2016-2017 スマートフォン連携サービス・機器・NFC市場展望

スマートフォンの急速な普及と市場の成熟化に伴い、スマートフォン市場における競争軸はハードウェア偏重からネットサービスや周辺機器との連携を含めた付加価値の創造にシフトしている。また、スマートフォンは「個人単位で保有する最も身近なIT機器」である特性が注目され、スマートフォンが搭載するWiFi・Bluetooth・USB等のインターフェースを通じてクラウドサービスに接続させる事で新しい価値を創造できる。本調査レポートはスマートフォン・タブレットと連携する機器について概要、市場規模、連携機能を調査した。また、スマートフォン・タブレットに搭載されている各種インターフェースの搭載状況及び市場規模を調査・分析した。

発刊日: 2016/07/08 体裁: A4 / 380頁
資料コード: C58107000 PDFサイズ: 22.1MB
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 302,400円 (本体 280,000円 消費税 22,400円 )
定価 540,000円 (本体 500,000円 消費税 40,000円 )
定価 572,400円 (本体 530,000円 消費税 42,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象市場
①対象製品:スマートフォン・タブレット・ウェアラブルデバイス(スマートウォッチ、スマートバンド、ヘッドマウントディスプレイ・スマートグラス)・薄型テレビ・時計(ウォッチ)・プリンター・オーディオ機器・デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ・デジタルビデオレコーダー(DVR)・白物家電・セルフケア健康機器・自動車、カーエレクトロニクス・玩具、ホビープロダクト、ゲーム機・パーソナルコンピュータ・コンシューマロボット
②対象エリア:日本市場、海外市場
③掲載データ:国内(年度:4月-3月)/海外(暦年:1月-12月/2014年~2015年(実績値・一部見込値)/2016年~2020年(予測値)
調査対象企業:①携帯電話・スマートフォンメーカー 12社、②コンピューターメーカー 7社、③国内半導体メーカー 5社、④業界団体その他 5団体
調査方法:①直接面接調査及び電話・メール取材 ②技術、サービス動向セミナー取材 ③当社データベース、過去実施の調査データからの考察 ④海外調査(直接面接取材、展示会調査、提携調査会社へのヒアリング)
調査期間:2016年3月~2016年6月

資料ポイント
Close

  • スマートフォン連携機器(コンシューマエレクトロニクス製品、カーエレクトロニクス、玩具、ヘルスケア機器等)の搭載インターフェースと市場規模(国内及びグローバル)を分析
  • ケーブル接続規格(USB/MHL、HDMI)、ワイヤレス接続規格(WiFi、Bluetooth、NFC)、ストレージ(SDカード、SIMカード)の最新動向・市場規模・将来予測を連携機器と併せて収録
  • NFCのグローバル展開状況及びモバイルペイメント・モバイル決済の動向を調査
  • ウェアラブルデバイス(スマートウォッチ、スマートバンド、スマートグラス・ヘッドマウントディスプレイ、その他ウェアラブルデバイス機器)の分析と市場予測
  • スマートフォンOS・プラットフォーム動向
  • プラットフォーム企業の次世代戦略、Google(AndroidWear、AndroidAuto、AndroidL等)、Apple(HomeKit、HealthKit、ApplePay)、Microsoft(Windows10、Windows10Mobile)、その他プラットフォームの最新動向・市場規模・将来予測
  • 各カテゴリにおける連携アプリケーション、サービスについても分析を実施

資料概要
Close

第1章.総論
第2章.連携機器市場動向
第3章.インターフェース市場動向
第4章.国内NFC市場動向
第5章.グローバルNFC市場動向

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1:スマートフォン連携市場の概要①
  表1:スマートフォン連携機器のグローバル市場規模
  グラフ1:スマートフォン連携機器のグローバル市場規模
2:スマートフォン連携市場の概要②
  表2:車載2大連携プラットフォームの市場規模
  グラフ2:車載2大連携プラットフォームの市場規模
3:スマートフォンのインターフェース搭載状況
  表3:主要接続規格市場規模
  グラフ3:主要接続規格市場規模
4:NFC市場
  グラフ4:おサイフケータイ対応スマートフォン 国内出荷台数推移
  グラフ5:NFCスマートフォン グローバル出荷台数推移

第1章.総論

総論
  1-1:スマートフォン連携市場の今後「スマートホーム」
    表1:主要機器市場規模推移
    グラフ1:主要機器市場規模推移
    図1:スマートハウスにおけるホームゲートウェイの重要性
  1-2:スマートフォン連携市場の今後「カーエレクトロニクス」
    表2:カーエレクトロニクス二大プラットフォーム市場規模推移
    グラフ2:カーエレクトロニクス二大プラットフォーム市場規模推移
    図2:スマートフォンとカーエレ連携の可能性
  1-3:アプリケーション・コンテンツのクラウド化
    表3主要EC企業売上高比較
    図3:アプリケーション・コンテンツのクラウド化
  1-4:「クロスマーケティング」におけるスマートデバイスの位置づけ
    図4:クロスセルマーケティングにおける消費者へのアプローチ
    表4:主要モバイル決済プラットフォーム
  1-5:第5世代携帯電話システム(5G)の開発
    グラフ3:モバイル動画トラフィックの増加
    図5:5Gの要求案件
    図6:5Gの基本仕様
    図7:IoT時代における通信システム(メッシュネットワークの可能性)

