2014 自治体向けソリューション市場の実態と展望

「番号(マイナンバー)制度の導入」及び「世界最先端IT国家創造宣言」の閣議決定により、公共分野においてソリューションへのニーズが高まることが期待できる。本調査では、自治体向けソリューションを提供する有力ベンダ16社を取材するとともに、地方自治体に対してアンケートを実施し329団体から回答を得た。ソリューションの提供側と利用側の双方から調査を実施し、自治体向けソリューション市場の実態把握と将来予測を行った。

発刊日: 2014/02/06 体裁: A4 / 209頁
資料コード: C56100400 PDFサイズ: 2.4MB
カテゴリ: 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融 / 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:自治体向けソリューションの実態を調査・分析することにより、当該・関連企業及び担当者各位の経営戦略における参考資料を作成する。
調査対象:自治体向けソリューション提供事業者/全国の地方自治体
調査方法:自治体向けソリューション提供事業者の調査は、直接面接取材及び一部e-mail・電話による取材、文献による調査を併用/地方自治体には電話ヒアリング調査を実施
調査期間:2013年10月~2014年1月

資料ポイント
Close

  • 自治体向けソリューションの有力提供事業者16社を取材・調査
  • 有力事業者16社のサービスと戦略を掲載
  • 自治体向けソリューションの市場規模推移を予測(2012~2017年度)
  • 自治体クラウドの市場規模推移を予測(2012~2017年度)
  • 自治体向けソリューション事業者の売上高シェアを推計
  • マイナンバー制度の影響について記載
  • 自治体向けアンケートを実施、329団体の集計結果を掲載
  • 個別票ヒアリング項目(自治体向けソリューションの有力提供事業者16社にヒアリング):
    (1)売上高推移(2012~2014年度)、(2)自治体エリア別売上高内訳、(3)自治体人口別売上高内訳、(4)導入実績数、(5)市場の概況、(6)ターゲットと営業スタイル、(7)サービスメニューと注力サービス、(8)クラウドソリューションへの取り組み、(9)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み、(10)自治体間連携システムの取り組み、(11)BPOサービスへの取り組み、(12)他社との差別化ポイント、(13)アライアンス戦略、(14)課題及び解決の方向性、(15)市場の将来展望、(16)マインナンバー制度の影響と対策、(17)今後の事業展開
  • アンケート項目(自治体329団体の集計結果を掲載):
    (1)システムの概要(ハード、ソフト、メーカー名、ブランド名、導入形態、適用業務、イニシャルコスト、ランニングコスト)、(2)満足度(ハード、ソフト、満足度、理由)、(3)システム運用保守体制(委託先、満足度、理由)、(4)クラウド(導入状況、適用業務、導入予測、課題)、(5)リプレース・新規導入(ハード、ソフト、導入形態、適用業務、時期、リプレースサイクル、事業者選定基準)、(6)注目ソリューション、(7)マイナンバー制度への対応(入れ替え計画、内容、期間、規模、投資開始時期)、(8)情報システム部門の課題
  • 自治体別のアンケート回答票を掲載した「2014 自治体向けソリューション市場の実態と展望~自治体別アンケート回答結果編~」(2014年2月発刊)もございます。

資料概要
Close

I 自治体向けソリューション市場の実態と展望
II 主要参入企業の動向と戦略
III 自治体向けアンケート集計結果
IV 主要参入企業の個別企業実態調査票

リサーチ内容

■掲載内容

I 自治体向けソリューション市場の実態と展望

1.自治体向けソリューションとは
2.事業者の参入状況及び売上高シェア
3.自治体向けソリューション市場の規模と予測
  ①マイナンバー特需で自治体向けソリューション市場規模が拡大
  ②自治体クラウドの市場規模も拡大が続く

