2017年版 メディカルバイオニクス(人工臓器)市場の中期予測と参入企業の徹底分析

本調査レポートでは、第28版としてインプラント材、体外循環関連の各分野別/製品別34項目(68製品:一部関連製品含む)によって構成され、製品別市場規模推移、マーケットシェア、今後の成長率とその要因、市場特性などの分析を行った。

発刊日
2018/03/30
体裁
A4 / 837頁
資料コード
C59109000
PDFサイズ
17.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:国内メーカー、及び、輸入製品総発売元
調査方法:面接取材とTEL取材併用
調査期間:2017年5月~2018年2月

資料ポイント
Close

  • 人工臓器、関連装置・製品34項目(品目)・68製品・分類の国内市場における2006~2016年度の点数・金額ベース市場規模推移と製造販売業(メーカー):販売元シェア
  • 2017~2021年度までの中期予測
  • 関連製品の相対性分析
  • 注目製品の徹底分析
  • 有力企業分析

資料概要
Close

PartⅠ 人工臓器(インプラント、体外循環)、及び関連製品の市場動向
PartⅡ 人工臓器、関連製品の品目別市場推移
PartⅢ 参入企業分析

リサーチ内容

■掲載内容

PartⅠ 人工臓器(インプラント、体外循環)、及び関連製品の市場動向

§1 調査品目における市場予測
  潜在患者数は増加するも伸び率は鈍化、手術手技や市場環境によって成長が変動
  2016年度(34項目:68分類・製品)は、前年比1.3%アップの6,323億96百万円、
  2017年度は2.8%アップの6,503億15百万円見込み
    (表)調査品目における金額ベース市場規模
    (表)調査品目における数量ベース市場規模
    (表)品目別マーケットリーダー

PartⅡ 人工臓器、関連製品の品目別市場推移

§1 人工肺市場 並びに各種関連製品
  市場概要
  1.人工肺市場
  市場規模:補助循環症例増と主要手術の増加で、2016年度は1.2%アップの64,363ケ、
  2017年度は4.3%アップの67,150ケ、うち開心術用55,703ケ(2017年度:58,340ケ見込み)、
  補助循環8,660ケ(同:8,810ケ見込み)
  企業別動向:テルモが高シェア維持の中、人工肺は2016年度1.2%アップの
  64,363ケ(2017年度:67,150ケ見込み)、オールインワンは2016年度
  23,830セット(同:25,250セット見込み)
  2.遠心式体外循環用血液ポンプ:遠心ポンプ市場(ポンプヘッド)
  市場概要
  市場動向:2016年度はほぼフラットな36,500ケ、2017年度38,580ケ見込み、
  装置は2016年度で215台、2017年度242台見込み
  3.人工肺回路市場(メイン回路)
  市場動向:上位3社、国産のテルモ、泉工医科工業とJMSがアップ推移
  4.Hemoconcentrator(血液濃縮器)市場
  市場動向:2016年度55,340ケ、2017年度55,750ケ見込み、体外循環(開心術)の
  95%以上で採用
  5.人工心肺装置市場
  市場動向:手術室予算の厳しい市場環境の中、2016年度は前年比2台増の60台、
  2017年度63台見込み、リヴァノヴァと泉工医科工業の2社で95%前後のシェア
  6.心筋保護供給装置・心筋保護液注入(冷却)装置 Cardioplegia System市場
  市場動向:人工心肺装置同様、年間3~4台増に
§2 心臓関連治療製品
  1.Excimer Laser 血管形成術:「CVX-300」累積台数増で、
  「エキシマレーザー血管形成用OSカテーテル」も順調な実績に
  2.CABGにおけるOff-Pump市場
   3.RF心房細動手術装置:年間6,900本(推定症例:6,200例)、
  センチュリーメディカルの高シェア続く
  4.血管領域自動吻合器/血管縫合補助器具市場:両タイプとも2016年度は
  マイナス実績に
§3 ペースメーカー
