2012年度版 FAカメラ/マシンビジョン市場-CMOS/CCDカメラシリーズVOL.2-

本調査レポートでは、国内・世界のFAカメラ&ビジョン市場の実態を調査し、FAカメラ/マシンビジョン市場における新たな可能性を探索。ラインセンサ応用、食品飲料、農林水産、医薬品、リサイクル、エネルギー向けなど徹底調査いたしました。

発刊日
2012/04/27
体裁
A4 / 290頁
資料コード
C54100300
PDFサイズ
2.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 290頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査方法:海外/国内の面接取材から、各種分析を実施
調査期間:2011年10月~2012年3月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 国内・世界のFAカメラ&ビジョン市場の実態は?
  • 低価格&デバイス化進むFAカメラ市場、どのように利益取るか?

■本資料の概要

第Ⅰ章 総論
第Ⅱ章 世界FAカメラ市場分析
第Ⅲ章 マシンビジョン市場分析
第Ⅳ章 主要FAカメラ/マシンビジョンメーカの注目ポイントと戦略
第Ⅴ章 ロボットビジョン市場分析
第Ⅵ章 個別企業実態個票

■掲載内容

第Ⅰ章 総論

1.FAカメラ/マシンビジョン市場の全体動向
  1-1.復興需要とアジアシフト
  1-2.3品産業向けなど新たな需要分野を開拓
  1-3.低価格化とスマートセンサ普及
  1-4.高まるロボットビジョン需要
2.世界地域別FAカメラ/マシンビジョン市場分析
  2-1.世界全体の概要
    2-1-1.中国市場
    2-1-2.アジア市場
    2-1-3.北米市場
    2-1-4.欧州市場
    2-1-5.その他地域
  2-2.中国FAカメラ/マシンビジョン市場の動向
  2-3.アジアのFAカメラ/マシンビジョン市場の動向
  2-4.北米FAカメラ/マシンビジョン市場の動向
  2-5.欧州FAカメラ/マシンビジョン市場の動向
  2-6.その他地域
3.FAカメラと監視カメラの融合
4.FAカメラのチップ化とソリューションビジネスの展開
5.ITSカメラへの展開

第Ⅱ章 世界FAカメラ市場分析

1.エリアセンサFAカメラ市場
  1-1.世界エリアセンサFAカメラ市場推移(2005~2012年)
    1-1-1.エリアセンサFAカメラ市場構造
    1-1-1.エリアセンサFAカメラ市場の事業方向性
  1-2.国内エリアセンサFAカメラメーカ別出荷台数推移(07~11年)
  1-3.エリアセンサFAカメラメーカ世界仕向け地別出荷台数(2011年)
2.ラインセンサFAカメラ市場分析
  2-1.国内ラインセンサFAカメラ市場推移(06~11年)
    2-1-1.ラインセンサFAカメラ市場の動向
  2-2.世界ラインセンサFAカメラ市場地域別台数
  2-3.世界ラインセンサFAカメラのメーカ別出荷台数
3.主要メーカが考えるFAカメラ市場の動向
4.主要メーカが考えるFAカメラ注目需要分野
5.主要メーカが考えるデジタルインターフェイスの動向
6.FAカメラのデジタルカメラ/アナログカメラの動向
7.FAカメラの画素数別分析
8.FAカメラCCD/CMOS別の動向
9.FAカメラのモノクロ/カラー別分析