II 主要参入企業の動向と戦略

1.市場の概況
  (1)全体の傾向
  (2)各社の動向
2.ターゲットと営業スタイル
  (1)全体の傾向
  (2)各社の動向
3.サービスメニューと注力サービス
  (1)全体の傾向
  (2)各社の動向
4.クラウドソリューションへの取り組み
  (1)全体の傾向
  (2)各社の動向
5.防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (1)全体の傾向
  (2)各社の動向
6.自治体間連携システムへの取り組み
  (1)全体の傾向
  (2)各社の動向
7.自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (1)全体の傾向
  (2)各社の動向
8.他社との差別化ポイント
  (1)全体の傾向
  (2)各社の動向
9.アライアンス戦略
  (1)全体の傾向
  (2)各社の動向
10.課題及び解決の方向性
  (1)全体の傾向
  (2)各社の動向
11.市場の将来展望
  (1)全体の傾向
  (2)各社の動向
12.番号(マイナンバー)制度の影響と対策
  (1)全体の傾向
  (2)各社の動向
13.今後の事業展開
  (1)全体の傾向
  (2)各社の動向

III 自治体向けアンケート集計結果

1.アンケート回答自治体の属性別集計結果
  (1)調査概要
  (2)自治体種別の回答数と構成比
  (3)地域ブロック別の回答数と構成比
  (4)自治体種別×地域別の回答自治体一覧
2.アンケート回答結果
  (1)システムの概要
    ①使用している主なハードウェアの分類
    ②前回リプレース時のハードウェアの分類別イニシャルとランニングコスト
    ③導入しているパッケージの適用業務と導入形態
    ④前回リプレース時のパッケージ導入形態別イニシャルコスト
    ⑤前回リプレース時のパッケージ導入形態別ランニングコスト
    ⑥前回リプレース時のパッケージ適用業務別イニシャルコスト
    ⑦前回リプレース時のパッケージ適用業務別ランニングコスト
  (2)使用するハードウェア・ソフトウェアの満足度
    ①ハードウェアの満足度
    ②パッケージの満足度
  (3)システムの運用保守体制
    ①運用保守業務の委託先
    ②委託先に対する満足度
    ③満足度の理由
  (4)自治体クラウドについて
    ①自治体クラウドの導入状況
    ②クラウドサービスを活用する業務
    ③自治体クラウド導入予定時期
    ④自治体クラウド導入にあたっての課題
  (5)システムのリプレースや新規導入について
    ①今後5年以内のシステム・リプレースや新規導入予定の有無
    ②ハードウェアのリプレース・新規導入時期
    ③パッケージのリプレースor新規導入
    ④パッケージのリプレース・新規導入時期
    ⑤パッケージの適用業務と導入形態
    ⑥パッケージの適用業務とリプレース・新規導入
    ⑦同一システムのリプレースサイクル
    ⑧事業者の選定において優先すること
    ⑨注目しているシステムやソリューション
  (6)マイナンバー制度への対応について
    ①マイナンバー制度対応のためのシステム入替計画有無
    ②システム入替計画の内容
    ③システム入替の投資規模と期間
    ④システム入替投資の開始時期
  (7)情報システム部門における課題