第2章.連携機器市場動向

1:携帯電話・スマートフォン
  1-1:国内携帯電話契約数
    表1:国内携帯電話 通信事業者別契約数実績・予測
    グラフ1:国内携帯電話 通信事業者別契約数実績・予測
    表2:国内携帯電話 通信事業者別純増数実績・予測
    グラフ2:国内携帯電話 通信事業者別純増数実績・予測
  1-2:MVNO(仮想通信事業者)ビジネス市場動向
    表3:MVNO接続形態別契約数 実績/予測
    グラフ3:MVNO接続形態別契約数 実績/予測
    表4:MVNO接続形態別純増数実績/予測
    グラフ4:MVNO接続形態別純増数 実績/予測
    表5:MVNO事業者別契約数 実績/予測
  1-3:国内携帯電話出荷台数
    表6:国内移動体通信端末 カテゴリ別出荷台数実績・予測
    グラフ5:国内移動体通信端末 カテゴリ別出荷台数実績・予測
    表7:国内移動体通信端末 メーカー別出荷台数実績・予測
    グラフ6:国内移動体通信端末 メーカー別出荷台数実績・予測
    グラフ7:2015年度 国内移動体通信端末出荷台数シェア見込
  1-4:国内スマートフォン出荷台数動向
    表8:国内スマートフォン出荷台数実績・予測
    グラフ8:国内スマートフォン出荷台数実績・予測
    グラフ9:2015年度 国内スマートフォン出荷台数シェア見込
  1-5:国内SIMフリースマートフォン出荷台数動向
    表9:SIMフリースマートフォン出荷台数実績・予測
    グラフ10:国内SIMフリースマートフォン出荷台数実績・予測
    グラフ11:2015年度 国内SIMフリースマートフォン出荷台数シェア見込
  1-6:グローバル携帯電話市場動向
    表10:世界携帯電話契約数、世界人口実績・予測
    グラフ12:世界携帯電話契約数、世界人口実績・予測
    表11:地域別 携帯電話契約数実績・予測
    グラフ13:地域別 携帯電話契約数実績・予測
  1-7:グローバル携帯電話端末市場動向
    表12:ハンドセット(フィーチャーフォン+スマートフォン)出荷台数実績・予測
    グラフ14:ハンドセット(フィーチャーフォン+スマートフォン)出荷台数実績・予測
    表13:ハンドセット(フィーチャーフォン+スマートフォン)メーカー別出荷台数実績・予測
    グラフ15:ハンドセット(フィーチャーフォン+スマートフォン)メーカー別出荷台数実績・予測
    グラフ16:2015年ハンドセット(フィーチャーフォン+スマートフォン)メーカーシェア  
  1-8:スマートフォン市場概況
    表14:スマートフォンメーカー別出荷実績・予測
    グラフ17:スマートフォンメーカー別出荷実績・予測
    グラフ18:2015年 スマートフォン メーカーシェア
  1-9:インターフェース搭載状況
    表15:スマートフォン インターフェース搭載状況
    表16:スマートフォン ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ19:スマートフォン ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表17:スマートフォン ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ20:スマートフォン ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表18:スマートフォン メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ21:スマートフォン メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表19:スマートフォン 4G/5G搭載実績/予測
    グラフ22:スマートフォン 4G/5G搭載実績/予測
  1-10:OSプラットフォーム別の状況
    表20:スマートフォン OSプラットフォーム別出荷台数実績/予測
    グラフ23:スマートフォン OSプラットフォーム別出荷台数実績/予測
    1-10-1:Google Android
    図1:Google Androidプラットフォーム一覧
    1-10-2:Apple iOS
    図2:Apple iOSプラットフォーム一覧
    1-10-3:MicroSoft Windows10Mobile
    1-10-4:FirefoxOS
    1-10-5:今後の見通し
2:タブレット
  2-1:国内市場規模
    表1:タブレット国内市場 メーカー別出荷台数実績/予測
    グラフ1:タブレット 国内市場 メーカー別出荷台数実績/予測
    グラフ2:2015年度 タブレット 国内市場メーカー別出荷台数見込シェア
    グラフ3:タブレット OSプラットフォーム別国内市場出荷台数実績/予測
    グラフ4:タブレット ディスプレイサイズ別国内市場出荷台数実績/予測
  2-2:グローバル市場規模
    表2:タブレット グローバル市場 メーカー別出荷台数実績/予測
    グラフ5:タブレット グローバル市場 メーカー出荷台数実績/予測
    グラフ6:2015年 タブレット グローバル市場 メーカー別出荷台数シェア
    グラフ7:タブレット グローバル市場 OSプラットフォーム別出荷台数実績/予測
    グラフ8:タブレット グローバル市場 ディスプレイサイズ別出荷台数実績/予測
  2-3:インターフェース搭載状況
    表3:タブレット インターフェース搭載状況
    表4:タブレット ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ9:タブレット ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表5:タブレット ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ10:タブレット ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表6:タブレット メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ11:タブレット メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表7:タブレット 4G/5G通信モジュール搭載実績/予測
    グラフ12:タブレット 4G/5G通信モジュール搭載実績/予測
  2-4:今後の見通し
3:腕時計・スマートウォッチ
  3-1:腕時計市場・概要
  3-2:腕時計・国内市場規模
    表1:ウォッチ(腕時計) 国内市場出荷台数実績 /予測
    グラフ1:ウォッチ(腕時計) 国内市場出荷台数実績/予測
  3-3:腕時計・グローバル市場規模
    表2:ウォッチ(腕時計) グローバル市場出荷台数実績/予測
    グラフ2:ウォッチ(腕時計) グローバル市場出荷台数実績/予測
  3-4:スマートウォッチ・概要
    図1:スマートウォッチの定義
