2017年版 有力企業による農業ビジネス参入動向と将来展望

近年の国内農業を取り巻く環境は厳しく、農業従事者の高齢化と後継者不足を背景とした耕作放棄地の増加や農業所得の減少が進む中で、食料自給率の向上が求められている。また、世界的に経済連携(EPA/FTA等)が拡大を続けている中、貿易自由化促進の波により、日本農業は国内市場の開放とグローバル市場での競争力強化が求められている。さらには政府が農業を成長産業として位置付け支援策の拡充を進めるなど、農業市場、農産物流通は多様化し、大きな変化の中にある。そこには新たな市場の創出、新たなビジネスチャンスの拡大が期待されており、多くの企業が様々なアプローチで農業ビジネスに新規参入している。本調査レポートでは、農業ビジネスの現状とトレンドと今後の方向性を取りまとめることで、農業ビジネスに関心を持つ、関連企業・団体への資料提供を目的として当調査を実施しました。

発刊日: 2017/07/06 体裁: A4 / 474頁
資料コード: C59102700 PDFサイズ: 13.5MB
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象
・企業(異業種)参入による農地利用型農業ビジネス(農業生産法人タイプ/一般法人農地リースタイプ)
・企業(異業種)参入による施設栽培型農業ビジネス(完全人工光型/太陽光・人工光併用型/太陽光利用型)
調査方法:国内関係諸機関・企業に対して、弊社専門研究員による直接面接取材、及びE-mail、電話を使用したアンケート調査、情報収集を実施。また、各種文献調査、インターネットホームページ等より情報収集・整理を実施。
調査期間:2017年4月~2017年6月

資料ポイント
Close

  • 本調査レポートでは、有力企業・大企業の農業ビジネス参入を農地利用型、施設栽培型別、及び業種別、営農類型別に分類・整理するとともに、企業による最新の栽培事業の動向や、省力化・IT化ニーズを探り、フードチェーン化する農業ビジネスの実践事例等、注目ビジネスも取上げ、農業ビジネスの現状・トレンドと今後の方向性を探ります。
  • また、植物工場の市場実態について、異業種参入以外の独立系企業の動向も合わせて詳述し、植物工場市場の現状と市場規模予測も掲載。
     

資料概要
Close

第1章 国内農業の現状と将来展望
第2章 有力企業による農業ビジネス参入動向と将来展望
第3章 業種別農業参入企業動向
第4章 営農類型別農業参入企業動向
第5章 有力参入企業の個別動向(30社)
第6章 農業ビジネス参入企業・団体の簡易個別動向(375社・団体:393施設)

リサーチ内容

■掲載内容

調査資料のポイント

1.農業ビジネスとは
2.企業による農業ビジネス参入活発化の背景
3.農産物バリューチェーンの概要
4.増え続ける企業の農業参入
5.農業ビジネスの市場動向
6.農業ビジネスの市場規模推移(2011~2016度)

第1章 国内農業の現状と将来展望

1.全国の農家数の減少傾向と国内農業の課題
  (1)販売農家戸数の推移(1995~2016年)
  (2)販売農家における農業生産関連事業に取り組んでいる割合(2016年)
  (3)農業就業人口の推移(2004~2016年)
2.農作物の作物状況と総生産額
  (1)農業総産出額と生産農業所得推移(1984、2010~2015年)
  (2)農作物の作付面積推移(2009~2015年)
3.急増する農地所有適格法人(農業生産法人)の状況
  (1)農業法人の種類
  (2)現行の農地所有適格法人(農業生産法人)の農地権利取得の要件
  (3)組織形態別農地所有適格法人(農業生産法人)数の推移(2006~2016年)
  (4)主要生産作物別農地所有適格法人(農業生産法人)構成比(2016年)
4.農業の6次産業化への取組状況
5.国際経済連携動向~日本における経済連携協定(EPA/FTA/RCEP)の取り組み状況
  (1)日本における経済連携協定(EPA/FTA)の取り組み状況
  (2)日本における経済連携協定(RCEP)の取り組み状況

