2009 注目される大容量キャパシタ市場~その課題と将来性~

OA機器、クレーン等の搬送・運搬機器、瞬低・UPS向けなどで着実に需要開拓する大容量キャパシタ市場について市場調査した。

発刊日: 2009/06/25 体裁: A4 / 159頁
資料コード: C51300300 PDFサイズ:
カテゴリ: マテリアル / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:大容量キャパシタを対象に参入メーカの取り組みや生産動向、研究開発動向、需要動向を把握すると共に、
       大容量キャパシタの原材料となる電極(活性炭)、電解液、セパレータにおいても開発動向、需要動向、
       主要参入メーカの取り組みを明らかにし、大容量キャパシタの課題と将来性を展望する。
調査対象先:キャパシタメーカやその原材料メーカ及びそれらの研究開発に取り組む企業等
調査方法:当社研究員が直接面接取材を中心に、電話ヒアリング、周辺取材を併用した。
       尚公表されている資料やデータ、研究成果、社内資料等も参考にしている。
調査期間:2009年4月~2009年6月
 

リサーチ内容

第1章 大容量キャパシタ市場の市場実態

1.大容量キャパシタの市場規模推移(2008~2010年度予測)
2.メーカシェア推移
3.(大容量)キャパシタの原材料市場規模とメーカシェア推移


第2章 需要分野別動向

1.自動車用途
2.自然エネルギー発電
3.瞬低・UPS
4.その他
  (1)建機・搬送機・産業機械等
  (2)鉄道システム


第3章 大容量キャパシタとその原材料の開発動向

1.LiCやLiBを静観しながら着実に需要開拓を進めるEDLC
2.メーカによって狙いに差があるLiC
3.原料と賦活方法に差がなくなりつつある電極(活性炭)
4.評価が高いSBP系電解液。新開発と低価格が求められ、イオン液体も可能性残す
5.セルロース系が主流の大容量キャパシタ用セパレータ。マイクロHEV向けに期待


第4章 国内主要メーカの取り組み実態

<1.EDLCメーカ>
  1.(株)指月電機製作所
  2.日清紡績(株)
  3.(株)明電舎
  4.日本ケミコン(株)
  5.(株)パワーシステム
<2.リチウムイオンキャパシタ(LiC)メーカ>
  1.アドバンスト・キャパシタ・テクノロジーズ(株)
  2.FDK(株)
  3.昭栄エレクトロニクス(株)
  4.JMエナジー(株)
<3.電極(活性炭)メーカ>
  1.クラレケミカル(株)
  2.大阪ガスケミカル(株)
  3.関西熱化学(株)
  4.新日本石油(株)
<4.電解液メーカ>
  1.三洋化成工業(株)
  2.日本カーリット(株)
  3.三菱化学(株)
  4.東洋合成工業(株)
  5.関東化学(株)
<5.セパレータメーカ>
  1.ニッポン高度紙工業(株)
  2.日本板硝子(株)


第5章 大容量キャパシタ市場の展望

1.新規需要の期待が集まるマイクロHEV。2013年以降に顕在化
2.電力貯蔵における実証実験プロジェクトとその行方
3.電力貯蔵システム分野の将来展望
4.大容量キャパシタの課題と可能性
5.大容量キャパシタの市場規模予測(~2013年度)
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C50103100 2007-2009 ユーザ企業のIT投資実態と予測
C54109400 2012年版 産業用熱交換器市場の現状と展望
C50301000 2008年版 環境ITシステム関連市場の現状と将来展望
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場
C58112600 2016 AGV市場の現状と将来性