2010年版 自動車アフターマーケット総覧

自動車アフターマーケットは、自動車保有台数減少や景気低迷、若年層のクルマ離れ等に伴い、縮小傾向にあります。本調査レポートでは、厳しい状況が続く自動車アフターマーケットを、自動車メーカーの参入動向とその影響を中心として調査し、今後の方向性を検証いたしました。

発刊日: 2010/12/24 体裁: A4 / 253頁
資料コード: C52114200 PDFサイズ: 2.5MB
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:自動車アフターマーケットに関連する事業を展開する企業・団体・行政等
調査方法:直接面談取材ならびにアンケート調査を基本とし、電話、メール取材、文献調査を併用
調査期間:2010年10月~2010年12月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 2009年の自動車アフターマーケット規模を算出
  • 市場別の動向を調査
     中古車市場、自動車賃貸関連市場、部品・用品市場、自動車整備市場、付帯サービス市場

■本資料の概要

第1章 自動車アフターマーケットの現況と将来展望
第2章 中古車市場
第3章 自動車賃貸関連市場
第4章 部品・用品市場
第5章 自動車整備市場
第6章 付帯サービス市場

■掲載内容

第1章 自動車アフターマーケットの現況と将来展望

1.自動車アフターマーケットの定義
2.自動車アフターマーケット市場規模
3.自動車アフターマーケットを取り巻く環境
  3-1.新車販売台数推移
    ◆2009年の新車販売台数は461万台、ピーク時であった1990年の約6割程度の市場規模に
  3-2.中古車登録台数推移
    ◆2009年の中古車登録台数は660万台、良質車減少の影響を色濃く受ける
  3-3.自動車保有動向
    3-3-1.保有台数推移
    3-3-2.使用年数・車齢、保有期間の推移
  3-4.運転免許保有者数(2009年)
    ◆2009年の総保有者数は約8,067万人、年代では30代が最多
  3-5.自動車維持関連への年間支出額推移
4.自動車アフターマーケットの現況と将来展望
  4-1.取り巻く環境が自動車アフターマーケットに与える影響
  4-2.自動車アフターマーケットにおける将来展望
    4-2-1.次世代自動車の普及が加速する中での取組み
    (1)自動車整備市場
    (2)ロードサービス市場
    (3)レンタカー市場
    4-2-2.環境対応への取組み
    (1)自動車整備市場
    (2)リサイクル部品市場
    (3)ガソリンスタンド市場
    (4)カー用品市場
    (5)自動車リース市場

第2章 中古車市場

1.中古車流通フロー(2009年)
2.中古車販売市場
  2-1.市場規模
    2-1-1.中古車登録台数
    2-1-2.中古車小売台数
  2-2.市場動向
    2-2-1.市場現況
    (1)中古車販売店舗数
    ◆二極化が進む中古車販売店舗
    (2)ディーラーにおける中古車販売店舗数
    (3)中古車在庫台数
    2-2-2.市場が抱える課題
  2-3.参入企業動向
    2-3-1.主な参入企業一覧
    2-3-2.業種別動向
    (1)ディーラー
    (2)中古車販売店
  2-4.今後の方向性
    2-4-1.新車ディーラー
    2-4-2.中古車販売店
  2-5.将来展望
    ◆利益確保には「在庫の適正化」・「サービスの複合化」・「顧客満足の向上」が鍵
3.中古車輸出市場
  3-1.市場規模
  3-2.市場動向
    3-2-1.市場現況
    ◆厳しさの増す仕入れ環境
    3-2-2.市場が抱える課題
  3-3.参入企業動向
    3-3-1.参入企業一覧(日本中古車輸出業協同組合登録業者)
    3-3-2.参入企業/業種別動向
    ◆アフリカなど新興諸国の需要拡大へ
  3-4.今後の方向性
  3-5.将来展望
4.中古車買取市場
  4-1.市場規模
  4-2.市場動向
    4-2-1.市場現況
    4-2-2.市場が抱える課題
  4-3.参入企業動向
    4-3-1.主な参入企業一覧
    4-3-2.参入企業動向
    ◆小売事業への注力進む
  4-4.今後の方向性
  4-5.将来展望
5.オートオークション市場
  5-1.市場規模
  5-2.市場動向
    ◆影響力を増す場外落札ネットワークと急増する即時落札サービス
  5-3.主な参入企業一覧
  5-4.市場が抱える課題と今後の方向性
  5-5.将来展望

第3章 自動車賃貸関連市場

1.自動車リース市場
  1-1.市場動向
    ◆頭打ちとなるリース車両保有台数
  1-2.市場規模
  1-3.現状の課題と今後の方向性
    ◆集約化が進む参入企業数と業態別リース会社の動向
  1-4.将来展望
    ◆IFRSが自動車リース市場に与える影響
  1-5.主な参入企業一覧
2.レンタカー市場
  2-1.市場動向
    ◆格安レンタカー・カーシェアリングの普及により変貌する市場環境
  2-2.市場規模
  2-3.現状の課題と今後の方向性
    ◆稼働率向上としての短時間(ショートタイム)への需要対応
  2-4.将来展望
  2-5.主な参入企業一覧
3.カーシェアリング市場
  3-1.市場動向
    ◆異業種からの参入、提携相次ぐ
  3-2.市場規模
  3-3.現状の課題と今後の方向性
    ◆利用者拡大に向けた取組み/円滑なオペレーションに向けた取組み
  3-4.将来展望
  3-5.主な参入企業一覧