IV 主要参入企業の個別企業実態調査票

1.株式会社RKKコンピューターサービス
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)課題及び解決の方向性
  (11)市場の将来展望
  (12)番号(マイナンバー)制度の影響と対策
  (13)今後の事業展開
2.株式会社アイネス
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)課題及び解決の方向性
  (11)市場の将来展望
  (12)番号(マイナンバー)制度の影響と対策
  (13)今後の事業展開
3.AGS株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)課題及び解決の方向性
  (11)市場の将来展望
  (12)番号(マイナンバー)制度の影響と対策
  (13)今後の事業展開
4.株式会社NTTデータ
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)市場の将来展望
  (11)マイナンバー制度の影響と対策
  (12)今後の事業展開
5.Gcomホールディングス株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)課題及び解決の方向性
  (11)市場の将来展望
  (12)番号(マイナンバー)制度の影響と対策
  (13)今後の事業展開
6.株式会社ジーシーシー
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)課題及び解決の方向性
  (11)市場の将来展望
  (12)番号(マイナンバー)制度の影響と対策
  (13)今後の事業展開
7.株式会社JSOL
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)課題及び解決の方向性
  (11)市場の将来展望
  (12)番号(マイナンバー)制度の影響と対策
  (13)今後の事業展開
8.TIS株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)課題及び解決の方向性
  (11)市場の将来展望
  (12)番号(マイナンバー)制度の影響と対策
  (13)今後の事業展開
9.日本電気株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)課題及び解決の方向性
  (11)市場の将来展望
  (12)番号(マイナンバー)制度の影響と対策
  (13)今後の事業展開
10.日本電子計算株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)課題及び解決の方向性
  (11)市場の将来展望
  (12)番号(マイナンバー)制度の影響と対策
  (13)今後の事業展開
11.東日本電信電話株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)課題及び解決の方向性
  (11)市場の将来展望
  (12)番号(マイナンバー)制度の影響と対策
  (13)今後の事業展開
12.日立グループ(株式会社日立製作所、株式会社日立システムズ)
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)課題及び解決の方向性
  (11)市場の将来展望
  (12)番号(マイナンバー)制度の影響と対策
  (13)今後の事業展開
13.富士通株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)BPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)今後の事業展開
14.株式会社両毛システムズ
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)課題及び解決の方向性
  (11)市場の将来展望
  (12)番号(マイナンバー)制度の影響と対策
  (13)今後の事業展開
15.株式会社両備システムズ
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)クラウドソリューションへの取り組み
  (5)防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
  (6)自治体間連携システムへの取り組み
  (7)自治体向けBPOサービスへの取り組み
  (8)他社との差別化ポイント
  (9)アライアンス戦略
  (10)課題及び解決の方向性
  (11)市場の将来展望
  (12)番号(マイナンバー)制度の影響と対策
  (13)今後の事業展開

