2013年版 紙パルプ産業白書

紙パルプ産業白書は1976年初版より37年間刊行しており、製紙メーカー、紙流通企業の動向のみならず、製紙用薬品、需要分野別の動向まで、紙パルプ産業のすべてを網羅したマーケティングレポートです。さらに、紙パルプ業界のみならず、関連業界(商社、薬品、出版)などについても幅広い調査を実施。激動の紙パルプ産業を徹底調査いたしました。

発刊日
2012/12/28
体裁
B5 / 1,036頁
資料コード
C54118300
PDFサイズ
10.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

113,300
103,000
10,300
113,300
103,000
10,300
146,300
133,000
13,300
226,600
206,000
20,600
259,600
236,000
23,600
339,900
309,000
30,900

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:紙パルプおよび関連市場の現状把握を行ない、今後の課題、将来展望を提示すること
調査対象:紙パルプメーカー、紙および紙製品等の流通業者、総合商社、新聞社、その他関連業者
調査方法:直接取材および書面によるアンケート
調査期間:2012年10月~2012年12月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 総合商社紙パルプ部門分析(チップ、パルプ、古紙、紙・板紙・包材)
  • 紙パルプ関連業界別需要動向(新聞業界、出版業界、印刷業界、通販業界、段ボール業界、紙器業界、紙製品業界)
  • 製紙用薬品の動向と展望(情報用紙薬品、サイズ剤、紙力増強剤、コーティング顔料・填料、バインダー薬品、その他の主要製紙用薬品)
  • 注目商品の徹底調査(塗工紙、微塗工紙、一般上質紙、ファンシーペーパー、ノーカーボン紙、感熱紙、フォーム用紙、PPC用紙、インクジェット用紙、家庭紙、紙おむつ、高級白板紙、クラフト紙)
  • 流通の実態と対応策・ランキング(販売数量、業績推移、売上高、経常利益、税引後利益、従業員一人当たり売上高、地域別売上、業種別売上、品物別売上)
  • 世界の国別紙・パルプ生産量と紙・板紙消費量
  • 「出版業界」、「印刷用紙メーカーの海外市場開拓戦略」については、弊社発刊資料「ヤノ・レポート」より一部抜粋

■本資料の概要

第1章:紙パルプ産業の現状と将来展望
第2章:メーカーの徹底分析
第3章:総合商社紙パルプ部門の徹底分析
第4章:紙パルプ関連業界別需要動向
第5章:製紙用薬品の動向と展望
第6章:注目商品の徹底調査
第7章:流通の実態と対応策
第8章:全国80社代理店・卸商の業務内容
第9章:世界の国別紙・パルプ生産量と紙・板紙消費量

■掲載内容

第1章:紙パルプ産業の現状と将来展望

第1節 日本の紙パルプ産業
  ボーダレス化進む日本の紙パルプ産業
  <図>主要品種輸入量推移
  <表>主要紙パルプメーカー連結・単独業績
  <表>主要紙パルプメーカー借入金・人件費・物流費・設備投資
  <表>紙・板紙生産推移
  <表>紙・板紙品種別生産集中度
  <表>紙・板紙品種別生産推移
  <表>2012年上半期生産・出荷・在庫表
  <表>洋紙・板紙品種別市況
第2節 世界の紙パルプ産業
  1.世界の紙パルプトップ企業
  2.M&A、設備投資
  <表>品種別・主要国別年間生産能力
  <表>世界の紙パルプ企業トップ100社ランキング(2011年)
第3節 世界地域別紙パルプの動向
  1.2011年の世界紙・板紙生産は1.2%増、2年連続のプラス成長
  2.紙パルプ生産・消費動向
第4節 製紙原材料
  1.チップ
  2.パルプ
  3.古紙
第5節 製紙メーカーの物流戦略
  王子物流
  日本製紙
  三菱製紙
  北越紀州製紙
  中越パルプ工業
  大王製紙

第2章:メーカーの徹底分析

第1節 国内主要メーカーの分析
  王子ホールディングス
  日本製紙
  大王製紙
  三菱製紙
  レンゴー
  北越紀州製紙
  中越パルプ工業
第2節 その他のメーカーの動向(個表)
  リンテック
  王子マテリア
  王子エフテックス
  日本製紙パピリア
  特種東海製紙
  丸住製紙
  興亜工業
  丸三製紙
  岡山製紙
  エコペーパーJP
  ハビックス
  大豊製紙
  北上製紙
  丸井製紙
  丸王製紙
  東海製紙工業
  中川製紙
  上山製紙
  ニコー製紙
第3節 海外主要メーカー概要
  インターナショナルペーパー
  ストラ・エンソ
  キンバリー・クラーク
  UPM
  ウェアハウザー
  SCAグループ
  ミード・ウエストベコ
  ナインドラゴンズ

