グローバル市場で急展開する韓国植物工場の実態と展望

韓国植物工場市場は、グローバル規模で急成長を遂げ今後の発展が期待されている。大型施設園芸に関しては、先進国のオランダから輸入したシステムを活用し、独自に技術開発も行いながら、一つの輸出産業として成長を遂げた。また、日本独自のシステムと言われる完全人工光型植物工場についても、韓国独自のシステム開発を進めており、日本企業にとっても大きな脅威となっていくことが予想される。本調査レポートではそのような韓国市場の実態を把握し展望することで、輸出促進を図る日本及び各国の植物工場業界、また参入検討企業、研究開発機関、政府機関などの事業戦略や政策の策定に資することを目的とする。

発刊日
2012/10/05
体裁
A4 / 285頁
資料コード
C54107200
PDFサイズ
66.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:植物工場に関する注目度は日本のみならず韓国においても近年、急速に高まってきている。太陽光利用型植物工場に関しては、先進国のオランダから輸入したシステムを活用し、独自に技術開発も行いながら一つの輸出産業として成長を遂げている。また、日本独自のシステムと言われる完全人工光型植物工場についても、韓国独自のシステム開発を進めており、日本企業にとっても今後大きな脅威となっていくことが予想される。本調査レポートではそのような韓国市場の実態を把握し展望することで、輸出促進を図る日本や韓国ならびに各国の植物工場業界、また参入検討企業、研究開発機関、政府機関などの事業戦略や政策の策定に資することを目的とする。
調査対象
(1)韓国植物工場関連企業
パプリカ、トマト、イチゴ生産企業、苗生産企業、完全人工光型植物工場等運営企業、植物工場建設関連企業
(2)韓国植物工場関連研究機関・教育機関
調査方法:文献調査及び調査対象先に対するヒアリング調査
調査期間:2012年4月~2012年9月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 太陽光利用型植物工場及び施設園芸市場の発展過程~競争力の源泉~課題~展望まで徹底研究
  • 完全人工光型及び太陽光・人工光併用型植物工場市場の現況~研究開発~政策~市場拡大パターン・市場規模予測など詳細に掲載
  • 現地ヒアリング調査を通してリアルかつ詳細なベンチマークを実施。経営実態及び流通・輸出体系、今後の世界戦略を徹底分析
      ・韓国業界をリードする完全人工光型植物工場:“INSUNG TEC”、“テヨンE&A”、“WISE産電”
      ・植物工場関連企業:“グリーンプラス”(ハウスメーカー)、“友成HITEC”(制御システムメーカー)、
       “東部韓農”(農資材関連大手)
      ・韓国を代表する太陽光利用型植物工場“東部ファーム”、“トマトピア”、その他イチゴ:杜山イチゴ農場、
       イチゴ苗:南德裕山イチゴ元苗営農組合法人、野菜苗生産企業:草田営農組合法人
      ・巨大流通企業“農産貿易”:市場調査、生産管理、集荷・選別・パッキング、配送にいたるパプリカ輸出のシステムを
       徹底研究。
  • 世界市場を見据えた韓国政府による輸出促進政策を徹底調査
  • 研究機関や大学・その他教育機関への現地ヒアリング調査、業界構造、研究開発動向などの詳細な調査を実施

■本資料の概

第一章 韓国農業における植物工場
第二章 韓国農業政策と植物工場
第三章 韓国の植物工場市場の実態
第四章 韓国における有力企業の事例研究
第五章 韓国植物工場の今後の市場展望

■掲載内容

第一章 韓国農業における植物工場

1.現状の農業実態
  (1)韓国農業の全体像
    ①韓国農業の概要
    ②構成技術、特徴及び市場構造
  (2)韓国農業の現状
    ①市場規模
    ②輸出高
    ③農業における課題
2.韓国農業における植物工場
  (1)植物工場の定義
    ①日韓における植物工場への関心の高まり
    ②韓国の植物工場の定義
  (2)韓国農業における植物工場市場
    ①完全人工光型植物工場
    ②太陽光・人工光併用型植物工場
    ③太陽光利用型植物工場(大型施設園芸)

