2012 語学ビジネス徹底調査レポート

グローバル化や、小学校への英語学習必修化等で注目を浴びている「語学」に関するあらゆるビジネスを1冊にまとめたレポートである。外国語教育を「成人向け」、「子供向け」、「プリスクール」に細分化して分析する等、緻密な記述を行い、主要事業者には可能な限り取材をし、最新の状況をまとめた。

発刊日
2012/06/29
体裁
A4 / 519頁
資料コード
C54107800
PDFサイズ
4.8MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
121,000
110,000
11,000
154,000
140,000
14,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:外国語教室各社、語学に関わる教材を開発・販売する事業者、語学に関わるビジネスを展開する事業者等
調査方法:事業者への面接取材、アンケート調査、電話調査、各省庁等による公的データ、矢野経済研究所独自の資料等により調査を実施
調査期間:2012年4月~2012年6月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 「語学ビジネス」の様々な分野を網羅、解説
    【解説市場分野】外国語教室全体市場/成人向け外国語教室全体市場/幼児・子供英会話教室市場/プリスクール市場/幼稚園・保育園向け英語講師派遣市場/書籍教材市場/語学独習用機器・教材市場/電子辞書市場/幼児向け英会話教材市場/通信教育市場/e-learning市場/ソフトウェア市場/語学試験市場/留学斡旋市場/通訳・翻訳ビジネス市場/英語以外の他国語市場(中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語)
  • 「小学生向け学習サービス・教材市場」を特集
  • 各分野の市場規模、市場推移予測、事業者シェアデータ、主要プレーヤーの動向解説を掲載
  • 主要事業者の事業実態(サービス・商品の特徴、実績、事業体制・戦略、今後の見通し等)を徹底解説
  • 合計約180社に及ぶ関連事業者データを掲載
  • グローバル化進行に伴い、企業による語学研修需要や個人によるビジネス英語学習需要が拡大。
  • 2012年度の中学学習指導要領、2013年度の高校学習指導要領の改訂に伴う英語授業難化で日常の学習をフォローするための教室・参考書等の需要拡大が期待される。
  • 「Skype」を利用したライブレッスンやeラーニングコンテンツ提供事業者の増加等に伴い、eラーニング市場が活性化。ソーシャル・ラーニングへの注目度も高まる。
  • スマートフォン及びタブレットPC(「iPad」等)向け学習コンテンツが増加。
  • K-POP人気等、韓国への注目度上昇に伴い、韓国語人気が高まる。

■本資料の概要

第1章 総論
第2章 分野別市場動向の解説
第3章 ユーザー別マーケット解説
第4章 市場を取り巻く外部環境の解説
第5章 有力事業者の実態(ケーススタディ)
第6章 語学ビジネス関連事業者個表

■掲載内容

第1章 総論

語学ビジネス市場全体動向
  ●グローバル化に伴う語学学習、語学関連サービスニーズの高まりで市場規模拡大
  ●東日本大震災が語学ビジネス市場に与えた影響について
    <表>各市場における東日本大震災の影響
  ●企業研修需要を中心としたビジネスニーズ拡大により、成人向け外国語教室市場が好調
  ●「skype」を使用したレッスンや、外国語学習コンテンツ等、e-learning 市場の拡大続く。
  スマートフォンやタブレットPC向けアプリ提供事業者も増加
  ●中国語・韓国語学習ニーズ拡大
特集:小学生向け学習サービス・教材市場
  ●2011年度からの小学校英語必修化、2012年度からの新学習指導要領実施に伴う中学英語
  の難化で、小学生向け学習サービスや教材ニーズの高まりが期待される
  ○外国語教室
    <図>小学生向け外国語教室市場規模推移
  ○書籍教材
    <図>小学生向け書籍教材市場規模推移
  ○独習用教材、通信教育
    <図>小学生向け独習教材、通信教育市場規模推移
  ○その他
    <図>その他小学生向け教育サービス・教材市場規模推移
  ○小学生向け英語教育サービス・教材全体市場
    <図>小学生向け英語教育サービス・教材全体市場規模推移】
  【語学ビジネス市場・各分野の動向要約】
    <図>語学ビジネス市場分野別シェア(周辺ビジネス除く)/
    語学ビジネス市場分野別シェア(周辺ビジネス含む)/<図>語学ビジネス市場全体推移/
    <図>英語以外の他国語市場

