2016年版 ペットビジネスマーケティング総覧

近年、ペットが家族の一員として認識される中で、飼い主からのニーズは変化し、多様化している。本調査レポートでは、参入企業への取材をベースとし、ペット市場を取り巻く環境の変化、及びペット業界の動向について分析、将来を展望した。

発刊日: 2016/03/04 体裁: A4 / 394頁
資料コード: C57122100 PDFサイズ: 24.4MB
カテゴリ: 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 113,400円 (本体 105,000円 消費税 8,400円 )
定価 113,400円 (本体 105,000円 消費税 8,400円 )
定価 145,800円 (本体 135,000円 消費税 10,800円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:ペットフードメーカー、ペット用品メーカー、卸売業者、小売業者などを調査対象とした。また、併せて関連団体への調査も行った。
調査方法:直接面接取材及び電話取材
調査期間:2015年10月~2016年2月

資料ポイント
Close

  • ペットフード市場では、フードメーカー各社から、プレミアムフード、小型犬・超小型犬向けフード、ステージ別・種別・症状別などのラインナップ拡充が進み、飼い主によるブランド選別が進んでいる。また、ペット用品市場では、ペット用おむつが介護用途に留まらずマナーグッズとして需要を高めているほか、室内飼育において快適さを追求する“香り付き”機能の商品が売れ筋となっている。こうしたニーズに対応すべく参入各社の商品戦略を徹底研究するとともに、各種製品市場の現状を分析、将来を展望する
  • ペットを人間同様にケアする飼い主が増えており、ペット美容・サロン、ペット医療、ペット保険、ペット葬送・霊園など、ペット関連サービスの需要が高まりを見せている。主要ペット関連サービスの現状を分析し、今後の市場性を展望する
  • ペット関連事業を展開する主要なメーカー、卸、小売などおよそ30社へ直接面接取材、各社の商品戦略、プロモーション戦略など詳細情報を個別掲載

資料概要
Close

第Ⅰ章 ペットビジネス市場の動向
第Ⅱ章 商品カテゴリー別市場動向
第Ⅲ章 流通業界動向
第Ⅳ章 ペット関連サービスの動向
第Ⅴ章 有力企業の動向

リサーチ内容

■掲載内容

第Ⅰ章 ペットビジネス市場の動向

1.ペットビジネス市場の動向
  (1)ペット関連総市場規模推移と予測(末端販売金額ベース)
    ~2014年度は1.5%増の1兆4,502億円と拡大を維持~
  (2)分野別市場概況
    ~フードは再拡大、用品、周辺産業は成長を維持~
    ①ペットフード市場
    ②ペット用品市場
    ③生体・サービス産業
  (3)ペットフード・用品メーカーランキング
  (4)動物愛護管理法改正のポイント
2.生体市場
  (1)犬猫飼育頭数の推移
  (2)流通概況
  (3)犬種犬籍登録頭数
3.ペット市場の今後の見通し
  (1)ペット業界を取り巻く環境とペット市場への影響
  (2)日本の人口動態・世帯数推移
  (3)ペット市場の将来展望