  市場概要
  市場規模:トリプルを含め2016年度(企業決算ベース)は前年比2.4%アップの59,820ケ、
  2017年度は2.6%アップの61,375ケ見込みでプラス傾向続く。2017年度MRI対応型は、
  トータル市場の72.4%
  企業別動向:MedtronicがCRT-Pを含め40%弱のシェアの中、リード一体型「Micra」を上市、
  日本ライフライン、バイオトロニックジャパンがプラス推移
§4 植込型除細動器/両室ペーシング機能付除細動器(埋込型頻拍性不整脈治療装置) 
  市場概要
  市場規模:ICDの 2016年度は新規、交換共に2桁弱の伸びで6,370ケ、2017年度は
  交換が2ケタ増で6,690ケ、CRT-Dの2016年度は3,535ケ、2017年度は新規が2桁増も、
  交換が伸びず3,570ケ見込み
  企業別動向:各社MRI対応機種ラインナップの中、日本メドトロニックがトップシェア続く、
  ボストン・サイエンティフィックジャパン皮下植込式電極併用型「S-ICD」順調な推移
  カテーテルアブレーション市場:経皮的カテーテル心筋焼灼法
  市場概要
  市場規模:症例数と流通量の増加で、2016年度95,694本(推定症例数:74,770例)、
  2017年度は109,130本(同:84,450例)見込み、心房細動症例は2017年度68.8%の予想
  企業別動向:J&JがNo1シェア維持の中、冷凍アブレーションがシェアアップ
§5 人工弁
  市場概要
  市場規模:2016年度出荷量ベースで23,314ケ、2017年度は24,046ケ見込み、
  機械弁は2016年度5,295ケ、2017年度5,190ケ見込み、生体弁は2016年度18,019ケ、
  2017年度18,856ケ見込み
  企業別動向:エドワーズライフサイエンスがトップシェアの中、新製品投入企業が
  シェアアップ
  経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI、TAVR):TAVI・TAVRは2016年度で3,100セット、
  2017年度は5,930セット見込み、
  アボットは僧帽弁クリップ「MitraClip NTシステム」で保険適用
  RF心房細動手術装置:年間6,900本(推定症例:6,200例)、
  センチュリーメディカル高シェア続く
§6 人工弁輪 Annuloplasty Ring
  市場概要
  市場規模:2016年度出荷量ベースでは前年1,020ケ増の14,380ケとなる中、
  T弁比率が40.6%に、2017年度は15,120ケ見込み
  企業別動向:エドワーズライフサイエンス、日本メドトロニック、
  日本ライフラインの3社が続伸
§7 人工血管(Graft)・Stent Graft
  市場概要
  市場規模
  (1)トータル市場:2016年度数量ベースで2.4%アップの52,574本、
  2017年度53,502本見込み、胸部は安定推移
  (2)ポリエステル市場(Polyester):2016年度30,380本、2017年度30,912本見込み、
  胸部は「4分岐管」「1分岐管」のアップが続き19,720本、2017年度20,483本見込み、
  腹部・末梢についてはマイナストレンド続く
  (3)PTFE(ePTFE、PU、その他含む)市場:2016年度4.9%アップの22,194本、
  2017年度22,590本見込み
  企業別動向:トータル本数ではテルモがNo1シェア維持の中、日本ライフライン、
  日本ゴア、ゲティンゲグループ・ジャパンが続伸、ハイレックスコーポレーション
  「HI-LEX Graft」本格販売開始
  Stent Graft市場 
  市場概要
  市場動向:2016年度腹部領域メインで12,450本、2017年度:13,050本見込み、
  胸部領域では2016年度9,700本(6,340例)、2017年度9,950本(6,575例)見込み、
  胸部オープンステントグラフトは2016年度2,300本、2017年度2,500本見込み、