第2章 有力企業による農業ビジネス参入動向と将来展望

1.農業ビジネスの概要
  (1)農業ビジネスとは
  (2)企業による農業ビジネス参入活発化の背景
  (3)農産物バリューチェーンの概要
  (4)増え続ける企業の農業参入
  (5)企業の農業参入と農地法
  (6)農業の6次産業化とは
2.農業ビジネスの市場動向
  (1)農業ビジネスの全体動向
  (2)農業ビジネス全体市場規模推移(2011~2016年度)
  (3)企業の農業ビジネス参入スタイル
    ① 農地利用型
    ② 施設栽培型
  (4)農地利用型ビジネスの市場動向
    ① 企業(異業種)の農業参入市場規模推移(農地利用型:2011~2016年度)
    ② 参入企業動向
    ③ 現状の課題点と今後の方向性
    ④ 今後の市場規模予測と見通し(農地利用型:2017~2022年度)
  (5)施設栽培型ビジネスの市場動向
    ① 企業(異業種)の農業参入市場規模推移(施設栽培型:2011~2016年度)
    ② 施設栽培タイプ別の動向
    ②-1 完全人工光型植物工場
    ②-2 太陽光・人工光併用型植物工場
    ②-3 太陽光利用型栽培施設
    ③ 参入企業動向
    ③-1 完全人工光型植物工場
    ③-2 太陽光・人工光併用型植物工場
    ③-3 太陽光利用型栽培施設
    ④ 独立系企業・農業法人系企業の参入動向
    <植物工場(施設栽培型ビジネス)一覧>
    □完全人光型植物工場
    □太陽光・人工光併用型植物工場
    □太陽光利用型栽培施設
    ⑤現状の課題点と今後の方向性
    ⑥今後の市場規模予測と見通し(施設栽培型:2015~2022年度)
3.農業関連注目ビジネス動向
  (1)アグリメディア
    ~シェア畑やアグリパークなどを軸に農業ベンチャーとして日本の農業の可能性を追求する~
  (2)オイシックス
    ~脱JAルートによる ECサイトを主軸とした国内外への安心・安全な生鮮食品供給~
  (3)西日本鉄道株式会社
    ~あまおうワインなどによる沿線地域活性化の取組み ~
  (4)ベルグアース
    ~日本一の生産量を誇る野菜接ぎ木苗の高付加価値な農産物づくりへの貢献~
  (5)マイファーム
    ~農園事業をメインに新しい農業の形を創りだす事業を行い、自産自消を推進~
4.拡大が見込まれる機能性農産物の市場概況
  (1)市場定義
  (2)主な機能性農産物
  (3)主要参入企業
  (4)機能性農産物の市場規模
  (5)機能性表示食品(農産物)の商品動向
  (6)現状の課題・問題点
5.農産物の新しい流通ビジネスの動向
  (1)増加する卸売市場外流通
  (2)青果物流通における主要プレーヤーと業界構造・特性
  (3)青果物流通の市場特性と課題
  (4)青果物における卸売市場流通と市場外流通の位置付け
  (5)今後の青果物市場外流通の市場性
6.日本企業による海外における農業ビジネスの動向
7.農業関連法規制・施策動向
  (1)日本再興戦略 ~「日本再興戦略 改訂2016」を閣議決定~
  (2)「日本再興戦略2016」における農業政策の方向性 ~農地中間管理機構の機能強化~
  (3)農林水産省における農業政策 ~2015年3月、新たな食料・農業・農村基本計画策定~
    ①2015年3月に「新たな食料・農業・農村基本計画」が閣議決定
    ②農地中間管理機構(農地集積バンク)について
8.農業ビジネスの現状課題と今後の方向性
  (1)参入企業動向から見る農業ビジネス展開の課題
  (2)農業ビジネスの今後の展望
9.今後の農業ビジネス市場規模予測と見通し(2017~2022年度)

第3章 業種別農業参入企業動向

1.建設業関連企業
  (1)参入企業動向
  (2)事業スキームと展開特性
  (3)栽培動向(栽培品種、種類、シーズン性)
  (4)販売動向
  (5)省力化・効率化・IT化ニーズ
  (6)農業ビジネスを展開する上での課題と克服ポイント
  (7)今後の農業ビジネスの方向性
2.鉄道・運送業関連企業
  (1)参入企業動向
  (2)事業スキームと展開特性
  (3)栽培動向(栽培品種、種類、シーズン性)
  (4)販売動向
  (5)省力化・効率化・IT化ニーズ
  (6)農業ビジネスを展開する上での課題と克服ポイント
  (7)今後の農業ビジネスの方向性
3.食品・飲料製造業関連企業
  (1)参入企業動向
  (2)事業スキームと展開特性
  (3)栽培動向(栽培品種、種類、シーズン性)
  (4)販売動向
  (5)省力化・効率化・IT化ニーズ
  (6)農業ビジネスを展開する上での課題と克服ポイント
  (7)今後の農業ビジネスの方向性
4.商社・食品卸売業関連企業
  (1)参入企業動向
  (2)事業スキームと展開特性
  (3)栽培動向(栽培品種、種類、シーズン性)
  (4)販売動向
  (5)省力化・効率化・IT化ニーズ
  (6)農業ビジネスを展開する上での課題と克服ポイント
  (7)今後の農業ビジネスの方向性
5.外食・中食産業関連企業
  (1)参入企業動向
  (2)事業スキームと展開特性
  (3)栽培動向(栽培品種、種類、シーズン性)
  (4)販売動向
  (5)省力化・効率化・IT化ニーズ
  (6)農業ビジネスを展開する上での課題と克服ポイント
  (7)今後の農業ビジネスの方向性
6.量販店、コンビニ関連企業
  (1)参入企業動向
  (2)事業スキームと展開特性
  (3)栽培動向(栽培品種、種類、シーズン性)
  (4)販売動向
  (5)省力化・効率化・IT化ニーズ
  (6)農業ビジネスを展開する上での課題と克服ポイント
  (7)今後の農業ビジネスの方向性
7.その他業種(ガス、電機、各種製造業、他)
  (1)参入企業動向
  (2)事業スキームと展開特性
  (3)栽培動向(栽培品種、種類、シーズン性)
  (4)販売動向
  (5)省力化・効率化・IT化ニーズ
  (6)農業ビジネスを展開する上での課題と克服ポイント
  (7)今後の農業ビジネスの方向性

第4章 営農類型別農業参入企業動向

1.水稲
  (1)参入企業動向
  (2)栽培動向
  (3)販売動向
  (4)省力化・効率化・IT化ニーズ
  (5)農業ビジネスを展開する上での課題
  (6)今後の農業ビジネスの方向性
2.野菜
  (1)参入企業動向
  (2)栽培動向
  (3)販売動向
  (4)省力化・効率化・IT化ニーズ
  (5)農業ビジネスを展開する上での課題
  (6)今後の農業ビジネスの方向性
3.果樹
  (1)参入企業動向
  (2)栽培動向
  (3)販売動向
  (4)省力化・効率化・IT化ニーズ
  (5)農業ビジネスを展開する上での課題
  (6)今後の農業ビジネスの方向性
4.花き
  (1)参入企業動向
  (2)栽培動向
  (3)販売動向
  (4)省力化・効率化・IT化ニーズ
  (5)農業ビジネスを展開する上での課題
  (6)今後の農業ビジネスの方向性

第5章 有力参入企業の個別動向(30社)

