進化する食品スーパーの徹底研究

食品小売は変化の時を迎えている。GMSが低収益に苦しむなか、食品スーパーは専門性を武器に安定成長を続けてきた。しかし、消費の低調な状況が続く中で、ネットスーパーや食事・食材宅配、コンビニでの食材強化など、業種・業態を超えての競争が激化している。こうした環境下、食品スーパー業界は、合併、連携、独自路線の模索など、生き残りをかけた戦いが行われている。店舗形態についても、SCの核テナント、都市型・小型店舗など、新業態の開発が進んでいる。本調査レポートでは、「食品小売全体の流れ、各業態の役割、今後の方向性の分析」、「食品スーパーに焦点をあて業界構造の把握、各社の成長・生き残り戦略の分析」を中心にまとめ、業界の今後の行方を探った。

発刊日
2012/12/27
体裁
A4 / 595頁
資料コード
C54117000
PDFサイズ
6.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:食品スーパー業界の有力企業のデータを中心に末端消費市場まで幅広いデータの収集及び、分析することで、食品スーパー業界に関するマーケティングのための基礎参考資料とする。
調査対象:食品スーパー市場に参入している有力小売業を中心とし、その他関連企業・団体を調査対象とした。
調査方法:個別企業に対する、直接面接取材を中心に電話・FAX取材、郵送取材などを併行して行った。
調査期間:2012年10月~2012年12月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 食品小売における各業態の現状と将来性を分析
  • 食品スーパー業界の構造、課題を分析
  • 食品スーパー各社の事業戦略の特徴を分析
  • 食品スーパー業界の今後を分析

■本資料の概要

第I章.食品スーパーをとりまく環境
第II章.食品スーパー分析
第III章.食品小売企業個表

■掲載内容

第I章.食品スーパーをとりまく環境

1.食品小売市場の変化
  (1)食品小売の市場規模推移と業態構成
  (2)食品小売の業態別特徴と2012年・2013年予測
  (3)食品売上高ランキング
  (4)業態別キープレイヤーの動向まとめ
    ①総合スーパー
    ②食品スーパー
    ③食品宅配、ネットスーパー
    ④コンビニエンスストア
    ⑤ディスカウントストア
    ⑥生協
    ⑦その他
2.百貨店の状況
  (1)百貨店の販売動向
    ①商業販売統計にみる百貨店販売額の中長期推移
    ②商業販売統計にみる百貨店販売額の2011~2012年販売額推移
  (2)百貨店のキープレイヤー動向
    ①大手百貨店の2011年度決算状況
    ②大手百貨店の食料品販売額の推移
    ③百貨店の戦略
    ④食料品分野における取組み
    ⑤最近の大手百貨店各社の動き
    ⑥大手百貨店の2012年度上期業績まとめ
3.量販店の状況
  (1)量販店の販売動向
    ①商業販売統計にみる量販店販売額の中長期推移
    ②商業販売統計にみる量販店販売額の2011~2012年販売額推移
    ③量販店営業収益ランキング
  (2)GMSのキープレイヤー動向
    ①GMSの戦略変化
    ②食料品販売額の推移
    ③大手量販店の食料品荒利率の推移
    ④最近の大手量販店各社の動き
4.コンビニエンスストアの状況
  (1)コンビニエンスストアの販売動向
    ①商業販売統計にみるコンビニエンスストア販売額の中長期推移
    ②商業販売統計にみるコンビニエンスストア店販売額の2011~2012 年販売額推移
  (2)コンビニエンスストアのキープレイヤー動向
    ①大手CVS4社の国内店舗数・チェーン全店売上高推移
    ②大手CVS4社の食料品販売額の推移
    ③CVSの戦略変化
    ④最近の大手CVS各社の動き
    ⑤大手CVS4社の2012年度上期業績まとめ
5.その他飲食料品小売の状況
  (1)その他飲食料品小売の販売動向
    ①商業販売統計にみる「その他飲食料品小売」販売額の中長期推移
    ②商業販売統計にみる「その他飲食料品小売」販売額の2011~2012年販売額推移
    ③「スーパーマーケット販売統計調査」にみる商品別販売動向
    ④「スーパーマーケット販売統計調査」にみるエリア別販売動向
6.関連市場の動向~食品宅配市場
  (1)食品宅配市場規模推移
  (2)コンビニ・ネットスーパー宅配市場の今後
    ①コンビニ・ネットスーパー宅配市場の市場規模予測
    ②コンビニ・ネットスーパー宅配市場の企業動向
    ③コンビニ・ネットスーパー市場が拡大することによる波及効果
    ④コンビニ・ネットスーパー市場の展望と課題
7.商流
  (1)共同仕入・協業グループの動向
    ①CGCグループ
    ②セルコ・グループ
    ③ニチリウ
    ④AJS(オール日本スーパーマーケット協会)
    ⑤八社会
  (2)2大グループの動向
    ①セブン&アイグループ
    ②イオングループ
  (3)連携、提携の状況
8.商業施設における核テナントの変遷
9.消費環境
  (1)消費支出の増減
    ①1世帯当り消費支出の実質増減率(総世帯)
    ②四半期別実質消費支出増減率推移(総世帯)
  (2)消費支出の費目別増減と構成比
    ①1世帯当り消費支出の実質増減率(総世帯)
    ②消費支出の費目別構成比(総世帯)
  (3)総世帯のうち勤労者世帯の家計
  (4)2011年の食品関連消費の動向
    ①世帯別食品関連支出の推移
    ②年収五分位階級別食料品支出額
    ③都市階級別食料品支出額
  (5)人口動態
    ①総人口の推移
    ②年齢3 区分人口規模、及び構成比の推移
    ③平均寿命の推移
    ④都道府県別の人口増減率