  腹部Stent Graftでは旭化成、川澄化学等が共同開発
§8 補助人工心臓セット
  市場概要
  市場動向:2016年度体外設置型補助人工心臓は239セット、2017年度237セット見込みの中、
  体外型補助人工心臓「MT-Mag」で参入予定、体内植込型は2016年度184セット、
  2017年度179セット見込みの中、新製品相次ぐ可能性
§9 血管系メタリックステント
  Coronary Stent市場
  市場概要
  市場規模:2016年度出荷ベースで32.13万本(実質症例ベース:23.76万例)、
  2017年度は33.12万本(同:24.28万例)見込み、DESタイプは出荷ベースで
  2016年度31.06万本(2017年度:32.22万本見込み)
  企業別動向:テルモ「Ultemaster」、BSJ「SYNERGY」が好調推移の中、
  日本メドトロニックの「Resolute Onyx」上市や、日本ライフライン:
  バイオトロニックジャパンのHybridタイプ「ORSIRO」の上市予定で、
  2017~2018年度シェア変動の可能性
  末梢血管用ステントセット(Coronaryを除く血管系メタリックステント)
  市場概要
  市場規模:2016年度一部製品の流通量減により、4.5%アップの85,040本
  (推定症例数:60,675例)、2017年度は88,130本(同:63,325例)見込み
  企業別動向:Cardinal Health Japan (旧:J&Jコーディスジャパン)がNo1シェア維持、
  BSJの「INNOVA」はSFAで一定のシェア確保の中、
  日本ゴアのStent Graft「ゴアバイアバーンステントグラフト」、メディコン
  「Life Stent SOLO」(SFA)本格販売開始
§10 各種補填材料、補綴材料
  市場概要
  市場規模:2016年度は償還価格下落区分もあったが、組織補強材一体型自動縫合器と
  産科・産婦人科領域の癒着防止材の安定推移で、トータルでは3.9%アップの
  203億12百万円、2017年度は214億円90百万円見込み
  市場動向
  (1)心臓血管領域(組織代用人工繊維布:心血管系用):2016年度9億90百万円、
  2017年度9億92百万円見込み
  (2)脳神経外科領域(人工硬膜・臓器欠損補強用):2016年度7億88百万円、
  2017年度7億93百万円見込み、グンゼの新製品に関してはメディカルユーアンドエイ、
  既存製品に関してはIntegra Japan が継承の中、多磨バイオが新規参入
  (3)腹部領域(組織代用人工繊維布:ヘルニア修復・腹壁・胸壁補強用):
  2016年度1.3%アップの32億12百万円、2017年度3.6%アップの33億28百万円見込み、
  メディコンの圧倒的シェアが続くも、コヴィディエンジャパンが続伸
  (4)一般外科・産婦人科(合成吸収性癒着防止材):2016年度2.6%アップの
  133億56百万円、2017年度142億30百万円見込み、J&J腹部領域で追加適用、
  「アドスプレー」も順調な推移
  (5) 呼吸器・肺外科等の組織代用人工繊維布(臓器欠損用補強材/自動吻合器対応用):
  2016年度も組織補強材一体型自動縫合器対応製品の2ケタアップで19億67百万円、
  2017年度21億47百万円見込みの中、2018/4グンゼメディカルジャパンが直販体制に
§11 人工関節
  人工関節トータル市場
  市場概要
  人工関節市場規模:2016年度ユニットベースで1.9%アップの218,649セット、
  2017年度2.9%アップの224,986セット見込み、販売額ベースでは2016年度が
  0.3%アップの1,015億38百万円、2017年度は2.8%アップの1,043億69百万円見込み
  (2017年度は矢野経済予測)
  企業別動向: 2016年度上位5社のユニットベースシェアは前年比0.3ポイントアップの
  75.8%、2017年度各社計画値では75.6%見込み、販売額シェアでは78.2%、
  2017年度77.9%見込み
  リビジョン:カスタムオーダー市場