【建設業関連企業】
株式会社ドームファーム北杜(飛島建設)
  ~先端技術を用いたエアドーム型植物工場による農業を行い、生産性の向上と安定生産を実現~

株式会社ニシケン
  ~未来型植物工場運営によるアグリ事業、高齢者の雇用創出、食料自給率の向上に貢献~

株式会社ベリーネ(中電工)
  ~地域密着型企業運営による農業参入を通して、担い手育成、耕作放棄地解消や地域の活性化に貢献~

株式会社リッチフィールド美浦(東急建設)
  ~最新鋭の環境制御装置を駆使する新しい農業への挑戦と地域の発展への貢献~

【鉄道・運送業関連企業】
近鉄不動産株式会社
  ~近鉄ふぁーむ花吉野での農産物生産による事業領域の拡大と鉄道沿線地域の活性化~

JR九州ファーム株式会社
  ~農業事業を拡大、青果店出店等による6次化の推進でブランド化を狙う~

両備ホールディングス株式会社
  ~水耕栽培育ちの高品質な植物工場産野菜新ブランド「オルトラーノ」の立ち上げと普及推進~

【食品・飲料製造業関連企業】
カゴメ株式会社
  ~「トマトの会社から野菜の会社へ」を掲げ、トマト以外の生産・販売にも着手~

サントリーフラワーズ株式会社
  ~青いカーネーション「ムーンダスト」の認知度は年々向上~

日本デルモンテアグリ株式会社
  ~育てやすさとおいしさを追求したデルモンテの野菜苗で家庭菜園市場拡大を目指す~

白鶴ファーム株式会社
  ~農業法人設立により高品質な原料米、酒造好適米の安定確保を図る~

メルシャン株式会社
  ~高品質な原料の安定調達に向け、2017年春よりワイン用ブドウの植栽を拡充~

【商社・食品卸売業関連企業】
株式会社スプレッド(トレードグループ)
  ~次世代型植物工場『Techno Farm™』によるパートナーシップ事業の推進~

株式会社ベジ・ドリーム栗原(豊田通商)
  ~「安全・安心」で「新鮮でおいしい」パプリカを環境に配慮した植物工場で栽培~

郵船商事株式会社
  ~完全制御型人工光植物工場産の高品質、無農薬レタスを海陸で安定供給~

【外食・中食産業関連企業】
株式会社知久
  ~体に良い美味しい惣菜をお客様に提供するために安全な食材を求めて農業事業に参入~

有限会社ワタミファーム
  ~6次産業化モデル構築に向け、加工品のラインアップ拡充と販売先開拓~

【量販店・コンビニ関連企業】
イオンアグリ創造株式会社
  ~農産物のバリュチェーン改革を進め、日本の農業活性化と地域社会の活性化に貢献~

株式会社木田屋商店
  ~完全人工光型・多段式水耕栽培植物工場による安心で安全な野菜の安定供給~

株式会社セブン&アイ・ホールディングス
  ~「セブンファーム」の設立による環境にやさしい「完全循環型農業」の実施~

株式会社トーホーファーム
  ~「食を通して社会に貢献する」トーホーが農業法人設立し農業ビジネス本格参入~

【その他業種(ガス、電機、各種製造業、他)】
アイリスオーヤマ株式会社
  ~国内最大級の精米工場と業界初の低温製法で米事業参入、日本の農業を変える~

NKアグリ株式会社
  ~リコピン人参等を地域の旬をつないだバリューチェーンで流通させる事業モデルの構築~

株式会社果実堂
  ~サイエンス農業とICTを融合した先端農業技術の確立と高品質ベビーリーフの生産~

株式会社クボタ
  ~トータルソリューション提案で日本農業が抱える経営課題の解決を目指す実証ファームの展開~

株式会社コロナアグリ
  ~大地と水と空気にやさしい循環型農業による安全安心な農産物の提供~

JFEライフ株式会社
  ~鉄鋼メーカーで培った技術力を活用し、省コストの植物工場を展開~

ジャパンアグリバイオ株式会社
  ~「デュメンオレンジ」によるブランディング戦略の試み ~

日本アドバンストアグリ株式会社(ツジコー)
  ~植物工場による機能性植物栽培や天然機能性素材生産というライフサイエンス事業への進化~

日本製紙株式会社
  ~高アントシアニン茶品種「サンルージュ」の育苗を実現 認知向上に取り組む~

第6章 農業ビジネス参入企業・団体の簡易個別動向(375社・団体:393施設)

