2017年版 スマート農業の現状と将来展望 ~省力化・高品質生産を実現する農業IoT・精密農業・農業ロボットの方向性~

国内の農業従事者は基幹的農業従事者は150万7千人(2017年)で、この内65歳以上が100万1千人(66.4%)で、高齢者の割合が著しく高まっている。今後、国際競争力を確保するために、より一層の農作物の品質向上や、生産コストの削減を図ることが課題となっている。
一方、2050年には世界の総人口は、2000年比1.5倍の92億人に達する。92億人を養うためには、食料生産全体を1.55倍引き上げる必要があり、このうち、穀物は29.3億トンとなり、1.65倍の生産増加が必要となる。
このような国内・海外の農業が抱えている課題・問題点を解決するために、農業の生産から販売までICTをベースとした、高い農業生産やコスト削減、食の安全性や労働の安全等を実現できるスマート農業が必要とされている。
本調査レポートでは、現在普及し始めている栽培支援ソリューション(農業クラウド・複合環境制御装置・畜産向け生産支援ソリューション)、販売支援ソリューション、経営支援ソリューション、精密農業、農業用ロボット、農業用ドローンなどの参入メーカーの現状の取組みと今後の方向性と、農業生産法人100法人の農業ICT利用意向を調査することで、今後、拡大が期待されるスマート農業市場を明らかにします。

発刊日: 2017/09/29 体裁: A4 / 451頁
資料コード: C59108300 PDFサイズ: 31.5MB
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 205,200円 (本体 190,000円 消費税 15,200円 )
定価 205,200円 (本体 190,000円 消費税 15,200円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 410,400円 (本体 380,000円 消費税 30,400円 )
定価 442,800円 (本体 410,000円 消費税 32,800円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象先:スマート農業参入企業(28社)、農業法人(水稲/農園芸(野菜・果樹・花き)/酪農・畜産)100社、その他大学/関連官公庁・協会
調査方法:直接面接取材と電話取材を実施
調査期間:2017年7月~2017年9月

調査結果サマリー
Close

スマート農業に関する調査を実施(2017年)
~農業データ連携基盤が2017年度に始動し、スマート農業に関するデータ共有化が進展~
・2016年度のスマート農業国内市場規模は前年度比107.2%の104億2,000万円、栽培支援ソリューション(農業クラウド、複合環境制御装置、畜産向け生産支援)が市場を牽引
・2023年度のスマート農業国内市場規模は333億3,900万円を予測、農機の完全無人運転、複数機による作業などができるシステム(精密農業)により市場拡大へ

資料ポイント
Close

スマート農業市場参入企業における、農業ICT・精密農業の方向性と企業戦略、及び取扱商品の動向を調査・分析することにより、スマート農業市場を展望する。

資料概要
Close

第Ⅰ章 農業の現状と将来展望
第Ⅱ章 スマート農業市場の現状と将来展望
第Ⅲ章 農業生産法人(100法人)における農業ICT利用意向調査
第Ⅳ章 スマート農業 有力参入企業の個別動向

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 農業の現状と将来展望

1.国内農業の現状
  (1)農業総産出額と生産農業所得推移(1984、2010~2015年)
  (2)農作物の作付面積推移(2010~2016年)
  (3)農業就業人口の推移(2006~2017年)
  (4)農業就業者における平均年齢の推移 ~農業就業人口(販売農家)の平均年齢は66.3歳~
  (5)販売農家における年齢別農業就業人口構成比の変化 ~60~64歳の年齢層も拡大基調~
  (6)販売農家における専兼業別農家数構成比の変化 ~専業農家割合は増加~
  (7)全国農業経営体における経営耕地面積規模別耕地集積割合の変化
  (8)農業経営体あたりの経営耕地面積
  (9)全国で拡大する耕作放棄地面積の推移(1990~2015)
  (10)農林水産物の輸出入状況
2.急増する農地所有適格法人(農業生産法人)の状況
  (1)農業法人の種類
  (2)現行の農地所有適格法人(農業生産法人)の農地権利取得の要件
  (3)組織形態別農地所有適格法人(農業生産法人)数の推移(2006~2016年)
    ~農地所有適格法人(農業生産法人)数は16,000法人を突破~
  (4)主要生産作物別農業生産法人構成比(2016年)~米・麦作法人は2016年総数で6,691法人~
3.農業の6次産業化への取組状況
4.農業政策の動向
  (1)日本再興戦略2017
  (2)日本再興戦略2017における農業政策の方向性
  (3)平成30年産の米から減反廃止に、対策として新制度「収入保険制度」を検討
5.急増する異業種からの農業参入について
  (1)異業種からの農業参入の動向
  (2)企業の農業参入と農地法
  (3)企業の農業ビジネス参入スタイル
    ①農地利用型
    ②施設栽培型
  (4)参入企業動向
    ①農地利用型
    ②完全人光型植物工場
    ③太陽光・人工光併用型植物工場
    ④太陽光利用型植物工場
  (5)農業ビジネス失敗事例・成功事例