  股関節リビジョンは1,457セットの中、J&Jが新製品上市、膝関節は1,516セット
  人工股関節・膝関節の低侵襲手術(MIS手術)の市場
  市場概要
  人工股関節のMIS症例市場動向:2016年度77,319セット、2017年度は
  大幅増の84,354セット見込み、出荷数に対する割合は60%強に
  人工膝関節のMIS症例市場動向:2016年度の68,155セット、2017年度70,751セット見込み
  骨温存型人工股関節市場 2016年度5.6%アップの77,580本、2017年度83,550本見込み、
  挿入方法では前方・前側方で、2017年度は40%強に
  腫瘍用人工関節市場
  2016年度の総市場は11.5%アップの695セット、2017年度は700セット突破見込み、
  日本ストライカーと京セラで85%弱のシェア
  人工股関節市場
  市場規模:2016年度ユニットベースで2.2%アップの12.77万セット、2017年度は
  2.8%アップの13.12万セット見込み(各社見込みトータル:7.2%アップの13.68万セット)
  企業別動向:人工関節ユニット数に対して、2016年度上位8社で87.5%、
  2017年度87.1%の市場占有率に
  パーツ別市場動向
  (1)ステム セメントレス:セメント固定は86.6:13.4と、若干であるが
  セメント固定の比率が上昇
  (2)HAコーティング・アルカリ加熱処理ステム:上位企業伸び悩みの中、
  後発企業のアップで、2016年度は6.4%アップの41,732本、2017年度43,221本見込み
  (3)HA・AWガラスコーティング・アルカリ加熱処理カップ:2016年度マイナス実績の
  19,187ケ、2017年度19,933ケ見込みの中、後発企業は安定推移
  (4)ジルコニアヘッド:2016年度2,831ケ、2017年度2,200ケ見込みと右下がりが続く一方、
  ZTAの2016年度は33.2%アップの54,348ケ、2017年度は新規取扱企業を含め65,681ケ見込み
  (5)セラTOセラ:2016年度4,391セット、2017年度4,407セット見込み
  1.THA:THR市場
  市場動向:2016年度ユニットベースで4.1%アップの59,294セット、
  2017年度3.5%アップの61,351セット(各社見込み値トータル:9.9%アップの65,159セット)、
  上位企業ではジンマー・バイオメットがシェアアップ
  臼蓋側のセメントレスは92.8%、ハイブリッドは4.6%
  THA:THRカップのクロスリンクポリエチレン市場:2016年度54,416個、
  2017年度60,296個見込み
  デュアル・モビリティ(二重摺動)の割合
  THA:THRのヘッドサイズ:「32mm」以上が増加で、2016年には70%強の割合に
  2.バイポーラ市場
  市場動向:2016年度0.8%アップの68,398セット、2017年度2.2%アップの
  69,872セット(各社見込みトータル:4.8%アップの71,670セット)見込み、
  上位4社が安定推移
  3.単純人工骨頭・ユニポーラ市場:2016年度20セット、2017年度
  20セット見込みにとどまる
  人工膝関節市場
  市場動向:2016年度片側置換伸び率低下により、1.0%アップの84,750セット、
  2017年度2.5%アップの86,905セット見込み(各社見込み値トータル:
  5.2%アップの89,167セット)
  手技別動向:2016年度セメント固定:83.4%、セメントレス:11.4%
  モバイルタイプは2016年度マイナス実績の7,851セット、2017年度
  9,088セット見込み、HAコーティングタイプは3,302セット、2017年度
  3,234セット見込み
  片側置換:2016年度8,018セット見込み、HTOの市場拡大で、伸び率鈍化
  人工膝関節の手技別(CR, PS, CS)症例数:CR+BCR症例が安定した推移の中、
  BCSが大幅増
  自家培養軟骨について
  人工肩・人工肘・人工指・その他関節
