2010 省エネルギーの見える化システム市場

2009年4月、エネルギー消費量が大幅に増加している業務部門と家庭部門におけるエネルギー使用の合理化をより一層推進することを目的として、「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)が改正されました。それに伴い、省エネルギーを推進するための機器等の市場が今後大きく拡大するとみられ、新規参入が相次ぐなど、期待が高まっています。本調査レポートでは特に「省エネルギーの可視化」に重点を置き、製品別・需要家別の市場規模推移を算出、掲載。またメーカー別の新製品・戦略を分析する等、省エネルギー見える化システムの産業構造の現在と今後を俯瞰いたしました。

発刊日: 2010/07/20 体裁: A4 / 128頁
資料コード: C52300100 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:省エネルギーの「見える化」システム関連企業における関連製品・事業の取り扱い実態と各社の市場戦略を調査、分析するとともに、省エネルギーの「見える化」システムに関する国内・海外展開等を把握することにより、今後の成長性を展望する。
調査対象製品
①省エネルギーの「見える化」機器・システム
  a)需要エネルギー監視機器/エネルギー・マネジメント・システム
  b)エネルギー使用量の計測機器/エネルギー量測定システム
②省エネルギーの「見える化」サービス
  a)エネルギー使用量の計測・分析サービス
  b)省エネソリューションサービス
調査方法:面接取材、電話取材等
調査期間:2010年4月~7月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 本調査レポートでは1)需要エネルギー監視機器、2)エネルギー使用量の計測機器、3)エネルギー量測定システム、4)エネルギーマネジメントシステム、5)エネルギー量測定サービス、6)省エネソリューションサービスを省エネルギー「見える化」市場として調査。
  • 省エネルギー「見える化」市場参入企業(14社)への直接取材を実施。
  • エネルギーの「見える化」システムの市場規模推移を算出。(2007年度~2015年度)
  • 製品別市場規模、需要家別市場規模を算出。(2007年度~2015年度)
  • 参入メーカーの省エネルギー「見える化」製品・事業強みをマッピング。
  • 参入メーカーの省エネルギー「見える化」に関する新製品・事業戦略を分析。

■本資料の概要

第Ⅰ章 省エネルギーの「見える化」システム市場の現状分析
第Ⅱ章 省エネルギーの「見える化」システム関連企業の戦略分析
第Ⅲ章 省エネルギーの「見える化」システムの市場予測

■掲載内容

第Ⅰ章 省エネルギーの「見える化」システム市場の現状分析

1.省エネルギーの「見える化」システム市場と業界構造の分析
  1)概要
    【図】省エネ見える化システムの事業体制
  2)主要参入企業
  3)新規参入企業
  4)代理店、特約店、コンサルテーション会社
2.省エネルギーの「見える化」システムの市場規模推移(2007~2010年度)
  1)総量(数量・金額ベース)
    【表・グラフ】省エネルギーの見える化システム(総量)市場規模推移(2007~2010年度見込み)
  2)製品別(数量・金額ベース)
    【表・グラフ】省エネルギーの見える化システム(製品別)市場規模推移(金額/2007~2010年度見込み)
    【表】省エネルギーの見える化システム(製品別)市場規模推移(数量/2007~2010年度見込み)
  3)需要家別(数量・金額ベース)
    【グラフ】省エネルギーの見える化システム(需要家別)市場規模推移(金額/2007~2010年度見込み)
    【表】省エネルギーの見える化システム(需要家別)市場規模推移(金額・数量/2007~2010年度見込み)
3.メーカー分析
  1)メーカーシェア
    ①現状(2009年度)
    【表・グラフ】省エネルギーの見える化システムメーカーシェア(2009年度)
    ②シェア推移(2007~2009年度)
    【表・グラフ】省エネルギーの見える化システムメーカーシェア推移(2007~2009年度)
  2)省エネ見える化システム事業体制の強み
    【表】企業別省エネ見える化事業体制の強み
  3)製品・サービス
    ①製品・サービス構成
    【グラフ】企業別省エネルギーの見える化システム製品・サービス構成
    【表】企業別省エネルギーの見える化システム製品・サービス構成
    ②主力製品の特徴
    【表】企業別主力製品と特徴
    ③ニーズ&新製品
    a)ニーズ
    【表】企業別最近のユーザーニーズ
    b)新製品
    【表】企業別新製品
  4)需要家別
    【グラフ】需要家別企業マッピング

第Ⅱ章 省エネルギーの「見える化」システム関連企業の戦略分析

<掲載項目>
企業概要/沿革(省エネ見える化システムへの取り組み)/製品ラインナップと主力製品/業績推移/
省エネ見える化システムの出荷動向/省エネ見える化システムのコスト動向/
省エネ見える化システムのニーズと今後の方針/省エネ見える化システムに関する事業体制/
省エネ見える化システムの普及に向けた課題と将来展望、市場戦略  ※企業により掲載内容は多少異なります。

1.大崎電気工業 2.オムロン 3.近計システム 4.三機工業 5.サンコーシヤ 6.三洋電機 7.東芝
8.パナソニック電工 9.日置電機 10.富士電機ホールディングス 11.三菱電機 12.山武
13.横河電機 14.渡辺電機工業 (敬称略、50音順)

第Ⅲ章 省エネルギーの「見える化」システムの市場予測

1.省エネルギーの「見える化」システムの市場規模推移予測(2011~2015年度)
  1)総量(数量・金額ベース)
    【表・グラフ】省エネルギーの見える化システム(総量)市場規模推移予測(2011~2015年度予測)
  2)製品別(数量・金額ベース)
    【グラフ】省エネルギーの見える化システム(製品別)市場規模推移予測(金額/2011~2015年度予測)
    【表】省エネルギーの見える化システム(製品別)市場規模推移予測(金額・数量/2011~2015年度予測)
  3)需要家別(数量・金額ベース)
    【グラフ】省エネルギーの見える化システム(需要家別)市場規模予測(金額/2011~2015年度予測)
    【表】省エネルギーの見える化システム(需要家別)市場規模予測(金額・数量/2011~2015年度予測)
2.省エネルギーの「見える化」システム市場と業界構造の変化

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C49110700 2008年度版 国内移動体通信市場動向調査
C49201300 2007年版 ブロードバンド白書
C48116000 2007 多機能・複合型/複写機・プリンタ・FAX市場の実態と展望
C49101800 2007-2008 携帯電話世界市場動向調査
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場