発刊予定   2017年版 進化する食品製造・加工機械 ~人手不足を解決する最新技術の動向~

国立社会保障・人口問題研究所は、将来的な出生数が現在と変わらない場合、2053年には日本の人口が1億人を割るという推計を発表した。既に日本の産業界では、深刻な人手不足が経営課題になっている。食品業界は、メニュー変更や期間限定メニューの展開などもあり、SKU数が多いことから、手作業による工程が他の産業より多く残っている。しかし、深刻な人手不足を背景に、機械化、最新IT技術の導入、ロボットの導入などを検討する企業は増加しており、今後、更に注目度が高まることが予想される。本資料では、食品加工機械のユーザー側(食品メーカー)とサプライヤー側(食品加工機械メーカーやエンジニアリング会社)の両面からのアプローチにより、人手不足解消に向けた食品メーカーの意向・取組状況や、加工機械メーカー及びエンジニアリング会社の技術開発動向を明らかにする。

発刊日: 2017/10/中旬 体裁: A4 / 約300頁
資料コード: C59109400 PDFサイズ:
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2017年7月14日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

食品メーカーに対し、人手不足の現状やその対策の検討状況、最新加工機械やロボットの導入意向、設備投資意向などに関するアンケートを実施予定。また、食品加工機械メーカー等に対して、人手不足対策に焦点を当て最新機械の技術開発動向をヒアリング予定。

第Ⅰ章 食品製造業の現状

第Ⅱ章 食品製造・加工機械の市場動向

第Ⅲ章 食品製造・加工機械メーカーの技術開発動向

第Ⅳ章 注目企業個票

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59107900 2017年版 機能別ME機器市場の中期予測とメーカーシェア(治療機器編)
C59104600 2017年版 産業用レーザ市場の現状と将来展望
C59108600 16~17年版 医療・衛生用品の市場実態と製品別需要動向
C59106100 2017 新版 高機能フィルム市場の展望と戦略