第Ⅱ章 商品カテゴリー別市場動向

1.ペットフード市場
  (1)ペットフード市場概況
    ①市場規模推移と予測
    ~キャットフード及びプレミアムフードの需要増により市場が拡大~
    ②メーカーシェアと売上高ランキング
    ~上位企業がシェアを拡大する一方、中堅メーカーが苦戦~
    【ペットフード企業別シェア(全体)2013年度/2014年度】
    【ペットフード全体売上高ランキング】
    【ドッグフード全体売上高ランキング】
    【キャットフード全体売上高ランキング】
    ③商品動向
    ~健康訴求型商品が好調を維持、メーカーによる新カテゴリー創出の試みも~
    ④今後の市場見通し
    ~価値訴求品と価格訴求品の二極化が進む中、新たな発想での商品差別化が重要に~
  (2)カテゴリー別市場動向とメーカーシェア
    ①ドッグフード
    ~健康配慮型商品が堅調に推移、商品価値を消費者にいかに伝えていくかがカギに~
    ⅰ.タイプ別市場規模推移と予測
    ⅱ.タイプ別メーカーシェア
    a.ドッグフードトータル
    b.ドッグドライフード
    c.ドッグウェットフード
    d.ドッグスナック類
    ②キャットフード
    ~ペット関連企業の期待の高まりにより、猫関連売場の拡大、新商品の投入が続く~
    ⅰ.タイプ別市場規模推移と予測
    ⅱ.タイプ別メーカーシェア
    a.キャットフードトータル
    b.キャットドライフード
    c.キャットウェットフード
    ③プレミアムフード
    【プレミアムフードの市場規模推移と予測】
    ④特別療法食
    【特別療法食企業別シェア2013年度/2014年度】
2.ペット用品市場
  (1)ペット用品市場概況
    ①市場規模推移と予測
    ~堅調な排泄ケア商品の需要維持で微増推移するも、飼育頭数の減少が懸念材料に~
    ②業界動向と売上高ランキング
    ~排泄ケア用品に強い企業が好調に推移~
    【ペット用品メーカー主要企業用品売上ランキング(メーカー出荷ベース)】
    ③商品動向
    ~ペット用おむつや糞処理パックなどのマナーケア用品の需要拡大がより鮮明に~
    ④今後の市場見通し
    ~マナー・エチケットケアと、飼育上の課題解決に向けた商品提案が市場伸長のカギ~
  (2)カテゴリー別市場動向
    ①猫砂
    ~国内NB回帰による大手企業の売上拡大が市場の伸長率拡大に寄与~
    ⅰ.市場概況【猫砂の市場規模推移と予測】
    ⅱ.メーカー動向【猫砂企業別シェア(2013年度/2014年度)】
    ⅲ.今後の市場見通し
    ②犬用トイレシーツ
    ~高付加価値品と低価格商品の二極化の進行により、中間価格帯商品が苦戦に~
    ⅰ.市場概況【犬用トイレシーツの市場規模推移と予測】
    ⅱ.メーカー動向【犬用トイレシーツ
    企業別シェア(2013年度/2014年度)】
    ⅲ.今後の市場見通し
    ③消臭剤・脱臭剤
    ~用途が細分化・明確化された特化型商品による需要掘り起こしに期待~
    ⅰ.市場概況【消臭剤・脱臭剤の市場規模推移と予測】
    ⅱ.メーカー動向【消臭剤・脱臭剤
    企業別シェア(2013年度/2014年度)】
    ⅲ.今後の市場見通し
    ④シャンプー・リンス類
    ~高品質な商品の投入が進む一方、手入れの簡便化を図る商品提案が待たれる~
    ⅰ.市場概況【シャンプー・リンス類の市場規模推移と予測】
    ⅱ.メーカー動向【シャンプー・リンス類
    企業別シェア(2013年度/2014年度)】
    ⅲ.今後の市場見通し
    ⑤防虫剤・殺虫剤
    ~“外出時の使用を想定した商品提案により市場の活性化が図られている~
    ⅰ.市場概況【防虫剤・殺虫剤の市場規模推移と予測】
    【防虫剤・殺虫剤のタイプ別構成比】
    ⅱ.メーカー動向【防虫剤・殺虫剤
    企業別シェア(2013年度/2014年度)】
    ⅲ.今後の市場見通し
    ⑥しつけ剤
    ~犬の飼育頭数減少で苦境下にある中、大手企業の撤退で市場は先行き不透明に~
    ⅰ.市場概況【しつけ剤の市場規模推移と予測】
    ⅱ.メーカー動向【しつけ剤企業別シェア(2013年度/2014年度)】
    ⅲ.今後の市場見通し
    ⑦ウェットティッシュ
    ~大手メーカーの復調で市場は増加に転じるも、需要の伸び悩みが懸念材料~
    ⅰ.市場概況【ウェットティッシュの市場規模推移と予測】
    ⅱ.メーカー動向【ウェットティッシュ
    企業別シェア(2013年度/2014年度)】
    ⅲ.今後の市場見通し
    ⑧デンタルケア用品(フード及びガム等のトリーツ類は除く)
    ~ライオン商事の大幅伸長により、市場は更なる拡大に~
    ⅰ.市場概況【デンタルケア用品の市場規模推移と予測】
    ⅱ.メーカー動向【デンタルケア用品
    企業別シェア(2013年度/2014年度)】
    ⅲ.今後の市場見通し
    ⑨ペット用おむつ
    ~飼い主のみならず流通からの支持の高まりを背景に、売り場拡大により市場は伸長~
    ⅰ.市場概況【ペット用おむつの市場規模推移と予測】
    ⅱ.メーカー動向【ペット用おむつ
    企業別シェア(2013年度/2014年度)】
    ⅲ.今後の市場見通し
    ⑩糞処理パック
    ~認知度と利用率の向上により市場拡大が期待されるも、付加価値化が課題に~
    ⅰ.市場概況【糞処理パックの市場規模推移と予測】
    ⅱ.メーカー動向【糞処理パック
    企業別シェア(2013年度/2014年度)】
    ⅲ.今後の市場見通し
    ⑪動物用OTC医薬品
    ~動物病院の利用拡大と、サプリメント需要の高まりにより低迷が続く~
    ⅰ.市場概況【動物用OTC医薬品の市場規模推移と予測】
    ⅱ.今後の市場見通し
    ⑫水槽・水槽周辺器具
    ~コンパクト化及び簡便化による新規ライトユーザーの獲得がポイントに~
    ⅰ.市場概況【水槽・水槽周辺器具の市場規模推移と予測】
    ⅱ.今後の市場見通し