第3章:総合商社紙パルプ部門の徹底分析

コスト要請に応えて数量は堅調も、12/3期売上高は前期比約6%減
チップ:外国間取引の伸長が下支え、13/2期販売量は4.3%増見込み
パルプ:国内は収益体質を強化、外国間取引の拡大が成長のカギ
古 紙:輸出玉の確保をめぐり、中国系商社などとの調達競争が激化
紙・板紙・包材:洋紙は依然として不振、板紙、包材も伸び悩む

第4章:紙パルプ関連業界別需要動向

第1節 新聞業界
  12年度上期の新聞用紙内需は1.5%増
  メーカー動向:王子は釧路工場撤退、苫小牧集約化
  新聞社動向:売上高は復調の兆しも、発行部数は減少傾向続く
  <表>主要新聞社業績一覧
第2節 出版業界
  出版市場2.5兆円の攻防(本来の)出版社合計売上高0.3%減
  <表>出版物売上高推移
  <図>電子書籍の市場規模推移・予測
  <表>2011年主要出版社別・品種別月間紙推定使用量
  <表>主要雑誌・コミック誌 製紙メーカー・代理店一覧
第3節 印刷業界
  2011年は6兆円を割る可能性大、市場の縮小スピードが加速
  2011年の印刷業向け紙出荷量は前年比4.4%減の推定719万t
  <表>主要印刷企業の紙使用状況
第4節 通販業界
  13年連続の記録更新、2012年は8兆円突破の見込み
  <表>通販企業売上高ランキング
  有力通販企業の動向
  <表>主要通販企業におけるカタログ用紙の概況
第5節 段ボール業界
  市場規模は2年連続で回復、食料品分野の堅調が支え
  <表>2011年度段ボールグループ別メーカーシェア
  メーカー動向
第6節 紙器業界
  2011年の紙・板紙製品は、数量横ばい、金額微減で低成長
  需要分野別動向
  紙器メーカー動向
  <表>需要業界別投入量
第7節 紙製品業界
  企業封筒の需要減が足を引っ張るも、スマホ専用製品のヒットなど活性化も
  製品別動向
  メーカー動向
  <表>主要紙製品市場規模・メーカーシェア

第5章:製紙用薬品の動向と展望

成熟化進む製紙用薬品市場、製紙メーカーの工場閉鎖が直撃
情報用紙薬品
  1.カプセルオイル
  2.ノーカーボン紙用顕色剤
  3.ロイコ染料
  4.感熱紙用増感剤
  5.感熱紙用顕色剤
サイズ剤
  1.酸性サイズ
  2.中性サイズ
  3.中性ロジンサイズ
紙力増強剤
コーティング顔料・填料
  1.カオリン
  2.湿式重質炭カル
  3.軽質炭カル
  4.タルク
  5.酸化チタン
バインダー薬品
  1.ラテックス
  2.でん粉
  3.ポバール
その他の主要製紙用薬品
  1.スライムコントロール剤
  2.紙用防腐剤
  3.塗工剤(表面サイズ剤)
  4.消泡剤
  5.脱墨剤