  人工肩関節市場動向:2016年度は13.5%アップの3,728セット、
  REVERSE型は1,448セット、2016年度4,140セット、うちREVERSE型2,003セット見込み
  人工肘関節市場動向:2016年度729セット、2017年度714セット見込みと、微減傾向続く
  人工指・その他関節市場:販売元が移管される中、2016年度1,730セット、
  2018年度1,910セット見込み
§12 骨セメント:ボーンセメント
  市場概要
  人工関節固定用骨セメント
  市場動向:償還価格の2ケタの下落とTKA症例の伸び悩みもあり、2016年度は
  15.4%ダウンの20億84百万円(骨セメント:14億49百万円)、2017年度
  20億38百万円(同:14億81百万円)見込み、抗菌剤含有タイプは3.4~3.8%の割合に
  頭蓋骨用セメント
  市場動向:2016年度70百万円、2017年度65百万円見込み、
  「クラニオプラスチックキット」はIntegra Japanに移管
  脊椎用骨セメント
  市場動向:経皮的椎体形成術2016年度で3,150例(セメント売上:30.7百万円)、
  2017年度4,300例(同:44.0百万円)見込み、日本エム・ディ・エムも販売開始
§13 内固定材
  市場概要
  内固定材トータル市場規模:2016年度トータル市場規模は、償還価格改定もあったが、
  前年比2.5%アップの535億9百万円、2017年度は4.0%アップの556億54百万円見込み、
  プレート&スクリューは安定推移
  企業別動向:J&Jグループ、日本ストライカー、ジンマー・バイオメットの上位3社は
  微増実績、3社合計のシェアは2016年度が59.4%、2017年度が59.0%、
  後発で特定領域展開企業が続伸
  CHS・DHS・髄内釘大腿骨頸部型(ガンマタイプ)
  市場規模:2016年度ユニットベースで前年比1.0%アップの95,905セット、
  2017年度98,265セット見込みも、ここ数年のトレンドから分析すると、
  96,000~96,500セットにとどまる可能性
  企業別動向:上位3社を含め二極化実績の中、S&Nが続伸、J&J、KiSCO、
  帝人ナカシマメディカルがシェア回復
  ガンマタイプ(髄内釘 大腿骨頸部型)の市場動向:
  前年度のマイナス実績から微増の1.7%アップの84,850セット、2017年度
  87,518セット見込みも、85,500セット前後の可能性も
  キャニュレイテッドスクリュー(吸収性タイプ、頸部内側骨折用両端ねじ特殊型含む)
  市場規模:2016年度前年比フラットな41,016セット、2017年度39,869セット見込み、
  大腿骨頸部骨折が60%、その他部位が40%の割合に
  企業別動向:両端ねじ型 大腿骨頸部用は各社とも右上がりの実績、
  キャニュレイテッドスクリューではメイラが大腿骨頸部以外で大幅増
  髄内釘(インターロッキング・エンダー等)
  市場動向:2016年度は2.3%アップの32,799セット、2017年度各社計画値トータルで
  35,134セット見込み
  髄内釘(インターロッキングタイプ)の部位別動向(主要8社):
  上腕骨タイプは新製品上市を含め、構成比が50%まで高まる一方、大腿骨(順行性)は
  17%まで低下
  その他内固定材(スクリュー、プレート、アンカー、ワイヤー、ピン、ステープル)
  市場動向:2016年度プレートシステムの安定推移と半月板修復用アンカー、
  両端ネジの8%前後の伸び率で、販売額は償還価格下落もあったが、
  4.7%アップの281億64百万円、2017年度294億95百万円見込み
  プレート&スクリュー市場:2016年度は6.6%アップの19.06万セット、
  2017年度も5.4%アップの20.08万セット見込み、症例数が比較的少ない
  上腕近位・遠位、HTOが続伸している脛骨が2ケタ増
  HTO(脛骨高位骨切り術)市場:2016年度26.5%アップの8,137セット、
  2017年度12.9%アップの9,190セット見込み、オリンパステルモバイオマテリアル
