注目されるASEAN食品マーケットにおける日系食品メーカーの進出・パートナーシップ戦略

本調査レポートでは、ASEAN8ヶ国の食品マーケットへの新規参入および事業拡大を検討するための基礎資料として、ASEAN8ヶ国における現地食品メーカーの事業展開状況や日本の食品メーカーの進出・展開状況、ASEAN8ヶ国の食品市場の現状と市場性について調査・分析を行った。

発刊日
2013/11/07
体裁
A4 / 578頁
資料コード
C55114500
PDFサイズ
36.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

209,000
190,000
19,000
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
418,000
380,000
38,000
451,000
410,000
41,000
627,000
570,000
57,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

国別英語版のご案内
Close

当調査レポートは、
・『第1章 ASEAN8ヶ国の市場概況』 +
・『第3章 ASEAN8ヶ国別の食品市場動向』の1ヶ国
・『第7章 食品関連現地法人リスト(各国20~200社)』の1ヶ国
英語版をご購入頂けます。

価格:50,000円(税別) 複数ヶ国の場合、割引がございます。詳細はお問合せください。
資料体裁:PDF
お問合せ、お申込みはこちら

調査概要
Close

調査目的:日本の食品メーカーによる東南アジアへの事業展開・進出が加速している。既に多くの日系食品企業が設立されているインドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシアの「ASEAN6」をはじめ、今後の経済成長が見込まれるミャンマーとカンボジアも注目されつつある。このASEAN8ヶ国に市場参入する際、現地法人と協力関係をいかに構築するかが東南アジア事業を進める上で最も重要な要素となる。東南アジア各国の現地食品関連企業を調査分析することで、日系企業の東南アジア進出における、事業展開の方向性および事業パートナー探しの一助となる情報を提供する。
調査対象業態:ASEAN8ヶ国(インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー)の現地食品関連企業/日本の食品関連企業
調査期間:2013年8月~2013年10月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 現地の食品関連企業に対して直接面談ヒアリングを実施。営業戦略や流通施策、今後の事業方針を明らかにするとともに、日系企業との取引実績や取引意向など、詳細な事業展開状況を掲載。
  • 加速する日本の食品関連企業によるASEAN(アセアン)食品市場への参入。M&A・アライアンスを主流とする近年の日系現地法人の設立動向について掲載。
  • ASEAN8ヶ国で展開する食品関連現地法人700社超の企業リストを国別に収録。
     
  • インドネシア
    人口2億人を超す東南アジア最大のマーケットを狙い日系企業と現地企業の合弁が加速。
  • カンボジア
    東南アジアの今後の投資・進出先として期待が高まる。有望成長市場のタイとベトナムに隣接、海外貿易港もあることから、将来的には物流拠点としても有力。
  • シンガポール
    東南アジア随一の高所得国として日系の小売業・外食サービス業の進出も増加している。グローバル展開のためのハブとしても有望。
  • タイ
    日系企業の進出がもっとも進んでいる国。食品の裾野産業も充実、既に東南アジアやインド、中国などの周辺地域への輸出拠点として確立している。
  • フィリピン
    人口9,000万人を越える“東南アジアNo.2”の人口規模。食品加工・飲料製造は基幹産業に位置付けられ、4年連続で日本が最大の貿易相手国。
  • ベトナム
    親日国であり、現在人口8,700万人、今後1億人以上の人口が見込まれている有望消費市場、既に日系企業の進出が多い中国やタイと近い地の利により今後の投資進出先として有力である。
  • マレーシア
    ハラール食品の製造拠点およびイスラム諸国向けハブとして期待が高まる。
  • ミャンマー
    今後の加工食品の製造拠点として注目。輸出拠点・消費市場としてのポテンシャルに期待大。

■本資料の概要

第1章 ASEAN8ヶ国の市場概況
第2章 ASEAN8ヶ国におけるハラール食品の市場概況
第3章 ASEAN8ヶ国別の食品市場動向
第4章 ASEAN8ヶ国主要現地食品メーカーの事業展開動向[企業個票]
第5章 日本の食品メーカーの東南アジア事業動向[企業個票]
第6章 [アンケート調査]日本の食品メーカーにおけるASEAN8ヶ国事業展開状況
第7章 食品関連現地法人リスト[掲載社数 合計782社]