第6章:注目商品の徹底調査

塗工紙
  1.王子製紙
  2.日本製紙
  3.三菱製紙
  4.北越紀州製紙
  5.大王製紙
微塗工紙
  1.日本製紙
  2.王子製紙
  3.大王製紙
  4.丸住製紙
一般上質紙
  1.日本製紙
  2.王子製紙
  3.北越紀州製紙
  4.中越パルプ工業
ファンシーペーパー
  1.竹尾
  2.平和紙業
  3.特種東海製紙
  4.日清紡ペーパープロダクツ
  5.王子エフテックス
  6.北越紀州製紙
  7.リンテック
  8.大王製紙
ノーカーボン紙
  1.大王製紙
  2.日本製紙
  3.三菱製紙
  4.富士フイルム
  5.王子製紙
感熱紙
  1.王子製紙
  2.日本製紙
  3.三菱製紙
フォーム用紙
  1.日本製紙グループ
  2.王子製紙グループ
  3.大王製紙
  4.三菱製紙
PPC用紙
製紙メーカー動向
  1.日本製紙グループ
  2.王子製紙グループ
  3.大王製紙
サプライヤー動向
  1.富士ゼロックスインターフィールド
  2.リコージャパン
インクジェット用紙
  1.三菱製紙
  2.日本製紙
  3.富士フイルムグループ
  4.王子製紙
家庭紙(ティシュ、トイレット、タオル)
  1.ティシュペーパー
  2.トイレットペーパー
  3.タオルペーパー
  メーカー動向
紙おむつ
  1.乳幼児用紙おむつ
  メーカー動向
  2.大人用紙おむつ
  メーカー動向
高級白板紙
  1.王子マテリア
  2.北越紀州製紙
  3.日本製紙
  4.中越パルプ工業
クラフト紙
  2011年包装用紙市場は前年比3.0%減
  クラフト紙 生産・出荷・在庫推移

第7章:流通の実態と対応策

輸入紙の拡大で、国内流通は苦戦
<表>主要流通企業販売数量ランキング
<表>代理店・卸商の業績推移
<表>代理店・卸商の売上高ランキング
<表>代理店・卸商の経常利益ランキング
<表>代理店・卸商の税引後利益ランキング
<表>従業員1人当りの売上ランキング
<表>代理店・卸商の地域別売上ランキング
<表>代理店・卸商の業種別売上ランキング
<表>代理店・卸商の品目別売上ランキング

第8章:全国80社代理店・卸商の業務内容

日本紙パルプ商事、国際紙パルプ商事、新生紙パルプ商事、日本紙通商、丸紅紙パルプ販売、三菱製紙販売、
旭洋紙パルプ、北越紀州販売、伊藤忠紙パルプ、オザックス、日商岩井紙パルプ、王子通商、あらた、
大丸藤井、文昌堂、レイメイ藤井、小津産業、竹尾、平和紙業、吉川紙商事、東京産業洋紙、文友社、深山、
中庄、日藤、中央紙通商、昭和紙商事、福山商事、セキ、京橋紙業、エヌエイシー、永池、大一洋紙、
永井産業、千代田洋紙、大文字洋紙店、江越、丸加、釜谷紙業、松村洋紙店、東新紙業、オビサン、
名古屋紙商事、岡山紙業、国永紙業、ユアサ、ユニック、立川紙業、久保田、丸二、田村紙商事、七星社、
赤澤紙業、紙大倉、エイチケイエム紙商事、因州屋、武正、大同紙販売、富国紙業、高田洋紙店、大日紙業、
大空洋紙店、三村洋紙店、鳴海屋紙商事、丸三紙業、三協通商、久保田紙店、吉星、原田紙店、織原商店、
石田洋紙店、ダイゲンコーポレーション、鍵助商店

第9章:世界の国別紙・パルプ生産量と紙・板紙消費量

1.世界の国別紙・パルプ生産量と紙・板紙消費量
2.国別紙・板紙・パルプ生産状況
[北米]
アメリカ、カナダ
[西欧]
ドイツ、フィンランド、スウェーデン、イタリア、フランス、スペイン、オーストリア、イギリス、
オランダ、ポルトガル、ベルギー、ノルウェー、スイス
[東欧]
ロシア、ポーランド、ウクライナ、スロバキア、チェコ、スロベニア、ハンガリー、ルーマニア、ベラルーシ、
クロアチア、ブルガリア
[アジア]
中国、日本、韓国、インドネシア、インド、タイ、台湾、ベトナム、マレーシア、フィリピン、パキスタン、
バングラデシュ、香港
[オセアニア]
オーストラリア、ニュージーランド
[南米]
ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、チリ、コロンビア、ベネズエラ、ペルー、エクアドル、
エルサルバドル、ウルグアイ
[中東]
トルコ、サウジアラビア、イラン、イスラエル、アラブ首長国連邦、ヨルダン、シリア
[アフリカ]
南アフリカ、エジプト、モロッコ、チュニジア、アルジェリア、ナイジェリア

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

113,300
103,000
10,300
113,300
103,000
10,300
146,300
133,000
13,300
226,600
206,000
20,600
259,600
236,000
23,600
339,900
309,000
30,900

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています