2018-2019 リテール市場におけるAI活用の事例研究

少子高齢化による労働力不足が深刻化するリテール業。店舗スタッフ不足、外国人店員の雇用、ベテラン従業員の退職と後継者不足など、課題は山積している。AIは、業界のこれらの課題解決の手段としてますます注目度が高まっている。本調査レポートは、「画像認識」「音声認識」「需要予測」など、リテール業で導入が期待されるソリューション事例を調査した最新レポートである。

発刊日
2018/11/下旬
体裁
A4 / 約50頁
資料コード
C60118420
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

108,000
100,000
8,000
216,000
200,000
16,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2018年10月31日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

掲載データ:ユーザアンケートによるAIの利用率(全業種平均及び業種別)

主な調査対象:AI技術を使ったリテール業向けソリューションを開発・提供するベンダー(AIベンチャー、SIer、大手IT企業)

第1章 総論

1. 業種別のAI利用状況
  1.1 AIの利用率
  1.2 A利用しているAI技術
2. リテール業の課題とAIへの期待
3. AI技術別の活用事例
  3.1 画像認識
    3.1.1 店舗マーケティング
    3.1.2 決済
    3.1.3 棚の管理、最適化
    3.1.4 セキュリティ、防犯
  3.2 音声認識
    AI対話、チャットボット、機械翻訳
  3.3 需要予測
  3.4 その他のデータ分析

第2章 調査企業個票

1. 株式会社インテージテクノスフィア
2. クオンテクノロジーズ株式会社
3. 大日本印刷株式会社
4. 株式会社DTS
5. 日本電気株式会社
6. 株式会社リンク

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

108,000
100,000
8,000
216,000
200,000
16,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。