第2章 分野別市場動向の解説

1.外国語教室全体市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    ●大手6社の動向について
    <表>大手6社の業況比較
    (株)ECC/(株)イーオン/ベルリッツ・ジャパン(株)/(株)GABA/
    自分未来アソシエ(株)/(株)シェーンコーポレーション
  <<市場構成>>
    <図>外国語教室全体市場参入事業者シェア/<図>外国語教室全体市場規模推移
2.成人向け外国語教室市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
  <<市場構成>>
    <図>成人向け英会話教室市場参入事業者シェア/<図>成人向け英会話教室市場規模推移
    <図>ニーズ別市場規模推移/<図>レッスン形態別市場規模推移
3.幼児・子供英会話教室市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    <表>主要12社の展開比較表
  <<市場構成>>
    <図>幼児・子供向け英会話教室市場参入事業者シェア/<図>幼児・子供向け英会話教室市場規模推移
4.プリスクール市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    (有)キャンプリンカーン(ラーニングネットワーク プレイグループ)/
    (有)キッズインターナショナル/ピジョンハーツ(株)/
    セイハネットワーク(株)/(株)小学館集英社プロダクション/
    (株)キンダーキッズ/(株)ポピンズコーポレーション/(株)拓人
  <<市場構成>>
    <図>プリスクール市場規模推移
5.幼稚園・保育園向け英語講師派遣市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>
    <図>全国の幼稚園数/<図>全国の保育所数
  <<主要参入事業者とその動向解説>>
    (株)ECC/セイハネットワーク(株)/(株)こども英会話のミネルヴァ/
    (株)シェーンコーポレーション/(株)小学館集英社プロダクション/
    イッティージャパン(株)
  <<市場構成>>
    <図>幼稚園・保育園向け英語講師派遣市場規模推移
6.書籍教材市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>
    ●教科書
    ●学生向け学習参考書
    ●辞書
    ●資格対策教材
    ●ビジネス系教材
    ●テレビ・ラジオ講座用教材
    <表>日本放送出版協会・主要言語のテキスト発行部数一覧
    ●出版不況や学習手段の多様化等により、書籍市場は縮小傾向が続く
  <<主要参入事業者とその動向解説>>
    ●教科書
    ●学生向け学習参考書
    ●辞書
    ●資格対策教材
    ●ビジネス系教材
  <<市場構成>>
    <図>書籍教材市場カテゴリ別シェア/<図>書籍教材市場規模推移
7.語学独習用機器・独習用教材市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>
    <表>主な語学独習用機器(ハード)及び語学教材セット(ソフト)
  <<主要参入事業者とその動向解説>>
  <<市場構成>>
    <図>語学独習用機器・ソフト市場規模推移
8.電子辞書市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    カシオ計算機(株)/シャープ(株)/セイコーインスツル(株)/
    キヤノンマーケティングジャパン(株)
  <<市場構成>>
    <図>電子辞書市場参入事業者シェア/<図>電子辞書市場規模推移
9.幼児向け英会話教材市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    ワールド・ファミリー(株)/(株)ベネッセコーポレーション/(株)旺文社/
    (株)アルク /きっずWorld(株)/(株)Liv.Design(リヴ.デザイン)
    (旧:(株)テックス英語研究所)
    <表>主要事業者の現況/<表>主要商品比較
  <<市場構成>>
    <図>幼児向け英会話教材市場参入事業者シェア/<図>幼児向け英会話教材市場規模推移
10.通信教育市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>
    ●社会人向け通信教育
    ●学生向け通信教育
  <<主要参入事業者とその動向解説>>
    ●社会人向け通信教育
    (株)アルク/(株)ユーキャン/(財)日本英語検定協会通信教育部/
    (株)ディーエイチシー/(株)Z会/その他
    ●学生向け通信教育
    (株)ベネッセコーポレーション/(株)Z会
    <表>「進研ゼミ」延べ在籍数の推移/「進研ゼミ」4月会員数
  <<市場構成>>
    <図>通信教育(社会人向け+学生向け)市場規模推移
11.e-learning市場
  <<市場の定義>>
    <表>ベンダーの3分類
  <<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    (株)レアジョブ/(株)アルク/リアル・イングリッシュ・ブロードバンド(株)/
    (株)ネットラーニング/セレゴ・ジャパン(株)/(株)ベルリッツ・ジャパン/
    (株)ビジネス・ブレークスルー/(株)旺文社/イングリッシュタウン(株)/
    (株)ECC/(株)イーオン/(株)Lang-8/その他
  <<市場構成>>
    <図>e-learning市場規模推移
12.ソフトウェア市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>
  <<主要参入事業者とその動向解説>>
    ロゼッタストーン・ジャパン(株)/ソースネクスト(株)/(株)メディアファイブ/
    (株)ベネッセコーポレーション/その他
  <<市場構成>>
    <図>ソフトウェア市場規模推移
13.語学試験市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>
    <図>英検、TOEICの受験者数推移/<図>各種語学資格試験の受験者数推移/
    <図>各検定試験・受験者数(または志願者数)及び合格者数推移
  <<主要参入事業者とその動向解説>>
    公益財団法人日本英語検定協会/(財)国際ビジネスコミュニケーション協会
    <表>語学試験・実施団体一覧表
  <<市場構成>>
    <図>語学試験市場参入事業者シェア/<図>語学試験市場規模推移
14.留学斡旋市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    教育ビジネス系/旅行代理店系/人材派遣系/独立系
    <表>一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員リスト/
    <表>NPO法人留学協会法人正会員リスト
  <<市場構成>>
    <図>留学市場参入事業者シェア/<図>留学斡旋市場規模推移
15.通訳・翻訳ビジネス市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    (株)翻訳センター/(株)サン・フレア/(株)十印/(株)知財翻訳研究所/
    (株)グローヴァ/(株)エイブス/(株)ジェスコーポレーション/(株)エニドア/
    (株)サイマル・インターナショナル/日本コンベンションサービス(株)/
    (株)コングレ/(株)インターグループ/その他
  <<市場構成>>
    <図>通訳・翻訳ビジネス市場規模推移
16.英語以外の他国語市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>
    ●2012年4月のNHK語学講座テキスト発行部数(中・韓・仏・独の合計)は昨年同期比減も、
    韓国語は増加
    <図>NHKラジオ・テレビ語学講座テキスト発行部数
    ●語学検定試験:「ハングル」能力検定試験、中国語検定試験の志願者数増加
    <表>各言語における検定試験受験者数推移
    ●高校では中国語教育実施校が増加傾向だが、中国語以外の第二言語の教育は減少傾向
    <図>高等学校における第二外国語開設学校数の推移
    <表>高等学校における英語以外の外国語教育の実施状況
    ●中国語・朝鮮語(韓国語)教育を行う大学が増加
    <表>大学における外国語教育の実施概況
  <<主要参入事業者とその動向解説>>
  <<中国語>>
    <図>中国語市場規模推移
  <<韓国語(ハングル)>>
    <図>韓国語市場規模推移
  <<フランス語>>
    <図>フランス語市場規模推移
  <<ドイツ語>>
    <図>ドイツ語市場規模推移