    図2:スマートウォッチの用途
  3-5:スマートウォッチ・国内市場規模
    表3:スマートウォッチ 国内市場出荷台数実績 /予測
    グラフ3:スマートウォッチ 国内市場出荷台数実績/予測
  3-6:腕時計・グローバル市場規模
    表4:スマートウォッチ グローバル市場出荷台数実績/予測
    グラフ4:スマートウォッチ グローバル市場出荷台数実績/予測
  3-7:スマートフォン・タブレットの影響
    表5:ウォッチ/スマートウォッチ グローバル市場 出荷台数実績/予測
    グラフ5: ウォッチ/スマートウォッチ グローバル市場出荷台数実績/予測
  3-8:インターフェース搭載状況
    表6:スマートウォッチ インターフェース搭載状況 
    表7:スマートウォッチ ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ6:スマートウォッチ ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表8:スマートウォッチ ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測 
    グラフ7:スマートウォッチ ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表9:スマートウォッチ メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ8:スマートウォッチ メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表10:スマートウォッチ 4G/5G搭載実績/予測
    グラフ9:スマートウォッチ 4G/5G搭載実績/予測
  3-9:スマートフォン、タブレットへの対応状況
  3-10:アプリケーションの連携事例
    図1:スマートウォッチ・スマートフォン連携の仕組み 
  3-11:今後の見通し
4:セルフケア健康機器・スマートバンド
  4-1:セルフケア健康機器・概要
    表1:セルフケア健康機器のカテゴリと品目
  4-2:セルフケア健康機器・国内市場規模
    表2:セルフケア機器(健康管理機器)国内市場出荷台数実績
    グラフ1:セルフケア機器(健康管理機器)国内市場出荷台数実績
  4-3:スマートバンド・概要
    図1:スマートバンドの製品領域
    図2:スマートバンドのバイタルデータ測定範囲
  4-4:スマートバンド・国内市場規模
    表3:スマートバンド国内市場出荷台数実績/予測
    グラフ2:スマートバンド国内市場出荷台数実績/予測
  4-5:スマートバンド・グローバル市場動向
  4-6:スマートバンド・グローバル市場規模
    表4:スマートバンド・グローバル市場出荷台数実績/予測
    グラフ3:スマートバンド・グローバル市場出荷台数実績/予測
  4-7:スマートフォン・タブレットの影響
  4-8:インターフェース搭載状況
    表5:スマートバンド インターフェース搭載状況
    表6:スマートバンド ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ4:スマートバンド ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表7:スマートバンド ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ5:スマートバンド ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表8:メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ6:メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表9:スマートバンド 4G/5G搭載実績/予測
  4-9:スマートフォン、タブレットへの対応状況
  4-10:アプリケーションの連携事例
    表10:セルフケア健康機器/スマートフォン連携サービス(2016年6月現在)
    図3:セルフケア機器・スマートフォン連携の仕組み
  4-11:今後の見通し
5:ヘッドマウントディスプレイ(HMD)・スマートグラス
  5-1:HMD概要
    図1:ヘッドアップディスプレイ(HMD)/スマートグラスの分類
  5-2:HMD・スマートグラス 国内市場規模
    表1:HMD・スマートグラス 国内市場 メーカー別出荷台数実績・予測
    グラフ1:HMD・スマートグラス 国内市場出荷台数実績・予測
  5-3:HMD・スマートグラス グローバル市場規模
    表2:HMD・スマートグラス グローバル市場 メーカー別出荷台数実績・予測
    グラフ2:HMD・スマートグラス グローバル市場 メーカー別出荷台数実績・予測
  5-4:スマートフォン・タブレットの影響
  5-5:インターフェース搭載状況
    表3:HMD・スマートグラス インターフェース搭載状況
    表4:HMD・スマートグラス ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ3:HMD・スマートグラス ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表5:HMD/スマートグラス ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ4:HMD/スマートグラス ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表6:メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ5:HMD・スマートグラス メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表7:HUD・スマートグラス 4G/5G搭載実績/予測
    グラフ6:HUD・スマートグラス 4G/5G搭載実績/予測
  5-6:スマートフォン、タブレットへの対応状況
  5-7:アプリケーションの連携事例
    図2:HMD・スマートフォン連携の仕組み
  5-8:今後の見通し
6:パーソナルコンピュータ
  6-1:概要
  6-2:国内市場規模
    表1:国内市場 パーソナルコンピュータ 製品カテゴリ別出荷台数実績/予測
    グラフ1:国内市場 パーソナルコンピュータ 製品カテゴリ別出荷台数実績/予測
    グラフ2.:2015年度 国内市場 パーソナルコンピュータ メーカー別出荷台数シェア
    表2:国内市場 パーソナルコンピュータ  用途別出荷台数実績/予測
    グラフ3:国内市場 パーソナルコンピュータ 用途別出荷台数実績/予測
  6-3:グローバル市場規模
    表3:パーソナルコンピュータ グローバル市場出荷台数実績/予測
    グラフ4:パーソナルコンピュータ グローバル市場 出荷台数実績/予測
    グラフ5:2015年 パーソナルコンピュータ メーカー別グローバル市場 出荷台数シェア