第4章 部品・用品市場

1.カー用品市場
  1-1.市場規模
    ◆純正カー用品の構成比高まる、2010年も純正が牽引、市場全体では微増に
  1-2.市場動向
    1-2-1.市販カー用品市場
    (1)市場動向
    (2)市場が抱える課題
    (3)製品カテゴリー別動向(出荷金額推移・小分類別)
    ◆地上デジタル化対応でカーナビ需要に期待、機能用品は2009年のETC特需の反動減で大幅減
    ①タイヤ/②アルミホイール/③オーディオ・カーナビ関連/④車内アクセサリー/⑤オイル・ケミカル用品/
    ⑥消耗品/⑦機能用品/⑧ドレスアップ用品/⑨チューンナップ用品
    (4)主な参入企業一覧(製品分野別)
    1-2-2.純正カー用品市場(市場規模)
  1-3.業態別に見る参入動向
    1-3-1.概況
    1-3-2.業態別の動向
    (1)カー用品量販店
    (2)メーカー系タイヤショップ
    (3)ディーラー
    (4)整備工場
    (5)ガソリンスタンド
    (6)ホームセンター
    (7)インターネット販売
  1-4.今後の方向性
  1-5.将来展望(製品カテゴリー別)
  1-6.中古カー用品市場
    1-6-1.概況
    1-6-2.主な参入企業一覧
    1-6-3.市場規模
    1-6-4.将来展望
2.補修部品市場
  2-1.市場規模
    ◆整備事業への注力による部品需要開拓、純正部品と優良部品の競合が一層激化
    2-1-1.純正部品市場
    2-1-2.優良部品市場
  2-2.市場動向
    2-2-1.概況
    2-2-2.市場が抱える課題
    2-2-3.補修部品供給チャネル別動向
    (1)自動車メーカー
    (2)部販・共販
    (3)部品メーカー
    (4)補修部品卸売業者
  2-3.市場の現状と今後の方向性
  2-4.将来展望
3.リサイクル部品市場
  3-1.市場規模
  3-2.市場動向
    3-2-1.概況
    ◆ネットワークグループ加盟業者が売り上げの8割を占める
    3-2-2.市場が抱える課題
  3-3.参入企業動向
    3-3-1.主な参入企業一覧
    3-3-2.参入企業動向
    ◆業態変化等、独自の生き残り策を図る解体業者
  3-4.今後の方向性
    ◆「環境保護」で新規需要の開拓へ
  3-5.将来展望
    ◆輸出も有力な選択肢の一つ

第5章 自動車整備市場

1.自動車整備市場
  1-1.市場規模
    ◆2007年以降は減少傾向が鮮明に
  1-2.市場動向
  1-3.参入企業動向
    1-3-1.業態別特性
    1-3-2.業態別課題
    1-4.今後の方向性
    ◆故障診断の必要性が高まるなか、導入に対して多様化が進む可能性も
  1-5.将来展望
2.自動車整備機器市場
  2-1.市場規模
  2-2.主な参入企業一覧
  2-3.今後の方向性と将来展望
3.故障診断機市場
  3-1.市場規模
  3-2.主な参入企業一覧
  3-3.今後の方向性と将来展望

第6章 付帯サービス市場

1.自動車保険市場
  ◆自賠責保険は大幅減、任意保険は微減傾向
  1-1.市場規模
  1-2.市場動向
    ◆減少の一途を辿る代理店舗数
  1-3.参入企業動向
  1-4.今後の方向性
    ◆代理店は「分かりやすい商品」を希望、顧客ニーズは低価格の「ダイレクト損保」にも
2.ロードサービス市場
  2-1.市場規模
  2-2.市場動向
  2-3.参入企業動向
  2-4.今後の方向性
  2-5.将来展望
    ◆電気自動車等「次世代自動車」向けの対応も必要に
3.ガソリンスタンド市場
  3-1.市場規模
  3-2.市場動向
  3-3.参入企業動向
  3-4.今後の方向性
  3-5.将来展望
    ◆油外サービスの強化は必須の流れも、課題やハードルも多い
4.顧客管理システム市場
  4-1.市場動向
  4-2.参入企業動向
  4-3.今後の方向性
    ◆システムの活かし方がポイントに

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C49201300 2007年版 ブロードバンド白書
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場
C48116000 2007 多機能・複合型/複写機・プリンタ・FAX市場の実態と展望
C48116430 2006年度版 太陽電池部材市場の現状と将来展望
C49110700 2008年度版 国内移動体通信市場動向調査