第II章.食品スーパー分析

1.食品スーパー業界の現状と今後の展望
  (1)食品スーパーの業態別特徴と成長性
    ①エリア別
    ②品揃え別
    ③売場面積別
  (2)食品スーパーが生き残るための戦略
2.食品スーパーの収益性分析
  (1)食品スーパーと他業種との収益性比較
  (2)2011年度決算状況
  (3)食品スーパー・GMS大手の収益性比較
    ①営業収益伸び率
    ②経常利益率
    ③自己資本利益率
  (4)2012年度上期決算状況
3.スーパーマーケットの現状
  (1)「平成24 年スーパーマーケット年次統計調査」実施要領
  (2)「平成24 年スーパーマーケット年次統計調査」まとめ
  (3)「平成24 年スーパーマーケット年次統計調査」店舗調査まとめ
  (4)出店
  (5)センター
  (6)経営指標
  (7)店舗関連サービスの設置
  (8)店舗外サービスの状況  
  (9)販売促進
  (10)PB 商品
  (11)買物弱者支援対策
  (12)今後の経営方針
  (13)店舗調査
    ①立地環境
    ②店舗の開店・改装年
    ③売場面積
    ④年間売上高
    ⑤1㎡あたり年間売上高
    ⑥一日あたり来客数
    ⑦1㎡あたり来客数
    ⑧客単価
4.食品スーパー地域別動向
  (1)北海道・東北
  (2)関東
  (3)甲信越・北陸
  (4)東海
  (5)近畿
  (6)中国・四国
  (7)九州
5.チェーン各社の事業戦略まとめ
  (1)事業戦略の特徴
  (2)食品スーパー・GMS 大手の最近の動向

第III章.食品小売企業個表

1.チェーン39社の事業戦略と業績
  (株)アークス、(株)アオキスーパー、アルビス(株)、イオン九州(株)、イオン北海道(株)、
  イオンリテール(株)、(株)イズミ、イズミヤ(株)、(株)イトーヨーカ堂、(株)いなげや、
  (株)エコス、(株)オークワ、(株)カスミ、(株)関西スーパーマーケット、
  (株)99(キューキュー)イチバ、(株)神戸物産、(株)サンエー、(株)ダイエー、
  大黒天物産(株)、(株)タイヨー、(株)東武ストア、原信ナルスホールディングス(株)、
  (株)バロー、(株)ハローズ、(株)フジ、(株)平和堂、(株)ベルク、マックスバリュ九州(株)、
  マックスバリュ中部(株)、マックスバリュ東海(株)、マックスバリュ東北(株)、
  マックスバリュ西日本(株)、マックスバリュ北海道(株)、(株)マミーマート、(株)マルエツ、
  (株)ヤオコー、(株)ヤマナカ、ユニー(株)、(株)ライフコーポレーション
2.その他食品小売関連企業個表〔詳細編〕
3.その他食品小売関連企業個表〔簡易編〕

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。