  「TriS」が続伸
  両端ネジ型ネジ・一般用市場:2016年度は前年比7.8%アップの2.98万本、
  2017年度3.22万本見込みと右上がりも、2017年度の販売額はマイナス見込みの中、
  日本メディカルネクストがNo1シェアもJ&Jデピューシンセスが続伸
  吸収性スクリュー・ピン・メッシュ市場動向:2016年度は8.6%ダウンの10億83百万円、
  2017年度10億67百万円見込みにとどまる
  アンカー市場動向:2016年度2.5%アップの125,599本、2017年度4.7%アップの
  131,560本見込み、J&Jデピューシンセスマイテックが高シェアの中、
  Arthrex Japanも吸収性強化
§14 ミニ・マイクロプレートシステム
  市場概要
  市場規模:2016年度は吸収性が牽引するも、頭蓋骨弁固定用製品の市場縮小などで、
  微減実績の71億81百万円、2017年度は70億66百万円見込み
  企業別動向:No1シェアのメディカルユーアンドエイが高シェア維持も、2017年度は若干の
  シェアダウン、上位企業も伸び悩む中、後発の国内メーカーはプラス実績を計上
  頭蓋骨骨弁固定製品市場:吸収型が増加するも、メタル系の大幅減が影響し、
  2016年度は38,349ケ、2017年度もメタル系のダウンで35,954ケ見込み
  吸収性市場:2016年度23億89百万円、2017年度21億76百万円見込み
§15 創外固定器
  市場概要
  市場規模:2016年度トータル市場25億25百万円、2017年度25億68百万円見込み
  企業別動向:上位寡占の中、日本ストライカーが販売額ベースでシェアアップ
§16 脊椎固定システム
  市場概要
  市場規模:市場規模:2016年度ユニットベースでは10.0%アップの105,193セット
  (推定症例ベース:66,350例)、販売額では償還価格下落の影響があったものの
  7.3%アップの448億64百万円、2017年度は8.4%アップ114,010セット(同:70,480例)
  見込み、販売額では486億円見込み
  企業別動向:メドトロニックソファモアダネックが30%以上のシェア維持の中、
  第二グループではグローバスメディカルジャパン:アルファテック・パシフィック、
  ニューベイシブジャパン、その他後発参入企業やTiコーティングCAGE展開企業が
  順調な実績を計上
  頸椎市場:後方手技のアップもあり、2016年度のユニット(Instrumentationベース)
  では9,251ユニット、2017年度9,652ユニット見込み
  椎体スペーサー・椎体間スペーサー市場:推定症例数はセラミックスを含めて
  2016年度4.69万セット、2017年度5.19万セット見込み、TiCoating は2016年度12.9%、
  2017年度21.4%見込みに
  市場動向:経皮的椎体形成術2016年度で3,150例(セメント売上:30.7百万円)、
  2017年度4,300例(同:44.0百万円)見込み、帝人ナカシマメディカル
  (旧:センチュリーメディカル)が参入
§17 人工靱帯・固定材料
  市場概要
  人工靭帯市場動向::販売額では経過措置によりマイナス実績も、数量ベースでは
  2016年度が4.6%アップの36,933本、2017年度4.0%アップの38,410本見込みの中、
  S&Nスポーツメディスン事業部が高シェア維持
  ACLスクリュー・ステープル(靱帯固定用製品)市場動向:2016年度41,451本
  (ACLスクリュー・ボタン:23,083本)、2017年度43,094本(同:24,194本)見込み
§18 人工骨(人工補填材料・人工補綴材料)
  市場概要
  市場規模:2016年度は前年比0.5%ダウンの84億68百万円、2017年度は0.9%アップの
  85億42百万円見込み、吸収置換型2区分は8.5%アップの30億75百万円、2017年度は
  32億12百万円見込み、分野別では整形外科分野が2.1%アップの61億31百万円
  (2017年度:62億37百万円見込み)