■掲載内容

第1章 ASEAN8ヶ国の市場概況

1.ASEAN8ヶ国全体の市場環境
  (1)ASEAN8ヶ国の国別概要・基礎情報
  (2)ASEAN8ヶ国における経済動向
    ①実質GDP成長率推移
    ②名目GDP推移
    ③ASEAN8ヶ国別1人あたりの名目GDP比較(2012年・2018年予想)
    ④貿易収支
    ⑤実質GDP成長率の予測推移(2012~2018年予測)
  (3)ASEAN8ヶ国における人口動態
    ①ASEAN8ヶ国総人口推移
    ②ASEAN8ヶ国別人口推移
    ③ASEAN8ヶ国総人口予測推移
    ④ASEAN8ヶ国別人口予測推移
    ⑤年代別人口構成比推移
2.ASEAN8ヶ国全体の食品総市場規模
  (1)食品飲料総市場規模
  (2)主要品目別の市場規模(2012年)
  (3)ASEAN8ヶ国食品総市場規模予測推移
  (4)ASEAN8ヶ国における食品輸出入動向
    ①品目別ASEAN8ヶ国輸出額比較
    ■2011年輸出金額
    ②品目別ASEAN8ヶ国輸入額比較
    ■2011年輸入金額
    ③国別品目別輸出入相手国ランキング
3.ASEAN8ヶ国における食品メーカーの事業展開状況
  (1)日本の食品メーカーのASEAN8ヶ国への進出状況
    ■ASEAN8ヶ国進出日系食品メーカー一覧
  (2)日本の食品メーカーにおける東南アジアへの進出手法
    【日本の食品メーカーにおける近年の東南アジア進出動向】
    【日系現地法人企業一覧】
4.東南アジアにおける健康問題

第2章 ASEAN8ヶ国におけるハラール食品の市場概況

1.ハラール食品とハラール認証制度の概要
  (1)ハラール食品とは
  (2)ハラール認証制度について
  (3)東南アジア各国のハラール認証制度
2.東南アジア現地企業におけるハラール認証取得企業の動向
3.日本企業におけるハラール認証取得の取り組み
  【日本の食品企業の日本国内におけるハラール認証取得事例】

第3章 ASEAN8ヶ国別の食品市場動向

Ⅰ.インドネシア共和国(Republic of Indonesia)
1.基本情報
  (1)概況・地域特性
  (2)人口動態
    ①人口推移
    ②年齢・年代別人口構成
  (3)経済動向
    ①実質GDP成長率と経済情勢
    ②名目GDP推移
    ③1人あたり名目GDP推移
2.食品の市場規模
  (1)食品総市場規模
  (2)主要品目別の市場規模
    ①食品市場
    ②飲料市場
  (3)食品関連企業の業績ランキング
3.現地企業における食品事業の展開状況
4.外食・流通小売分野における日系企業の進出状況

Ⅱ.カンボジア王国(Kingdom of Cambodia)
1.基本情報
  (1)概況・地域特性
  (2)人口動態
    ①人口推移
    ②年齢・年代別人口構成
  (3)経済動向
    ①実質GDP成長率と経済情勢
    ②名目GDP推移
    ③1人あたり名目GDP推移
2.食品の市場規模
  (1)食品総市場規模
  (2)主要品目別の市場規模
  (3)カンボジアの主要食品メーカー
3.現地企業における食品事業の展開状況
4.外食・流通小売分野における日系企業の進出状況

Ⅲ.シンガポール共和国(The Republic of Singapore)
1.基本情報
  (1)概況・地域特性
  (2)人口動態
    ①人口推移
  (3)経済動向
    ①実質GDP成長率と経済情勢
    ②名目GDP推移
    ③1人あたり名目GDP推移
2.食品の市場規模
  (1)食品総市場規模
  (2)主要品目別の市場規模
  (3)食品関連企業の業績ランキング
3.現地企業における食品事業の展開状況
4.外食・流通小売分野における日系企業の進出状況

Ⅳ.タイ王国(Kingdom of Thailand)
1.基本情報
  (1)概況・地域特性
  (2)人口動態
    ①人口推移
    ②年齢・年代別人口構成
  (3)経済動向
    ①実質GDP成長率と経済情勢
    ②名目GDP推移
    ③1人あたり名目GDP推移
2.食品の市場規模
  (1)食品総市場規模
  (2)主要品目別の市場規模
  (3)食品関連企業の業績ランキング
3.現地企業における食品事業の展開状況
4.外食・流通小売分野における日系企業の進出状況

Ⅴ.フィリピン共和国(Republic of the Philippines)
1.基本情報
  (1)概況・地域特性
  (2)人口動態
    ①人口推移
    ②年齢・年代別人口構成
  (3)経済動向
    ①実質GDP成長率と経済情勢
    ②名目GDP推移
    ③1人あたり名目GDP推移
2.食品の市場規模
  (1)食品総市場規模
  (2)主要品目別の市場規模
  (3)食品関連企業の業績ランキング
3.現地企業における食品事業の展開状況
4.外食・流通小売分野における日系企業の進出状況

Ⅵ.ベトナム社会主義共和国(Socialist Republic of Viet Nam)
1.基本情報
  (1)概況・地域特性
  (2)人口動態
    ①人口推移
    ②年齢・年代別人口構成
  (3)経済動向
    ①実質GDP成長率と経済情勢
    ②名目GDP推移
    ③1人あたり名目GDP推移
2.食品の市場規模
  (1)食品総市場規模
  (2)主要品目別の市場規模
  (3)食品関連企業の業績ランキング
3.現地企業における食品事業の展開状況
4.外食・流通小売分野における日系企業の進出状況

