2018年版 メディカルバイオニクス(人工臓器)市場の中期予測と参入企業の徹底分析

本調査レポートでは、第29版としてインプラント材、体外循環関連の各分野別/製品別34項目(68製品:一部関連製品含む)によって構成され、製品別市場規模推移、マーケットシェア、今後の成長率とその要因、市場特性などの分析を行った。

発刊日
2019/03/28
体裁
A4 / 845頁
資料コード
C60107500
PDFサイズ
17.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:国内メーカー、及び、輸入製品総発売元
調査方法:面接取材とTEL取材併用
調査期間:2018年5月~2019年2月

資料ポイント
Close

  • 人工臓器、関連装置・製品34項目(品目)・68製品・分類の国内市場における2007~2017年度の点数・金額ベース市場規模推移と製造販売業(メーカー):販売元シェア
  • 2018~2022年度までの中期予測
  • 関連製品の相対性分析
  • 注目製品の徹底分析
  • 有力企業分析

資料概要
Close

PartⅠ 人工臓器(インプラント、体外循環)、及び関連製品の市場動向
PartⅡ 人工臓器、関連製品の品目別市場推移
PartⅢ 参入企業分析

リサーチ内容

PartⅠ 人工臓器(インプラント、体外循環)、及び関連製品の市場動向

§1 調査品目における市場予測
  高齢化によって潜在患者数は増加も伸び率は鈍化、2019年は消費税率引き上げ、
  全品目薬価改定予定
  2017年度(34項目:68分類・製品)は、前年比3.2%アップの6,510億6百万円、
  2018年度は0.5%アップの6,541億95百万円見込み
  (表)調査品目における金額ベース市場規模
  (表)調査品目における数量ベース市場規模
  (表)品目別マーケットリーダー

PartⅡ 人工臓器、関連製品の品目別市場推移

§1 人工肺市場並びに各種関連製品
  市場概要
  1.人工肺市場
  市場規模:補助循環症例増と主要手術の増加で、2017年度は2.8%アップの
  66,163ケ、2018年度は1.9%アップの67,440ケ、うち開心術用57,421ケ
  (2018年度:58,195ケ見込み)、補助循環8,742ケ(同:9,245ケ見込み)
  企業別動向:テルモが高シェア維持の中、泉工医科工業が2ケタ増、
  Maquet Cardiopulmonary製品は2019/4よりコスモテックから
  ゲティンゲグループ・ジャパンの直販に
  2.遠心式体外循環用血液ポンプ:遠心ポンプ市場(ポンプヘッド)
  市場概要
  市場動向:2017年度は1,200ケ増の37,770ケ、2018年度38,500ケ見込み、
  装置は2017年度で230台、2018年度231台見込み
  3.人工肺回路市場(メイン回路)
  市場動向:テルモ、JMS、リヴァノヴァ、コスモテックがアップ推移
  4.Hemoconcentrator(血液濃縮器)市場
  市場動向:2017年度61,200ケ、JMS、泉工医科工業、ニプロ、コスモテックが
  アップ、2018年度は60,000ケ見込み
  5.人工心肺装置市場
  市場動向:2017年度は前年比3台減の57台、2018年度72台見込み、
  手術室関連予算の厳しさ続く
  6.心筋保護供給装置・心筋保護液注入(冷却)装置 Cardioplegia System市場
  市場動向:人工心肺装置同様、手術室関連予算の厳しさ続く
§2 心臓関連治療製品
  市場動向:Excimer Laser血管形成術「CVX-300」は年間10台の設置に
  CABGにおけるOff-Pump市場
  RF心房細動手術装置:年間推定6,200例
  血管領域自動吻合器/血管縫合補助器具市場:2017年度7,430セット
§3 ペースメーカー
  市場概要
  市場規模:トリプルを含め2017年度(企業決算ベース)は前年比2.9%アップの
  61,572ケ、2018年度は1.9%アップの62,765ケ見込み
  企業別動向:Medtronicが40%強のシェアを確保する中、
  アボットメディカル ジャパン、バイオトロニックジャパンがプラス推移、
  2019/2よりBiotronik製品がフクダ電子ルート、
  2019/9よりBoston Scientific製品は日本ライフラインルートにて販売を開始