<図表目次>
図表1 自治体向けソリューション内容例
図表2 主要事業者の参入状況
図表3 主要参入事業者の売上高シェア推計
図表4 自治体向けソリューションの市場規模推移予測(2012年度~2017年度)
図表5 自治体クラウドの導入状況(SA)
図表6 自治体クラウド導入にあたっての課題(MA)
図表7 自治体クラウドの市場規模推移予測(2012年度~2017年度)
図表8 市場の概況
図表9 市場の概況(要約)
図表10 ターゲットと営業スタイル
図表11 ターゲットと営業スタイル(要約)
図表12 サービスメニューと注力サービス
図表13 サービスメニューと注力サービス(要約)
図表14 クラウドソリューションへの取り組み
図表15 クラウドソリューションへの取り組み(要約)
図表16 防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み
図表17 防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み(要約)
図表18 自治体間連携システムへの取り組み
図表19 自治体間連携システムへの取り組み(要約)
図表20 自治体向けBPOサービスへの取り組み
図表21 自治体向けBPOサービスへの取り組み(要約)
図表22 他社との差別化ポイント
図表23 他社との差別化ポイント(要約)
図表24 アライアンス戦略
図表25 アライアンス戦略(要約)
図表26 課題及び解決の方向性
図表27 課題及び解決の方向性(要約)
図表28 市場の将来展望
図表29 市場の将来展望(要約)
図表30 番号(マイナンバー)制度の影響と対策
図表31 番号(マイナンバー)制度の影響と対策(要約)
図表32 今後の事業展開
図表33 今後の事業展開(要約)
図表34 自治体種別の回答数と構成比
図表35 地域ブロック別の回答数と構成比
図表36 自治体種別×地域ブロック別の回答自治体一覧
図表37 使用している主なハードウェアの分類(SA)
図表38 前回リプレース時のハードウェアの分類別イニシャルコスト(SAクロス集計)
図表39 前回リプレース時のハードウェアの分類別ランニングコスト(SAクロス集計)
図表40 パッケージの適用業務と導入形態(MA・SAクロス集計)
図表41 パッケージの適用業務(「その他」FA)
図表42 前回リプレース時のパッケージ導入形態別イニシャルコスト(SAクロス集計)
図表43 前回リプレース時のパッケージ導入形態別ランニングコスト(SAクロス集計)
図表44 前回リプレース時のパッケージ適用業務別イニシャルコスト(MA・SAクロス集計)
図表45 前回リプレース時のパッケージ適用業務別ランニングコスト(MA・SAクロス集計)
図表46 ハードウェアの満足度(SA)
図表47 ハードウェア満足度の理由(FA)
図表48 パッケージの満足度(SA)
図表49 満足度の理由(FA)
図表50 運用保守業務の委託先(SA)
図表51 委託先に対する満足度(SA)
図表52 満足度の理由(SA・FAクロス集計)
図表53 自治体クラウドの導入状況(SA)
図表54 クラウドサービスを活用する業務(MA)
図表55 クラウドサービスを活用する業務(「その他」FA)
図表56 自治体クラウド導入予定時期(SA)
図表57 自治体クラウド導入にあたっての課題(MA)
図表58 自治体クラウド導入にあたっての課題(「その他」FA)
図表59 今後5年以内のシステム・リプレースや新規導入予定の有無(SA)
図表60 ハードウェアのリプレース・新規導入時期(SA)
図表61 パッケージのリプレースor新規導入(SA)
図表62 パッケージのリプレース・新規導入時期(SA)
図表63 パッケージの適用業務と導入形態(MA・SAクロス集計)
図表64 パッケージの適用業務とリプレース・新規導入(MA・SAクロス集計)
図表65 同一システムのリプレースサイクル(SA)
図表66 事業者の選定において優先すること(MA)
図表67 注目しているシステムやソリューション(FA)
図表68 マイナンバー制度対応のためのシステム入替計画有無(SA)
図表69 システム入替計画の内容(FA)
図表70 システム入替の投資規模と期間(FA)
図表71 システム入替の投資の開始時期(SA)
図表72 情報システム部門における課題(FA)
図表73 アイネスの拠点展開
図表74 アイネスの自治体向けソリューション
図表75 AGSの自治体向けソリューション
図表76 NTTデータの主な自治体向けソリューション
図表77 Gcomホールディングスのグループ企業
図表78 ジーシーシーの事業所展開
図表79 ジーシーシーの自治体向けサービス
図表80 ジーシーシーの自治体向けソリューション「GCC自治体ERPパッケージe-SUITE」
図表81 JSOLの自治体・外郭団体向けソリューション
図表82 TISの主な自治体向けソリューション
図表83 TISのデータセンター網
図表84 日本電気の自治体向けソリューション
図表85 日本電子計算の自治体向けソリューション
図表86 NTT東日本の主な公共・自治体向けソリューション
図表87 NTT東日本のクラウドサービス
図表88 日立グループの自治体向けソリューション「ADWORLD」製品体系
図表89 「自治体向け番号制度導入支援ソリューション」の概要
図表90 富士通の自治体向けソリューション
図表91 富士通のクラウドソリューション
図表92 富士通の自治体クラウドへの主な取り組み実績
図表93 富士通のICTバリュー
図表94 両毛システムズの自治体向けソリューション
図表95 両備システムズの自治体向けソリューション
図表96 両備システムズの行政機関向けサービスメニュー

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C57121500 2016 自治体向けソリューション市場の実態と展望
C58119200 2017 自治体向けソリューション市場の実態と展望
C57100200 2015 自治体向けソリューション市場の実態と展望
C50117200 2009年版 自動車リースの現状と展望
C50103100 2007-2009 ユーザ企業のIT投資実態と予測