第Ⅲ章 流通業界動向

1.卸売業界動向
  (1)主要卸売業者の動向
    【主要卸売業者5社のペット関連売上高(2013年度/2014年度)】
    【主要卸売業者5社のペット関連売上構成比(2013年度/2014年度)】
  (2)主要卸売業者の販売チャネル戦略
    ①主要販売チャネルの概況
    【主要卸売業者のチャネル構成比(2013年度/2014年度)】
    【主要卸売業者5社のチャネル別売上高及び構成比(2014年度)】
    【主要卸売業者5社の2003年度と2014年度の売上構成比】
    【主要卸売業者5社合計の2003年度と2014年度のHD/DSの売上比較】
    ②主要卸売業者のチャネル戦略
  (3)主要卸売業者における事業拠点の展開状況
    ①主要卸売業者の事業拠点一覧
2.小売業界動向
  (1)小売業界の現状
  (2)商品販売動向

第Ⅳ章 ペット関連サービスの動向

1.ペット関連サービスの現状
  ◆主要ペット関連サービスの概況
2.サービス産業別動向
  (1)ペット美容
    ~競争が進む中、労働環境の整備による優秀なトリマーの確保と、人材育成が課題~
  (2)ペットホテル
    ~継続利用化を促すため、飼い主からの信頼獲得が重要~
  (3)カウンセリング
    ~高齢化社会の進行する中、アニマルセラピーの効果が注目される~
  (4)ペット医療
    ~ペットに対する健康意識の高まりで利用頻度が増加。市場は拡大基調を維持~
    ・市場規模推移と予測
  (5)ペット保険
    ~携帯電話キャリアーのペット保険販売開始により、引受会社のシェア拡大に追い風~
    ・市場規模推移と予測
    【ペット保険参入事業者別商品概要】
  (6)ペット葬送
    ~ペットの家族化で市場は拡大基調、大手企業の参入によるスタンダード化に期待~
    ・市場規模推移と予測
  (7)人材育成ビジネス
    ~今後の小売・サービス事業の要として、大手による人材確保・育成への動きも~
    ・市場規模推移と予測
  (8)ペット共生住宅
    ~設備面による充実に加え、マナー啓蒙やルール整備により快適な飼養環境を目指す~
  (9)ドッグカフェ
    ~愛犬家同士の交流の場やペットとの身近な外出先として、更なる広がりに期待~
  (10)レンタルペット
    ~アニマルセラピーが注目される中、イベント用レンタルサービスの需要拡大に期待~
  (11)ペットパーク・ドッグラン
    ~大規模ドッグランを擁した犬同伴型滞在施設が東京郊外にオープンし注目される~

第Ⅴ章 有力企業の動向

1.メーカー
アースバイオケミカル(株)、アイシア(株)、アイリスオーヤマ(株)、イースター(株)、いなばペットフード(株)、現代製薬(株)、シーズイシハラ(株)、(株)スマック、第一衛材(株)、デビフペット(株)、トーラス(株)、ドギーマンハヤシ(株)、(株)ニチドウ、日清ペットフード(株)、日本ヒルズ・コルゲート(株)、日本ペットフード(株)、ネスレ日本(株)(ネスレピュリナペットケア)、はごろもフーズ(株)、フィード・ワン(株)(旧日本配合飼料(株))、常陸化工(株)、ペットライン(株)、マースジャパンリミテッド、(株)マルカン、(株)ヤマヒサ、ユニ・チャーム(株)(ペットケアカンパニー)、ライオン商事(株)

2.卸売事業者
エコートレーディング(株)、ジャペル(株)、三井食品(株)、ラブリーペット商事(株)

3.小売事業者
(株)カインズ(ペッツワン)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 113,400円 (本体 105,000円 消費税 8,400円 )
定価 113,400円 (本体 105,000円 消費税 8,400円 )
定価 145,800円 (本体 135,000円 消費税 10,800円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58119500 2017年版 ペットビジネスマーケティング総覧
C56122500 2015年版 ペットビジネスマーケティング総覧
C55121000 2014年版 ペットビジネスマーケティング総覧
C59103600 ペット関連市場における飼育者の商品・サービスに対する需要実態分析
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典