§4 植込型除細動器/両室ペーシング機能付除細動器(埋込型頻拍性不整脈治療装置)
  市場概要
  市場規模:ICDの2017年度は6,690ケ、2018年度は6,830ケ見込み、
  CRT-Dでは2017年度は交換が伸び悩むも、新規が2桁増で2017年度3,579ケ、
  2018年度は3,478ケ見込みに
  企業別動向:皮下植込式電極併用型「S-ICD」の
  ボストン・サイエンティフィックジャパンと
  バイオトロニックジャパンがアップ実績、2019年はBoston Scientific製品は
  日本ライフラインに、フクダ電子はBiotronik製品の販売を開始
  カテーテルアブレーション市場:経皮的カテーテル心筋焼灼法
  市場概要
  市場規模:症例数と流通量の増加で、
  2017年度107,655本(推定症例数:83,270例)、
  2018年度は123,095本(同:95,040例)見込み、
  心房細動症例は2017年度67.2%、
  2018年度69.1%(推定)
  企業別動向:各社アップ推移の中、J&JがNo1シェア維持、2017年度に
  センチュリーメディカルがホットバルーン、2018年度に日本ライフラインが
  レーザーバルーンの本格販売を開始
§5 人工弁
  市場概要
  市場規模:2017年度出荷量ベースで22,436ケ、2018年度は21,614ケ見込み、
  機械弁は2017年度4,998ケ、2018年度4,869ケ見込み、
  生体弁は2017年度17,438ケ、2018年度16,745ケ見込み
  企業別動向:エドワーズライフサイエンスがトップシェアの中、
  新製品投入企業がシェアアップ
  経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI、TAVR):TAVI・TAVRは
  2017年度で5,000セット、2018年度は6,400セット見込み、
  アボットバスキュラージャパンが「MitraClip NTシステム」で
  2018/4保険適応、2018/8には機能不全に陥った
  外科生体弁に対するTAVR(TAV in SAV)が保険適応に
  RF心房細動手術装置:年間推定6,200例
§6 人工弁輪 Annuloplasty Ring
  市場概要
  市場規模:2017年度出荷量ベースでは前年比365ケ増の14,745ケとなる中、
  M弁比率が59.5%に、2018年度は15,110ケ見込み
  企業別動向:エドワーズライフサイエンスがトップシェアの中、
  日本ライフラインが続伸
§7 人工血管(Graft)・Stent Graft
  市場概要
  市場規模
  (1)トータル市場:2017年度数量ベースで0.9%アップの53,022本、
  2018年度54,125本見込み、胸部と透析が安定推移
  (2)ポリエステル市場(Polyester):2017年度30,233本、
  2018年度29,980本見込み、
  胸部は「4分岐管」「1分岐管」のアップにより20,218本、
  2018年度20,843本見込み、
  腹部・末梢についてはマイナス推移が続く
  (3)PTFE(ePTFE、PU、その他含む)市場:2017年度2.7%アップの22,789本、
  2018年度24,145本見込み
  企業別動向:日本ライフライン、日本ゴアが続伸している中、コスモテックは
  ハイレックスコーポレーション「HI-LEX Graft」に、2018/10よりゲティンゲ
  「Hemashiled」「FUSION VASCULAR GRAFT」についても販売開始
  Stent Graft市場 
  市場概要
  市場動向:2017年度腹部領域メインで12,930本、
  2018年度:13,210本見込み、
  胸部領域では2017年度11,131本(7,295例)、
  2018年度11,605本(7,630例)見込み、
  胸部オープンステントグラフトは2017年度2,800本、
  2018年度2,900本見込み、
  慈恵医科大学他国内4社が腹部細経グラフトを開発
§8 補助人工心臓セット
  市場概要
  市場動向:2017年度体外設置型補助人工心臓は198セット、
  2018年度197セット見込みの中、
  体外型補助人工心臓「MT-Mag」で参入予定、
  体内植込型は2017年度177セット、2018年度191セット見込みの中、
  2018/12に日本メドトロニックが「HVAD」の製造販売承認を取得
