2011年版 「元気」高齢者の生活・住まい・健康に関する調査=団塊の世代編=

高齢者向けビジネスは、2000年に施行された介護保険制度が10年を経過し、高齢者の人口増加と共に安定した市場を形成しております。さらに参入企業の目は元気な高齢者をターゲットとし、戦略を検討する時期にきています。本調査レポートでは、「元気な」高齢者として、1946~1950年生まれの「団塊の世代」(広義)を調査対象として、現在の生活住まい・健康を中心として今後の考え等について、アンケート調査を実施。分析を行いました。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:「1946~1950年生まれ」の団塊の世代(広義)、対象者の居住地:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県
調査方法:インターネットによるアンケート調査方式の登録者による回答を分析。
調査期間:2011年7月~8月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 関東、中部、関西圏に在住する60~65歳の「団塊の世代」に対し、住まい・医療・介護を中心としてアンケート形式で調査、データを分析。
  • 詳細な質問項目による、「元気な」高齢者の動向を踏まえ、「団塊の世代」の考えや方向性を分析。

■本資料の概要

第1章 「元気」高齢者(団塊の世代)調査結果の概要
第2章 「元気」高齢者の生活・住まい・健康に関するアンケート調査分析
参考資料

■掲載内容

第1章 「元気」高齢者(団塊の世代)調査結果の概要

1.「団塊の世代」の人数
2.アンケート結果の概要

第2章 「元気」高齢者の生活・住まい・健康に関するアンケート調査分析

〔Ⅰ〕アンケート調査の実施状況
  1)調査企業、調査期間、調査方法
  2)アンケート票の回収結果
〔Ⅱ〕調査の集計結果
  1 年齢
  2 性別
  3 回答者の居住地
  4 団塊の世代かどうか
  5 団塊の世代に特徴があるかどうか
  6 65歳以降の生活設計について
  7 健康状態
  8 子供の有無
  8-21 子供の人数(男性)
  8-22 子供の人数(女性)
  9-1 孫の有無
  9-21 孫の人数(男子)
  9-22 孫の人数(女子)
  10 結婚の有無
  11 同居している人
  12 同居人数
  13 子供との同居の有無
  14 家計の収入源
  15 職業
  16 家計の年間収入(2010)
  17 最終学歴
  18 家計の老後の資金
  19 65歳以降家族の収入(1ヵ月)
  20 65-70歳時の同居人数の想定
■生活
  21 今後の理想の生活とは
  22 今の生活の満足度
  23 今後の理想の住まい(住居)
  24-1 今後の生活の希望・原動力
  24-2 今後の生活の希望・原動力(最重要)
  25-1 健康を維持しているもの
  25-2 健康を維持するもの(最重要)
  26 現在の毎月の使用可能な金額
  27 家計:毎月の食費
  28-11 男性回答者の毎月の小遣い金額
  28-12 女性回答者の毎月の小遣い金額
  29 女性:毎月の遊興費
  30 女性:遊興費に対する満足度
  31-1 女性:遊興費の中の「お出掛け」の内容
  31-2 遊興費の中の「お出掛け」の内容(最も多い)
  32 女性:1ヵ月のお出掛けの回数
  33-1 女性:お出掛けの同行者
  33-2 女性:お出掛けの同行者(最も多い)
  34 女性:お出掛けの際の配偶者の存在
  35-1 女性:お出掛けの1回の予算-ランチ
  35-2 女性:お出掛けの1回の予算-ディナー(晩御飯)
  35-3 女性:お出掛けの1回の予算-遊興費
  36 外食の頻度(震災後)
  37-1 男性:大きな出費・買い物の決定権者
  37-2 女性:大きな出費・買い物の決定権者
  38 センチメンタル、ノスタルジーを感じるキーワード
  39 欲しい物(一つ)の上限予算
  40 65-70歳時のお小遣いのイメージ
■住まい
  41 住まいの形態
  42 建物の居住年数
  43 住まいの満足度
  44 今の住宅に満足する理由
  45 今の住宅のリフォーム
  46-1 (大きくリフォーム)リフォーム時期と金額
  46-2 (大きくリフォーム)リフォームした場所
  46-3 (大きくリフォーム)リフォーム目的
  46-4 (部分リフォーム)リフォームの時期と金額
  46-5 (部分リフォーム)リフォーム場所
  46-6 (部分リフォーム)リフォーム目的
  46-7 (今後リフォーム必要)リフォーム時期と金額
  46-8 (今後リフォーム必要)リフォーム場所
  46-9 (今後リフォーム必要)リフォーム目的
  46-10 (今後建替え必要)建替えの必要な時期
  46-11 (今後建替え必要)建替え目的
  47 今の住まいの不満点
  48 住替えのイメージ
  49 5年以内に住替えする可能性
  50 今後住替えする目的・要因
  51 今後住みたい地域
  52 高齢者向け施設・住宅で必要とする設備・機能
  53 高齢者向け施設・住宅への住替えイメージ
  54 最期を迎える場所
■健康
  55 将来的に不安に思う身体部位
  56 持病(生活や金銭面で影響する)の有無
  57 健康への注意度合い
  58-1 健康維持のための方策
  58-2 健康維持のための費用(月額)
  59-1 医療・健康商品購入のきっかけ
  59-2 医療・健康商品購入のきっかけ(最重要)
  60-1 生命保険加入の有無
  60-2 男性:主な生命保険の支払い金額
  60-3 女性:主な生命保険の支払い金額
  61 60歳以降の健康や美容の考え方
  62 日頃の健康への心がけ
  63-1 ストレスの原因
  63-2 ストレスの原因(主なもの)
  64 病気になって困ること
■震災の影響
  65-1 震災後の家計収入の増減
  65-2 震災後の家計収入の減少率
  66-1 震災後のお出掛け行動の増減
  66-2 震災後のお出掛けの減少率
  67-1 震災後の外食等の費用の増減
  67-2 震災後の外食等費用の減少率
  68 震災後の消費・お出掛けに対する罪悪感・不安感
  69 震災後の消費・お出掛けでの罪悪感・不安感の解消策

参考資料

単純集計表
【「元気」高齢者の生活・住まい・健康に関するアンケート調査フォーム】

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。