2017年版 在宅医療市場の展望と戦略

日本の人口統計では、65歳以上の高齢者人口が過去最高の3,395.2万人(2015年10月予測値)となり、総人口に占める割合は26.8%と高齢化率はどんどん上昇している。日本における高齢化率は、世界においてトップの高齢化率であり、すでに日本は超高齢社会に突入している。国策としては「社会保障と税の一体改革」により、「施設から在宅へ」という方針を加速させ、平均在院日数を減らし、在宅医療を推進することで、医療・介護費を抑制する方向にある。在宅医療では、病院、診療所、訪問看護ステーション、リハビリ、介護等がそれぞれの役割や機能を分担し、ネットワーク化を図ることが、医療連携を推進する重要な位置づけとなっている。これら環境整備からも、自宅・高齢者住宅等での医療・介護連携が推進されるとみられる。在宅医療としては、在宅療養指導管理料に挙げられている在宅酸素療法、在宅人工呼吸療法、在宅自己腹膜灌流等があり、本調査レポートでは、関連するメーカー、サービス提供する事業者を調査し、市場動向を分析した。

発刊日: 2017/01/31 体裁: A4 / 290頁
資料コード: C58118000 PDFサイズ: 2.7MB
カテゴリ: ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 167,400円 (本体 155,000円 消費税 12,400円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 302,400円 (本体 280,000円 消費税 22,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:在宅医療診療報酬が設定されている有力市場。訪問看護サービス市場。居宅となる高齢者施設市場、他
調査方法:情報収集。弊社既存資料を基に編集。
調査期間:2016年10月~2017年1月

資料ポイント
Close

診療報酬が決められている各在宅医療についての動向調査。市場規模、参入企業シェアを分析

資料概要
Close

第1章 在宅医療市場の概況
第2章 在宅医療市場の市場動向分析
第3章 在宅医療市場・参入企業の拠点分布状況
第4章 在宅医療市場の参入企業の動向
第5章 2017年度特集 脳卒中リハビリの動向
第6章 在宅医療に関わる訪問サービス・高齢者施設の動向

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 在宅医療市場の概況

1.在宅医療市場の定義と分類
2.在宅医療ビジネス市場を取り巻く社会状況
  (1)高齢者人口の推移
    ①高齢者人口の動向
    ②要介護高齢者の動向
    ③団塊の世代の動向
    ④50歳以上の人口の増加
    ⑤単身高齢者世帯、夫婦高齢者世帯の増加
    ⑥認知症高齢者人口の増加と体制整備
  (2)多死社会~死亡数の増加~
  (3)病院で死ねない時代に
  (4)なぜ「在宅」なのか
  (5)医師数の増大
  (6)地域包括ケアシステムの概要と解説
3.在宅療養支援診療所関連の動向
  (1)在宅療養支援診療所・病院の現状
  (2)在宅医療実施医療機関リスト
4.訪問歯科の動向
  (1)全国の歯科医師数・歯科診療所数
  (2)訪問歯科の概要
  (3)訪問歯科クリニックの実施動向
5.在宅医療関連市場の課題・問題点
6.在宅医療関連市場の今後の方向性

第2章 在宅医療市場の市場動向分析

1.在宅酸素療法市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
  (5)課題・方向性
2.在宅人工呼吸療法市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
3.睡眠時無呼吸症候群関連市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
4.腹膜透析市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移と予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
5.在宅血液透析市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
6.在宅輸液療法・栄養剤市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
7.交換用胃瘻カテーテル市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
8.在宅自己導尿市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品の概要
  (4)参入企業動向
9.在宅自己注射市場
  (1)市場動向
  (2)【ヒト成長ホルモン製剤】市場規模推移
  (3)【ヒト成長ホルモン製剤】製品概要
  (4)【インスリン製剤】市場規模推移
  (5)【インスリン製剤】製品の概要
  (6)【インスリン製剤】参入企業動向
  (7)方向性
10.血糖自己測定器市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向

第3章 在宅医療市場・参入企業の拠点分布状況

参入企業の出店戦略
帝人ファーマ(株)の事業所分布
フィリップス・レスピロニクスの事業所分布
エア・ウォーター・メディカル(株)の事業所分布
エア・ウォーターが運営支援を行う特別養護老人ホーム等の事業所分布
(株)星医療酸器の事業所分布
大陽日酸(株)の事業所分布
大陽日酸(株)のメディカル関係会社パシフィックメディコ(株)及び日本メガケア(株)の事業所分布
(株)フクダ電子の事業所分布
参考:在宅血液透析を実施している病院の事業所分布

第4章 在宅医療市場の参入企業の動向

帝人ファーマ、フクダ電子、エア・ウォーター、チャートジャパン、小池メディカル、
フィリップス・レスピロニクス、コヴィディエングループジャパン、大陽日酸、
バクスター、富士システムズ、セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ

第5章 2017年度特集 脳卒中リハビリの動向

1.脳卒中関連市場の概要
2.脳卒中は死亡原因の第4位
3.脳卒中(脳血管疾患等)患者数の規模推計
4.脳卒中発症後の治療・リハビリ市場
5.脳卒中リハビリの今後の方向性

第6章 在宅医療に関わる訪問サービス・高齢者施設の動向

1.訪問看護ステーション
  (1)訪問看護ステーションの現状
  (2)営利法人の取り組み
  (3)2016(平成28)年度の改定
  (4)訪問看護ステーションの今後
2.定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業
3.リハビリ病院、リハビリ科のある医療機関の概要
  (1)リハビリ科のある病院の概要
  (2)リハビリ科のある診療所の概要
  (3)理学療法士の概要
  (4)作業療法士の概要
  (5)言語聴覚士の概要
    ①言語聴覚士の人数
    ②言語聴覚士の業務内容
4.訪問リハビリテーション
5.介護保険に関連する高齢者施設の動向
  (1)特別養護老人ホーム
  (2)老人保健施設
  (3)介護療養型医療施設
  (4)特定施設
  (5)有料老人ホーム
  (6)サービス付き高齢者向け住宅

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 167,400円 (本体 155,000円 消費税 12,400円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 302,400円 (本体 280,000円 消費税 22,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C57108400 2015年版 在宅医療市場の展望と戦略
C58116100 2017年版 病院の将来
C59100700 2017年版 介護福祉用具用品市場の現状と方向性
C58120100 2017年版 シニア関連市場マーケティング年鑑
C58115600 2016年版 介護ICT・高齢者向けICTサービス市場の将来展望