§9 血管系メタリックステント
  Coronary Stent市場
  市場概要
  市場規模:2017年度出荷ベースで32.83万本、
  実質症例ベース:23.89万例、2018年度は
  33.85万本(企業計画値トータル:34.95万本)、
  実質症例数:24.14万例見込み
  企業別動向:No1シェアのアボットバスキュラージャパンは微増推移の中、
  日本メドトロニックの「Resolute Onyx」が続伸、日本ライフラインは
  「ORSIRO」(Biotronik:バイオトロニックジャパン)本格販売開始
  末梢血管用ステントセット(Coronaryを除く血管系メタリックステント)
  市場概要
  市場規模:2017年度は前年比4.2%ダウン(3,360本減)の76,030本
  (推定症例数:55,900例)、2018年度は末梢用DCB
  本格販売により、73,230本(同:54,560例)見込み
  企業別動向:Cardinal Health JapanがNo1シェア維持も、SFAでは
  Leave nothing Behindの概念、Fem-popはDCB 2製品の販売で、
  2018年度の有力企業では軒並みマイナス計画に
§10 各種補填材料、補綴材料
  市場概要
  市場規模:2017年度はヘルニア修復や組織補強材一体型自動縫合器の安定推移で、
  トータルでは2.4%アップの208億4百万円、2018年度は215億円37百万円見込み
  市場動向
  (1)心臓血管領域(組織代用人工繊維布:心血管系用):2017年度はマイナス推移の
  9億44百万円、2018年度9億23百万円見込み
  (2)脳神経外科領域(人工硬膜・臓器欠損補強用):2017年度7億36百万円、
  2018年度7億5百万円見込み、グンゼの新製品に関してはメディカルユーアンドエイへ
  (3)腹部領域(組織代用人工繊維布:ヘルニア修復・腹壁・胸壁補強用):
  2017年度3.7%アップの33億33百万円、
  2018年度0.9%アップの33億64百万円見込み、メディコンの高シェアが続く
  (4)一般外科・産婦人科(合成吸収性癒着防止材):
  2017年度0.8%アップの134億62百万円、2018年度139億50百万円見込み
  (5)呼吸器・肺外科等の組織代用人工繊維布
  (臓器欠損用補強材/自動吻合器対応用):
  2017年度も組織補強材一体型自動縫合器対応製品の2ケタアップで23億29百万円、
  2018年度25億95百万円見込み、2018/4グンゼメディカルジャパンが直販体制に
§11 人工関節
  人工関節トータル市場
  市場概要
  人工関節市場規模:
  2017年度ユニットベースで6.0%アップの231,922セット、
  2018年度2.1%アップの240,070セット見込み、
  販売額ベースでは2017年度が6.2%アップの1,078億36百万円、
  2018年度は2.1%アップの1,100億68百万円見込み
  (2018年度は矢野経済予測)
  企業別動向:2017年度上位5社のユニットベースシェアは前年比0.3ポイントアップの
  76.1%、2018年度各社計画値では75.8%見込み、販売額シェアでは78.7%、
  2018年度78.1%見込み
  リビジョン:カスタムオーダー市場
  股関節リビジョンは1,680セット、膝関節は1,842セット
  人工股関節・膝関節の低侵襲手術(MIS手術)の市場
  市場概要
  人工股関節のMIS症例市場動向:2017年度84,595セット、
  2018年度は90,496セット見込み、出荷数に対する割合は62.2%に
  人工膝関節のMIS症例市場動向:
  2017年度の76,429セット、2018年度82,544セット見込み
  骨温存型人工股関節市場2017年度14.1%アップの88,485本、
  2018年度94,848本見込み、挿入方法では前方・前側方で39.3%
  腫瘍用人工関節市場
  2017年度の総市場は2.9%アップの715セット、
  2018年度は792セット見込み、
  日本ストライカーと京セラで約80%のシェア
  人工股関節市場
  市場規模:2017年度ユニットベースで6.5%アップの13.6万セット、
  2018年度は3.9%アップの14.13万セット見込み
  (各社見込みトータル:6.8%アップの14.52万セット)
  企業別動向:人工関節ユニット数に対して、2017年度上位8社で87.6%、