<①完全人工光型植物工場(91社・団体、95工場)>
(株)土屋特殊農機具製作所、社会福祉法人旭川盲人福祉センター、
社会福祉法人クピド・フェア、蛍慈会 石木医院、セコム工業(株)、
(株)バイテックファーム大館、横手精工(株)、(株)山形包徳、(有)安全野菜工場、
遠藤商事(株)、(株)しらかわ五葉倶楽部、(株)KiMiDoRi、キユーピー(株)、
パナソニック(株)、ひまわり信用金庫、会津富士加工(株)、東西しらかわ農業協同組合、
富士通ホーム&オフィス、サービス(株)、フタバ食品(株)、(株)成電工業、
(株)大泉野菜工房、ハイテック羽生、片倉工業(株)、(株)エージーピー、
(有)アーバンファーム、浦安市(入船中学)、(株)サイテックファーム、(株)リバネス、
(株)伊東屋、(有)東京ドリーム、楽天ソシオビジネス(株)、京王電鉄(株)、
昭和飛行機工業(株)、日本サブウェイ(株)、(株)Shune365、(株)コロワイドMD、
(株)脇坂園芸、(有)安全野菜工房新潟工場、(有)松代ハイテクファーム、清鋼材(株)、
スマイルリーフスピカ、富山市、東亞合成(株)、(株)バイテックファーム七尾、
ツダコマ・ゼネラル・サービス(株)、(株)NOUMANN、(株)ハイテクファーム、
(株)木田屋商店、郵船商事(株)、ユニテック(株)、(株)ストリーム、
(有)安曇野三郷ハイテクファーム、協栄興産(株)、(株)村上農園、小林クリエイト、
(株)エム式水耕研究所、愛知豊橋次世代施設園芸推進コンソーシアム、(株)晃商、
小橋電機(株)、日本アドバンストアグリ(株)、(株)スプレッド、(株)みらくるグリーン、
ハートランド(株)、関西鉄工(株)、オリックス農業(株)、(株)ファームシップ、
兵庫ナカバヤシ(株)、阪神電気鉄道(株)、日本山村硝子(株)、近畿日本鉄道(株)、
奈良交通(株)、エイコー電子工業(株)、Y&G.ディストリビューター(株)、
(株)夢ファーム有漢、(有)翔和、恒次工業(株)、両備ホールディングス(株)、
(株)ウベモク、(株)那賀ベジタブル、日清紡ホールディングス、アグリサーチ、
ローム(株)、(株)ニシケン、(有)夢野菜おおざいファーム、
(株)バイテックファーム薩摩川内、日本ガス(株)、NPO初穂、(株)エスペレ、
(株)ぐしけん、柿田川野菜/ミツイシ野菜工房

<②太陽光・人工光併用型植物工場(16社・団体、21工場)>
(株)北海道サラダパプリカ、(株)フローリテックジャパン、(株)燦燦園、
(有)熊谷園芸、JFEライフ(株)、(株)グリーンズプラント中越、
(有)グリーンズプラント巻、わかば農園(株)、富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム、
(株)サイエンス・クリエイト、(株)サンライズファーム豊田、クニエダ(株)、
三菱ケミカル(株)、エスジーグリーンハウス(株)、(有)メルヘンローズ、
(有)スウェデポニック久住