第3章 ユーザー別マーケット解説

1.「幼児」層のマーケット環境
  【対象人口】
  【トピック】
    <早期英語教育堅調>
  【トレンド】
    <英語教材>/<英会話スクール>
2.「学齢」層のマーケット環境
  【対象人口】
  【トピック】
    <小学校の英語必修化の市場への影響は僅少>/<コミュニケーションの道具としての使える英語へ>
  【トレンド】
    <英会話スクール>/<書籍教材>
3.「社会人」層のマーケット環境
  【対象人口】
  【トピック】
    <教育訓練給付金、制度変更で受給者減少>/<ビジネス分野で英語が求められるシーンが増加>
  【トレンド】
    <各種教材>/<英会話スクール>
4.「シニア」層のマーケット環境
  【対象人口】
  【トピック】
    <取り込め切れない巨大市場シニア層>
  【トレンド】
    <学び直しニーズ徐々に拡大>/<シニア向け旅行の需要増>
5.企業のマーケットトレンド
    <グローバル化で高い語学力を持った社員の需要が増す>/<伸びるTOEIC、伸ばすGTEC>/
    <英語以外の言語も重要度を増す>
6.学校のマーケットトレンド
    <小学校高学年の英語必修化スタート>/<高校・中学校でのトレンド>/<特区における教育状況>/

第4章 市場を取り巻く外部環境の解説

Ⅰ.語学ビジネスに関する社会的背景
  1.人口構成の推移
    <図>総人口に占める子どもと高齢者の割合/<図>15歳未満人口の推移/<図>65歳以上人口の推移
  2.人口構成の将来推移
    <表>年齢3区分別将来人口の推移/<図>年齢3区分別将来人口の推移
  3.経済環境の動向と教育支出
    (1)実質GDPの推移
    (2)完全失業率と有効求人倍率
    (3)生活意識の変遷と教育支出の推移
    <図>世帯の生活意識の変遷/<表>教育関連支出の推移/<図>教育関連支出の推移
Ⅱ.海外渡航者の動向
  1.日本人の出国状況
    (1)出国者数の推移
    <表>出国者数の推移/<図>出国者数の推移/<図>出国者の男女比率
    (2)年齢別出国者数
    <表>年齢別出国者数/<図>出国者の年代別比率/<図>年齢別男女別出国者数
  2.海外在留邦人の状況
    (1)海外在留邦人数の推移
    ①海外長期滞在者数の推移
    <表>海外長期滞在者数の推移/<図>海外長期滞在者数の推移
    ②海外永住者数の推移
    <表>海外永住者数の推移/<図>海外永住者数の推移
    (2)地域別海外在留邦人数の推移
    <表>地域別海外在留邦人数の推移
Ⅲ.語学教育の動向
  1.語学月謝支出の推移
    <表>語学月謝支出の推移/<図>語学月謝支出の推移
  2.公立小学校における英語教育の現状
    <図>JETによる外国語指導助手数の推移
  3.高等学校・中学校における英語以外の外国語の開設状況
    <表>高等学校・中学校における英語以外の外国語の開設状況
Ⅳ.ビジネスパーソンの語学習得に関する状況
  1.教育訓練給付金(翻訳技能・実用英語検定等)の受給状況
    <表>教育訓練給付金制度の変更点
    (1)教育訓練給付金の受給者数・金額(総額・1人当たり平均受給額)の推移
    <図>教育訓練給付の受給者数と総受給金額
    (2)教育訓練給付金(翻訳技能・実用英語検定等)受給者数・平均支給額の推移

第5章 有力事業者の実態(ケーススタディ)

Ⅰ.語学スクール編

■(株)イーオン
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●英会話イーオンにおけるサービスメニュー/
  ●独自ルートで優秀な外国人講師を採用することで、質の高いサービスを実現/
  ●子供向け英会話スクールの展開/
  ●英語学習サポートサイト「AEON NETCAMPUS」など、様々な自宅学習サービスを提供/
  ●新たにキッズ対象ネットキャンパス「AEON KIDS i-CLUB)」を開設
2.業況
  ●キッズ、ビジネスマンの増加により会員数は10万人突破/●出店については慎重姿勢
3.事業体制・事業戦略動向
  ●イーオングループ会社の役割と戦略/●広告宣伝はテレビCMを効果的に活用/
  ●TOEICのスコアを競うイーオンコンテストの開催
4.今後の展開、課題
  ●「安心感」の提供と、「世界共通語の英語を使いこなせる人材の育成」の核を貫く/
  ●今後は法人営業の強化にも注力