  2018年度86.4%の市場占有率に
  パーツ別市場動向
  (1)ステムセメントレス:セメント固定は84.3:15.7と、若干であるが
  セメント固定の比率が上昇
  (2)HAコーティング・アルカリ加熱処理ステム:
  2017年度は2.8%アップの42,883本、2018年度45,502本見込み
  (3)HA・AWガラスコーティング・アルカリ加熱処理カップ:
  2017年度プラス推移の21,180ケ、2018年度22,640ケ見込み
  (4)ジルコニアヘッド:2017年度2,280ケ、
  2018年度2,130ケ見込みにとどまる一方、
  ZTAは2017年度が11.4%アップの60,519ケ、2018年度は70,101ケ見込み
  (5)セラTOセラ:2017年度3,256セット、2018年度3,300セット見込み
  1.THA:THR市場
  市場動向:2017年度ユニットベースで9.3%アップの64,787セット、
  2018年度5.1%アップの68,110セット
  (各社見込み値トータル:8.7%アップの70,397セット)、
  上位企業ではジンマー・バイオメットが更なるシェアアップ
  臼蓋側のセメントレスは93.2%、ハイブリッドは4.4%
  THA:THRカップのクロスリンクポリエチレン市場:2017年度60,658個、
  2018年度65,858個見込み
  デュアル・モビリティ(二重摺動)の割合
  THA:THRのヘッドサイズ:「32mm」以上が増加で75%の割合に
  2.バイポーラ市場
  市場動向:2017年度4.0%アップの71,143セット、
  2018年度2.8%アップの73,130セット
  (各社見込みトータル:5.1%アップの74,759セット)見込み、
  上位4社が安定推移
  3.単純人工骨頭・ユニポーラ市場:2017年度20セット、2018年度20セット見込み
  人工膝関節市場
  市場動向:2017年度は4.9%アップの88,902セット、2018年度7.1%アップの
  95,170セット見込み(各社見込み値トータル)
  手技別動向:2017年度セメント固定:85.2%、セメントレス:8.6%
  モバイルタイプは2017年度プラス実績の8,966セット、
  2018年度10,109セット見込み、
  HAコーティングタイプは3,135セット、2018年度3,260セット見込み
  片側置換:2017年度8,933セット、2018年度10,880セット見込み
  人工膝関節の手技別(CR, PS, CS)症例数:CR+BCRが大幅増
  自家培養軟骨について
  人工肩・人工肘・人工指・その他関節
  人工肩関節市場動向:2017年度は17.1%アップの4,364セット、
  うちREVERSE型は2,307セット、2018年度4,758セット、
  うちREVERSE型2,743セット見込み
  人工肘関節市場動向:2017年度832セット、2018年度819セット見込み
  人工指・その他関節市場:販売元移管後となる2017年度が1,874セット、
  2018年度1,842セット見込み
§12 骨セメント:ボーンセメント
  市場概要
  人工関節固定用骨セメント
  市場動向:2017年度は2.4%ダウンの20億35百万円(骨セメント:13億71百万円)、
  2018年度21億10百万円(同:14億56百万円)見込み、抗菌剤含有タイプは3.7%に
  頭蓋骨用セメント
  市場動向:2017年度70百万円、2018年度68百万円見込み、東機貿、
  Integra Japanともほぼ横這い推移
  脊椎用骨セメント
  市場動向:経皮的椎体形成術2017年度で4,300例(セメント売上:38百万円)、
  2018年度5,350例(同:49百万円)見込み、日本エム・ディ・エム、
  帝人ナカシマメディカルも販売開始
§13 内固定材
  市場概要
  内固定材トータル市場規模:2017年度トータル市場規模は前年比3.1%アップの
  552億10百万円、2018年度は3.3%アップの570億50百万円見込み、
  プレート&スクリューは安定推移
  企業別動向:J&Jグループ、日本ストライカー、ジンマー・バイオメットの上位3社は
  安定推移の中、3社合計のシェアは2017年度が59.3%、2018年度が58.7%
  CHS・DHS・髄内釘大腿骨頸部型(ガンマタイプ)