<③太陽光利用型栽培施設(92社・団体、101施設)>
JA士幌町、エア・ウォーター農園、(株)東神楽温室園芸、(株)北栄ファーム、
(有)神内ファーム二十一、(有)八丸八ファーム、苫東ファーム(株)、
北海道次世代施設園芸コンソーシアム、共伸園、(株)サンフレッシュ小泉農園、
(株)GRA、(株)アグリ・パレット、(株)イグナルファーム、(株)スワンドリーム、
(株)未来彩園、(有)マルセンファーム、(有)サンアグリしわひめ、
(株)サイゼリヤ、(株)ベジ・ドリーム栗原、(株)東部環境、フーズロイヤル(株)、
マキシマファーム(株)、(有)サンフレッシュ松島、リッチフィールド栗原(有)、
亘理町いちご団地管理組合、石巻次世代施設園芸コンソーシアム、
(株)JRとまとランドいわきファーム、(株)Jファーム、いわき小名浜菜園(株)、
(株)新地アグリグリーン、大農水耕生産組合、南相馬復興アグリ(株)、
(有)アクト農場、(株)つくば菜園、(株)リッチフィールド美浦、美野里菜園、
埼玉次世代施設園芸コンソーシアム、(株)山田みどり菜園、(株)村上農園、日東紡績(株)、
京王電鉄(株)、小田急電鉄(株)/神奈川中央交通(株)、(株)妙高ガーデン、
富山スマートアグリ次世代施設園芸拠点整備協議会、(有)アグリマインド、
(株)ドームファーム北杜、(株)オリエンタルランド、(株)九州屋、マルファーム、
GOKOカメラ、いちご平ファーム、エア・ウォーター農園、オリックス八ヶ岳農園(株)、
(株)住化ファーム長野、(株)信州サラダガーデン、JR東海商事(株)、
アグリパーク南陽(株)、うれし野アグリ(株)、(株)住化ファーム三重、東海運(株)、
社会福祉法人美輪湖の家、浅小井農園、クボタサンベジファーム、
(株)兵庫ネクストファーム、近畿日本鉄道(株)、NKアグリ(株)、加太菜園(株)、
(株)センコースクールファーム鳥取、(株)日本農園、(有)グリーンファーム沖美、
世羅菜園、(株)クリエイト伊方、(株)石川興産、ベルグアース(株)、
(有)四万十みはら菜園、還元野菜プロジェクト、
高知県次世代施設園芸団地推進協議会、響灘菜園(株)、(株)NJアグリサポート、
(株)堀内組、(株)果実堂、JR九州ファーム(株)、熊本県経済農業協同組合連合会、
(株)リッチフィールド由布、エコファーム21、(株)みらいの畑から/JNC(株)、
大分県次世代施設園芸推進協議会、農協共済別府リハビリテーションセンター、
(有)ジェイエイファームみやざき中央、JR九州ファーム(株)、(株)宮崎太陽農園、
(株)沖縄村上農園、みやこ福祉会