第Ⅱ章 スマート農業市場の現状と将来展望

1.スマート農業市場概要
  (1)スマート農業とは
  (2)スマート農業が求められている背景
  (3)相次ぐスマート農業企業の協業・連携
2.政府におけるスマート農業の取組み
  (1)農林水産省におけるスマート農業の取組み
  (2)SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)におけるスマート農業の取組み
  (3)産官学が連携し、「農業データ連携基盤(データプラットフォーム)」が始動
3.海外におけるスマート農業の動向
  (1)世界最大のアグリビジネス企業<バイエル・モンサント>のスマート農業の取組み
  (2)アメリカにおけるスマート農業の取組み
  (3)オランダにおけるスマート農業の主な取組
4.主要参入企業の動向
  (1)栽培支援ソリューション
    ①農業クラウド
    ②複合環境制御装置
    ③畜産向け生産支援ソリューション
  (2)販売支援ソリューション
  (3)経営支援ソリューション
  (4)精密農業
    ①衛星画像・精密農業・農業用ドローンが拡大
    ②農業向けGPSガイダンスシステム・自動操舵装置の普及状況
    ③農業向けGPSガイダンスシステム・自動操舵装置の市場規模
    ④農業向けドローンの概況
  (5)農業用ロボット
  (6)主要参入企業におけるスマート農業の展開分野
5.参入企業の販売動向
  (1)栽培支援ソリューション
    ①農業クラウド
    ②複合環境制御装置
    ③畜産向け生産支援ソリューション
  (2)販売支援ソリューション
  (3)経営支援ソリューション
  (4)精密農業
  (5)農業用ロボット
  (6)主要参入企業におけるスマート農業関連売上高
6.スマート農業の現状の課題と問題点
7.スマート農業における今後の事業の方向性
8.スマート農業市場規模推移と予測(2016年度~2023年度予測)
  (1)栽培支援ソリューション
    ①農業クラウド
    ②複合環境制御装置
    ③畜産向け生産支援ソリューション
  (2)販売支援ソリューション
  (3)経営支援ソリューション
  (4)精密農業
  (5)農業用ロボット
  (6)スマート農業 総市場規模推移
    ①スマート農業 市場構成比(2016年度→2023年度予測)
    ②スマート農業 総市場規模推移
    ③スマート農業が普及するための施策
9.スマート農業関連市場の動向
  (1)農業・畜産関連向けセンサー市場の動向
    ①市場規模推移(システム数ベース、センサーノード数ベース、金額ベース)
    1)農業・施設園芸関連
    2)畜産業
    ②市場の動向
    1)農業・施設園芸関連
    2)畜産業
  (2)農業向けドローン市場の動向
    ①市場概況
    ②企業動向
    ③将来展望
    ④農業分野におけるドローンの動向
    ⑤アメリカの農業分野におけるドローンの動向
    ⑥日本の農業分野におけるドローンの動向

第Ⅲ章 農業生産法人(100法人)における農業ICT利用意向調査

1.回答属性
2.ICTの利用動向
3.現在、農業生産・農業経営で利用しているICTサービス
4.現在、農業生産・農業経営にICTサービスを利用していない理由
5.農業生産現場、農業経営におけるICTの普及が遅れている理由
6.農業分野においてICT普及のために必要な条件
7.今後、利用してみたいICTソリューション
8.今後ICT利用する際の年間投資可能額
9.農業ICT・精密農業についての自由意見

<農業生産法人(100法人) 個別調査票)>
1.水稲
(有)厚真ファーム、(有)ケイホットライス、十和田アグリ(株)、
(有)川口グリーンセンター、(株)サンエイト、(株)田伝むし、
(農)みずほファーミング、(有)東雲農園、(有)藤岡農産、みすず農場、
(農)りぞねっと、(有)ファームオアシス、(株)風の丘ファーム、
(有)サンライス魚沼、(株)高橋農産、新潟ゆうき(株)、(有)ホープイン中沢、
(有)リバーサイド石津、(株)ALIVE-21、(有)営農ワイエムアイ、
農事組合法人ガイアとなみ、(有)カンダファーム、(有)さくさく村、
農事組合法人たてやま営農組合、(有)ドリームファーム、(有)ファーム古井、
(有)川原農産、(有)グリーンアース杉浦、農事組合法人カタヤマ、
(有)陶芸の里農産組合、(有)山田農園、(有)佐久平興農、(有)ティーエム、
(株)農健、農業屋ファーム(株)、森日光(有)、(有)アグセス愛知、
(有)木村農芸、(有)グリーンパワー長浜、(有)中谷農場、(有)もりかわ農場、
農事組合法人ほづ、農事組合法人木喰の郷もろはた、(農)アイガモの谷口、
北山農産(有)、(農)丹波たぶち農場、(有)みたけの里舎、
(株)グリーンファーム大黒、(有)こおげ農業開発センター、(株)ファーム木精、
(有)備南農産、農事組合法人さだしげ、(農)小国ファーム、(株)うきうき森田農場、
(株)AGL、(株)たかき、(株)宮崎アグリアート