  市場規模:2017年度ユニットベースで前年比2.2%アップの98,029セット、
  2018年度101,388セット見込み
  企業別動向:上位3社の占有状況は変わらず、S&Nが続伸
  ガンマタイプ(髄内釘 大腿骨頸部型)の市場動向:2017年度は前年比2.4%アップの
  86,879セット、2018年度91,672セット見込み
  キャニュレイテッドスクリュー(吸収性タイプ、頸部内側骨折用両端ねじ特殊型含む)
  市場規模:2017年度は前年比4.1%ダウンの39,345セット、
  2018年度38,963セット見込み、
  大腿骨頸部骨折が66%の割合に
  企業別動向:日本ストライカーは販売額ベースでアップ、高シェアを維持
  髄内釘(インターロッキング・エンダー等)
  市場動向:2017年度は4.9%アップの34,406セット、
  2018年度は35,457セット見込み
  髄内釘(インターロッキングタイプ)の部位別動向(主要8社):
  上腕骨タイプは構成比50%超と高まり、大腿骨(順行性)は15%まで低下
  その他内固定材(スクリュー、プレート、アンカー、ワイヤー、ピン、ステープル)
  市場動向:プレートシステムの安定推移により
  2017年度は4.0%アップの292億20百万円、
  2018年度は301億97百万円見込み
  プレート&スクリュー市場:2017年度は6.6%アップの20.3万セット、
  2018年度も5.3%アップの21.4万セット見込み
  HTO(脛骨高位骨切り術)市場:2017年度11.1%アップの9,042セット、
  2018年度12.9%アップの10,209セット見込み、
  オリンパステルモバイオマテリアル「TriS」の高シェア続く
  両端ネジ型ネジ・一般用市場:2017年度は前年比2.6%アップの3.05万本、
  2018年度3.14万本見込み、販売額ベースでは2017年度はマイナス推移となる
  吸収性スクリュー・ピン・メッシュ市場動向:
  2017年度は3.7%ダウンの10億79百万円、
  2018年度10億34百万円見込みにとどまる
  アンカー市場動向:2017年度は3.6%アップの130,100本、
  2018年度は6.5%アップの138,500本見込み、
  J&Jデピューシンセス マイテックが高シェア
§14 ミニ・マイクロプレートシステム
  市場概要
  市場規模:2017年度は微減実績の69億75百万円、
  2018年度は68億15百万円見込み
  企業別動向:No1シェアのメディカルユーアンドエイがトップシェア維持も、
  2017年度は若干のシェアダウン
  頭蓋骨骨弁固定製品市場:2017年度はメタル系の大幅減が影響して32,015ケ、
  2018年度は31,984ケ見込み
  吸収性市場:2017年度21億87百万円、2018年度21億82百万円見込み
§15 創外固定器
  市場概要
  市場規模:2017年度トータル市場26億40百万円、
  2018年度27億54百万円見込み
  企業別動向:上位寡占は変わらず、各社とも堅調な推移
§16 脊椎固定システム
  市場概要
  市場規模:2017年度ユニットベースでは6.5%アップの112,140セット
  (推定症例ベース:70,050例)、販売額で8.6%アップの488億70百万円、
  2018年度は7.2%アップ120,879セット(同:74,350例)、
  528億53百万円見込み
  企業別動向:メドトロニックソファモアダネックが30%前後のシェア維持、
  J&Jデピューシンセス、ニューベイシブジャパン、
  グローバスメディカルジャパン、その他後発参入企業が追随
  頸椎市場:2017年度のユニット(Instrumentationベース)では
  8,330ユニット、2018年度8,450ユニット見込み
  椎体スペーサー・椎体間スペーサー市場:推定症例数はセラミックスを含めて
  2017年度49,053セット、2018年度51,604セット見込み、
  TiCoatingは2017年度23.8%、2018年度24.3%見込みに
  市場動向:経皮的椎体形成術2017年度で4,300例(セメント売上:38百万円)、
  2018年度5,350例(同:49百万円)見込み、日本エム・ディ・エム、
  帝人ナカシマメディカルも販売開始
§17 人工靱帯・固定材料
  市場概要
  人工靭帯市場動向:販売額ではマイナス実績も、数量ベースでは2017年度が