■(株)イーオン・アミティー
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●「聞く・話す・読む・書く」の英語の総合力育成に取り組む/
  ●成長過程に合わせたカリキュラム
2.業況
  ●東日本大震災による損害額は億単位と推定
3.事業体制・事業戦略動向
  ●長年蓄積した幼児・子供教育の独自ノウハウで教育/
  ●優れた財務状況の余力を値下げなど会員に還元
4.今後の展開、課題
  ●質の高いサービスで、子供の英語力を伸ばす理念を継続していく

■(株)ECC
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●「ECC外語学院」の運営/●「ECCジュニア」の展開/●その他
2.業況
  ●2012年5月期は売上・生徒数とも堅調
3.事業体制・事業戦略動向
  ●グループによる総合力を発揮/●広告・宣伝について
4.今後の展開、課題
  ●引き続き、関東圏を中心に出店を強化/●カリキュラムの改訂を進める/
  ●サービスクオリティの向上と生徒数増加に努める

■イッティージャパン(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●日本人講師と外国人講師による習得・実践型レッスン/●ウェブレッスンの展開/
  ●英語コミュニケーション技能検定試験(TECS)の実施/
  ●子ども英語教室「グースキースタジオ」の運営/
  ●一般向け英会話スクール「Wishアカデミー」の運営
2.業況
  ●2011年5月期は震災の影響等で売上減、2012年5月期は増収見込
3.事業体制・事業戦略動向
  ●会員獲得業務をグループ会社の代理店にシフト/●出店について/●販促・営業について/
  ●講師の採用について
4.今後の展開、課題
  ●対象年齢層・ターゲット層の拡大/●世界で活躍できる人材の育成を目指す

■(株)GABA
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●マンツーマンレッスンと充実したサポート/●法人向け講師派遣サービスの提供/
  ●「Gabaこどもマンツーマン英会話」の展開/
  ●ウェブサービスによる生徒サポート、無料英語学習サイトの提供
2.業況
  ●2011年12月期はビジネスニーズ拡大により好調に推移
3.事業体制・事業戦略動向
  ●2011年12月より、ニチイ学館の完全子会社となる/●ラーニングスタジオ(LS)の出店について/
  ●マーケティングについて
  ●マーケティングについて
4.今後の展開、課題
  ●法人を含め、ビジネスニーズの取り込みを継続的に行う

■(有)キッズインターナショナル
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●子供英会話教室・プリスクールの「キッズインターナショナル」の運営/
  ●ネイティブティーチャーとバイリンガルスタッフのオールイングリッシュの環境/
  ●保育所「ベビーステーション」運営ノウハウを「キッズインターナショナル」に生かす
2.業況
  ●震災の影響から、2010年度に引き続き減益
3.事業体制・事業戦略動向
  ●自社開発の教材を利用、講師育成にも力を入れる/●1歳以下の子供の取り込み強化/
  ●自社HPでのPRがメイン、口コミによる入会も増加/
  ●顧客データー自動管理システム導入、今後の出店計画へ生かす
4.今後の展開、課題
  ●本物の教育を提供する、今後の課題はキッズインターナショナル独自のカラーの確立

■(有)キャンプリンカーン(ラーニングネットワーク プレイグループ)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●国際標準のクリエイティブ・カリキュラム®を基とした「プレイグループ」の運営/
  ●ネイティブとバイリンガルのダブルサポート体制
2.業況
  ●2011年度も引き続き売上増を達成
3.事業体制・事業戦略動向
  ●メンバーシップ(加盟校)オーナーの熱意がプレイグループを支える/
  ●「バリュー・パッケージ」の実現が他社との差別化要因に、デザインで表現する/
  ●年間を通した生徒募集、0歳児からの囲い込みを推進/
  ●紙媒体+インターネットを活用したクロスメディア構造構築、口コミでの宣伝効果も大
4.今後の展開、課題
  ●収益性改善は必要だが、質の維持・向上は不可欠/●国内100校計画、長期的に海外展開も視野に/
  ●プレイグループのセカンドブランドの展開、法人需要も/●保育ビジネスへの参入/
  ●次のステップへ、マンパワーの強化を図る

■コーチ・ユナイテッド(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●プライベートコーチと学習者のマッチングを行う
2.業況
  ●創業以来業績は右肩上がりで推移
3.事業体制・事業戦略動向
  ●事業体制、他社との提携等について/
  ●学習をサポートするシステムの整備、パブリシティによるPRに注力
4.今後の展開、課題
  ●時代やニーズに合った教育サービスの提供、レッスンクオリティ向上を目指す/
  ●「学びの流通市場」形成、会員数10万人を目指す

■(株)こども英会話のミネルヴァ
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●「こども英会話のミネルヴァ」の運営/●ALT派遣の取組
2.業況
  ●教室の統廃合、教材費値下げ等に伴い売上高減少模様
3.事業体制・事業戦略動向
  ●プル型営業推進体制に転換
4.今後の展開、課題
  ●市場ニーズに即したサービスの提供/●FC事業の開始

■(株)シェーンコーポレーション
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●「シェーン英会話スクール」の運営/●幼児・子ども向けレッスンの展開/
  ●講師派遣サービスの展開/●海外校への留学斡旋/●中国語クラス
2.業況
  ●成人・子供とも入学者数増、講師派遣ニーズも拡大
3.事業体制・事業戦略動向
  ●2010年11月より(株)栄光(現:栄光ホールディングス)の100%子会社に/
  ●Z会との業務提携により、新講座の提供を開始/●広告戦略、スクール展開について/
  ●講師のクオリティ向上、更なる顧客満足度の向上に注力/
  ●2012年4月より新カリキュラムを導入/
  ●ロンドンオリンピック等、イギリスへの注目度上昇の機会を活かした販促を行う
4.今後の展開、課題
  ●栄光グループの一員としてシナジー効果の創出を図る