  企業別動向:HOYAが50%強のシェア維持の中、インプラント企業との新たな
  提携と流通変更
  頭蓋骨特注品市場:年間1,696ケ、2017年度1,666ケ見込み、うち
  セラミックスタイプは920個、2017年度810個見込み(矢野経済推計)
§19 皮膚欠損用創傷被覆材・真皮欠損用グラフト
  市場概要
  市場規模:2016年度皮膚欠損用創傷被覆材は0.6%アップの66億63百万円、2017年度は
  3.2%ダウンの64億52百万円見込みと厳しい市場環境に、真皮欠損用グラフトは
  2016年度7.2%アップの74億円、2017年度は微減の7億35百万円見込み
  褥瘡・糖尿病性潰瘍市場:2016年度41億80百万円、2017年度40億80百万円見込み
  企業別動向:2016~2017年度上位2社の伸び悩みが続く中、メンリッケヘルスケアが
  7%強の伸び率を維持
  局所陰圧閉鎖処置療法(難治性創傷治療機器):2016年度37,100人、2017年度
  39,400人見込み、うちカートリッジタイプが9,300人、2017年度:9,750人見込みの中、
  新規参入相次ぐ可能性
  参考:J-TEC再生医療製品 2016年度10億66百万円、2017年度14億36百万円見込み
  (矢野経済推計)と年率35%弱の伸び、自家培養皮膚「ジェイス」は熱傷、
  母斑向け共に好調続く
§20 組織拡張器(Tissue Expander)
  市場概要
  市場動向:一般用2製品で年間1,500セット弱、乳房用は2016年度6,300セット、
  2017年度7,100セット見込み
§21 人工鼻 HME・HMEF
  市場概要
  市場規模:HME+HMEFトータルで915.3万ケ、42億24百万円、2017年度
  939.8万ケ・43億23百万円見込み
§22 コラーゲンインプラント Collagen
  市場概要
  市場動向:コラーゲンインプラント承認品市場は、2016年度80百万円、
  2017年度80百万円見込み
§23 胆管メタリックステント(胆道用メタリックステント)
  市場概要
  市場規模:2016年度20,500本、2017年度は21,430本見込み、経内視鏡タイプ安定した推移に
  企業別動向:製造販売業移管や販売元移管、新製品上市がある中、
  センチュリーメディカルが安定推移によりNo1シェアを維持、BSJはM.I.Tech社
  取扱いでシェア回復
§24 食道・消化管ステント
  食道用(メタリック)ステント 
  市場動向:2016年度4,440本、2017年度4,470本見込み、センチュリーメディカルNo1シェアも、
  ボストン・サイエンティフィックジャパンはM.I.Tech社製品を加え、シェア回復
  消化管用(メタリック)ステント 
  市場動向:胃十二指腸用で2016年度6,650本(2017年度:6,800本見込み)、
  大腸用Stent 2016年度10,400本、2017年度は10,900本見込み、
  センチュリーメディカルが両部位とも高シェアの中、大腸では
  ボストン・サイエンティフィックジャパンが新製品、日本ライフラインが新規参入
§25 気管・気管支、メタリックステント・チューブ
  市場動向:ボストン・サイエンティフィック・ジャパン「Ultraflex」シリーズ
  独占市場に、シーマンがハイブリッドタイプ「AERO」本格販売開始
§26 人工喉頭・電気式発声器
  市場概要
  市場動向:音声回復用人工補装具・呼気弁付、電気式人工喉頭:電気式
  発声補助器具トータルで、2016年度3億4.4百万円、2017年度3億15.4百万円見込み
§27 尿道ステント/BPH(前立腺肥大症)治療用 メタリックステント
  市場概要
  市場動向:一時留置型/長期留置型で2016年度1,000ケ、2017年度400ケ見込み、
  2017/3で販売中止に
  参考資料:前立腺肥大治療装置市場について
§28 人工腎臓透析市場 Hemodialysis
  市場概要
  患者数:2016年末の慢性透析患者4,623人増(1.4%アップ)の329,609人、