  4.0%アップの39,040本、2018年度6.1%アップの41,420本見込み、
  S&Nスポーツメディスン事業部が高シェア
  ACLスクリュー・ステープル(靱帯固定用製品)市場動向:
  2017年度41,700本(ACLスクリュー・ボタン:23,600本)、
  2018年度42,040本(同:23,790本)見込み
§18 人工骨(人工補填材料・人工補綴材料)
  市場概要
  市場規模:2017年度は前年比1.9%アップの86億30百万円、2018年度は1.7%
  アップの87億74百万円見込み、吸収置換型2区分は6.5%アップの32億76百万円、
  2018年度は34億18百万円見込み、分野別では整形外科分野が3.4%アップの
  63億30百万円(2018年度:64億70百万円見込み)
  企業別動向:HOYAが50%強のシェア維持、市場流通はインプラント展開企業への
  OEM供給や販売提携、移管、解消等によって変化
  頭蓋骨特注品市場:年間1,540ケ、2018年度1,605ケ見込み、
  うちセラミックスタイプは650個、2018年度600個見込み(矢野経済推計)
§19 皮膚欠損用創傷被覆材・真皮欠損用グラフト
  市場概要
  市場規模:2017年度皮膚欠損用創傷被覆材は2.4%ダウンの65億円、
  2018年度は2.7%ダウンの63億27百万円見込みと市場縮小、
  真皮欠損用グラフトは2017年度10.9%アップの7億65百万円、
  2018年度はマイナス推移の7億45百万円見込み
  褥瘡・糖尿病性潰瘍市場:2017年度40億89百万円、
  2018年度39億79百万円見込み
  企業別動向:上位2社の伸び悩みが続くが、メンリッケヘルスケアは
  25%アップと好調
  局所陰圧閉鎖処置療法(難治性創傷治療機器):2017年度38,600人、
  2018年度40,750人見込み、うちカートリッジタイプが9,650人、
  2018年度:9,500人見込み
  参考:J-TEC再生医療製品2017年度13億87百万円、
  2018年度13億57百万円見込み
§20 組織拡張器(Tissue Expander)
  市場概要
  市場動向:一般用は2製品で年間1,445セット、乳房用は2017年度6,310セット、
  2018年度6,650セット見込みと右上がりトレンド続く
§21 人工鼻 HME・HMEF
  市場概要
  市場規模:HME+HMEFトータルで932.9万ケ・42億10.3百万円、
  HMEFが数量ベース42.9%、2018年度は975.9万ケ・43億57.3百万円見込み
§22 コラーゲンインプラント Collagen
  市場概要
  市場動向:コラーゲンインプラント承認品市場は、2017年度75百万円、
  2018年度75百万円見込み
§23 胆管メタリックステント(胆道用メタリックステント)
  市場概要
  市場規模:2017年度20,462本、2018年度は21,490本見込み、
  経内視鏡タイプ安定した推移に
  企業別動向:販売元移管や新製品上市がある中、センチュリーメディカルは
  NO.1シェアを維持、ゼオンメディカル新製品上市で、2018年度大幅増見込み
§24 食道・消化管ステント
  食道用(メタリック)ステント
  市場動向:2017年度4,490本、2018年度4,670本見込み
  企業別動向:No1シェアのセンチュリーメディカルが、ショートヘッドタイプや
  経内視鏡手技の強化で、2018年度大幅増計画
  消化管用(メタリック)ステント
  市場動向:胃十二指腸用で2017年度6,710本、2018年度:6,920本見込み、
  大腸用Stent 2017年度11,240本、2018年度は12,020本見込み、
  センチュリーメディカルが両部位とも高シェアを維持の中、
  日本ライフラインの「JLL大腸用ステント」大幅増計画
§25 気管・気管支、メタリックステント・チューブ
  市場動向:2製品で市場形成の中、コスモテックが
  「気管用スパイラルZステント」で保険適用
§26 人工喉頭・電気式発声器
  市場概要
  市場動向:音声回復用人工補装具・呼気弁付、電気式人工喉頭:
  電気式発声補助器具トータルで、2017年度2億94.1百万円、
  2018年度3億2.4百万円見込み
§27 尿道ステント/BPH(前立腺肥大症)治療用 メタリックステント
  市場概要