第Ⅲ章 マシンビジョン市場分析

1.エリアセンサ汎用マシンビジョン市場分析
  1-1.エリアセンサマシンビジョン汎用 筐体タイプ(50万円以下)の出荷台数推移とシェア(国内,台数)
  1-2.エリアセンサマシンビジョン汎用 筐体タイプ(50~100万円)の出荷台数移とシェア(国内,台数)
  1-3.エリアセンサマシンビジョン汎用 筐体タイプ(100万円以上)の出荷台数推移とシェア(国内,台数)
  1-4.汎用エリアセンサマシンビジョンの動向
  1-5.スマートセンサの出荷台数推移とエリアセンサマシンビジョン汎用 筐体型市場(国内,台数)
  1-6.スマートセンサ市場の動向
  1-7.汎用エリアセンサマシンビジョン画像ボード型市場(国内,台数)
  1-8.汎用エリアセンサマシンビジョンソフトウェア市場(国内,本数)
  1-9.汎用エリアセンサマシンビジョンのタイプ別市場規模(2011 年度,国内,金額ベース)
2.ラインセンサマシンビジョン市場分析
  2-1.FPD向けラインセンサマシンビジョンの市場規模推移・シェア
    2-1-1.FPD向けラインセンサマシンビジョン市場の動向
  2-2.製紙・紙パルプ向けラインセンサ・マシンビジョンの市場規模推移・シェア
    2-2-1.紙向けラインセンサマシンビジョン
  2-3.ガラス向けラインセンサ・マシンビジョンの市場規模推移・シェア
    2-3-1.ガラス向けラインセンサマシンビジョン
  2-4.グラビア印刷向けラインセンサ・マシンビジョンの市場規模推移・シェア
  2-5.オフセット印刷向けラインセンサ・マシンビジョンの市場規模推移・シェア
    2-5-1.印刷向けラインセンサマシンビジョン
  2-6.金属向けラインセンサ・マシンビジョンの市場規模推移・シェア
    2-6-1.金属向けラインセンサマシンビジョン
  2-7.フィルム向けラインセンサ・マシンビジョンの市場規模推移・シェア
    2-7-1.フィルム向けラインセンサマシンビジョン
  2-8.ラインセンサマシンビジョン市場動向
3.食品向け専用エリアセンサ・マシンビジョン市場分析
  3-1.PETボトル製造ライン向けマシンビジョンの市場規模推移、シェア
    3-1-1.PETボトル製造ライン向け専用エリアセンサマシンビジョン
  3-2.缶容器製造ライン向け専用エリアセンサ・マシンビジョンの市場規模推移、シェア
    3-2-1.缶容器製造ライン向けマシンビジョン
  3-3.PETボトル飲料充てんライン向け専用エリアセンサ・マシンビジョンの市場規模推移、シェア
    3-3-1.PETボトル飲料充てんライン向けマシンビジョン
  3-4.カップ容器向け専用エリアセンサ・マシンビジョンの市場規模推移とシェア
    3-4-1.カップ容器向けマシンビジョン
  3-5.印字検査向け専用エリアセンサ・マシンビジョンの市場規模推移とシェア
    3-5-1.印字検査向けマシンビジョン
  3-6.液中異物検出向け専用エリアセンサ・マシンビジョンの市場規模推移、シェア
    3-6-1.液中異物検出向けマシンビジョン
  3-7.缶飲料充てんライン向け専用エリアセンサ・マシンビジョンの市場規模推移、シェア
  3-8.ボトルキャップ向けマシンビジョン
4.医薬品向け専用エリアセンサ・マシンビジョン市場分析
  4-1.錠剤向けマシンビジョンの市場規模推移、シェア
    4-1-1.錠剤向け専用エリアセンサ・マシンビジョン
  4-2.ハードカプセル向け専用エリアセンサ・マシンビジョンの市場規模推移、シェア
    4-2-1.ハードカプセル向け専用エリアセンサ・マシンビジョン
  4-3.PTP向け専用エリアセンサ・マシンビジョンの市場規模推移、シェア
    4-3-1.PTP向けマシンビジョン
  4-4.顆粒・粉末向け専用エリアセンサ・マシンビジョンの市場規模推移、シェア
    4-4-1.顆粒・粉末向けマシンビジョン
  4-5.薬剤液中異物&外観検査向けマシンビジョン専用エリアセンサの市場規模推移、シェア
    4-5-1.薬剤液中異物&外観検査向けマシンビジョン
  4-6.ドリンク剤向けマシンビジョンの市場規模推移
    4-6-1.ドリンク剤向けマシンビジョン
5.農林水産向け専用マシンビジョン市場分析
  5-1.穀物向け専用エリアセンサマシンビジョンの市場規模推移、シェア
    5-1-1.穀物向けマシンビジョン
  5-2.野菜・果物向け専用マシンビジョンの市場規模推移、シェア
    5-2-1.野菜・果物向けマシンビジョン
  5-3.花向け専用マシンビジョンの出荷台数推移
6.有力メーカが考えるその他のマシンビジョン市場動向
7.有力メーカが考えるマシンビジョン市場の動向

