2012年版 薬剤選定要因実態調査

近年、医療機関における薬剤選定は、従来のものから変化しつつあります。このような背景には、低分子医薬品からバイオ医薬品へのシフト、治療ガイドラインの整備、DPCの導入やジェネリック医薬品の使用促進などに加え、病院における訪問規制、MRによる情報提供活動の変化に加え、治療効果や安全性はもちろんのこと患者負担の軽減や医療機関の経営といった経済性視点-などの視点から、複雑化、多様化の方向にあります。また、2012年4月より、MR活動における透明性ガイドラインが実施されたことで、製薬企業におけるプロモーション活動も大きく影響を受けることが予想され、有効的かつ効率的なプロモーション体制の構築が求められます。このような状況下において、本調査レポートでは、医療機関における薬剤選定の要因について把握すべくアンケート調査を企画いたしました。

発刊日
2012/07/31
体裁
A4 / 317頁
資料コード
C54111300
PDFサイズ
7.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

275,000
250,000
25,000
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
550,000
500,000
50,000
583,000
530,000
53,000
825,000
750,000
75,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:医師<調査対象地域>東京都、近畿圏(大阪府、京都府、兵庫県)
調査方法:郵送によるアンケート調査
調査期間:2011年11月~2011年12月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 医師の薬剤選定についてアンケート調査を実施
  • 属性別に集計。各属性における特徴と属性間における比較を分析
  • 薬剤選定における“Key Factor”と“Key Person”を解明
  • 薬剤選定要因を①5段階評価②2段階評価③加重平均値により分析
  • 薬剤選定に対する影響者と、その組み合わせパターンを分析
  • 報告書は見すく、分かりやすいパワーポイント形式
  • エクセルデータ(GT表・クロス表)を収載

■掲載内容

CHAPTER1 調査概要&属性

調査概要&属性

CHAPTER2 調査結果

Key Factor & Person
Key Factor
Key Person
配合剤&規格・適応症が異なるケース
配合剤
規格・適応症が異なるケース
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

275,000
250,000
25,000
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
550,000
500,000
50,000
583,000
530,000
53,000
825,000
750,000
75,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。