■自分未来アソシエ(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●「駅前留学」、「お茶の間留学」、「駅前KIDS」及び「塾NOVA」等の展開/
  ●「EC英会話」の展開/●出版事業
2.業況
  ●新規生徒が増加傾向、韓国語人気
3.事業体制・事業戦略動向
  ●事業体制及び社名の変更、出店動向・集客方法について/
  ●教材の電子書籍化・コンテンツ化の推進/●市場の情勢に合わせた価格戦略を展開
4.今後の展開、課題
  ●ビジネスニーズの取り込み、モバイルツールによるレッスン提供を模索

■(株)小学館集英社プロダクション
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●幼児~小学生を中心とした英語教育を展開/●総合保育サービスで新規顧客を獲得
2.業況
  ●語学事業売上は横ばい傾向
3.事業体制・事業戦略動向
  ●アライアンス等で収益拡大に向けた事業を展開/
  ●ターゲットに合わせた効果的な教室運営を展開/
  ●キャラクターを有効活用したプロモーション戦略を展開
4.今後の展開、課題
  ●B to Bビジネスの強化を図る/●アジアを中心とした海外展開にも注力

■セイハネットワーク(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●0歳児からを対象とした英会話スクールを全国展開/
  ●全国約450ヶ所の保育園・幼稚園へ講師を派遣/
  ●バイリンガル保育を行う「ラビインターナショナルスクール」/
  ●英会話レッスン付き託児所「ラビキッズワールド」/
  ●子ども向けストリートダンス教室「ドリームファクトダンスアカデミー」
2.業況
  ●出店攻勢による増収トレンド続く
3.事業体制・事業戦略動向
  ●関東エリアへの出店攻勢と中国への出店を積極化/
  ●「リレーティーチングシステム」を活かし英語検定対策にも取り組む
4.今後の展開、課題
  ●サービス面でのクオリティ向上による事業強化

■(株)ナガセ
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●2010年10月開始の「東進こども英語塾」、教室数が大幅増加
2.業況
  ●震災等による教室展開の遅れから、徐々に順調に
3.事業体制・事業戦略動向
  ●教室数拡大・生徒募集に注力
4.今後の展開、課題
  ●早期の収益化が課題の模様

■(株)ハオ中国語アカデミー
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●来店レッスンが売上の85%を占める。教師派遣も増加傾向/
  ●効率的な学習を行えるマンツーマンレッスンに強み
2.業況
  ●2011年度も引き続き成長達成、今後の課題は生徒数の増加
3.事業体制・事業戦略動向
  ●イーオングループのネットワークも活用、宣伝費抑制のため広告は自社WEBに絞込み
4.今後の展開、課題
  ●学校数増加はせず、趣味開拓・教師派遣注力で受講者数2,500~3,000名実現を目指す

■(株)ビジネス・ブレークスルー
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●eラーニングプログラム「実践ビジネス英語講座」の提供
2.業況
  ●グローバル人材教育需要の拡大等により好調
3.事業体制・事業戦略動向
  ●オンラインによるビジネス英会話レッスンを開始/●英語コンテンツは(株)アルクと共同開発/
  ●モバイル端末による学習ニーズにいち早く対応
4.今後の展開、課題
  ●グローバル人材育成のリーディングカンパニーを目指す

■ピジョンハーツ(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●プリスクール及び保育事業を手がける/●ピジョンキッズワールドの運営/
  ●ブリリアンキッズの運営
2.業況
  ●2012年度は2スクールの閉鎖で生徒数減少が見込まれる
3.事業体制・事業戦略動向
  ●「ピジョンハートナーオープンカレッジ」で帰属意識の向上、従業員教育に力/
  ●口コミによる広告宣伝で潜在需要獲得
4.今後の展開、課題
  ●英語教育を徹底する/●ピジョンキッズワールドFC校増加を目標、ブリリアンキッズ2校目を

■(株)ベネッセコーポレーション
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●ベネッセこども英語教室/●こどもちゃれんじ English/●Worldwide kids English/
  ●「BE-GO(ビーゴ)」/●GTEC、GTEC for Students/
  ●海外トップ大学を志望する高校生向け進学塾「Route H」の開講
2.業況
  ●語学関連事業の業況について
3.事業体制・事業戦略動向
  ●ターゲット層に合わせ、様々な内容・形態のサービスを提供/
  ●マスメディアを使った広告や、体験イベント等多様なPR活動を実施
4.今後の展開、課題
  ●消費者に選ばれるサービス提供を模索し続ける/●海外大学進学・留学支援に注力

■ベルリッツ・ジャパン(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●「ベルリッツ・メソッド」の実践/●オンライン・レッスンの展開
2.業況
  ●法人需要の拡大等により、2011年12月期の売上高は前年度比増
3.事業体制・事業戦略動向
  ●遠隔語学教育サービスを提供する仏Telelangue社等の子会社化/
  ●ランゲージセンターの展開、広告・宣伝について/●法人向け研修事業の強化/
  ●幅広い年齢層に向けたコースを展開/
4.今後の展開、課題
  ●市場ニーズの迅速な把握と、それに合ったプログラムの作成を目指す/
  ●グローバル人材育成に注力

