2018-2019 スマートフォン連携サービス・機器・NFC市場展望

発刊日
2018/06/下旬
体裁
A4 / 約400頁
資料コード
C60110000
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

270,000
250,000
20,000
270,000
250,000
20,000
302,400
280,000
22,400
540,000
500,000
40,000
572,400
530,000
42,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • スマートフォン連携機器(コンシューマエレクトロニクス製品、カーエレクトロニクス、玩具、ヘルスケア機器等)の搭載インターフェースと市場規模(国内及びグローバル)を分析
  • ケーブル接続規格(USB/MHL、HDMI)、ワイヤレス接続規格(WiFi、Bluetooth、NFC等)、ストレージ(SDカード、SIMカード)の最新動向・市場規模・将来予測を連携機器と併せて収録
  • NFCのグローバル展開状況及びモバイルペイメント・モバイル決済(SNS決済)の動向を調査
  • スマートハウス関連(AIスピーカー、スマートロック、スマートLED)分析
  • 車載連携機器・インターフェース(AndroidAuto/CarPlay、車載スマートロック)分析
  • プラットフォーム企業(Google、Apple)、機器メーカー(サムスン、華為ほか)の企業戦略・市場規模・将来予測
  • 各カテゴリにおける連携アプリケーション、サービスについても分析を実施

リサーチ内容

2018年5月31日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査結果のポイント

1:スマートフォン連携市場の概要①
2:スマートフォン連携市場の概要②
3:スマートフォンのインターフェース搭載状況
4:NFC市場

第1章.総論

1:スマートフォン連携市場総論
  1-1:スマートフォン連携市場の今後「スマートホーム」
  1-2:スマートフォン連携市場の今後「カーエレクトロニクス」
  1-3:アプリケーション・コンテンツのクラウド化
  1-4:「クロスマーケティング」におけるスマートデバイスの位置づけ
  1-5:スマホ「キャッシュレス化」の動向
  1-6:第5世代携帯電話システム(5G)の開発

第2章.連携機器市場動向

1:スマートフォン
  1-1:国内携帯電話契約数
  1-2:MVNO(仮想通信事業者)ビジネス市場動向
  1-3:国内携帯電話出荷台数
  1-4:国内スマートフォン出荷台数動向
  1-5:国内SIMフリースマートフォン出荷台数動向
  1-6:グローバル携帯電話市場動向
  1-7:グローバル携帯電話端末市場動向
  1-8:スマートフォン市場概況
  1-9:インターフェース搭載状況
  1-10:スマートフォン市場今後の見通し
2:タブレット
  2-1:国内市場規模
  2-2:グローバル市場規模
  2-3:インターフェース搭載状況
  2-4:今後の見通し
3:スマートホーム機器
  3-1:スマートホーム機器・概要・国内市場規模
  3-2:AIスピーカー概要
  3-3:AIスピーカー国内市場規模
  3-4:スマートロック概要
  3-5:スマートロック国内市場規模
  3-6:その他スマートホーム機器国内市場規模
  3-7:AIスピーカー・グローバル市場動向
  3-8:同市場規模
  3-9:スマートロック市場動向
  3-10:同市場規模
  3-11:その他スマートホーム機器市場動向
  3-12:その他市場規模
  3-13:インターフェース搭載状況
  3-14:スマートフォン、タブレットへの対応状況
  3-15:アプリケーションの連携事例
  3-16:今後の見通し
4:ウェアラブル機器(スマートバンド・スマートウォッチ)
  4-1:セルフケア健康機器・概要・国内市場規模
  4-2:スマートバンド概要
  4-3:スマートバンド国内市場規模
  4-4:スマートウォッチ概要
  4-5:スマートウォッチ国内市場規模
  4-6:スマートバンド・グローバル市場動向
  4-7:同市場規模
  4-8:スマートウォッチ・グローバル市場動向
  4-9:同市場規模
  4-10:インターフェース搭載状況
  4-11:スマートフォン、タブレットへの対応状況
  4-12:アプリケーションの連携事例
  4-13:今後の見通し
5:VR・AR・MR対応ヘッドマウントディスプレイ・スマートグラス
  5-1:・HMD・スマートグラス概要・国内市場規模
  5-2:HMD概要
  5-3:HMD国内市場規模
  5-4:スマートラス概要
  5-5:スマートグラス国内市場規模
  5-6:スマートグラス・グローバル市場動向
  5-7:同市場規模
  5-8:スマートグラス・グローバル市場動向
  5-9:同市場規模
  5-10:インターフェース搭載状況
  5-11:スマートフォン、タブレットへの対応状況
  5-12:アプリケーションの連携事例
  5-13:今後の見通し
6:パーソナルコンピュータ
7:薄型テレビ
8:プリンター
9:デジタルカメラ・デジタルビデオカメラ・ウェアラブルカメラ
10.オーディオ機器(ヘッドホン、アクティブスピーカー)
11:デジタルビデオレコーダー(DVR)

