2018年版 リテールソリューション市場の実態と将来展望

リテールソリューション市場は大きな変革期にある。政府は2020年に向け、クレジットカードの100%IC化を目指し、対策を進めている。また、キャッシュレス化が推進される中、多様な決済手段が登場、事業者は対応に追われている。他にも、2020年の東京オリンピックやインバウンドの急増、消費税率の引上げ等、対応課題は目白押しである。
一方、中堅以下の市場では、新たにタブレットを活用したPOSシステム市場が構築されつつあるが、当該市場では従来とは異なる事業モデルを構築している無料のシステムが市場を席巻しており、競争環境は更に激しくなっている。
また、近年急速に注目を集めているのが、無人店舗への流れである。Amazon GOのようなレジなし店舗は本当に普及するのか、その際の技術課題などについても言及する。
店舗を取り巻くICT化の現状をレポートする定番資料となっている。

発刊日
2018/08/17
体裁
A4 / 301頁
資料コード
C60109900
PDFサイズ
24.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

205,200
190,000
15,200
205,200
190,000
15,200
237,600
220,000
17,600
410,400
380,000
30,400
442,800
410,000
32,800

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:リテールソリューション関連事業に取り組む各メーカーへのヒアリングを実施することにより、市場の動向、メーカーの戦略を明らかにすると共に、市場の現状および将来展望を明らかにすることを目的とする。
調査方法:直接面接取材
調査期間:2018年6月~2018年8月

調査結果サマリー
Close

POSターミナル市場に関する調査を実施(2018年)
2017年度の国内POSターミナル市場は、前年度比152.8%の22万6千台、同157.3%の763億円と急拡大!
~2017年度はコンビニエンスストアの大規模な機器の入れ替えが貢献~

資料ポイント
Close

  • POSターミナル、タブレットPOS、POSソフトウェアなどの市場に言及
  • 新たな取材先を追加
  • 最新の技術やユーザーの動向にも言及

資料概要
Close

第1章 総論
第2章 POSターミナル市場
第3章 タブレットPOS市場の動向
第4章 店舗を取り巻く技術動向
第5章 ユーザー企業の注目動向
第6章 主要POS関連事業者の取組動向
第7章 関連市場の動向

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 総論

1.外部環境
2.各POS関連市場の動向
  (1)POSターミナル市場
  (2)タブレットPOS市場
  (3)POSソフトウェア市場
3.進む店舗のICT化の動向
4.総括

第2章 POSターミナル市場

1.市場概況
2.市場規模推移
3.メーカーシェア
4.需要分野構成
5.需要分野別データ
  (1)百貨店
  (2)GMS
  (3)ショッピングセンター
  (4)コンビニエンスストア
  (5)食品スーパー
  (6)ホームセンター
  (7)ドラッグストア
  (8)量販専門店
  (9)飲食店
  (10)サービスステーション
  (11)その他、個店
6.注目される市場トレンド
  (1)セルフレジへの取組
  (2)ソフトとハードの市場の分離
  (3)2020年対応
  (4)バーコードに代わる認識技術
  (5)無人店舗への動き
7.今後の市場展望と市場規模予測

第3章 タブレットPOS市場の動向

1.市場概況
2.主な参入企業
3.市場規模推移
4.ターゲットユーザー
5.今後の課題と市場規模予測

第4章 店舗を取り巻く技術動向

1.画像解析による店内マーケティング
2.屋内位置情報の活用
3.セキュリティ対策
4.ロボティクス技術
5.IoTの応用

第5章 ユーザー企業の注目動向

1.POSシステム関連
2.ロボット関連
3.決済関連
4.その他

第6章 主要POS関連事業者の取組動向

株式会社ヴィンクス
NECプラットフォームズ株式会社
サインポスト株式会社
シャープマーケティングジャパン株式会社
株式会社スマレジ
株式会社寺岡精工
東芝テック株式会社
日本電気株式会社
パナソニック スマートファクトリー ソリューションズ株式会社
株式会社ビジコム
富士通株式会社
株式会社ブレイン
株式会社USEN
株式会社リクルートライフスタイル
その他POSソフトウェア展開企業

第7章 関連市場の動向

1.クレジットカード市場
  (1)市場概況
  (2)市場規模
  (3)市場展望
2.交通系ICカード市場
  (1)市場概況
  (2)市場規模
  (3)市場展望
3.ポイントサービス関連市場の動向
  (1)市場概況
  (2)市場規模
  (3)市場展望
4.屋内位置情報ソリューション市場
  (1)市場概況
  (2)参入企業一覧
  (3)市場規模
  (4)市場展望

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

205,200
190,000
15,200
205,200
190,000
15,200
237,600
220,000
17,600
410,400
380,000
30,400
442,800
410,000
32,800

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。