2009年版 惣菜(中食)市場白書

内食として存在感を高め、成長を続ける惣菜(中食)市場の現状と将来展望について市場調査を実施した。

発刊日
2009/08/31
体裁
A4 / 331頁
資料コード
C51204400
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:全国の惣菜関連企業の事業戦略、及び取扱い商品の動向を調査・分析し、惣菜市場の現状と
       今後の市場見通しを明らかにすることを目的とする。
調査対象:惣菜市場参入企業/その他関連企業
調査方法:当社専門研究員による直接面接取材、電話取材を実施
調査期間:2009年5月~2009年8月

リサーチ内容

第Ⅰ章 2009年の惣菜市場

1.内食が下支えとなり中食市場は微増基調で推移
2.中食事業を強化する外食・スーパー各社
3.店内調理・加工でひと手間掛け、顧客囲い込みへの取組み強化
4.デパ地下惣菜ブランドはターゲット・商品コンセプトを刷新し新たな取組みへ
5.タスポ効果も一巡、コンビニエンスストア惣菜事業は新たな局面に
6.「米飯系惣菜」は惣菜市場の牽引役、米飯市場のトレンドと課題
7.惣菜業界におけるカット野菜市場の現状と課題
8.惣菜市場における食の安全・安心への取組み状況
9.メタボリック症候群(またはその予備軍)による「惣菜(中食)の利用状況」実態調査
  (1)調査主旨と概要
  (2)メタボリック症候群(またはその予備軍)の方々の惣菜(中食)利用状況
  (3)惣菜(中食)を利用する理由
  (4)よく購入する惣菜~揚げ物が非常に高い人気~
  (5)惣菜購入の際に重要であると考えること~カロリーが低いことは重要~
  (6)総括~「メタボリック向け惣菜」=薄味・少量・低カロリーの公式は当てはならない
10.惣菜関連統計データ(工業統計表、家計調査年報、他)


第Ⅱ章 注目業界動向~主要電鉄系企業の惣菜事業戦略~

1.電鉄系グループにおける流通業態と食品(惣菜)事業一覧
2.業種・業態別にみる主要参入企業の惣菜事業取組み動向
  (1)電鉄系百貨店
    ①市場概要
    ②参入企業動向
  (2)電鉄系スーパー
    ①市場概要
    ②参入企業動向
  (3)駅、駅ナカ、複合商業施設
    ①市場概要
    ②参入企業動向
  (4)その他
   (自社系列コンビニエンスストア、事業提携、フランチャイズビジネス、その他)
    ①市場概要
    ②参入企業動向
3.業界特性と課題
  (1)電鉄系百貨店
  (2)電鉄系スーパー
  (3)駅、駅ナカ、複合商業施設
  (4)その他
   (自社系列コンビニエンスストア、事業提携、フランチャイズビジネス、その他)
4.市場展望と将来性予測
  (1)電鉄系百貨店
  (2)電鉄系スーパー
  (3)駅、駅ナカ、複合所業施設
  (4)その他
   (自社系列コンビニエンスストア、事業提携、フランチャイズビジネス、その他)
5.ケーススタディ:㈱阪食に見る惣菜事業の事例考察
  (1)事業概要
  (2)製造部門における生産動向
  (3)出店政策
  (4)今後の事業戦略


第Ⅲ章 惣菜マーケットの現状分析と展望

1.惣菜の市場規模推移(2004~2008年度)
  (1)商品別
  (2)販売チャネル別
2.惣菜の市場構成比(2008年度)
  (1)商品別
  (2)販売チャネル別
3.惣菜の地域別市場構成比(2008年度)
4.惣菜の商品別市場動向分析
  (1)和風惣菜
  (2)洋風惣菜
  (3)中華惣菜
  (4)米飯
    ①おにぎり
    ②弁当
    ③寿司
  (5)給食弁当
  (6)調理パン
  (7)ファストフード
  (8)調理麺
5.惣菜の末端市場動向分析
  (1)コンビニエンスストア
  (2)量販店
  (3)百貨店
  (4)惣菜専門店
  (5)その他販売チャネル
6.惣菜の消費動向分析
7.惣菜の市場拡大要因と阻害要因分析
8.惣菜市場の2013年展望
  (1)市場見通し(商品、チャネル、業態)
  (2)商品別市場規模予測(2009~2013年度)
  (3)チャネル別市場規模予測(2009~2013年度)
   

第Ⅳ章 有力惣菜関連企業の企業戦略分析

1.事業の基本方針と方向性
2.商品政策(商品開発体制、商品開発ポイント、品揃え)
3.生産動向と安全・衛生対策(HACCP、トレーサビリティ)
4.食材仕入と物流対策
5.コンビニ、量販店、百貨店、生協、駅ナカ・駅チカ、商業ビル等との取引状況
6.出店政策(FC店、直営店の出店状況、出店地域)
7.コンビニ・スーパー・デパ地下惣菜など、競合販売チャネルとの差別化戦略
8.新業態の開発、異業種への参入意向
9.今後の市場戦略


第Ⅴ章 メタボリック症候群(またはその予備軍)による
          『惣菜(中食)の利用状況』に関する実態調査

1.惣菜(中食)の利用状況
  (1)回答者属性と男女・年齢別メタボリック症候群(またはその予備軍)の内訳
2.メタボリック症候群(またはその予備軍)の方々の惣菜(中食)利用状況
  (1)回答者属性
    ①利用者
    ②非利用者対象(惣菜を利用しない理由)
  (2)メタボリック症候群の方々がその改善のために行っていること
    ①全体(男女)
    ②男性
    ③女性
  (3)惣菜(中食)利用者の利用状況
    ①惣菜(中食)を利用する理由(全体)
    ②惣菜(中食)を利用する理由(男性)
    ③惣菜(中食)を利用する理由(女性)
  (4)よく購入する惣菜と最も購入しない惣菜について
    ①-ⅰ)よく購入する惣菜(全体:男女)
    ①-ⅱ)最も購入しない惣菜(全体:男女)
    ②-ⅰ)よく購入する惣菜(男性)
    ②-ⅱ)最も購入しない惣菜(男性)
    ③-ⅰ)よく購入する惣菜(女性)
    ③-ⅱ)最も購入しない惣菜(女性)
  (5)低カロリー弁当・惣菜の利用経験
    ①利用経験の有無について
    ②今後の利用意向
  (6)惣菜(中食)購入に際して重要と考えること
    ①カロリー表示があること
    ②カロリーが低いこと
    ③栄養のバランスがよいこと
    ④使用材料の数が多いこと
    ⑤ボリュームがあること
    ⑥味付けが薄いこと
    ⑦油脂分(脂身)の量が少ないこと
    ⑧野菜の使用量が多いこと
    ⑨肉の使用量が少ないこと
  (7)惣菜(中食)に対する要望・改善点


第Ⅵ章 注目企業の個別実態(28社)

イーグルデリカ
伊藤製パン
今里食品
岩田食品
オイシス
大戸屋
オリジン東秀
恩地食品
柿安本店
カネ美食品
小僧寿し本部
三味
シノブフーズ
春陽堂
すかいらーく
デリカスイト
トオカツフーズ
ハークスレイ
ピーシーエス
フォーシーズ
藤本食品
プレナス
まつおか
松屋フーズ
吉野家
利恵産業
若菜
わらべや日洋


第Ⅶ章 惣菜市場主要参入企業一覧(335社) 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。