第Ⅳ章 主要FAカメラ/マシンビジョンメーカの注目ポイントと戦略

1.主要FAカメラ関連メーカの注目ポイントと戦略
  1-1.ソニーの注目ポイントと戦略
  1-2.東芝テリーの注目ポイントと戦略
  1-3.日立国際電気の注目ポイントと戦略
  1-4.JAIの注目ポイントと戦略
  1-5.CISの注目ポイントと戦略
  1-6.竹中システム機器の注目ポイントと戦略
  1-7.ワテックの注目ポイントと戦略
  1-8.NEDの注目ポイントと戦略
  1-9.ダルサの注目ポイントと戦略
  1-10.e2vの注目ポイントと戦略
  1-11.クロニクスの注目ポイントと戦略
  1-12.バスラーの注目ポイントと戦略
  1-13.浜松ホトニクスの注目ポイントと戦略
  1-14.アートレイの注目ポイントと戦略
  1-15.AVTの注目ポイントと戦略
  1-16.CTCの注目ポイントと戦略
  1-17.エーディーエステックの注目ポイントと戦略
2.主要マシンビジョン関連メーカの注目ポイントと戦略
  2-1.キーエンスの注目ポイントと戦略
  2-2.オムロンの注目ポイントと注目ポイントと戦略
  2-3.パナソニック電工SUNXの注目ポイントと戦略
  2-4.シャープマニファクチャリングの注目ポイントと戦略
  2-5.ファーストの注目ポイントと戦略
  2-6.コグネックスの注目ポイントと戦略
  2-7.キヤノンITソリューションズの注目ポイントと戦略
  2-8.オプテックス・エフエーの注目ポイントと戦略
  2-9.SICKの注目ポイントと戦略
  2-10.アバールデータの注目ポイントと戦略
  2-11.LINXの注目ポイントと戦略
  2-12.タカノの注目ポイントと戦略
  2-13.ヒューテックの注目ポイントと戦略
  2-14.長瀬産業の注目ポイントと戦略
  2-15.キリンテクノシステムの注目ポイントと戦略
  2-16.クラボウの注目ポイントと戦略
  2-17.第一実業ビスウェルの注目ポイントと戦略
  2-18.池上通信機の注目ポイントと戦略
  2-19.エーザイマシナリーの注目ポイントと戦略
  2-20.フォトロンの注目ポイントと戦略
  2-21.マクシス・シントーの注目ポイントと戦略
  2-22.JFAS(日本FAシステム)の注目ポイントと戦略

第Ⅴ章 ロボットビジョン市場分析

1.世界ロボットビジョン市場分析
  1-1.中国ロボットビジョン市場動向
  1-2.アジア・ロボットビジョン市場動向
  1-3.日本ロボットビジョン市場動向
  1-4.北米ロボットビジョン市場動向
  1-5.欧州ロボットビジョン市場動向
  1-6.その他地域
2.ロボットメーカが考えるロボットビジョン需要分野
  2-1.半導体向け
  2-2.自動車向け
  2-3.3品向け
3.ロボットビジョン・ベンダ各社の特徴、経緯、考え方
4.マシンビジョンがどのようにロボットに組み込まれるか
5.ロボットメーカ各社のビジョンシステム調達状況と考え方
6.ロボットメーカのビジョンSIerに対する考え方
7.FAカメラ/マシンビジョンメーカが考えるロボットビジョンの動向
8.その他ロボットビジョンの動向

第Ⅵ章 個別企業実態個票

<FAカメラメーカ個票>
  1.池上通信機
  2.日本エレクトロセンサリデバイス
  3.ジェイエイアイコーポレーション
  4.ソニー
  5.竹中システム機器
  6.Teledyne DALSA
  7.東芝テリー
  8.Basler AG
  9.アバールデータ
<マシンビジョンメーカ個票>
  10.池上通信機
  11.オプテックス・エフエー
  12.オムロン
  13.キリンテクノシステム
  14.クボタ
  15.倉敷紡績
  16.コグネックス
  17.シャープマニファクチャリングシステム
  18.タカノ
  19.長瀬産業
  20.パナソニック電工SUNX
  21.ヒューテック
  22.ファースト
 

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 290頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。