2013 ブランドネット戦略調査

日本市場において頭打ち傾向にあるブランド市場。そうした中で唯一拡大の可能性を秘めているeコマース市場の実態調査及び今後の可能性を探った。ファッション市場全体におけるネット活用の実態、およびネット戦略・クロスチャネル戦略を展開する企業・ブランドを調査把握し、今後のブランドビジネスにおける市場の方向性を探った。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ファッション市場全体におけるネット活用の実態、およびネット戦略・クロスチャネル戦略を展開する企業・ブランドを調査把握し、今後のブランドビジネスにおける市場の方向性を探る。
調査対象
下記のアイテムを扱うブランドホルダー企業・ブランドの内、日本国内(日本語対応)においてインターネットでの公式販売を展開中(もしくは展開予定)の企業・ブランド。
<対象アイテム(ファッション商品)>
衣類・服飾雑貨、靴、鞄・皮革小物、宝飾品・時計・アクセサリー、インテリア・生活雑貨、陶磁器・ガラス器
調査方法:直接面接取材、電話ヒアリング及びアンケート調査。公表されている資料やデータ、社内データ・資料、報道情報等
調査期間:2012年7月~2012年12月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 業界で唯一ファッション商品・ブランド商品にフォーカスし、市場分析を行なった資料。
  • eコマースのみならず、インターネット、SNS等を利用した販売プロモーション戦略を分析。
  • 82の有力企業及び有力ブランド展開事例を掲載。

■本資料の概要

第1章 市場総合分析
第2章 アイテム別EC市場分析
第3章 EC戦略分析(展開企業・ブランド別)

■掲載内容

第1章 市場総合分析

1.総論 : ファッションEC市場(動向・今後の展望)
  1-1. ファッションEC市場規模
  1-2. ショップ型別市場規模・構成比
2.背景 : 既存販路分析
  2-1. ファッション商品の販路動向(ECのポジション)
  2-2. 販路別動向
    (1)全体概況
    (2)販路別動向
3.戦略動向分析
  3-1. テーマ別EC戦略動向
    (1)出店戦略
    ①ブランドにおけるEC出店形態の現状
    ②ブランドから見たECの位置づけ・狙いの違い(EC出店形態別)
    (2)商品・MD戦略
    ①自社ECにおける「品揃え」の現状
    ②自社ECにおける「売筋商品」の傾向
    ③自社ECにおける「戦略商品」の考え方(事例)
    (3)販売促進戦略 (集客、付加サービス)
    ①自社ECにおける集客手法 (全体像)
    ②自社ECにおける付加サービスの傾向
    (4)有力プレイヤーのEC戦略
  3-2. ブランドビジネスにおけるSNSおよびO2O
    (1)ブランドビジネスにおけるSNS
    ①ブランドビジネスにおけるネット活用の課題・障壁
    ②ブランドにおけるTwitter・Facebook実施状況
    (2)ブランドビジネスにおけるO2O(Online to Offline)
    ①O2Oとは
    ②ブランドにおけるO2Oの考え方
    ③ブランドにおけるO2O実施状況
    ④有力プレイヤーO2O活用キャンペーン事例
  3-3. 主要外部モール比較およびモール別ポジショニングマップ
  3-4. インポートブランドにおけるEC戦略
    (1)インポートブランドのEC展開状況
    (2)インポートブランドの国内外部モール出店状況

第2章 アイテム別EC市場分析

1.アイテム別構成比
  1-1. アイテム別構成比
2.アイテム別EC市場分析
  2-1. レディスウェア市場
    (1)市場動向 (全体)
    (2)EC市場動向
  2-2. メンズウェア市場
    (1)市場動向 (全体)
    (2)EC市場動向
  2-3. 子供・ベビーウェア市場
    (1)市場動向 (全体)
    (2)EC市場動向
  2-4. 服飾雑貨市場
    (1)市場動向 (全体)
    (2)EC市場動向
  2-5. 鞄・袋物・革小物市場
    (1)市場動向 (全体)
    (2)EC市場動向
  2-6. 靴・履物市場
    (1)市場動向 (全体)
    (2)EC市場動向
  2-7. 宝飾・時計・アクセサリー市場
    (1)市場動向 (全体)
    (2)EC市場動向
  2-8. インテリア・生活雑貨市場
    (1)市場動向 (全体)
    (2)EC市場動向

第3章 EC戦略分析(展開企業・ブランド別)

1.ブランド別展開個表
  1-1. 個表
    アー・ヴェ・ヴェ、アクタス、アニヤ・ハインドマーチ、アーノルドパーマータイムレス、
    アー・ペー・セー、アルチビオ、アルフレッドダンヒル、アンテプリマ、イル・ビゾンテ、
    インターメッツォ、ヴィンス、エリオポール、エンスウィート、ケティ、ケンコレクション、
    ザ・コンランショップ、サムソナイト、ジアン、シップス、スウォッチ、スタイルクルーズ、
    スリードッツ、センプレ、チャオパニック、デサント、トミーヒルフィガー、トリッペン、
    トリーバーチ、ナインウエスト、ナルミヤ・インターナショナル、ニューヨーカー、ノーネーム、
    ハニーズ、ハンティングワールド、ビケット、ビルケンシュトック、フォリフォリ、ブルガリ、
    ブルックスブラザーズ、フルラ、ポイント、ボヘミア、ポール&ジョー、マリメッコ、ミキハウス、
    ユナイテッドアローズ、ユナイテッド・カラーズ・オブ・ベネトン、リーガル、リーデル、リーバイス、
    リリアンビューティ、ルパート、ロアフィリー、ローズティアラ、ローラアシュレイ、
    h.n.cヒロミチナカノチルドレン
  1-2. 簡易個表
    アズノゥアズドゥバズ、アルファキュービック、イデア、ヴィンテージ55、ウェンガー、エドウイン、
    オルタナティブ、ギャップ、ゴールドウイン、サザビーリーグ、ザ・ノース・フェイス、ジーユー、
    タイムアンドスタイル、ティンカーベル、ティンバーランド、ドゥーズィエムクラス、
    バナナリパブリック、パパス、ファイブフォックス、フェリージ、ベルンハルトウィルヘルム、
    ポール・スミス、ユニクロ、ヨーガンレール、ルイ・ヴィトン、ロンシャン
  1-3. 自社EC展開状況一覧
  1-4. 主要外部モール展開状況一覧
2.ソーシャルメディア展開状況一覧
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。