2018 AI技術の活用実態と将来展望-画像認識、会話AIなどの動向-

2018年には実用段階に入ってきたAI(人工知能)。市場動向をより具体的に把握するため、「画像認識」「会話・対話AI(チャットボットなど)」「機械学習」「ディープラーニング」などをとりあげる。

発刊日
2018/06/下旬
体裁
A4 / 約150頁
資料コード
C59119900
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2018年5月22日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

  • 「AI」は様々な技術や要素を含むため、曖昧なイメージで捉えられることも多い。本調査では、「画像認識」「会話・対話AI」「機械学習」「ディープラーニング」など、具体的なAI技術を整理し、それぞれの市場動向を調査した。
  • AIの利用は世界的な潮流であり、米国、中国といった主要国の状況を解説する。
  • 日本においてはユーザ企業の取組みや理解もまだ進んでいない面もある。AIの普及における課題や阻害要因についても分析を行った。
  • 各AI技術の現状、2025年頃までの見通し、業界や用途に細分化したユースケース、主要プレイヤーの動向を掲載。
  • 調査対象企業
    ・AI技術を開発するベンダー、AI技術を使ったソリューションを提供するベンダー(AIベンチャー、大手IT企業)
    ・AI技術のユーザ企業

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。