  6-4:インターフェース搭載状況
    表4:パーソナルコンピュータ ケーブルインターフェース搭載状況
    表5:パーソナルコンピュータ ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ6:パーソナルコンピュータ ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表6:パーソナルコンピュータ ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ7:パーソナルコンピュータ ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表7:パーソナルコンピュータ メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ8:パーソナルコンピュータ メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表8:パーソナルコンピュータ 4G/5G搭載実績/予測
    グラフ9:パーソナルコンピュータ 4G/5G搭載実績/予測
  6-5:スマートフォン、タブレットへの対応状況
  6-6:今後の見通し
    図1:Windows10Mobile「Continuum」
7:薄型テレビ
  7-1:概要
  7-2:国内市場規模
    表1:薄型テレビ 国内市場出荷台数実績・予測
    グラフ1:薄型テレビ 製品カテゴリ別 国内市場出荷台数実績・予測
    グラフ2:薄型テレビ ディスプレイサイズ別 国内市場出荷台数実績・予測
  7-3:グローバル市場規模
    表2:薄型テレビ グローバル市場出荷台数実績・予測
    グラフ3:薄型テレビ グローバル市場出荷台数実績・予測
  7-4:スマートフォン・タブレットの影響
  7-5:インターフェース搭載状況
    表3:薄型テレビ インターフェース搭載状況
    表4:フラットパネルTV ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ4:フラットパネルTV ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表5:フラットパネルTV ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ5:フラットパネルTV ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表6:フラットパネルTV メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ6:フラットパネルTV メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
  7-6:スマートフォン、タブレットへの対応状況
    表7:スマートフォン対応「定額動画サービス」一覧
  7-7:アプリケーションの連携事例
    図1:薄型テレビ・スマートフォン連携の仕組み
  7-8:今後の見通し
8:プリンター
  8-1:概要
  8-2:国内市場規模
    表1:コンシューマ向けプリンター 国内市場出荷台数実績 ・予測
    グラフ1:コンシューマ向けプリンター 国内市場出荷台数実績 ・予測
  8-3:グローバル市場規模
    表2:コンシューマ向けプリンター グローバル市場出荷台数実績・予測
    グラフ2:コンシューマ向けプリンター(TOTAL) グローバル市場出荷台数実績・予測
  8-4:スマートフォン・タブレットの影響
  8-5:インターフェース搭載状況
    表3:プリンター インターフェース搭載状況
    表4:プリンター ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ3:プリンター ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表5:プリンター ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ4:プリンター ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表6:プリンター メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ5:プリンター メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表7:プリンター 4G/5G搭載実績/予測
  8-6:スマートフォン、タブレットへの対応状況
  8-7:アプリケーションの連携事例
    図1:プリンター・スマートフォン連携の仕組み
  8-8:今後の見通し
9:デジタルカメラ・デジタルビデオカメラ
  9-1:概要
  9-2:国内市場規模
    表1:デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ 国内市場出荷台数実績・予測
    グラフ1:デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ 国内市場出荷台数 実績・予測
  9-3:グローバル市場規模
    表2:デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ グローバル市場出荷台数実績・予測
    グラフ2:デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ グローバル市場出荷台数実績・予測
  9-4:スマートフォン・タブレットの影響
  9-5:インターフェース搭載状況
    表3:デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ インターフェース搭載状況
    表4:デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ3:デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表5:デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ4:デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表6:デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ5:デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表7:デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ 4G/5G搭載実績/予測
  9-6:スマートフォン、タブレットへの対応状況
  9-7:アプリケーションの連携事例
    図1:デジタルカメラ・スマートフォン連携の仕組み
  9-8:今後の見通し
10.オーディオ機器
  10-1:概要
  10-2:国内市場規模