  導入患者数は前年比0.3%ダウンの39,344人、死亡患者数は2.3%アップの31,790人
  ダイアライザー:HD、ヘモダイアライザー:HDF
  市場規模:HD・HDFトータルで2016年度は5,649万本、2017年度はHDの在庫調整もあり、
  1.1%アップの5,712万本見込み、うちHDFは2016年度で1,150万本、2017年度
  1,288万本見込み
  企業別動向:HDFでは各社とも2ケタ台のアップの中、ニプロが50%強の市場占有率に
  人工透析用血液回路
  市場動向:2016年度は1.7%アップの5,597万セット、2017年度1.4%アップの
  5,676万セット見込み、川澄化学のシェア回復続く
  透析装置
  市場動向:2016年度17,090台、2017年度17,320台見込み、買替需要中心により、
  年間台数の伸び率は低下
  在宅血液透析
  市場動向:2016年末の患者数は635人、2012年以降は2015年を除いて
  年間60人以上の増加
  人工腎臓透析用剤
  市場動向:On-line HDF 患者の増加で、2016年度240億64百万円、2017年度
  248億70百万円見込み、うち粉末製剤市場は160億24百万円、
  2017年度167億70百万円見込み
  腹膜透析:PD市場
  市場動向:2016年度は前年比301人減の9,021人に
§29 人工肛門・人工膀胱(ストーマ装具)
  市場概要
  市場規模:ワンピースの採用比率アップで、2016年度は1.0%アップの169億52百万円、
  2017年度も1.4%アップの171億84百万円、うち人工肛門は大腸Stent症例増の
  要因も加わり、137億99百万円(2017年度:140億12百万円見込み)、人工膀胱
  31億53百万円(同:31億72百万円見込み)と厳しい推移に
  企業別動向:上位企業もワンピース比率アップで、販売額ベースでは伸び率鈍化
§30 人工内耳(セット)
  市場概要
  市場動向:2016年度1,195システム、2017年度1,300システム見込み、
  日本コクレア高シェア維持、メドエルジャパンは残存聴力活用型人工内耳も強化
  新生児聴覚障害検査(スクリーニング)装置:2016年度354台、2017年度370台見込み
§31 脳動脈瘤手術クリップ
  市場概要
  市場規模:2016年度4.1%ダウンの54,000ケ(推定:17,270例、19,850箇所)、
  2017年度2.8%ダウンの52,500ケ(同:16,960例、19,500箇所)見込み、
  塞栓コイル症例は2016年度13,600例、2017年度:14,250例見込み
  企業別動向:実質2社の製品で市場形成の中、2017年度はマイナストレンドに
§32 シャントバルブ
  市場概要
  市場規模:2016年度15,960ユニット、2017年度16,100ユニット見込み、
  圧可変式は14,425ユニット(2017年度:14,595ユニット見込み)、
  iNPH症例数は2017年度で8,500例(矢野経済推計)
  企業別動向:No1シェアのIntegra Japan:J&J が「CODMAN CERTAS Plus」で巻き返し
§33 (カテーテルアクセス)ポート・CAP
  市場概要
  市場規模:2016年度マイナス実績の100,898ケ/セット、静脈用も90,000ケ/セットに
  とどまる、2017年度は新製品のアップで110,401ケ/セット見込み
  企業別動向:メディコン高シェア維持も、東レ、日本コヴィディエン、
  テルモの新製品上市が相次いでいることでシェア変動
  ヒューバー針について:2017年度はSafetyタイプが55%弱に
§34 止血・接着材(剤)
  市場概要(止血・接着材:剤)
  市場動向:2016年度は外科系接着剤、居所止血材のアップで、前年比5.0%アップの
  193億20百万円、
  2017年度は前年比1.4%アップの195億95百万円

PartⅢ 参入企業分析

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。