第二章 韓国農業政策と植物工場

1.韓国農業政策における植物工場
  (1)韓国農業の政策体制
  (2)政府による農業関連政策
    ①韓国農業政策
    ②施設園芸の発展経緯
2.植物工場関連の政策
  (1)政府による植物工場の政策
    ①農林水産食品部の植物工場支援
    ②知識経済部の植物工場支援
    ③地方自治体による植物工場支援
  (2)輸出促進体制と政策
  (3)研究開発体制
    ①研究メンバー
    ②研究開発体制及び技術移転

第三章 韓国の植物工場市場の実態

1.韓国植物工場市場の全体像
  (1)韓国植物工場の概要
    ①植物工場の特徴
    ②韓国植物工場の地域別特徴
  (2)韓国植物工場の構成技術と特徴
    ①建物
    ②主要設備
  (3)韓国植物工場と栽培品種
  (4)韓国植物工場をとりまく市場構造
2.韓国植物工場市場の現状
  (1)品種別生産量及び推移
  (2)品種別栽培面積推移
  (3)品種別生産額の推移
  (4)品種別売上高及びコスト構造
    ①1㎡あたりの収益比較
    ②パプリカの優位性
    ③品種別製造コスト構成比
3.植物工場市場を構成するメインプレーヤー
  (1)植物工場運営
    ①完全人工光型及び太陽光・人工光併用型工場
    ②太陽光利用型植物工場
  (2)植物工場建設
  (3)流通
    ①完全人工光型及び太陽光・人工光併用型植物工場
    ②太陽光利用型植物工場
4.韓国植物工場市場の最大のポイント
  (1)植物工場建設
    ①完全人工光型及び太陽光・人工光併用型工場
    ②太陽光利用型植物工場
  (2)植物工場経営
    ①完全人工光型及び太陽光・人工光併用型植物工場
    ②太陽光利用型植物工場・施設園芸
  (3)エネルギー対策
    ①高いエネルギーコスト~暖房用の燃料代低減が課題
    ②地中熱ヒートポンプの普及
    ③電気代
    ④CHPシステムの導入可能性
  (4)流通体制
    ①ポイント
    ②課題
  (5)品質及びコスト競争力
    ①栽培技術の向上で高品質を実現
    ②コスト競争力
    ③安価な輸出価格
    ④輸出価格の低下をもたらす要因~韓国輸出企業の課題
5.研究開発動向
  (1)完全人工光型及び太陽光・人工光併用型工場
    ①研究開発動向
    ②国立農業科学院農業工学部~垂直型植物工場システムの国家プロジェクト
    ③ソウル大学 ~ 韓国独自の環境制御システムの開発
    ④その他主要研究開発内容
    ⑤植物工場関連の韓国特許
  (2)太陽光利用型植物工場及び施設園芸
6.教育制度
  (1)慶尚南道農業技術院技術支援局農業技術教育センター(ATEC)
    ①ATEC概要
    ②教育内容
    ③施設の特徴
    ④栽培研究
    ⑤課題及び特長、今後の方針
  (2)その他教育機関