■ヤマハ(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●「ヤマハ英語教室」の運営/●「50歳からの大人のための英会話」の展開
2.業況
  ●英語教室事業はほぼ横這い模様
3.事業体制・事業戦略動向
  ●講師認定試験及び研修で教師の質を担保、独自開発の教材を活用/
  ●成果発表・独自認定試験でモチベーション向上
4.今後の展開、課題
  ●市場ニーズに即した対応

■(株)レアジョブ
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●skypeを用いた英会話レッスンの提供
2.業況
  ●創業以来受講者数・売上高の拡大が続く
3.事業体制・事業戦略動向
  ●徹底したコスト削減により、低価格でのサービスを実現/
  ●講師やサービスのクオリティ向上にも注力/
  ●他業種との提携やタイアップ、イベントの開催等により利用者増を図る
4.今後の展開、課題
  ●ビジネス需要増に応えるサービス提供を目指す/
  ●ユーザー層の拡大、ひいては英語を話せる日本人の増加を図る

Ⅱ.学習教材編

■(株)アルク
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●通信教育用教材/●eラーニング事業、コンテンツ提供/●書籍出版事業/
  ●子ども向け英語教室「Kiddy CAT 英語教室」を展開/●法人向け事業
2.業況
  ●2012年1月期は増収増益、黒字転換を果たす/●各セグメントの売上も好調に推移
3.事業体制・事業戦略動向
  ●子供向け英語教育に注力、2011年7月より(株)明光ネットワークジャパンと提携/
  ●分社により所掌分野を明確化、マーケットに特化した部署編成/●グローバル人材育成に注力
4.今後の展開、課題
  ●受講者サポート充実、ユーザーの利便性向上のため教材のカスタマイズ対応を強化

■エス(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●流して聞くだけの英語学習教材「エブリデイイングリッシュ」/
  ●「エブリデイイングリッシュ」が企業や教育機関にも幅広く導入される/
  ●「エブリデイイングリッシュ」関連教材を多数リリース
2.業況
  ●売上は拡大が続いている模様
3.事業体制・事業戦略動向
  ●積極的な広告出稿、「エブリデイイングリッシュ」を使用する著名人も多数/
  ●「無料オンライン予備校エブリデイゼミナール」を開設
4.今後の展開、課題
  ●蓄積したノウハウや商品力等を活かし、社会貢献にも注力/
  ●自社アイデンティティ確立、顧客満足度向上を目指す

■(株)エスプリライン
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●聞き流すだけの英語学習用通信講座「スピードラーニング」/●英会話教材の通信販売
2.業況
  ●売上高拡大が続く
3.事業体制・事業戦略動向
  ●サポート強化、イベントの実施等により既存顧客の継続率向上を図る/
  ●マスメディアを多用した広告戦略
  ●販売チャネルについて
4.今後の展開、課題
  ●競争の激化、紙媒体の広告効果減少が課題

■(株)NHKエデュケーショナル
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.展開サービス状況】
1.主要事業
  ●英語学習番組を中心に語学番組を制作/
  ●英語以外の語学番組では、ハングル、中国語学習番組が人気/
  ●クロスメディア戦略を加速、映像パッケージ化にも注力/
  ●インターネットコンテンツによる語学学習サポートの提供
2.業況
  ●2012年3月期の売上・営業利益はほぼ前年度比横ばいに
3.事業体制・事業戦略動向
  ●番組制作について/●「NHK英語グランドデザイン」に基づき英語講座のリニューアルを進める
4.今後の展開、課題
  ●若年層の取り込みを図る/●英語以外の言語にもフォーカスした番組作り/
  ●書籍やソフトウェアの市場縮小に伴い、新たな媒体による収益の確保が課題

■(株)旺文社
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●資格関連書籍/●学習参考書/●辞書・辞典/
  ●スマートフォン、タブレットPC向けアプリの提供/●幼児教材
2.業況
  ●2011年9月期はコンテンツ売上が好調となった模様
3.事業体制・事業戦略動向
  ●コンテンツの二次利用に注力
4.今後の展開、課題
  ●第二外国語や日本語教育教材等のラインナップ拡充に注力

■カシオ計算機(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●電子辞書のターゲットの明確化、細分化を進める/
  ●メイン・サブパネルにタッチパネル付カラー液晶採用で、視認性、使いやすさ向上
2.業況
3.事業体制・事業戦略動向
  ●小学生向け電子辞書販売開始/●家電量販店と、通販が主な販売チャネル/
  ●マルチ端末とは一部を除き競合にはならない
4.今後の展開、課題
  ●小学生向けの注力、高校生向けを基軸とした中国での売上拡大

■(株)三省堂
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●辞書出版/●教科書・参考書出版/●その他語学関連書籍の出版/●電子出版事業
2.業況
  ●少子化と電子辞書の普及により、紙ベースの辞書は苦戦
3.事業体制・事業戦略動向
  ●「辞書」を基軸とした新たな事業構築

■セイコーインスツル(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●専門性の高い翻訳ニーズに対応した機種に特徴/
  ●パソコンと連携させる同社独自の「PASORAMA」の搭載/
  ●機能面における他社製品との差別化/●NHKのラジオ講座のコンテンツ搭載
2.業況
3.事業体制・事業戦略動向
  ●店頭デモンストレーションなどでユーザーの取り込みを図る
4.今後の展開、課題
  ●語学上級者へのスイッチを継続

