2017年版 リテールソリューション市場の実態と将来展望

本調査レポートは、リテールソリューション関連事業に取り組む各メーカーへのヒアリングを実施することにより、市場の動向、メーカーの戦略を明らかにすると共に、市場の現状および将来展望を明らかにすることを目的とする。

発刊日: 2017/01/11 体裁: A4 / 272頁
資料コード: C58119300 PDFサイズ: 30.3MB
カテゴリ: 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融 / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 205,200円 (本体 190,000円 消費税 15,200円 )
定価 205,200円 (本体 190,000円 消費税 15,200円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 410,400円 (本体 380,000円 消費税 30,400円 )
定価 442,800円 (本体 410,000円 消費税 32,800円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査方法:直接面接取材
調査期間:2016年10月~2016年12月

調査結果サマリー
Close

POSターミナル市場に関する調査を実施(2016年)
~人材不足で押し寄せるセルフ化、進展するタブレット対応~
・2016年度の国内POSターミナル市場は、147,160台、506億9,900万円の見込
・セルフ化、タブレット対応が進展するPOS業界
・2015年度から2019年度までのCAGRは4.0%となり、
 2019年度の国内POSターミナル出荷台数は173,601台へ成長を予測

資料ポイント
Close

  • リテールソリューション市場は大きな変革期にある
  • 政府は2020年に向け、クレジットカードの100%IC化を目指し、対策を進めている。そのような中、日本の多くの小売業では対応が遅れており、特にPOSシステムのボリュームユーザー層では、依然磁気カード対応が中心で、数年のうちに対策を進めなければならない状況である
  • 中堅以下の市場では、新たにタブレットを活用したPOSシステム市場が構築されつつあるが、当該市場では従来とは異なる事業モデルを構築しているリクルート社のシステムが市場を席巻しており、競争環境は更に激しくなっている
  • 周辺市場では、今回新たにPOP作成システムを取り上げる他、流通システム市場におけるビッグデータ関連ビジネスに対する動向なども取り上げる

 

資料概要
Close

第1章 総論
第2章 POSターミナル市場
第3章 POSターミナルベンダの動向
第4章 POSソリューション市場
第5章 関連市場動向

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 総論

1.POSターミナル市場
2.POSソリューション市場について
3.総括

第2章 POSターミナル市場

1.市場概況
2.市場規模推移
3.メーカーシェア
4.需要分野構成
5.需要分野別データ
  (1)百貨店
  (2)GMS
  (3)ショッピングセンター
  (4)コンビニエンスストア
  (5)食品スーパー
  (6)ホームセンター
  (7)ドラッグストア
  (8)量販専門店
  (9)飲食店
  (10)サービスステーション
  (11)その他、個店
6.注目される市場トレンド
  (1)スマートデバイスへの対応
  (2)セルフ化への展開
  (3)業界構造の変化
  (4)インバウンド対策
  (5)O2O、オムニチャネル対策
  (6)2020年対策
  (7)ビッグデータソリューションへの取組
7.今後の市場展望と市場規模予測

第3章 POSターミナルベンダの動向

NECプラットフォームズ株式会社
シャープビジネスソリューション株式会社
株式会社寺岡精工
東芝テック株式会社
富士通株式会社

第4章 POSソリューション市場

1.タブレットPOS市場の動向
  (1)市場の概況
  (2)主な参入企業
  (3)市場規模と販売動向
  (4)ターゲットユーザー
  (5)今後の課題
  (6)今後の市場展望
2.POSソフトウェア市場の動向
  (1)市場概況
  (2)各社の取組動向
  (3)ターゲットユーザー
  (4)現状の課題
  (5)市場の展望
3.主要ベンダーの動向
  株式会社USEN
  株式会社ヴィンクス
  株式会社スマレジ
  株式会社ソリマチ技研
  株式会社ビジコム
  株式会社フォウカス
  株式会社フォーバル
  株式会社リクルートライフスタイル
4.主なPOSパッケージ展開企業と製品概要

第5章 関連市場動向

1.ECR市場
  (1)ECRとは
  (2)市場規模と概況
  (3)今後の市場動向
2.KIOSK端末市場
  (1)KIOSK端末とは
  (2)市場規模と概況
  (3)今後の市場動向
  (4)KIOSK端末市場国内市場規模予測
3.POP作成システム市場
  (1)市場の概況と参入企業
  (2)市場の動向と市場規模推移
  (3)市場の課題と将来展望
4.ビッグデータソリューション市場
  (1)ソリューションベンダーの取組状況
  (2)小売業者の意識
  (3)市場の課題と将来展望
5.クレジットカード市場
  (1)市場環境
  (2)市場規模
  (3)市場展望
6.非接触IC型電子マネー市場
  (1)市場概況、特徴
  (2)主要電子マネーの動向
  (3)市場規模
  (4)事業強化に向けた取組
  (5)非接触IC型電子マネーの市場規模予測
7.ポイントサービス関連市場の動向
  (1)共通ポイントの動向
  (2)マイレージの状況
  (3)ポイントサイトの動向
  (4)ポイント交換事業者の動向
  (5)市場規模
  (6)ポイントサービスの市場予測と将来展望

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 205,200円 (本体 190,000円 消費税 15,200円 )
定価 205,200円 (本体 190,000円 消費税 15,200円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 410,400円 (本体 380,000円 消費税 30,400円 )
定価 442,800円 (本体 410,000円 消費税 32,800円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58124500 2017年版 電子決済/EC決済サービスの実態と将来予測
C58121100 2016-2017 流通小売市場白書
C57119100 2015年版 リテールソリューション市場レポート ~ビッグデータソリューションの市場動向~
C58122500 2017 FinTech市場の実態と展望
C58114300 2016年版 クレジットカード市場の実態と展望