2014年版 電子書籍市場の展望と戦略

本調査レポートは、注目される電子書籍市場のなかで、特に出版コンテンツプロバイダである出版社の電子書籍に対する取り組み状況を調査することで、中期的な電子書籍市場の動向を予測した。また、電子出版コンテンツの動向のほか、サービスプロバイダー、電子出版取次等、電子出版流通の動向も調査分析した。

発刊日
2014/08/06
体裁
A4 / 202頁
資料コード
C56113000
PDFサイズ
4.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
115,500
105,000
10,500
148,500
135,000
13,500
231,000
210,000
21,000
264,000
240,000
24,000
346,500
315,000
31,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内の電子書籍・電子出版市場の現状と今後の方向性を調査することによって、電子書籍・電子出版市場を取り巻く現状と問題点を分析する。当該調査によって、出版業界をはじめ関連業界各位の経営戦略に寄与することを目的とする。
調査対象:出版社、印刷企業、出版取次、電子ブックストアおよびその他関連企業
調査方法:直接面接取材及び電話取材
調査期間:2014年5月~2014年7月

資料ポイント
Close

  • 2014年度~2017年度、電子書籍分野別(コミック、小説・文芸、ビジネス書、雑誌、ライトノベル)市場規模予測
  • 主要電子書籍・電子出版コンテンツのプロバイダ(出版社)を調査
  • ディストリビュータの電子出版戦略や電子ストア販売戦略を調査
  • 電子書籍ストアの出店状況を掲載

資料概要
Close

第1章 電子書籍市場の展望と戦略
第2章 電子書籍分野別動向
第3章 出版社の電子書籍市場戦略
第4章 ディストリビュータ動向
第5章 電子書籍ストアの動向
第6章 出版社調査表

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 電子書籍市場の展望と戦略

第1節 電子書籍市場規模と将来予測
  1.電子書籍市場規模
  2.電子書籍市場の市場規模将来予測
    <表>電子書籍市場規模予測
第2節 既存出版市場と電子書籍市場
  1.出版市場の2兆円割れの時代へ、コミックの凋落続くも、電子書籍市場を加えると微減、健闘
  2.2013年の出版市場は3.3%減、書籍市場は2.0%減
  3.2013年の雑誌市場前年比は4.4%減
  4.既存出版市場+電子書籍市場
    <図>出版市場(既存の出版市場)+電子書籍市場の市場規模予測
    <表>出版市場(既存の出版市場)+電子書籍市場の市場規模予測(分野別予測)
第3節 電子書籍市場の現状
  1.電子書籍市場の歴史的経緯 外資、ネット大手参入と日本出版デジタル機構の誕生
  2.電子書籍市場を巡る最近の動き
  3.主要出版社の電子書籍に対する取り組み
  4.米国における電子書籍市場の状況
    <図>米国の市場規模予測
    <図>米国の書籍市場における媒体形態
第4節 電子書籍デバイスの動向
  1.電子書籍専用端末はヘビーユーザー向けに特化へ
   当面はスマートフォンによる読書が電子書籍の主流に
    <表>国内スマートフォン+フィーチャーフォン、タブレット、専用端末出荷台数実績・予測
  2.スマートフォン・フィーチャーフォン
  3.タブレット
  4.電子書籍端末

第2章 電子書籍分野別動向

1.コミックが圧倒的な比率を占める
  <図>電子書籍市場分野別市場規模予測
  第1節 コミック分野 <図>電子書籍コミック分野市場規模予測
  第2節 ライトノベル分野 <図>電子書籍ラノベ分野市場規模予測
  第3節 一般(小説・文学)分野 <図>電子書籍一般分野市場規模予測
  第4節 ビジネス・教養分野 <図>電子書籍ビジネス・教養分野市場規模予測
  第5節 その他書籍分野 <図>電子書籍その他分野市場規模予測
  第6節 雑誌分野 <図>電子雑誌の市場規模予測
  第7節 ICT教育分野
  第8節 医書分野
  第9節 電子新聞

第3章 出版社の電子書籍市場戦略

1.大手総合出版社
  ~スマートフォンの普及で読者層が一般読者に拡大 大手出版社の電子書籍売上も急拡大~
  (1)KADOKAWA
  (2)講談社
  (3)小学館
  (4)学研ホールディングス
  (5)新潮社
2.コミック系出版社 ~アダルト系から一般に拡大も未だ電子書籍の主流~
  (1)芳文社
3.教科書・教育出版社 ~行政主導で実証実験続く デジタル教科書導入には未知数な部分も~
  (1)東京書籍
  (2)教育出版
4.ビジネス書・情報出版社 ~ダイヤモンド社が電子書籍でヒット連発~
  (1)ダイヤモンド社
5.注目される出版社
  (1)昭文社
  (2)扶桑社
  (3)ディスカヴァー・トゥエンティワン
  (4)サンマーク出版
  (5)新日本法規出版

第4章 ディストリビュータ動向

1.リアル出版市場が構造的な問題抱えるなか、取次も電子化の対応強化へ 
  電子取次分野では出版デジタル機構が本格参加へ
  (1)大日本印刷
  (2)メディアドゥ
  (3)日本出版販売
  (4)トーハン

第5章 電子書籍ストアの動向

1.電子書籍市場拡大に沿って、参入サイト拡大。将来的には集約の可能性も
  (1)BookLive
  (2)LINEマンガ
  (3)イーブックイニシアティブジャパン
2.電子書籍ストア(60サイト)概要

第6章 出版社調査表

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
115,500
105,000
10,500
148,500
135,000
13,500
231,000
210,000
21,000
264,000
240,000
24,000
346,500
315,000
31,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています