェア推移(複合機、ブランドベース)
  4.3 サイズ別出荷見込み
    4.3.1 電子写真方式(世界、ブランドベース)
    4.3.2 電子写真方式(国内、ブランドベース)
  4.4 地域別販売台数
  4.5 市場規模予測(2006~2012年度)
5.インクジェット方式
  5.1 市場動向
    5.1.1 2007~2008年度の市場概況
    5.1.2 各企業の動向
    図 大判インクジェットプリンタのエンジン・製品供給関係
  5.2 世界市場規模/メーカシェア
    5.2.1 インクジェット方式 出荷数量世界シェア推移(製品生産ベース)
    5.2.2 インク方式別 出荷数量世界シェア推移(水性系、製品生産ベース)
    5.2.3 インク方式別 出荷数量世界シェア推移(溶剤系、製品生産ベース)
    5.2.4 インク方式別 出荷数量世界シェア推移(UV系、製品生産ベース)
    5.2.5 インクジェット方式 出荷数量世界シェア推移(ブランドベー  ス)
    5.2.6 インク方式別 出荷数量世界シェア推移(水性系、ブランドベース)
    5.2.7 インク方式別 出荷数量世界シェア推移(溶剤系、ブランドベース)
    5.2.8 インク方式別 出荷数量世界シェア推移(UV系、ブランドベース)
    5.2.9 インクジェット方式 出荷数量国内シェア推移(製品生産ベース)
    5.2.10 インク方式別 出荷数量国内シェア推移(水性系、製品生産ベース)
    5.2.11 インク方式別 出荷数量国内シェア推移(溶剤系、製品生産ベース)
    5.2.12 インク方式別 出荷数量国内シェア推移(UV系、製品生産ベース)
    5.2.13 インクジェット方式 出荷数量国内シェア推移(ブランドベース)
    5.2.14 インク方式別 出荷数量国内シェア推移(水性系、ブランドベース)
    5.2.15 インク方式別 出荷数量国内シェア推移(溶剤系、ブランドベース)
    5.2.16 インク方式別 出荷数量国内シェア推移(UV系、ブランドベース)
  5.3 タイプ別出荷実績/見込
    5.3.1 インクジェット方式 カラーモノクロ別世界シェア推移(水性系、製品生産ベース)
    5.3.2 インクジェット方式 カラーモノクロ別世界シェア推移(水性系、ブランドベース)
    5.3.3 インクジェット方式 カラーモノクロ別国内シェア推移(水性系、製品生産ベース)
    5.3.4 インクジェット方式 カラーモノクロ別国内シェア推移(水性系、ブランドベース)
  5.4 サイズ別市場規模
    5.4.1 インクジェット方式 サイズ別世界出荷数量(ブランドベース)
    5.4.2 インクジェット方式 サイズ別国内出荷数量(ブランドベース)
  5.5 地域別市場規模
  5.6 市場規模予測(2006~2012年度)
6.カッティングプロッタ方式
  6.1 市場動向
  6.2 市場規模推移(台数)
  6.3 市場規模推移(金額)
  6.4 各社動向
  6.5 地域別市場規模
    6.5.1 グリットローリング 出荷数量推移
    6.5.2 フラットベッド 出荷数量推移
  6.6 用途別市場規模
  6.7 サイズ別市場規模
7.UVプリンタ
  7.1 UVプリンタ市場概況
    7.1.1 なぜUVプリンタが普及し始めたのか
    図 UVプリンタの市場性
    7.1.2 市場定義
  7.2 UVプリンタ市場規模(総計)
    表/図 UVプリンタ世界市場規模推移(2006~2008年度)
    図 メーカシェア(2006~2008年度)
    7.2.1 UVプリンタ市場規模(Hiクラス、2006~2008年度)
    表/図 UVプリンタ世界市場規模推移(Hiクラス、2006~2008年度)
    図 メーカシェア(Hiクラス、2006~2008年度)
    7.2.2 UVプリンタ市場規模(Midクラス、2006~2008年度)
    表/図 UVプリンタ世界市場規模推移(Midクラス、2006~2008年度)
    図 メーカシェア(Midクラス、2006~2008年度)
    7.2.3 UVプリンタ市場規模(Lowクラス、2006~2008年度)
    表/図 UVプリンタ世界市場規模推移(Lowクラス、2006~2008年度)
    7.2.4 UVプリンタ市場規模(スーパーワイドフォーマット)
    表 UVプリンタ世界市場規模推移(SWFP、2006~2008年度)
    図 UVプリンタ世界市場規模推移(SWFP、2006~2008年度)
    図 UVプリンタ世界シェア(SWFP、2008年度見込み)
    図 UVプリンタ国内シェア(SWFP、2008年度見込み)
  7.3  UVプリンタの市場動向
    7.3.1 サプライビジネスに見る状況
    7.3.2 サイングラフィック業界における状況
  7.4 参入各社の動向
    7.4.1 アグファ・ケバルト
    7.4.2 EFI
    7.4.3 オセ
    7.4.4 HP
    7.4.5 フジフイルムグラフィックシステムズ
    7.4.6 ミマキエンジニアリング
    7.4.7 ミヤコシ
    7.4.6 ローランド ディー.ジー.
  7.5 市場予測と今後の可能性
    7.5.1 溶剤系との共存成長
    7.5.2 市場規模予測
    表/図 UVプリンタ世界市場規模予測(世界市場、2006~2012年度)
    表/図 UVプリンタ世界市場規模予測(国内市場、2006~2012年度)


第7章 プロッタ/LFPメーカの個別実態

個表の見方
  1.キヤノン株式会社
  2.グラフテック株式会社
  3.株式会社ケイアイピー
  4.株式会社セイコーアイ・インフォテック
  5.セイコーエプソン株式会社
  6.日本オセ株式会社
  7.日本ヒューレット・パッカード株式会社
  8.富士ゼロックス株式会社
  9.株式会社ミマキエンジニアリング
  10.武藤工業株式会社
  11.株式会社リコー
  12.ローランド ディー.ジー.株式会社
  13.コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 108,000円 (本体 100,000円 消費税 8,000円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C48116500 2007年版 中国自動車部品の世界調達実態 ~メーカー別・部品別詳細解剖~
C50109400 2008年版 世界半導体パッケージ市場の現状と展望
C49100800 2007 拡大するブルーレーザ市場
C49201300 2007年版 ブロードバンド白書
C48119600 2006-2007年版 半導体商社