■セレゴ・ジャパン(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●英語学習サービス「iKnow!」、ライブ英語トレーニング「iKnow! Live」の提供/
  ●脳科学に基づいた学習エンジンの開発
2.業況
  ●有料会員の増加に伴い、堅調に推移
3.事業体制・事業戦略動向
  ●フリーミアム展開や、グローバル体制の強化を図る/
  ●ライブ英語トレーニング「iKnow!Live」の提供を開始/
  ●NTTグループの出資により、教育機関への導入実験も行われる/●宣伝・営業について
4.今後の展開、課題
  ●ユーザー数の更なる増加を目指す/●アライアンスによるサービスやコンテンツの充実化

■(株)大修館書店
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●辞書・辞典/●一般向け図書・教材/●教科書/●電子化への対応
2.業況
  ●売上は減少傾向も、出版業界においては健闘
3.今後の展開、課題
  ●電子化を推し進める方針だが、書籍とのバランスも重視

■ネットラーニング(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●SaaS型eラーニングサービスを主に企業向けに提供
2.業況
  ●受注件数・受注金額とも前年度比増の模様
3.事業体制・事業戦略動向
  ●eラーニングに特化、グループのシナジー効果を発揮/
  ●「学習サービス提供」というスタンスを貫く/
  ●グローバル教育や語学教育を中心に、様々なサービスを提供/
  ●中小企業を中心とした新規顧客開拓に努める
4.今後の展開、課題
  ●新サービスの販促、モバイルツール対応に注力/●海外進出を視野に入れた取り組みを行う

■(株)ピアソン桐原
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービス(商品)の特徴
  ●提携強化でピアソン桐原が2010年に誕生/●教科書、参考書、問題集/●辞書/
  ●アセスメント関連教材・サービス(TOEIC 向け教材、Versant、PTE Academic)提供/
  ●英語リーダー教材・学習用副教材(Penguin Readers)/
  ●その他ビジネス英語本/●デジタルコンテンツの提供/
  ●セミナーの開催(中学・高校・大学教師向け)
2.業況
3.事業体制・事業戦略動向
  ●Versant、PTE提供強化/●紙媒体とeBook、市場見極めを行う/●2012年4月営業部の組織改変
4.今後の展開、課題
  ●出版を機軸に新たな提案を強化

■(株)ユーキャン
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●ウェブを使った学習支援にも注力/●2012年5月より、新たな語学講座の提供を開始
2.業況
  ●震災の影響、学習方法の多様化等から減収の模様
3.事業体制・事業戦略動向
  ●個人ユーザーに加え、法人顧客開拓にも注力/●広告・宣伝について/
  ●海外市場の開拓を目指す
4.今後の展開、課題
  ●ニーズの変化への対応が課題に

■(株)Lang-8
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●Lang-8相互添削サイトの運営/●喜洋洋氏の学習体験が会社設立につながる
2.業況
  ●設立以後赤字だが、売上は微増傾向
3.事業体制・事業戦略動向
  ●WEBサイトのユーザービリティー向上に注力
4.今後の展開、課題
  ●会員数の増加、英語ネイティブ会員の増加/
  ●世界最高の語学サービスの提供へ、提供言語の拡充を図る

■リアル・イングリッシュ・ブロードバンド(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●語学学習コンテンツの企画・製作
2.業況
  ●近年、売上高の拡大が続く
3.事業体制・事業戦略動向
  ●アジア諸国で幅広くサービスを展開/
  ●多数の事業者とパートナーシップを結び、サービスの強化に努める
  ●PR・集客について
4.今後の展開、課題
  ●サービスクオリティの更なる向上を目指す

■ロゼッタストーン・ジャパン(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●語学学習ソフト「Rosetta Stone®(ロゼッタストーン)」の開発・販売/
  ●ロゼッタストーンの特長2.業況
  ●ユーザー数・業績とも堅調に推移
3.事業体制・事業戦略動向
  ●バージョンアップでよりインタラクティブなサービスの提供が可能に/
  ●販売・店舗戦略、広告・宣伝戦略について/
  ●Rosetta Stone, Inc が子供向け言語教育サービス事業者GoGo Lingo を買収
4.今後の展開、課題
  ●法人向けニーズ対応、法人営業強化/
  ●サポートの増強や、より日本人に合ったサービスの提供に努める

■ワールド・ファミリー(株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービス(商品)の特徴
  ●母国語方式の英語学習「ワールド・ファミリー・メソッド」/
  ●Disney’s a World of English(ディズニー英語システム)/
  ●「ワールド・ファミリー・クラブ」学んだ英語をアウトプットする場を提供
2.業況
  ●購入層の80%は0歳~2歳の子供を持つ世帯
3.事業体制・事業戦略動向
  ●時代に合わせ、教材の更新を行う/
  ●「ワールド・ファミリー・チャネル」やイベント、雑誌掲載でのPR
4.今後の展開、課題
  ●「使いこなし」のための取り組みを強化

Ⅲ.周辺ビジネス編

■(株)エニドア
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●ウェブサービス「ソーシャル翻訳コニャック」の提供
2.業況
  ●2013年3月までにユーザー数10万人を目標とする
3.事業体制・事業戦略動向
  ●個人が気軽に使える翻訳サービスの提供を目指す/
  ●2012年1月に全面リニューアル、価格体系等を改訂
4.今後の展開、課題
  ●翻訳業界の革新を図る/
  ●インターネットを用いた効果的なプロモーションにより、認知度の向上を図る

