2011年版 飲料市場の現状と展望

2010年度は猛暑の恩恵を受け、夏場以降急速に盛り返した飲料市場。リーマンショック以降苦戦を続けていた自販機チャネルも徐々に回復の兆しが見え、2011年度はさらなる回復への期待感と共にスタートをきるはずであった。しかし、東日本大震災の影響から、計画は出だしから大きく変更せざるを得ない状況となっている。ミネラルウォーターや茶系飲料は需要が増えているものの、資材不足の影響もあり夏場に向けて供給が追いつかない懸念もある。節電による自販機需要が不透明な一方で、体感温度の上昇で飲料の購買につながるといった動きも予想される。本調査レポートでは、未曾有の危機における飲料メーカー各社の戦略を緊急取材し、飲料市場の今後の動きを予測した。同時に、カテゴリー別、チャネル別の各社戦略を取材する事で各社の今後の方向性、マーケットの方向性を分析し、また、注目のカテゴリーや企業に焦点を当て、当該市場の関連企業へのレポート提供を主眼とする。

発刊日
2011/06/30
体裁
A4 / 496頁
資料コード
C53107100
PDFサイズ
4.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:飲料市場を広く調査・収録することによって、当該市場に関するマーケティング戦略作成のための基礎資料とする。
調査対象:飲料メーカー、販売企業を中心に自販機オペレーター等
調査方法:直接面接取材、アンケート調査、電話取材
調査期間:2011年4月~6月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • カテゴリー別動向、各社の商品別動向を詳細解説。
  • 市場環境の変わった震災前と後、震災による影響や節電対応、回復予測を緊急レポート。震災の影響における要因を分析し、2011年度の市場を予測。
  • 主要企業36社に直接面接取材。各社の市場戦略、商品動向を詳説。
  • 注目市場の品目別市場規模、企業別シェアを掲載。

■本資料の概要

第Ⅰ章 飲料市場の動向
第Ⅱ章 品目別市場規模・シェア
第Ⅲ章 有力飲料メーカーの動向
その他関連資料

■掲載内容

第Ⅰ章 飲料市場の動向

1.飲料市場概況
  (1)2010年度の飲料市場動向
    2010年度カテゴリー別動向
  (2)大手メーカーの動向
    有力企業の飲料売上高推移
    ①コカ・コーラシステムの動向
    2010年度の活動概況
    2011年度の事業戦略
    2020年に向けた成長戦略
    ②ビール系メーカーの動向
    ③乳業系メーカーの動向
    ④その他大手メーカーの動向
  (3)業界のアライアンス・再編動向
  (4)飲料市場の今後の見通し
2.流通チャネル別のメーカー戦略
  (1)手売りチャネル
    主要メーカーの手売りチャネル戦略
  (2)自販機チャネル
    主要メーカーの自動販チャネル戦略
  (3)通販・宅配チャネル
    主要メーカーの通販・宅配チャネル戦略
  (4)チャネル別市場規模
    大手飲料メーカー自販機展開台数
    飲料の流通ルート構成
3.注目される品目別市場動向
  (1)コーラ飲料
  (2)炭酸飲料
  (3)コーヒー飲料
  (4)日本茶飲料
  (5)紅茶飲料
  (6)果汁飲料
  (7)野菜飲料
  (8)ミネラルウォーター
4.飲料容器の動向
  (1)2010年度飲料容器動向
  (2)容器別飲料市場の動向
    ①PETボトル
    2010年度概況
    ②缶容器
    缶容器の動向
    ③紙容器
    紙カートンの動向
    ④チルドカップ
    チルドカップの動向
    (3)メーカー別容器戦略の動向
    主要メーカー容器戦略・動向
    主要メーカーPET比率推移一覧
    主要メーカー缶比率推移一覧
    企業別容器別構成比一覧
    企業別容量別構成比一覧
    PETボトル入り清涼飲料生産量推移(07~10年)
    炭酸飲料のビン、PETボトル、缶のシェアの推移
    清涼飲料主要品目容器別シェア(2010年)
    ガラスびんの出荷状況
    清涼飲料の容器別生産量とシェア(2010年)
5.注目すべき市場環境
  (1)品質・衛生管理・環境への取り組みに関する各社動向
    品質・衛生管理・環境問題に関する取り組み
  (2)自販機ビジネスの動向
    ①飲料自販機の市場動向
    ②自販機ビジネスに影響を及ぼす諸要因
    ③低価格自販機の動向とNB機の対応
    ④環境対応・社会貢献自販機の動向
    ⑤電子マネー対応自販機の動向
    ⑥自販機ビジネスの課題・問題点
    ⑦自販機ビジネスの今後の展望
  (3)チルド飲料の動向
  (4)震災における飲料市場の影響と今後の展望
    ①飲料メーカーの被災状況
    主要メーカーの被災状況
    ②飲料メーカーの支援状況
    主要メーカーの支援状況
    ③商品供給動向
    主要メーカーの商品供給動向
    ④飲料メーカーの節電対策
    主要メーカーの節電対策
    ⑤自販機への影響と今後
    ⑥今後の需要動向
    2009年1月~2011年4月のトピックス

第Ⅱ章 品目別市場規模・シェア

飲料品目別市場動向
コーヒー飲料
レギュラーコーヒー
インスタントコーヒー
紅茶飲料
ウーロン茶
日本茶飲料
ミネラルウォーター
コーラ飲料
その他炭酸飲料
天然果汁
果汁入り飲料(果汁100%未満)
野菜飲料(トマトジュース含む)
スポーツ・機能性飲料
栄養飲料
飲用牛乳類
ココア
乳酸菌飲料
豆乳

第Ⅲ章 有力飲料メーカーの動向

企業研究編
アサヒ飲料(株)
味の素ゼネラルフーヅ(株)
(株)伊藤園
(株)えひめ飲料
大塚食品(株)
大塚製薬(株)
オハヨー乳業(株)
カゴメ(株)
カルピス(株)
キーコーヒー(株)
協同乳業(株)
キリンビバレッジ(株)
コカ・コーラウエスト(株)
コカ・コーラセントラルジャパン(株)
サッポロ飲料(株)
サンスター(株)
サントリーフーズ(株)
ダイドードリンコ(株)
タカナシ乳業(株)
東京コカ・コーラボトリング(株)
(株)日本サンガリアベバレッジカンパニー
日本たばこ産業(株)
日本ルナ(株)
ネスレ日本(株)
ハウス食品(株)
北海道コカ・コーラボトリング(株)
(株)ポッカコーポレーション
三国コカ・コーラボトリング(株)
三井農林(株)
(株)明治
森永乳業(株)
(株)ヤクルト本社
UCC上島珈琲(株)
雪印メグミルク(株)
ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング(株)
和光堂(株)

その他関連資料

2010年の主要飲料新製品一覧
飲料の1世帯当りの年間品目別支出金額(全国)
清涼飲料の世帯当りの年間支出金額の変化
清涼飲料の世帯当りの月別支出金額の割合(2010年)
飲料類の支出金額順都市名(2010年)
果汁・飲料の輸出・輸入実績推移
自動販売機普及台数及び年間自販金額
機種別普及状況
中身商品別年間自販金額・構成比

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。