第四章 韓国における有力企業の事例研究

1.有力植物工場の事例研究
  (1)先進的なパプリカ・トマトの太陽光利用型植物工場~(株)東部ファーム
    ①事業概要~パプリカ・トマトの大規模生産
    ②設備・栽培概要
    ③コスト構造
    ④事業の現状及び実績
    ⑤課題と展望
  (2)インターネット販売に特化した優秀トマト生産施設~トマトピア
    ①事業概要
    ②設備・栽培概要
    ③コスト構造
    ④事業の現状及び実績
    ⑤インターネット販売で売上急増
    ⑥地方自治体による教育を活かしたトマト生産・販売事業
    ⑦課題と展望
  (3)先進的イチゴ生産施設~杜山イチゴ農場/営農組合法人山清イチゴ研究所
    ①事業概要
    ②設備・栽培概要
    ③事業の現状及び競争力
    ④営農組合法人山清イチゴ研究所
  (4)高付加価値イチゴ育苗~南德裕山イチゴ元苗営農組合法人
    ①事業概要~共同経営で高付加価値イチゴ苗の生産・販売
    ②設備・栽培概要
    ③イニシャルコスト~補助金を利用したハウスの建設
    ④事業の現状及び実績
    ⑤課題と展望
  (5)業界をリードする野菜育苗農業法人~草田営農組合法人
    ①事業概要
    ②設備・栽培概要
    ③事業の現状及び実績
    ④競争力~栽培技術と取引規模
    ⑤課題と展望
  (6)韓国初の植物工場事業~INSUNG TEC
    ①事業概要
    ②設備・栽培概要
    ③研究施設
    ④事業の現状及び実績
    ⑤課題と展望
  (7)植物工場で高麗人参の生産~(株)WISE産電・iFarm
    ①事業概要
    ②設備・栽培概要
    ③コスト構成
    ④生産作物の競争力
    ⑤課題と展望
  (8)完全人工光型工場でアイスプラント生産~泰延E&A(テヨンE&A)
    ①事業概要
    ②設備・栽培概要
    ③コスト構成
    ④事業の現状及び実績
    ⑤日本アドバンストアグリとの相違点
    ⑥課題と展望
2.植物工場関連企業の事例研究
  (1)(株)グリーンプラス(ハウスメーカー)
    ①事業概要~アルミ加工製作能力を活かし事業展開
    ②関連保有技術
    ③自社開発の植物工場システム~太陽光・人工光併用型の自動化システム
    ④事業の現状及び実績
    ⑤各種課題と今後の展望
  (2)(株)東部ファーム韓農~農業最大手として植物工場事業へ参入
    ①企業概要
    ②巨大ガラス温室事業~輸出専門の太陽光利用型植物工場
    ③完全人工光型植物工場事業の可能性~東部ライテックとの協力
    ④今後の事業展望
  (3)(株)友成ハイテック(環境制御システム)
    ①事業概要
    ②製品概要及び保有技術
    ③生産体制
    ④事業実績
    ⑤輸出事業~日本及びその他諸国における実績
    ⑥各種課題と今後の展望
  (4)農産貿易株式会社~太陽光利用型植物工場の代表的流通企業
    ①事業概要~パプリカの生産・流通・輸出まで
    ②事業のポイント
    ③パプリカ生産
    ④流通センター
    ⑤韓国政府指定の輸出共同ブランド“Whimori”(フィモリ)
    ⑥事業実績
    ⑦輸出事業~OEMから直接輸出へ
    ⑧各種課題と今後の展望

第五章 韓国植物工場の今後の市場展望

1.韓国植物工場市場の課題及び市場拡大の条件
  (1)植物工場経営
    ①完全人工光型及び太陽光・人工光併用型植物工場
    ②太陽光利用型植物工場
  (2)植物工場建設関連市場
    ①栽培技術の蓄積
    ②産業化の実現
    ③複合環境制御システムの開発
    ④システムの低価格化
  (3)流通
    ①植物工場用の流通システムの構築
    ②輸出事業の課題克服
  (4)その他
    ①政府による充実した補助支援
    ②政府間の連携
    ③研究開発分野の棲み分け
    ④植物工場に関する法規制の制定
    ⑤教育システムの拡充及び国内人材の確保
    ⑥植物工場に関する的確な情報提供
2.今後の韓国植物工場の市場展望
  (1)植物工場建設関連市場
    ①国内市場~国内産業の発展
    ②システム輸出の展望
    ③エネルギー対策
    ④市場参入が見込める韓国企業メンバー
    ⑤日本の植物工場市場との競合
  (2)植物工場経営
    ①国内市場~国内産業の発展
    ②栽培品種の拡大
    ③生産作物の輸出
    ④エネルギー対策
3.韓国植物工場の今後の普及拡大パターンイメージ及び市場規模予測
  (1)韓国植物工場の今後の普及拡大パターンイメージ
    ①完全人工光型植物工場及び太陽光・人工光併用型植物工場
    ②太陽光利用型植物工場
    ③大手企業の事業方向性
  (2)韓国植物工場の市場規模予測
    ①完全人工光型及び太陽光・人工光併用型植物工場
    ②太陽光利用型植物工場
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。