    表1:オーディオ機器 国内市場出荷台数実績・予測
    グラフ1:オーディオ機器 国内市場出荷台数実績・予測
  10-3:世界市場規模
    表2:オーディオ機器 グローバル市場出荷台数実績・予測
    グラフ2:オーディオ機器 グローバル市場出荷台数実績・予測
  10-4:スマートフォン・タブレットの影響
  10-5:インターフェース搭載状況
    表3:オーディオ機器インターフェース搭載状況
    表4:オーディオ機器 ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ3:オーディオ機器 ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表5:オーディオ機器 ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ4:オーディオ機器ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表6:オーディオ機器 メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ5:オーディオ機器 メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表7:オーディオ機器 4G/5G搭載実績/予測
  10-6:スマートフォン、タブレットへの対応状況
  10-7:アプリケーションの連携事例
    図1:オーディオシステム・スマートフォン連携の仕組み
  10-8:今後の見通し
11:デジタルビデオレコーダー(DVR)
  11-1:概要
  11-2:国内市場規模
    表1:デジタルビデオレコーダー 国内市場出荷台数実績・予測
    グラフ1:デジタルビデオレコーダー 国内市場出荷台数実績・予測
  11-3:グローバル市場規模
    表2:デジタルビデオレコーダー※ グローバル市場出荷台数実績・予測
    グラフ2:デジタルビデオレコーダー※ グローバル市場出荷台数実績・予測
  11-4:スマートフォン・タブレットの影響
  11-5:インターフェース搭載状況
    表3:デジタルビデオレコーダーインターフェース搭載状況
    表4:デジタルビデオレコーダー※ ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ3:デジタルビデオレコーダー※ ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表5:デジタルビデオレコーダー※ ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ4:デジタルビデオレコーダー※ ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表6:デジタルビデオレコーダー※ メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ5:デジタルビデオレコーダー メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表7:デジタルビデオレコーダー 4G/5G搭載実績/予測
  11-6:スマートフォン、タブレットへの対応状況
  11-7:アプリケーションの連携事例
    図1:デジタルビデオレコーダー・スマートフォン連携の仕組み
  11-8:今後の見通し
12:スマート家電・スマートハウス
  12-1:概要
    表1:スマート家電・スマートハウスの位置づけ
  12-2:国内市場規模
    表2:白物家電 国内市場出荷台数実績
    グラフ1:白物家電 国内市場出荷台数実績
  12-3:世界市場規模
    表3:白物家電 グローバル出荷台数実績・予測
    グラフ2:白物家電 グローバル出荷台数実績・予測
    表4:スマート家電 グローバル出荷台数実績・予測
    グラフ3:スマート家電 グローバル出荷台数実績・予測
    表5:スマートハウス機器 グローバル出荷台数実績・予測
    グラフ4:スマートハウス機器 グローバル出荷台数実績・予測
  12-4:インターフェース搭載状況
    表6:スマート家電 インターフェース搭載状況
    表7:スマート家電 ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ5:スマート家電 ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表8:スマート家電 ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ6:スマート家電 ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表9:スマート家電 メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ7:スマート家電 メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表10:スマート家電 4G/5G搭載実績/予測
    グラフ8:スマート家電 4G/5G搭載実績/予測
    表11:スマートハウス機器 インターフェース搭載状況
    表12:スマートハウス機器 ケーブルインターフェース搭載実績/予測 
    グラフ9:スマートハウス機器 ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表13:スマートハウス機器 ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ10:スマートハウス機器 ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表14:スマートハウス機器 メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ11:スマートハウス機器 メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表15:スマートハウス機器 4G/5G搭載実績/予測
    グラフ12:スマートハウス機器 4G/5G搭載実績/予測
  12-5:スマートフォン、タブレットへの対応状況
    表16:スマートハウス・ホームゲートウェイ端末一覧
  12-6:アプリケーションの連携事例
    図1:白物家電・スマートフォン連携の仕組み
  12-7:今後の見通し
13:自動車・カーエレクトロニクス
  13-1:概要
  13-2:国内自動車・カーナビゲーション市場規模
    表1:国内乗用車・商用車販売実績(軽自動車除く)
    表2:国内カーナビゲーションシステム 出荷台数実績・予測
    グラフ1:国内カーナビゲーションシステム 出荷台数実績・予測
  13-3:自動車 グローバル市場規模
    表3:グローバル市場 上位メーカー乗用車生産実績
    グラフ2:グローバル市場 メーカー別乗用車生産実績
    表4:2015年自動車販売台数上位10か国
