2012年版 チタン・マグネ合金市場の将来展望

チタン及びマグネシウム合金は高機能な構造用合金素材として非鉄金属の中でも今後の成長性が期待されている。また、これらの材料は合金開発や成形技術といった点で日本の高い技術力を活かせる数少ない金属材料と言われている。そこで、今回はチタン及びマグネシウム合金主要メーカーの取り組み状況や今後の事業の方向性を中心に調査することによって、今後のチタン及びマグネシウム合金市場の将来性を明らかにした。セールスポイントとしては、チタン及びマグネシウム合金の原材料から流通までのサプライチェーン調査、メーカーの具体的な事業の方向性調査、急伸しているアジアミルの動向、今後の日本におけるチタン及びマグネシウム合金の将来性について調査分析した。

発刊日
2012/06/28
体裁
A4 / 136頁
資料コード
C54109300
PDFサイズ
5.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:チタンおよびマグネシウム合金は非鉄金属の中でも優れた特性を持っている材料であり、いずれも既に構造材料としては欠かせない存在となっている。今回の調査ではチタン及びマグネシウム合金の日本での市場性を明らかにすると同時に、新興著しい韓国、中国での市場動向、企業の開発動向を調査することにより、今後の市場見通しを行うことを目的とした。
調査対象
(1)チタン
スポンジチタンメーカー、チタンインゴットメーカー、チタン展伸材メーカー、チタン製品メーカー(セットメーカー)、商社、協会他
(2)マグネシウム合金
マグネシウム成形メーカー(ダイカスト、チクソモールディング、プレス、鋳造、鍛造)、表面処理メーカー、商社、マグネシウム合金製品メーカー(セットメーカー)、商社、協会
調査方法:面接取材を中心に、アンケート調査、電話によるヒアリング調査、文献調査等により、必要な情報を収集した。
調査期間:2012年3月~2012年6月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • チタン及びマグネシウム合金の原材料から成形加工部門毎の市場規模調査、部門別の主要企業の取り組み状況等詳細について調査
  • 原材料から最終製品までのマテリアルフロー調査
  • 中国、韓国における開発状況、今後の取り組みについて詳細調査
  • チタン、マグネシウム合金市場拡大のための課題と対策

■本資料の概要

第一章 チタン市場
第二章 マグネシウム合金市場

■掲載内容

第一章 チタン市場

1.チタン市場の市場構造
2.チタン市場の概況
  (1)日本のチタン市場の俯瞰図
  (2)部門別市場概況
    ①一次加工(スポンジチタン・インゴット)
    ②二次加工(展伸材)
3.チタン市場の市場規模推移
  (1)一次加工(スポンジチタン・チタンインゴット)
    ①数量
    ②金額
  (2)二次加工(展伸材)
    ①数量
    ②金額
    ③種類別(CP、チタン合金)数量
    ④種類別(CP、チタン合金)金額
    ⑤需要分野別数量(国内)
    ⑥需要分野別数量(輸出)
    ⑦形状別数量(国内)
    ⑧形状別数量(輸出)
4.チタン関連企業の動向
  (1)スポンジチタン・インゴットメーカー
    ①東邦チタニウム
    ②大阪チタニウムテクノロジーズ
  (2)展伸材メーカー
    ①新日本製鐵
    ②神戸製鋼所
    ③住友金属工業
    ④JFEスチール
    ⑤大同特殊鋼
5.チタンの加工市場について
6.チタンのマテリアルフロー(スポンジチタン~チタンインゴット~展伸材~最終用途)
7.中国、韓国のチタン動向
  (1)韓国
  (2)中国
8.チタンスクラップの動向
9.日本のチタン市場の将来性

第二章 マグネシウム合金市場

1.マグネシウム合金市場の定義
2.マグネシウム合金市場の概況
  (1)日本におけるマグネシウム合金市場の現状
  (2)部門別市場概況
    ①原材料調達(地金)
    1)東京マグネシウム 2)大阪富士工業
    ②プレス加工
    1)カサタニ
    ③鋳造加工
    1)神戸製鋼所 2)その他
    ④ダイカスト
    1)筑波ダイカスト工業 2)その他
    ⑤チクソモールディング
    1)ミツワ電機工業 2)エムジープレシジョン
    ⑥鍛造
    1)菊水フォージング
    ⑦表面処理
    1)マグネシウムの化成処理工程と皮膜特性
    2)その他の表面処理方法 ⅰ.MAGMIRROR ⅱ.マグブライト
3.マグネシウム合金市場の市場規模推移
  (1)原材料
  (2)成形加工
    ①全体
    ②成形加工方法別
    ③需要分野別
4.マグネシウム合金成形加工のメーカー別シェア
  (1)全体
  (2)成形加工方法別
    ①ダイカスト
    ②チクソモールディング
    ③プレス・鋳鍛造
  (3)需要分野別
5.マグネシウムのマテリアルフロー(原料~中間加工材料~最終用途)
6.韓国、中国のマグネシウム合金戦略
  (1)韓国
    ①POSCO社のマグネシウム製錬事業
    ②POSCO社のマグネシウム合金圧延事業
  (2)中国のマグネシウム合金戦略
    ①概要
    ②企業・プロジェクト動向
    ③中国のマグネシウム産業が抱えている課題
    ④マグネシウム応用製品の研究開発動向
    1)燃料電池
    2)医療
7.日本におけるマグネシウム展伸材の取り組みについて
  (1)マグネシウム展伸材を取り巻く市場環境
  (2)主要企業での取り組み状況
    ①日本金属
    ②権田金属工業
    ③三協マテリアル
    ④不二ライトメタル
8.大学等公的研究機関でのマグネシウム研究開発動向
  (1)熊本大学
  (2)茨城県工業技術センター
9.日本のマグネシウム合金市場の将来性
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。