2.農園芸(野菜・果樹・花き)
(有)サンファーム、(株)青森りんごランド、(有)ナチュラルファーム、
(有)氏家農場、(有)伊達水蜜園、(有)サンワアグリビジネス、
(有)アグリファクトリー、(有)高橋農園、(株)照沼勝一商店、
(株)グリンリーフ、農事組合法人安行グリーン、(株)金井ファーム、
(株)関東地区昔がえりの会、(有)ニイクラファーム、農事組合法人クラインガルテン、
農事組合法人富山東部球根プラント組合、(有)金丸物産金井きのこ園、
(有)トップリバー、(有)永田バイオ研究所、(株)マッシュアンドフルーツ、
農事組合法人セントラルローズナーセリー、日本農産(株)、(有)ネクト、
(株)プラネット、(株)丸利吉田銘茶園、(株)門真れんこん屋、(株)山本きのこ園、
(株)吉田農園、(有)黒髪カーネーション、(有)フロンティアアグリカルチャーながさき、
(株)井ヶ田製茶北郷茶園、(有)西牟田農園、(有)ビオ・ファーム、
(有)勝山シークヮーサー

3.酪農・畜産
(有)上田畜産 十勝北乃夢牧場(株)、(株)オーケーコーポレーション、
(有)黒富士農場、(有)大西畜産、大江ノ郷自然牧場、(有)福田ファーム、
セブンフーズ(株)、(有)レクスト、(有)えこふぁーむ、(有)坂元種畜場

第Ⅳ章 スマート農業 有力参入企業の個別動向

IDECシステムズ&コントロールズ(株)
  ~事業ブランド「Fine’s Farm」が確立、本社に事業を移管し本格参入を開始~
(株)アグリコンパス
  ~JA改革を追い風に農業ICTの普及に挑む~
イーサポートリンク(株)
  ~GAP等認証取得をサポートする機能追加を計画中~
井関農機(株)
  ~2018年にはロボットトラクタの販売を予定~
(株)NTTドコモ
  ~通信機器キャリアの強みを生かして地方創生を支援~
(株)オプティム
  ~2017年に自社設計ドローンの販売目指す~
(株)クボタ
  ~農家の課題を解決するクボタスマートアグリシステム「KSAS」~
(株)JSOL
  ~生産者と外部機関を連携するデータマネージメントプラットフォーム~
ジオサーフ(株)
  ~中型・小型機向けのオートステアリングで市場狙う~
スキューズ(株)
  ~ロボット事業で培ったノウハウを農業ICTへ~
(株)SenSprout
  ~センサーを軸に水の管理で環境破壊の防止を目指す~
ソリマチ(株)
  ~農業生産者収入保険制度の導入で税務処理の重要性を訴求~
(株)大和コンピューター
  ~メロンの養液栽培を軸に農業ICTの提供による農業改革~
(株)デンソー
  ~遠隔地でもハウスの状態を確認できる新商品「プロファーム・モニター」の販売が拡大~
(株)トプコン
  ~国内市場は“超低速”“後進”機能が好調要因に~
(株)ニコン・トリンブル
  ~ノウハウの販売へ事業転換を模索~
日本電気(株)
  ~社内体制を一新させスマート農業へ更なる注力を図る~
(株)農業総合研究所
  ~新たなプラットフォームを創造し、農業ベンチャー初の東証一部上場、流通総額1兆円を目指す~
(株)ハレックス
  ~農業向けに気象データを解析し、1km四方で72時間後までの気象予測を展開~
PSソリューションズ(株)
  ~作物ごとに有効利用できるデータを見極め、過不足なく設備を整える方針~
(株)日立システムズ
  ~クラウドサービスを軸に事業を“協創”、農業を含めたソリューションを提供~
(株)日立ソリューションズ
  ~「GeoMation農業支援アプリケーション」を様々な分野へ活用するとともに、データ連携の実現を図る~
(株)日立ソリューションズ東日本
  ~生産支援ソリューションへ注力~
(株)ファームノート
  ~国内1,600件の酪農家・畜産農家に導入実績、海外展開も視野~
富士通(株)
  ~「豊かな食の未来へICTで貢献する」方針の下、食・農クラウド 「Akisai(秋彩)」シリーズを展開~
ベジタリア(株)
  ~開発から普及フェーズへ、「PaddyWatch」新型モバイルモデルでコスト半減設計~
ボッシュ(株)
  ~日本のボッシュから農業IoTテクノロジーを世界に発信~
ヤンマー(株)
  ~「リモートセンシング」や「ロボット農業」で更に拡がるスマート農業事業~

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 205,200円 (本体 190,000円 消費税 15,200円 )
定価 205,200円 (本体 190,000円 消費税 15,200円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 410,400円 (本体 380,000円 消費税 30,400円 )
定価 442,800円 (本体 410,000円 消費税 32,800円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59102000 2017年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~主要四部材編~
C59109400 2017年版 進化する食品製造・加工機械 ~人手不足を解決する最新技術の動向~
C58109700 2016年版 スマート農業の現状と将来展望 ~省力化・高品質生産を実現する農業IoT・精密農業・農業ロボットの方向性~
C59102700 2017年版 有力企業による農業ビジネス参入動向と将来展望