  13-4:カーナビゲーション グローバル市場規模
    表5:主要市場別カーナビゲーションシステム 出荷台数実績・予測
    グラフ3:主要市場別カーナビゲーションシステム 出荷台数実績・予測
  13-5:スマートフォン・タブレットの影響
  13-6:インターフェース搭載状況
    表6:カーナビゲーションシステム インターフェース搭載状況
    表7:カーナビゲーションシステム ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ4:カーナビゲーションシステム ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表8:カーナビゲーションシステム ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ5:カーナビゲーションシステム ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表9:カーナビゲーションシステム メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ6:カーナビゲーションシステム メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表10:カーナビゲーションシステム 4G/5G搭載実績/予測
    グラフ7:カーナビゲーションシステム 4G/5G搭載実績/予測
  13-7:スマートフォン、タブレットへの対応状況
    図1:カーエレクトロニクス製品・スマートフォン連携の仕組み
  13-8:アプリケーションの連携事例
    13-8-1:カーエレクトロニクス
    図2:自動車・スマートフォン連携の仕組み
    13-8-2:カーナビゲーションシステム
    図3:カーナビゲーション・スマートフォン連携の仕組み
    表11:主なカーナビゲーション連携アプリケーション
  13-9:車載機器連携プラットフォームの動向
    13-9-1:Google「AndroidAuto」
    図4:Google「AndroidAuto」概念図
    表12:Google「AndroidAuto」地域別搭載実績/予測
    グラフ8:Google「AndroidAuto」地域別搭載実績/予測
    表13:Google「AndroidAuto」メーカー別搭載実績/予測
    グラフ9:Google「AndroidAuto」メーカー別搭載実績/予測
    13-9-2:Apple「CarPlay」
    図5:Apple「CarPlay」概念図
    表14:Apple「CarPlay」地域別搭載実績/予測
    グラフ10:Apple「CarPlay」地域別搭載実績/予測
    表15:Apple「CarPlay」メーカー別搭載実績/予測
    グラフ11:Apple「CarPlay」メーカー別搭載実績/予測
    13-9-3:トヨタ自動車「T-コネクト」
    図6:トヨタ「T-Connect」サービス概要
    13-9-4:自動車メーカーの対応状況
    図7:業界各社の「AndroidAuto」「CarPlay」対応状況(2014年7月現在)
  13-10:その他事例
    図8:車載用取締レーダーのスマートフォン連携
  13-11:今後の見通し
    図9:ウェアラブルデバイスを利用した車輛管理
14:玩具・ホビープロダクト・ゲーム機
  14-1:概要
  14-2:玩具国内市場規模
    表1:国内 玩具・ホビープロダクトカテゴリ別小売市場規模
    グラフ1:国内 玩具・ホビープロダクトカテゴリ別小売市場規模
  14-3:家庭用ゲーム機国内市場規模
    表2:国内ゲーム機出荷台数実績・予測
    グラフ2:国内ゲーム機出荷台数実績・予測
  14-4:家庭用ゲーム機 グローバル市場規模
    表3:グローバル市場 ゲーム機出荷台数実績・予測
    グラフ3:グローバルゲーム機出荷台数実績・予測
  14-5:スマートフォン・タブレットの影響
  14-6:インターフェース搭載状況
    表4:玩具・ホビープロダクトインターフェース搭載状況
    表5:コンシューマTVゲーム機(ゲームコンソール) インターフェース搭載状況
    表6:コンシューマTVゲーム機(ゲームコンソール) ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ4:コンシューマTVゲーム機(ゲームコンソール) ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表7:コンシューマTVゲーム機(ゲームコンソール) ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ5:コンシューマTVゲーム機(ゲームコンソール) ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表8:コンシューマTVゲーム機(ゲームコンソール) メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表9:コンシューマTVゲーム機(ゲームコンソール) 4G/5G搭載実績/予測
  14-7:スマートフォン、タブレットへの対応状況
  14-8:アプリケーションの連携事例
    図1:スマートフォン連携が可能なおもちゃ
    図2:玩具・ホビープロダクト・スマートフォン連携の仕組み
  14-9:今後の見通し
15:パーソナルロボット
  15-1:概要
    図1:パーソナルロボットの定義
  15-2:パーソナルロボットの状況
    図2:パーソナルロボット開発変遷
    図3:主なパーソナルロボット製品
  15-3:国内市場規模
    表1:国内市場 パーソナルロボット 出荷台数実績/予測
    グラフ1:国内市場 パーソナルロボット 出荷台数実績/予測
  15-4:インターフェース搭載状況
    表2:パーソナルロボット インターフェース搭載状況
    表3:パーソナルロボット ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    グラフ2:パーソナルロボット ケーブルインターフェース搭載実績/予測
    表4:パーソナルロボット ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    グラフ3:パーソナルロボット ワイヤレスインターフェース搭載実績/予測
    表5:パーソナルロボット メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    グラフ4:パーソナルロボット メモリカードスロット(SDカード)搭載実績/予測
    表6:パーソナルロボット 4G/5G搭載実績/予測
    グラフ5:パーソナルロボット 4G/5G搭載実績/予測
  15-5:パーソナルロボット連携の仕組み
    図4:パーソナルロボット・スマートフォン連携の仕組み
  15-6:今後の見通し
    図5:パーソナルロボット普及条件

