2013 次世代自動車(EV/PHV)用充電システムの市場展望

電気自動車(EV)やプラグインハイブリット(PHV)などの次世代自動車の量産が始まり、世界各国でのEV・PHEV充電システムメーカや、それにともなう関連企業の動きが注目されている。EV急速充電器の国際標準導入においては、欧州と日本の競争が表面化しつつあり、自動車メーカと急速充電器メーカも新規製品投入も活発になっている。本調査レポートでは、EV・PHEVの普及拡大の重要なカギとなる次世代自動車の充電システムの市場実態を把握し、各参入企業の事業戦略や製品概要を明らかにした。さらに、地域別に充電インフラの導入環境、EV・PHVの市場規模を分析する事で、ワールドワイドにおける2020年までの次世代自動車用充電システムの導入を予測した。

発刊日: 2013/06/28 体裁: A4 / 181頁
資料コード: C55107300 PDFサイズ: 21.4MB
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本調査レポートでは、EV・PHEVの普及拡大の重要なカギとなる次世代自動車の充電システムの市場実態を把握し、各参入企業の事業戦略や製品概要を明らかにすると共に充電インフラの導入環境、EV・PHVの市場規模を分析する事で、ワールドワイドにおける次世代自動車用充電システムの導入状況を予測することを目的とする。
調査対象:普通・急速充電器、充電コネクタ、車載充電器
調査方法:関連論文・新聞・書籍・研究報告書・インターネットの公開情報などの文献調査。関連団体、企業への直接面談調査。
調査期間:2013年3月~2013年6月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 世界主要国のEV・PHV導入拡大促進政策を網羅
  • 世界主要国のEV・PHV充電器・コネクターにおける標準化動向
  • 世界自動車販売台数予測(エンジンタイプ別:ガソリン・GDI、ディーゼル、HV/EV)
  • 世界のEV・PHV充電システム市場規模予測:充電器・車載用充電器、コネクターにおける台数別・売上別市場規模予測
  • 世界主要充電器・コネクターメーカの製品情報と戦略動向

■調査結果サマリー

●EV/PHV用充電システム市場に関する調査結果2013 
・2012年のEV/PHV用充電システム世界市場は178億9,800万円
・急速充電器世界市場は2015年まではCHAdeMO規格を中心に市場が拡大、2020年には409億9,500万円に達すると予測
・2020年の急速充電器用コネクタ世界市場は、68億3,300万円に達すると予測
・高容量化が進む車載充電器の2020年の世界市場は2,148億円に達すると予測

■本資料の概要

1.世界の次世代自動車用充電システムの市場環境
2.次世代自動車の可能性と市場規模予測
3.次世代自動車用充電システムの市場動向
4.次世代自動車用充電システムのメーカー戦略
5.次世代自動車用充電システムの市場展望

■掲載内容

1.世界の次世代自動車用充電システムの市場環境

1-1 欧州:政策・規制・インセンティブ
  1-1-1 政策
  1-1-2 規制
  1-1-3 インセンティブ
1-2 米国:政策・規制・インセンティブ
  1-2-1 政策
  1-2-2 規制
  1-2-3 インセンティブ
1-3 日本:政策・規制・インセンティブ
  1-3-1 政策
  1-3-2 規制
  1-3-3 インセンティブ制度、
1-4 中国:政策・規制・インセンティブ
  1-4-1 政策
  1-4-2 規制
  1-4-3 インセンティブ
1-5 韓国:政策・規制・インセンティブ
  1-5-1 政策
  1-5-2 規制
  1-5-3 インセンティブ

2.次世代自動車の可能性と市場規模予測

2-1 世界の自動車販売台数予測
2-2 次世代自動車の地域別市場規模予測
2-3 次世代自動車のタイプ別市場規模予測
2-4 自動車メーカーのHV/EV/PHVの投入計画

3.次世代自動車用充電システムの市場動向

3-1 次世代自動車用充電システムの概要
3-2 充電器
  3-2-1 エリア別の動向
  3-2-2 技術動向
  3-2-3 メーカー別動向
3-3 充電器用コネクタ
  3-3-1 エリア別の動向:欧州・米国・日本
  3-3-2 技術動向
  3-3-3 メーカー別動向
3-4 車載充電器
  3-4-1 エリア別の動向:欧州・米国・日本
  3-4-2 技術動向
  3-4-3 メーカー別動向

4.次世代自動車用充電システムのメーカー戦略

4-1 日本
  4-1-1 日立グループ
  4-1-2 トヨタグループ
  4-1-3 NTTファシリティーズ
  4-1-4 高岳製作所
  4-1-5 JFEエンジニアリング
  4-1-6 ハセテック
  4-1-7 富士電機
  4-1-8 日本リライアンス
  4-1-9 ニチコン
  4-1-10 GSユアサ
  4-1-11 パナソニック
  4-1-12 新電元工業
  4-1-13 矢崎総業株式会社
4-2 海外メーカー
  4-2-1 ABB
  4-2-2 Simens
  4-2-3 Eaton
  4-2-4 Schneider Electric
  4-2-5 Coulomb Tech
  4-2-6 AV aerovironment
  4-2-7 LEAR

5.次世代自動車用充電システムの市場展望

5-1 ワイヤレス給電システムの可能性
  5-1-1 ワイヤレス給電標準化動向
  5-1-2 ワイヤレス給電実証実験動向
5-2 自動車メーカーの充電システムについての事業動向
5-3 次世代自動車用充電システムの市場規模予測
  5-3-1 急速充電器
  5-3-2 コネクタ
  5-3-3 車載充電器

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C54109400 2012年版 産業用熱交換器市場の現状と展望
C58106300 2016 クラウドコンピューティング(IaaS/PaaS)市場の実態と展望
C50103100 2007-2009 ユーザ企業のIT投資実態と予測
C48116000 2007 多機能・複合型/複写機・プリンタ・FAX市場の実態と展望
C53104300 2011~12年版 監視カメラ市場予測と次世代戦略-CMOS/CCDカメラシリーズVOL.1-