  市場動向:コロプラスト「MemoKath」も2017/3で販売中止、2018年度は
  市場実績がなくなる
  参考資料:前立腺肥大治療装置市場について
§28 人工腎臓透析市場 Hemodialysis
  市場概要
  患者数:2017年末の慢性透析患者4,896人増(1.5%アップ)の334,505人、
  導入患者数は前年比4.1%アップの40,959人、
  死亡患者数は2.3%アップの32,532人
  ダイアライザー:HD、ヘモダイアライザー:HDF
  市場規模:HD・HDFトータルで2017年度は5,851万本、
  2018年度は0.8%アップの5,895万本見込み、
  うちHDFは2017年度で1,389万本、2018年度1,624万本見込み
  企業別動向:HDFでは各社とも2ケタ台のアップの中、
  ニプロが約55%の市場占有率に
  人工透析用血液回路
  市場動向:2017年度は1.8%アップの5,698万セット、
  2018年度0.5%ダウンの5,670万セット見込み。
  日機装、ニプロが一定の伸長見込む
  透析装置
  市場動向:2017年度16,880台、2018年度17,300台見込み、
  買替需要中心により、年間台数の伸び率は低下
  在宅血液透析
  市場動向:2017年末の患者数は684人、直近5年間は平均約50人の増加
  人工腎臓透析用剤
  市場動向:On-line HDF 患者の増加で、2017年度248億59百万円、
  2018年度249億55百万円見込み、うち粉末製剤市場は168億30百万円、
  2018年度172億10百万円見込み
  腹膜透析:PD市場
  市場動向:2017年度は前年比69人増の9,090人に
§29 人工肛門・人工膀胱(ストーマ装具)
  市場概要
  市場規模:2017年度は0.8%増の170億93百万円、
  2018年度は微減の170億78百万円、
  うち人工肛門はワンピース比率のアップで138億96百万円(2018年度:
  138億44百万円見込み)と厳しい推移、人工膀胱は31億97百万円
  (同:32億34百万円見込み)
  企業別動向:上位企業もワンピース比率アップの中、柔らかい装着面や
  体型変化に合わせた凸面製品の販促と、アクセサリーの充実に注力
§30 人工内耳(セット)
  市場概要
  市場動向:2017年度1,270システム、
  2018年度1,365システム見込みと年率7%の伸び率、
  日本コクレアNo1シェア維持も、メドエルジャパンがシェア拡大
  新生児聴覚障害検査(スクリーニング)装置:2017年度324台、
  2018年度334台見込みにとどまる
§31 脳動脈瘤手術クリップ
  市場概要
  市場規模:2017年度9.3%ダウンの49,000ケ(推定:16,760例、18,700箇所)、
  2018年度は5.1%アップの51,500ケも微減推移の可能性、
  塞栓コイル症例は2017年度14,250例、2018年度:14,975例見込み
  企業別動向:実質2社の参入でマイナストレンドが続く中、
  若干のマーケットシェア変動
§32 シャントバルブ
  市場概要
  市場規模:2017年度16,460ユニット、2018年度16,450ユニット見込み、
  圧可変式は14,610ユニット(2018年度:14,710ユニット見込み)、
  iNPH症例数は2018年度で9,000例(矢野経済推計)
  企業別動向:ビー・ブラウンがシェアアップの中、No1シェアの
  Integra Japanが、抗菌剤含浸シャントカテーテルで先行
§33 (カテーテルアクセス)ポート・CAP
  市場概要
  市場規模:2017年度は前年度のマイナス実績から1.0%アップの101,870ケ/セット、
  うち静脈用は1.4%アップの90,296ケ/セット、2018年度は105,295ケ/セット見込み
  企業別動向:メディコン高シェア維持も、住友ベークライト、テルモが2ケタアップ
  ヒューバー針について:2017年度はSafetyタイプが56.5%
§34 止血・接着材(剤)
  市場概要(止血・接着材:剤)
  市場動向:2017年度は微繊維性コラーゲン、外科系接着剤、
  居所止血材のアップで前年比1.9%アップの197億50百万円、
  2018年度は前年比2.7%ダウンの192億41百万円

PartⅢ 参入企業分析 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。