<④その他企業(176社・団体、176施設)>
(福)はばたき旭川盲人センタースリーエフ、かわにしの丘しずおか農場(株)、
(株)モス・サンファームむかわ、(株)ローソンファーム十勝、
(株)ローソンファーム北海道岩内、(株)ローソンファーム北海道本別、
(株)神戸物産エコグリーン北海道、(株)北海道興農社、
(有)アグリ・コーポレーション、(有)コントラクター旭川、
(有)ビジネスファーム、(有)香遊生活、(有)神内ファーム二十一、
(有)鶴沼ワイナリー、あすなろ理研(株)、(株)花田建設、成和建設(株)、
(株)ローソンファーム石巻、(株)一ノ蔵、(株)しらかみファーマーズ、
秋田運送(株)、(株)住化ファーム山形、(株)むらせ農園、(株)リアルトリート、
(株)ヴァレンチア、(株)ローソンファーム茨城、(株)住化ファーム茨城、
(有)ユニオンファーム、(一社)ソーシャルファーム栃木、
(株)マルイ洋蘭開発センター、(株)つばさグリーンファーム、
(有)サンポーファーム、(有)モリシゲ物産、(有)豆太郎、
(株)ローソンファーム千葉、(株)フレボファーム、(株)レリアン、
東京グリーンシステムズ(株)、松浦企業(株)、奥越部品(株)、
(株)江口設備工業、(株)ローソンファーム新潟、(株)板垣組、頸城建設(株)、
(株)スギヨファーム、たとみ農園(株)、ユニテック(株)、
(株)ローソンファーム山梨、(株)甲府ワインポート、(有)アグリマインド、
NPO法人エリスン、安曇野ワイナリー(株)、(株)モスファーム信州、水野建設(株)、
小林工業(株)、和仁建設(株)、(株)アグリビジネスリーディング、
(株)うまヘルシー、(株)ハラダ製茶農園、(株)まるやま農場、
(株)モスファームすずなり、日本豊受自然農(株)、(有)コスモグリーン庭好、
(有)佐野舎、(有)静岡ミストファーム、(株)サンライズファーム豊田、
(株)トウチュウ、(株)マリノ、(株)ローソンファーム愛知、関谷醸造(株)、
中電ウイング(株)、(有)お花屋さんぶんご清川、(有)五常相建、アイビーエー(株)、
(有)玉城アクトファーム、(株)メリーデイズ、アグリジャパン(株)、
(株)かんでんエルハート、(株)みらくるグリーン、青花食研(株)、
(株)ローソンファーム兵庫、光明建設(株)、山陽Amnak(株)、(有)類農園、
(株)かわばた、(株)ローソンファーム鳥取、(有)サンドリップ、(有)川﨑電気、
(有)池本CB建設、いずも八山椒(有)、益田興産(株)、(株)サンエイト、
(株)愛ランドファーム、(株)吉崎工務店、(株)錦織農園、須佐チップ工業(有)、
(有)中筋ファーム、由志園アグリファーム(株)、森山建設(株)、
(有)アグリ元気岡山、イノチオフローラ(株)、(株)カンサイ、
(株)ローソンファーム広島神石高原町、(株)日本ゆずレモン、三島食品(株)、
(株)常盤商会、(株)アグリベスト、西地食品(有)、(福)琴平町社会福祉協議会、
(株)ヤマヒサ、愛工房(株)、(株)サンライズファーム西条、
(株)ローソンファーム愛媛、企業組合いわまつ、特定非営利団体段畑を守ろう会、
三原村農業公社、タマアグリ(株)、(株)ウキシロファームコーポレーション、
(株)クオリティサービス、アルミス、(株)トワード、(株)野の花農園、
農業組合法人多良岳、(有)西山田農園、ダイヤファーム、愛菜ファーム(株)諫早農場、
(株)諫干ドリームファーム、(株)ハルフードシステム、
(有)グリーンケア・はりお、重松ファーム、チッソ(株)水俣製造所、ひかりっこ工房、
(株)JJファーム、(株)モスファームマルミツ、(株)モスファーム熊本、
(株)ローソンファーム熊本、(株)吉永商会、(株)南阿蘇農園、熊本部品(株)、
キングラン南国農園大分(株)、くしふるの大地、げんきファーム、
コバシ(株)大分工場、シセイ・アグリ(株)、(株)太陽のアトリエ、
(株)チャレンジファーム、(株)ドリーム九重、(株)らいむ工房、(株)ルックス、
(株)ローソンファーム大分、(株)ローソンファーム大分豊後大野、(株)丸高建設、
(株)住化ファームおおいた、(株)大分ボール種苗センター、九州ジージーシー(株)、
ウエルファームMINORI、日本薬品開発(株)、(有)アクト・グリーン、
(有)フラワーうさ、(有)亀の甲、(有)橋本産業、(有)熊谷組、(有)小山組、
(有)美健コーポレーション、FBファーム、オーガニックファーム、
(株)東久農園、(株)ローソンファーム宮崎、(株)霧立山地・ごかせ農園、
(有)都農ワイン、(株)ローソンファーム鹿児島、(株)岩本建設、(株)藤井建設、
(有)ハラダ製茶農園 屋久島農場、(有)曽木農産、(株)あいあいファーム

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59102400 2017 ITアウトソーシング市場総覧 ~オンサイト運用保守/データセンター/クラウド~
C59108400 2017年版 医療用ポンプ市場の現状分析と中期予測
C59101400 2017年版 惣菜(中食)市場の実態と将来展望
C59107400 2017年版 食品宅配市場の展望と戦略