2012年版 医療情報・管理システム市場の将来展望

電子カルテを中核システムとした医療情報・管理システム市場の現状と中期展望をレポートしました。医療施設を中心にIT化が遅れている医療分野であるが、I-Japan戦略2015において3大重点分野として医療・健康があげられるように、行政も含めたIT化が推進されている注目市場である。大規模施設だけでなく、ASPやSaaSなど中小規模施設などの導入を促す新しいビジネスモデルの検討もあり、参入企業の事業展開に変化があるなど動向が注目されている。本調査レポートでは、医療情報システムを9分類し、それぞれの定義・概要、市場規模、参入企業状況とシェアを分析しました。

発刊日
2012/08/31
体裁
A4 / 305頁
資料コード
C54201600
PDFサイズ
2.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:国内システムベンダー
調査方法:面接取材とTEL取材併用
調査期間:2012年3月~2012年8月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 医療情報・管理システム市場を分類別(電子カルテシステム、オーダリングシステム、医事会計システム、医用画像システム、放射線情報システム(RIS)、臨床検査システム、看護支援・病棟管理システム、物品・物流管理システム、健診・検診システム、歯科向けシステム、その他 医療情報システム)にそれぞれの定義・概要、市場規模、参入企業状況とシェアを分析

■本資料の概要

Part1 医療情報・管理システム市場の現状
Part2 分類別 医療情報・管理システム市場
Part3 参入企業状況

■掲載内容

Part1 医療情報・管理システム市場の現状

§1 医療情報・管理システム市場の現状
  1.医療情報・管理システム市場の現状
    (1)市場環境
    (2)製品分類別市場動向及び傾向
    ①電子カルテなど基幹システムの市場動向及び傾向について
    ②その他の部門システムの動向
    (3)行政動向
  2.有力参入企業状況
  3.医療分野のクラウド動向
    (1)クラウドコンピューティングの概要
    (2)医療分野におけるクラウド概要
    (3)市場環境
    (4)医療クラウド動向
    (5)市場展望
§2 医療情報・管理システム市場動向・導入状況
  1.システム導入状況
    (1)電子カルテシステム(一般診療所除く)
    (2)オーダリングシステム
    (3)医用画像システム
  2.医療情報・管理システム金額市場推移

Part2 分類別 医療情報・管理システム市場

§1 電子カルテシステム
  1.電子カルテシステム市場の概要
  2.分類別電子カルテシステム
  3.導入状況(2012年6月時点 ※一部構築中含む)
    〔病床規模別〕
    〔経営体別〕
    〔地域別〕
    〔前回調査時との比較(病床規模)〕
  4.参入企業
  5.電子カルテシステム金額市場推移
    (1)電子カルテシステム(Total)金額市場推移
    (2)電子カルテシステム(大規模)金額市場推移
    (3)電子カルテシステム(中規模)金額市場推移
    (4)電子カルテシステム(小規模)金額市場推移
§2 オーダリングシステム~オーダー・エントリーシステム~
  1.オーダリングシステム市場の概要
  2.導入状況(2012年6月時点 ※一部構築中含む)
    〔病床規模別〕
    〔経営体別〕
    〔地域別〕
    〔前回調査時との比較(病床規模)〕
  3.参入企業状況
  4.オーダリングシステム金額市場推移
§3 医事会計システム
  1.医事会計システム市場の概要
  2.市場環境・参入企業状況
  3.医事会計システム金額市場推移
§4 医用画像システム System Integration、画像サーバー、画像ビューワ
  1.医用画像システム市場の概要
  2.参入企業状況
  3.医用画像システム金額市場推移
§5 放射線情報システム(RIS)
  1.放射線情報システム(RIS)市場の概要
  2.参入企業状況
  3.放射線情報システム(RIS)金額市場推移
§6 臨床検査システム
  1.臨床検査システム市場の概要
  2.市場環境・参入企業
  3.臨床検査システム金額市場推移
§7 看護支援・病棟管理システム
  1.看護支援・病棟管理システム市場の概要
  2.市場環境・参入企業
  3.看護支援システム金額市場推移
§8 物品・物流管理システム
  1.物品・物流管理システム市場の概要
  2.市場環境・参入企業
  3.物品・物流管理システム金額市場推移
§9 健診・検診システム
  1.健診・検診システム市場の概要
  2.市場環境・参入企業
  3.健診・検診システム金額市場推移
§10 歯科向けシステム
  1.歯科向けシステム市場の概要
  2.市場環境・参入企業
  3.歯科向けシステム金額市場推移
§11 その他 医療情報システム
  1.その他医療情報システム市場の概要
  2.その他システム金額市場推移

Part3 参入企業状況

アイオス、アイティーコーディネート、アイテック阪急阪神、アイネット・システムズ、アガペ、麻生情報システム、アップルドクター、アピウス、アリスト・ジャパン、アルファインターナショナル、EMシステムズ、石川コンピュータ・センター、イメージワン、インフォコム、エイアンドティー、AJS、エイトス、エーゼット、エス・アンド・アイ、エスエフシー新潟、SJI、SBS情報システム、NTTデータ、NTT-ME、キーウェアソリューションズ、クオンシステム、グローバルソフトウェア、ケアコム、ケアストリームヘルス、鴻池メディカル、コニカミノルタヘルスケア、三栄メディシス、サン・システム、シィ・エム・エス、GEヘルスケアジャパン、シーエスアイ、シーメンス亀田医療情報システム、シーメンス・ジャパン、JBCC、ジェイマックシステム、システムロード、シスメックスCNA、島津製作所、セーレンシステムサービス、セコム医療システム、ソフトウェア・サービス、ソフトマックス、タック、テクノア、テクノプロジェクト、テクノラボ、テクマトリックス、東亜システム、東芝医療情報システムズ、東芝メディカルシステムズ、ドクターネット、ナイス、日本アイ・ビー・エム、日本事務器、日本ダイナシステム、日本電気、ノーザ、パストラルコンピューターシステム、パナソニックヘルスケア、ピーエスシー、ピー・エス・ピー、ビー・エム・エル、日立製作所、日立ソリューションズ、日立メディカルコンピュータ、日立メディコ、ファルコバイオシステムズ、フィリップスエレクトロニクスジャパン、富士通、富士通エフ・アイ・ピー、富士フイルムメディカル、ポテト、マックスシステム、マルマンコンピュータサービス、ミック、三菱化学メディエンス、メディカルアイ、モリタ、ヤマダ電機、油井コンサルティング、ユヤマ、横河医療ソリューションズ、ヨシダ、ラボテック、両備システムズ、ワイズマン

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。