第3章.インターフェース市場動向

1:ケーブル接続規格まとめ
    表1:ケーブル接続規格一覧
    表2:ケーブル接続規格 規格別機器出荷台数実績・予測
    グラフ1:ケーブル接続規格 規格別機器出荷台数実績・予測
2:HDMI(High-Definition Multimedia Interface)
  2-1:規格概要・特徴
    表1:HDMI規格一覧
    表2:HDMIコネクタ一覧
  2-2:搭載機器と市場規模
    表3:HDMI搭載機器市場規模実績・予測
    グラフ1:HDMI搭載機器市場規模実績・予測
  2-3:メリットと問題点
  2-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  2-5:今後の見通し
3:USB(Universal Serial Bus)
  3-1:規格概要・特徴
    表1:USB規格 バージョン及び規格概要
    表2:USB規格 コネクタ一覧
    表3:Thunderbolt規格バージョン及び規格概要
    表4:USB3.1・Thunderbolt比較
    図1:USB-C Thunderbolt
  3-2:搭載機器と市場規模
    表5:USB搭載機器市場規模実績・予測
    グラフ1:USB搭載機器市場規模実績・予測
  3-3:メリットと問題点
  3-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  3-5:今後の見通し
4:MHL(Mobile High-definition Link)
  4-1:規格概要・特徴
    表1:MHL規格概要
  4-2:搭載機器と市場規模
    表2:MHL搭載製品出荷台数実績・予測
    グラフ1:MHL搭載製品出荷台数実績・予測
  4-3:メリットと問題点
  4-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  4-5:今後の見通し
5:Apple Dockコネクタ・Lightningコネクタ
  5-1:規格概要・特徴
  5-2:搭載機器と市場規模
    表1:Dockコネクタ/Lightningコネクタ 搭載製品出荷台数実績・予測
    グラフ1:Dockコネクタ/Lightningコネクタ 搭載製品出荷台数実績・予測
  5-3:メリットと問題点
  5-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  5-5:今後の見通し
6:Phoneプラグ/ジャック(3.5mmプラグ/ジャック)
  6-1:規格概要・特徴
  6-2:搭載機器と市場規模
    表1:Phoneプラグ/ジャック 搭載製品出荷台数実績・予測
    グラフ1:Phoneプラグ/ジャック 搭載製品出荷台数実績・予測
  6-3:メリットと問題点
  6-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  6-5:今後の見通し
7:無線通信規格まとめ
    表1:無線通信規格 比較表
    表2:無線通信規格 規格別機器出荷台数実績・予測
    グラフ1:無線通信規格 規格別対応機器出荷台数実績・予測
8:Bluetooth
  8-1:規格概要・特徴
    表1:Bluetooth規格概要
    表2:Bluetooth 仕様一覧
    表3:Bluetooth プロファイル一覧
  8-2:搭載機器と市場規模
    表4:Bluetooth 搭載製品出荷台数実績・予測
    グラフ1:Bluetooth 搭載製品出荷台数実績・予測
    表5:Bluetooth 規格別出荷台数実績・予測
    グラフ2:Bluetooth 規格別出荷台数実績・予測
  8-3:メリットと問題点
  8-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  8-5:今後の見通し
9:WiFi
  9-1:規格概要・特徴
    表1:WiFi(IEEE802.11x)規格概要
  9-2:搭載機器と市場規模
    表2:WiFi 搭載製品出荷台数実績・予測
    グラフ1:WiFi 搭載製品出荷台数実績・予測
  9-3:メリットと問題点
  9-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  9-5:今後の見通し
10:WiFiDirect(Wi-Fi Peer-to-Peer)
  10-1:規格概要・特徴
    表1:WiFiDirect 規格概要
  10-2:搭載機器と市場規模
    表2:WiFiDirect 搭載製品出荷台数実績・予測
    グラフ1:WiFiDirect 搭載製品出荷台数実績・予測
  10-3:メリットと問題点
  10-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  10-5:今後の見通し
11:MIRACAST
  11-1:規格概要・特徴
    表1:MIRACAST 規格概要
  11-2:搭載機器と市場規模
    表2:MIRACAST 搭載製品出荷台数実績・予測 
    グラフ1:MIRACAST 搭載製品出荷台数実績・予測
  11-3:メリットと問題点
  11-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  11-5:今後の見通し
12:NFC
  12-1:規格概要・特徴
    表1:NFC 業界団体・関係企業一覧
  12-2:搭載機器と市場規模
    表2:NFC 搭載製品出荷台数実績・予測
    グラフ1:NFC 搭載製品出荷台数実績・予測
  12-3:メリットと問題点
  12-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  12-5:今後の見通し
13:irDA(赤外線通信)
  13-1:規格概要・特徴
    表1:irDA 規格概要
    表2:irDA 携帯機器向け規格概要
  13-2:搭載機器と市場規模
    表3:irDA 搭載製品出荷台数実績・予測
    グラフ1:irDA 搭載製品出荷台数実績・予測
  13-3:メリットと問題点
  13-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  13-5:今後の見通し
14:無接点給電規格
  14-1:規格概要・特徴
    表1:無線給電規格団体
  14-2:搭載機器と市場規模
    表2:無線給電規格対応製品市場規模実績・予測
    グラフ1:無線給電規格対応製品市場規模実績・予測
  14-3:メリットと問題点
  14-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  14-5:今後の見通し
15:ワイヤレスHDMI
  15-1:規格概要・特徴
    表1:ワイヤレスHDMIカテゴリ規格概要
  15-2:WiDi
    15-2-1:規格概要・特徴
    15-2-2:メリット、問題点
    15-2-3:搭載機器
    15-2-4:普及見通し
    表2:WiDi規格概要
  15-3:WHDI
    15-3-1:規格概要・特徴
    15-3-2:メリット、問題点
    15-3-3:搭載機器
    15-3-4:普及見通し
    表3:WHDI規格概要
  15-4:AirPlay
    15-4-1:規格概要・特徴
    15-4-2:メリット、問題点
    15-4-3:搭載機器
    15-4-4:普及見通し
    表4:AirPlay規格概要
  15-5:搭載機器と市場規模
    表5:AirPlay市場規模実績・予測
    グラフ1:AirPlay市場規模実績・予測
  15-6:今後の見通し
16:その他
  16-1:規格概要・特徴
    表1:その他近距離無線通信規格(TransferJet、Zigbee)概要
  16-2:TransferJet
    16-2-1:規格概要・特徴
    16-2-2:メリット、問題点
    16-2-3:搭載機器
    16-2-4:普及見通し
    16-2-5:搭載機器と市場規模
    表2:TransferJet規格概要
    表3:TransferJet 搭載製品出荷台数実績・予測
    グラフ1:TransferJet 搭載製品出荷台数実績・予測
  16-3:ZigBee
    16-3-1:規格概要・特徴
    16-3-2:メリット、問題点
    16-3-3:搭載機器
    16-3-4:普及見通し
    表4:ZigBee規格概要
17:外部ストレージ規格まとめ
18:SDメモリカード
  18-1:規格概要・特徴
    表1:SDメモリカード規格概要
  18-2:搭載機器と市場規模
    表2:SDメモリカード 搭載製品出荷台数実績・予測
    グラフ1:SDメモリカード 搭載製品出荷台数実績・予測
  18-3:メリットと問題点
  18-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  18-5:今後の見通し
19:移動体通信(4G・5G)
  19-1:規格概要・特徴
    グラフ1:4G サービス契約数実績/予測
  19-2:搭載機器と市場規模
    表1:4G 搭載製品出荷台数実績・予測
    グラフ2:4G 搭載製品出荷台数実績・予測
  19-3:メリットと問題点
  19-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  19-5:今後の見通し
20:インターフェース動向まとめ
    表1:機器別インターフェース搭載動向まとめ

第4章.国内NFC市場動向

1:国内電子決済、EC決済市場概況
    表1:国内電子決済/EC決済市場規模推移
    グラフ1:国内電子決済/EC決済市場規模推移
    グラフ2:2015年度 決済方式別EC市場規模 構成比
    図1:EC決済における決済手段
2:国内非接触ICカード市場概況
    図2:ICカードサービスの全体像
3:携帯電話・スマートフォンへのICカード機能搭載
    図3:携帯電話・スマートフォンに搭載される非接触ICカード機能
4:おサイフケータイで運用されるアプリケーションの概要
  4-1:金融分野
  4-2:電子マネー
    グラフ3:国内ICカード 事業者別累計発行枚数(2015年12月期)
    グラフ4:「おサイフケータイ」電子マネー・交通系ICカードサービス利用者数(2015年12月期)
  4-3:身分証明書
  4-4:公共交通乗車券
    図4:交通系ICカードサービス提携状況(2016年3月現在)
5:おサイフケータイの普及状況
  5-1:通信事業者別普及状況
    グラフ5:モバイルFeliCa「おサイフケータイ」利用者数実績・予測
  5-2:おサイフケータイ・電子マネー利用者数
    表2:プリペイド(先払い式)電子マネーサービス一覧
    表3:ポストペイド(後払い式)電子マネーサービス一覧
6:電子マネー決済金額予測
    表4:非接触IC型電子マネーの決済額推移
    グラフ6:非接触IC型電子マネーの決済額推移
7:おサイフケータイ搭載携帯電話出荷台数
    表5:国内おサイフケータイ搭載スマートフォン出荷台数実績/予測
    グラフ7:国内 おサイフケータイ搭載フィーチャーフォン出荷台数実績
    表6:国内NFC・おサイフケータイ搭載スマートフォン出荷台数実績/予測
    グラフ8:国内NFC・おサイフケータイ搭載フィーチャーフォン出荷台数実績
8:スマートフォン決済の動向
    表7:スマートフォン決済サービス一覧
9:NFC市場の見通し
    図5:NFC(FeliCa/TypeA/TypeB)導入によって開拓される市場
    図6:NFC連携機器

第5章.グローバルNFC市場動向

1:非接触ICカードの普及状況
    図1:グローバルにおける非接触ICカード展開状況(2016年5月現在)
2:グローバルにおけるNFC展開状況
  2-1:概況
    表1:2014年 グローバルにおけるNFC展開状況
    表2:2015年 グローバルにおけるNFC展開状況
  2-2:モバイルペイメントの定義
    図2:モバイルペイメントの定義
  2-3:クレジットカードのEMV対応状況
    表3:地域別Co対応率推移
    グラフ1:決済処理におけるEMVCoチップ対応率
  2-4:スマートフォン決済の動向
  2-5:主要市場の動向
    2-5-1:米国
    2-5-2:韓国
    2-5-3:中国
    2-5-4:台湾
    2-5-5:フランス
    2-5-6:英国
    2-5-7:その他
    表4:世界の非接触IC・NFCサービス導入状況(2016年6月現在)
3:プラットフォーム別 NFCへの取り組み
4:主な標準化団体の動向
  4-1:NFCフォーラム
    表5:NFCフォーラム参加企業(スポンサーメンバー)
  4-2:GSMA
5:主要スマートフォンプラットフォーム企業の動向
  5-1:Google「GooglePay」(AndroidPay)
  5-2:サムスン電子「SAMSUNG Pay」
  5-3:Apple「ApplePay」
  5-4:Microsoft「Microsoft Wallet」
    表6:大手プラットフォームベンダーのモバイルペイメント
6:NFC搭載スマートフォン市場規模予測
  6-1:NFC搭載スマートフォン出荷台数
    グラフ2:スマートフォンNFC搭載/非搭載 出荷台数実績・予測
  6-2:NFC搭載スマートフォン メーカー別出荷台数の見通し
    表7:NFC搭載スマートフォン メーカー別 出荷台数実績/予測
    グラフ3:NFC搭載スマートフォン メーカー別 出荷台数実績・予測
  6-3:NFC搭載スマートフォン 地域別見通し
    表8:NFC搭載スマートフォン 地域別 出荷台数実績・予測
    グラフ4:NFC搭載スマートフォン 地域別 出荷台数実績・予測
  6-4:NFC搭載スマートフォン OSプラットフォーム別見通し
    表9:NFC搭載スマートフォン OSプラットフォーム別 出荷台数実績・予測
    グラフ5:NFC搭載スマートフォン OSプラットフォーム別 出荷台数実績・予測
7:まとめ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 302,400円 (本体 280,000円 消費税 22,400円 )
定価 540,000円 (本体 500,000円 消費税 40,000円 )
定価 572,400円 (本体 530,000円 消費税 42,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C57122400 2016-2017 スマートフォン・タブレット・ウェアラブル/スマートデバイス・世界市場動向調査
C58119700 2016年度版 国内携帯電話市場レポート -成熟する国内市場-
C58113200 2016-2017 携帯電話世界市場動向調査 -モバイル事業者の戦略と主要国分析-
C58124500 2017年版 電子決済/EC決済サービスの実態と将来予測
C58122200 2017 IoT/M2Mマーケット