Ⅶ.マレーシア(Malaysia)
1.基本情報
  (1)概況・地域特性
  (2)人口動態
    ①人口推移
    ②年齢・年代別人口構成
  (3)経済動向
    ①実質GDP成長率と経済情勢
    ②名目GDP推移
    ③1人あたり名目GDP推移
2.食品の市場規模
  (1)食品総市場規模
  (2)主要品目別の市場規模
  (3)食品関連企業の業績ランキング
3.現地企業における食品事業の展開状況
4.外食・流通小売分野における日系企業の進出状況

Ⅷ.ミャンマー連邦共和国(Republic of the Union of Myanmar)
1.基本情報
  (1)概況・地域特性
  (2)人口動態・推移
  (3)経済動向
    ①実質GDP成長率と経済情勢
    ②名目GDP推移
    ③1人あたり名目GDP推移
2.主要食品企業ランキングとその動向
3.外食・流通小売分野における日系企業の進出状況

第4章 ASEAN8ヶ国主要現地食品メーカーの事業展開動向[企業個票]

≪タイ≫
  1.CPフーズ
  2.タイビバレッジ
  3.タイユニオンフローズンプロダクツ
  4.ベータグローホールディングス
  5.ユニリーバホールディングスタイランド
≪ベトナム≫
  1.ビナミルク
  2.ビッサン社
  3.キンドー社
  4.チョーリメックス社
  5.マサンフード社
≪ミャンマー≫
  1.MGSビバレッジ社
  2.ミャンマービール社
  3.ミャンマーマクロインダストリー社
≪カンボジア≫
  1.メンサルン社
  2.リムへアンユエンタープライズ社
  3.クメールメコンフードMFG
≪インドネシア≫
  1.インドフードCBPスクセスマクムール社
  2.チャールァンポーカパンインドネシア
  3.マヨラ・インダー社
  4.セントラルプロテイナプリマ社
  5.ウルトラジャヤミルクインドストリ社
  6.ニッポン・インドサリ
  7.オルガフード
≪シンガポール≫
  1.フレイザー・アンド・ニーヴ社
  2.スーパーグループ
  3.プリマ社
≪マレーシア≫
  1.ギネス・アンカー社
  2.オールドタウン社
  3.KBBリソーシズ
≪フィリピン≫
  1.サンミゲルコーポレーション
  2.デルモンテパシフィック社

第5章 日本の食品メーカーの東南アジア事業動向[企業個票]

アサヒグループホールディングス株式会社
味の素株式会社
イートアンド株式会社
株式会社伊藤園
伊藤ハム株式会社
エースコック株式会社
江崎グリコ株式会社
大塚製薬株式会社
カゴメ株式会社
亀田製菓株式会社
カルビー株式会社
カルピス株式会社
キッコーマン株式会社
株式会社ギャバン
キユーピー株式会社
キリンホールディングス株式会社
ケンコーマヨネーズ株式会社
サッポロホールディングス株式会社
サントリーホールディングス株式会社
敷島製パン株式会社
昭和産業株式会社
宝ホールディングス株式会社
株式会社ニチレイ
日清オイリオグループ株式会社
日清食品ホールディングス株式会社
株式会社日清製粉グループ
日東富士製粉株式会社
日本食研ホールディングス株式会社
日本ハム株式会社
ハウス食品株式会社
不二製油株式会社
株式会社宝幸
ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社
株式会社ホテイフーズコーポレーション
株式会社マルハニチロホールディングス
三井製糖株式会社
株式会社ミツカングループ本社
株式会社明治ホールディングス
森永製菓株式会社
森永乳業株式会社
株式会社ヤクルト本社
山崎製パン株式会社
ヤマサ醤油株式会社
ヤマモリ株式会社
UCC上島珈琲株式会社
雪印メグミルク株式会社
理研ビタミン株式会社
株式会社ロッテ

第6章 [アンケート調査]日本の食品メーカーにおけるASEAN8ヶ国事業展開状況

1.日本国内食品メーカーにおけるASEAN8ヶ国の食品マーケットへの参入・進出の有無、関心度
  (1)ASEAN8ヶ国への事業展開・進出状況
  (2)事業展開・進出先
  (3)ASEAN8ヶ国への事業展開・進出時期
  (4)事業展開・進出先選定理由
  (5)進出形態別拠点数
  (6)ASEAN8ヶ国別出資形態別現地法人件数
  (7)ASEAN8ヶ国への事業展開・進出に対する問題点
  (8)業績全体に対する東南アジア事業の貢献度
  (9)ASEAN8ヶ国に対する市場性
  (10)今後の拡大・進出意向
  (11)参考)拡大展開・進出意向なしの理由
2.ハラール食品について
  (1)ハラール認証の取得状況
  (2)ハラール認証取得企業の進出形態
  (3)ハラール認証取得先国
  (4)ハラール認証を取得した目的・理由
  (5)ハラール食品の販売先として有望視する国・地域

第7章 食品関連現地法人リスト[掲載社数 合計782社]

インドネシア【200社】
カンボジア【35社】
シンガポール【50社】
タイ【200社】
フィリピン【100社】
ベトナム【96社】
マレーシア【80社】
ミャンマー【21社】

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

209,000
190,000
19,000
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
418,000
380,000
38,000
451,000
410,000
41,000
627,000
570,000
57,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。