■(株)グローヴァ
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●翻訳業務を主体とした事業展開/●激安翻訳業務/●様々なニーズに幅広く対応
2.業況
3.今後の展開、課題

■(株)コングレ
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●コンベンション業界のトップ企業として活躍/●国際会議場、文化施設の企画運営でもトップ/
  ●通訳業務は専門性と品質の高さを重視/●高度なクオリティとスピードを両立させた翻訳業務/
  ●海外ビジネスの拡大/●新たにシンクタンクを設立し国際競争力を強化
2.業況
3.今後の展開・課題

■(株)サイマル・インターナショナル
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●通訳・翻訳サービス/●サイマル・アカデミーの運営/●グループ企業との連携
2.業況
  ●需要増・ブランド力アップにより業容拡大
3.事業体制・事業戦略動向
  ●高いブランド力を武器に講師派遣などビジネス領域の拡大へ

■South Pacific Free Bird((株)
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●留学費用を欧米諸国の3分の1に抑えた低価格戦略/●留学先としてのフィジー/
  ●語学学校Free Bird Instituteの特徴/
  ●20代をターゲットにした自社発信のマーケティング展開
2.業況
  ●留学業界の中では比較的健闘するも、留学申込者数は減少
3.事業体制・事業戦略動向
  ●フィジー留学に特化した事業展開を継続/●新規事業として現地での高校運営をスタート/
  ●20代をターゲットにした自社発信のマーケティング展開
4.今後の展開、課題
  ●日本・フィジーに次ぐ第三国での新規事業展開を模索

■(株)サン・フレア
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●70以上の言語の翻訳対応可能、ローカリゼーションに強み/
  ●優れた翻訳者、チェック機能により高品質な翻訳サービスを提供/
  ●「サン・フレア アカデミー」による人材確保
2.業況
  ●2011年度はライフサイエンス分野や公共案件の伸び、企業研修案件の増加で堅調
3.事業体制・事業戦略動向
  ●ライフサイエンス分野への注力度を強め、医療機器分野など新領域を開拓/
  ●言語力に、提案力、デザイン力、IT力、教育力を連携させた「ドキュメント総研」を目指す

■(財)日本英語検定協会
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●実用英語技能検定(英検)の運営・実施/●その他、各種試験等
2.業況
  ●2011年度は英検受験者数、収入とも横ばい推移
3.事業体制・事業戦略動向
  ●2012年4月に公益財団法人に/●英検は学校入試の優遇措置などに採用される
4.今後の展開、課題
  ●「使える英語の振興」の理念を今後も追求

■(財)日本中国語検定協会
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●中国語検定試験、実力診断テスト及び代行試験等、評価基準の提供/
  ●中国語学習関連出版物の制作及び教育事業
2.業況
  ●震災の影響で第73回試験(2011年3月)が中止
3.事業体制・事業戦略動向
  ●客観的な判定基準の提供と受験者の利便性向上に努める/
  ●スコア式ビジネス中国語検定試験は通算14回、2012年3月試験で休止/
  ●準1級、面接試験の導入を2013年度から/●速報版の廃止/
  ●インターネットによる申し込み増加
4.今後の展開、課題
  ●HSKとの共存で、中国語の振興を目指す

■(株)翻訳センター
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●特許・医薬・工業・金融4分野の産業翻訳を行う
2.業況
  ●売上高、経常利益とも過去最高額を達成
3.事業体制・事業戦略動向
  ●M&A等による事業基盤拡充と規模拡大を継続/
  ●アイ・エス・エスの子会社化により、通訳事業にも本格進出予定/
  ●品質管理推進部、ローカライゼーション推進部を新設/●特許分野の強化に努める
4.今後の展開、課題
  ●「翻訳プラットフォーム」の構築、翻訳支援ツールの導入促進を図る/●中長期的な目標について

■(株)ラストリゾート
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●顧客ニーズに合った新サービスを投入/●3部門の事業展開で充実したサポート
2.業況
  ●契約者数・売上は減少基調が続く
3.事業体制・事業戦略動向
  ●近年は国内外の事務所統合を実施/●若年層向けに、効率的なマーケティングを展開
4.今後の展開、課題
  ●「企業向け」「シニア層」「外国人」などを新しいターゲットに

■(株)留学ジャーナル
【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
1.サービスの特徴
  ●カウンセリングを重視した留学サポート体制/
  ●人気の留学先はカナダ。全般的に大学・大学院留学が増加
  ●イーオングループとしてのシナジー効果で留学斡旋実績を向上/
  ●「留学ジャーナル」の出版が新規相談者の確保に効果的
2.業況
  ●2011年は相談者総数が5,000人増の25,000人へ/
  ●差別化ポイントは留学ビジネスのリーディングカンパニーとしての高い信頼性と実績
3.事業戦略動向、今後の展開
  ●留学情報誌を柱に、ウェブやモバイルも活用/
  ●J-CROSSに認定。より高い信頼性で留学ビジネスを拡大させる

第6章 語学ビジネス関連事業者個表

語学スクール事業者一覧
学習教材事業者一覧
周辺ビジネス事業者一覧
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
121,000
110,000
11,000
154,000
140,000
14,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。