2011年版 住まいと生活支援サービスの実態と将来展望

新設住宅着工数が落ち込む中、“住まい(住宅ストック)”における“暮らし”に対する付加価値サービスが注目されております。住宅供給サイドからの付加価値提案は、今後の住宅産業における大きなトレンドになると予測できます。本調査レポートは、住宅購入から続く住居での生活をベースにした各種サービスを一元的にまとめる資料として新規企画いたしました。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

104,500
95,000
9,500
104,500
95,000
9,500
137,500
125,000
12,500
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
313,500
285,000
28,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:住宅生活者へ向けた生活支援サービス事業を事業者側及び生活者側の双方から調査・分析し、当業界及び関連業界各位にとって同市場の実態を把握するための一指標となることを目的とした。
調査対象:生活支援サービス事業者、一般生活者(消費者アンケート)
調査方法:直接面接取材、公表データ収集及び文献調査、インターネットアンケート調査、
調査期間:2011年6月~2011年8月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 拡大する住宅分野の付加価値ビジネスを徹底調査。
  • 住宅ストックの有効活用とは、現在の住宅における実生活を豊かなものにすることでもあり、これを実現するための支援サービスの実態と今後の可能性を検証する。
  • 生活者に対し、住宅サービスに関する消費者調査を実施。
    【調査対象】全国主要都市在住の一般消費者
    【調査内容】各住宅関連サービスの認知度、満足度、事業者に求める将来像など
     
  • 住宅リフォーム市場については、弊社発刊資料「2011年版住宅リフォーム市場の展望と戦略」より一部抜粋
  • 分譲マンション管理市場については、弊社発刊資料「2010年版マンション管理の市場展望と事業戦略」より一部抜粋
  • 不動産仲介市場については、弊社発刊資料「2011年版不動産仲介市場の将来展望と事業戦略」より一部抜粋

■本資料の概要

総論
第1章 生活支援サービス市場
第2章 住まい関連市場
第3章 消費者アンケートによる生活支援サービス市場の実態
第4章 主要事業者の事業戦略

■掲載内容

総論

急成長を続ける生活支援サービスに注目
ホームセキュリティ市場
見守りサービス市場
家事代行サービス市場
家具・家電レンタル市場
カーシェアリング市場
レンタカー市場

第1章 生活支援サービス市場

1.ホームセキュリティ
  (1)ホームセキュリティ市場の概況
  (2)ホームセキュリティ市場の構造
  (3)ホームセキュリティ市場の動向
    【1】市場動向
    【2】市場の将来予測
    【3】新商品開発動向
    【4】ターゲット顧客
    【5】特徴、差別化
    【6】サービスの位置付け
    【7】各社の事業戦略
2.見守りサービス
  (1)見守りサービス市場の概況
  (2)見守りサービス市場の構造
  (3)見守りサービス市場の動向
    【1】市場動向
    【2】市場の将来予測
3.家事代行サービス
  (1)家事代行サービス市場の概況
  (2)家事代行サービス市場の構造
  (3)家事代行サービス市場の動向
    【1】市場動向
    【2】市場の将来予測
    【3】市場の将来展望
    【4】市場の課題
4.家具・家電レンタル
  (1)家具・家電レンタル市場の概況
  (2)家具・家電レンタル市場の構造
  (3)家具・家電レンタル市場の動向
    【1】市場動向
    【2】市場の将来予測
    【3】市場の将来展望・課題
    【4】市場の課題
5.カーシェアリング市場・レンタカー市場
  (1)カーシェアリング市場・レンタカー市場の動向
  (2)カーシェアリング市場・レンタカー市場の構造
  (3)カーシェアリング市場の現状と将来予測
  (4)レンタカー市場の現状と将来予測

第2章 住まい関連市場

1.住宅リフォーム市場
  (1)住宅リフォーム市場の概況
  (2)住宅リフォーム市場の構造
  (3)住宅リフォーム市場の動向
    【1】市場動向と将来予測
    【2】市場の将来展望・課題
2.分譲マンション管理市場
  (1)分譲マンション管理市場における専有部サービスの概況
  (2)分譲マンション管理市場における専有部サービスの構造
  (3)分譲マンション管理市場の動向
    【1】市場動向
    【2】市場規模の推計(マンション管理費)
    【3】市場の将来展望・課題
3.不動産仲介市場
  (1)売買仲介市場
    【1】売買仲介市場の動向
    【2】売買仲介市場の将来展望
  (2)賃貸仲介市場
    【1】賃貸仲介市場の動向
    【2】賃貸仲介市場の将来展望
    【参考資料】主要な賃貸仲介各社の店舗数比較
4.住宅用太陽光発電システム市場
  (1)住宅用太陽光発電システム市場の動向
    【1】住宅用太陽光発電システム導入件数推移
    【2】システム価格の推移
    【3】設置容量の推移
    【4】住宅用太陽光発電市場規模予測
5.住宅用太陽熱利用システム市場
  (1)住宅用太陽熱利用システム市場の動向
  (2)住宅用太陽熱利用システム市場の将来展望
6.建物診断市場
  (1)建物診断市場の動向
  (2)建物診断市場の将来展望

第3章 消費者アンケートによる生活支援サービス市場の実態

1.調査概要
  (1)調査の概略
  (2)回答者全体の構成
2.利用者実態調査
  (1)利用者実態調査の総評
    【1】利用率
    【2】利用に関するキーワード
    【3】サービス利用決定権者
    【4】サービス利用価格帯
  (2)利用者の実態
    【1】ホームセキュリティ
    【2】見守りサービス
    【3】家事代行サービス
    【4】ハウスクリーニング
    【5】家具レンタル
    【6】家電レンタル
    【7】家具・家電レンタル
    【8】カーシェアリング
    【9】レンタカー
3.利用意向者調査
  (1)利用意向者調査の総評
    【1】利用意向率
    【2】想定ランニングコスト
    【3】求めるサービス内容
    【4】サービスに対するキーワード
    【5】サービス利用決定権者
  (2)利用意向者の実態
    【1】ホームセキュリティ
    【2】見守りサービス
    【3】家事代行サービス
    【4】ハウスクリーニング
    【5】家具レンタル
    【6】家電レンタル
    【7】家具・家電レンタル
    【8】カーシェアリング
    【9】レンタカー
    【10-1】サービスを利用するために 利用特典
    【10-2】サービスを利用するために 情報媒体
    【10-3】サービスを利用するために 導入のタイミング

第4章 主要事業者の事業戦略

セコム株式会社
綜合警備保障株式会社
セントラル警備保障株式会社
株式会社全日警
株式会社ダスキン
ミッシェル・ホームサービス株式会社
株式会社アットイン
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

104,500
95,000
9,500
104,500
95,000
9,500
137,500
125,000
12,500
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
313,500
285,000
28,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています