2016年版 ゼネコン業界の展望と戦略

建設投資は、2011年度に東日本大震災の復旧需要等で増加に転じ、3年連続して増加した。2016年度は前年度比1.6%増の51.8兆円となる見通しである。2011年以降、業界を取り巻く環境はガラリと変わった。東日本大震災の復興需要に加え、東京五輪の開催を見据えた再開発プロジェクトが次々に立ち上がった。業界では人手不足が表面化。需給は完全に逆転し、安値受注は過去のものとなった。ゼネコン各社の2016年3月期は軒並み好業績に沸いた。しかし五輪後の中長期的な見通しからみれば、今後一層のこれまでにない事業戦略が求められる。

発刊日
2016/12/28
体裁
A4 / 255頁
資料コード
C58117900
PDFサイズ
3.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象市場:(1)建設市場 (2)大手・中堅ゼネコン (3)関連業界など
調査対象エリア:日本国内及び、一部海外市場
調査対象企業:大手・中堅ゼネコン/その他の関連業界
調査方法:直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2016年10月~2016年12月

資料ポイント
Close

  • 建設市場の環境変化と見通し
  • 建設業界の動向と構造実態
  • ゼネコン業界の実態と展望
  • ゼネコンの海外事業展開
  • ゼネコンの技術開発動向
  • 主要ゼネコンの事業戦略など

資料概要
Close

総論
第1章 建設市場の環境変化と見通し
第2章 建設業界の動向と構造実態
第3章 ゼネコン業界の実態と展望
第4章 ゼネコンの海外事業展開
第5章 ゼネコンの技術開発動向
第6章 主要ゼネコンの事業戦略
第7章 主要企業の事例研究

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

総論

建設業界の方向性
建設投資の推移と見通し
建設投資額の国際比較
建設需要の推移
既存建築物ストック量の推計
主要建設会社の経営状況
ゼネコンの収益構造の変化
協力会社関係の重要性
ゼネコン業界の将来展望

第1章 建設市場の環境変化と見通し

1.開発計画の現状と見通し
  (1)大型プロジェクトの開発計画
  (2)都心で相次ぐ大型再開発事業
  (3)オフィスビルの開発計画
  (4)東京五輪後の大型開発計画
2.TPPによる不動産・建設分野への影響
3.建設工事受注額の動向
4.種類別・用途別建設工事の需要動向
5.地方の建設需要
6.リフォーム・リニューアル市場の動向
  (1)維持・修繕工事の推移
  (2)建築物のリフォーム・リニューアル工事受注高
  (3)リニューアル需要の動向
  (4)インフラストックの老朽化
7.PPP/PFI市場の動向
8.広がるコンセッション手法
9.公共建築で増えつつあるデザインビルド

第2章 建設業界の動向と構造実態

1.建設業界の動向
2.建設業の構造実態
  (1)1社当りの平均完成工事高及び平均経常利益額
  (2)下請比率別の企業分布状況
  (3)公共工事受注比率
  (4)外注費比率
  (5)コンピュータの利用目的
  (6)経営上の課題
  (7)事業戦略上の対策
  (8)事業転換の状況
  (9)今後の経営方針及び新分野進出
3.建設労働需給の実態
  (1)全国の過不足率の状況
  (2)職種別の状況
  (3)地域別の状況
  (4)今後の労働者の確保に関する見通し

第3章 ゼネコン業界の実態と展望

1.ゼネコン業界の概要と最近の動向
2.大手ゼネコンの業績動向と見通し
3.主要建設会社の決算分析
  (1)売上高
  (2)売上総利益
  (3)販売費及び一般管理費
  (4)営業利益
  (5)経常利益
  (6)当期純利益
4.ゼネコン業界関連の各種ランキング
  (1)主要建設会社の業績内訳(2015年度)
  (2)建築売上高等(2015年度)
  (3)用途別建築売上高(2015年度)
  (4)土木売上高(2015年度)
  (5)分野別土木売上高(2015年度)
5.マリコンの動向
6.生産性向上への対応
7.ハウスメーカーによるゼネコンの買収
8.ゼネコン業界の課題
9.ゼネコン業界の展望と見通し

第4章 ゼネコンの海外事業展開

1.海外建設市場の現況
  (1)建設業界の国際化
  (2)海外事業展開の形態と特徴
  (3)海外事業展開の現状
2.海外建設工事受注の動向
  (1)海外受注額の推移
  (2)発注者別の動向
  (3)地域別の動向
3.ゼネコンの海外事業展開
  (1)各社の国別進出動向
  (2)大手ゼネコンの海外事業展開
  (3)海外における土木工事の動向
4.大手ゼネコンの海外事業戦略
5.東南アジアの建設需要
6.デベロッパーのアジアへの進出状況
7.エンジニアリング業界の海外展開
8.海外事業の課題
9.今後の有望市場

第5章 ゼネコンの技術開発動向

1.ゼネコンの技術提案力
2.ゼネコンの研究開発動向
3.生産性向上のカギを握るICTの活用
4.注力されるBIMの導入
5.CIMの推進
6.ZEBへの取り組み
7.急ピッチで進める耐震技術
8.有望市場に位置付ける再生医療関連
9.技術開発の方向性

第6章 主要ゼネコンの事業戦略

1.主要ゼネコンの特徴
2.業績推移と見通し
3.営業戦略及び受注拡大策
4.経営戦略
5.海外事業戦略
6.リフォーム・リニューアル事業戦略
7.技術・研究開発動向
8.課題及び方向性
9.今後の注力分野及び新規事業展開

第7章 主要企業の事例研究

①株式会社大林組
②鹿島建設株式会社
③清水建設株式会社
④大成建設株式会社
⑤株式会社竹中工務店
⑥戸田建設株式会社
⑦前田建設工業株式会社
⑧五洋建設株式会社
⑨三井住友建設株式会社
⑩株式会社熊谷組
⑪西松建設株式会社
⑫東急建設株式会社
⑬株式会社安藤・間
⑭株式会社奥村組
⑮株式会社長谷工コーポレーション

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。