6~11-1:概要
6~11-2:国内市場規模
6~11-3:グローバル市場規模
6~11-4:スマートフォン・タブレットの影響
6~11-5:インターフェース搭載状況
6~11-6:スマートフォン、タブレットへの対応状況
6~11-7:アプリケーションの連携事例
6~11-8:今後の見通し

12:自動車・カーシェアリング・カーエレクトロニクス
  12-1:ガイヨウ
  12-2:国内自動車・自動車関連サービス(レンタカー、カーリース、カーシェアリング、ライドシェア)・カーナビゲーション市場規模
  12-3:グローバル自動車市場・自動車関連サービス(レンタカー、カーリース、カーシェアリング、ライドシェア)・カーナビゲーション市場規模
  12-4:インターフェース搭載状況
  12-5:スマートフォン、タブレットへの対応状況
  12-6:車載機器連携プラットフォームの動向  
    12-6-1:Google「AndroidAuto」
    12-6-2:Apple「CarPlay」
    12-6-3:トヨタ自動車「T-コネクト」
    12-6-4:GM「OnStarGo」
    12-6-5:BMW「BMW コネクテッド・ドライブ・ストア」
    12-6-6:その他サービス
13:玩具・ホビープロダクト・ゲーム機
  13-1:概要
  13-2:玩具国内市場規模
  13-3:家庭用ゲーム機国内市場規模
  13-4:同グローバル市場規模
  13-5:スマートフォン・タブレットの影響
  13-6:インターフェース搭載状況
  13-7:スマートフォン・タブレットへの対応状況
  13-8:アプリケーションの連携事例
  13-9:今後の見通し
14:パーソナルロボット
  14-1:概要
  14-2:パーソナルロボットの状況
  14-3:国内市場規模
  14-4:インターフェース搭載状況
  14-5:パーソナルロボット連携の仕組み
  14-6:今後の見通し

第3章.インターフェース市場動向

1:ケーブル接続規格まとめ
2:HDMI(High-Definition Multimedia Interface)
3:USB(Universal Serial Bus)  
4:MHL(Mobile High-definition Link)
5:Apple Dockコネクタ・Lightningコネクタ
6:Phoneプラグ/ジャック(3.5mmプラグ/ジャック)

1~6-1:規格概要・特徴
1~6-2:搭載機器と市場規模
1~6-3:メリットと問題点
1~6-4:スマートフォン・タブレット対応状況
1~6-5:今後の見通し

7:無線通信規格まとめ
8:Bluetooth
9:WiFi
10:NFC
11:無接点給電規格
12:ZigBee
13:TransferJet

7~13-1:規格概要・特徴
7~13-2:搭載機器と市場規模
7~13-3:メリットと問題点
7~13-4:スマートフォン・タブレット対応状況
7~13-5:今後の見通し

14:外部ストレージ規格まとめ
15:SDメモリカード
  15-1:規格概要・特徴
  15-2:搭載機器と市場規模
  15-3:メリットと問題点
  15-4:スマートフォン・タブレット対応状況
  15-5:今後の見通し
16:移動体通信(4G・5G)
  16-1:規格概要・特徴
  16-2:搭載機器と市場規模
  16-3:メリットと問題点
  16-4:スマートフォン、タブレット対応状況
  16-5:今後の見通し
17:インターフェース動向まとめ

第4章.国内NFC市場動向

1:国内電子決済、EC決済市場概況
2:国内非接触ICカード市場概況
3:QRコード決済概況
4:携帯電話・スマートフォンへのICカード機能搭載
5:おサイフケータイで運用されるアプリケーションの概要
  5-1:金融分野
  5-2:電子マネー
  5-3:身分証明書
  5-4:公共交通乗車券
6:おサイフケータイの普及状況
  6-1:通信事業者別普及状況
  6-2:おサイフケータイ・電子マネー利用者数
7:電子マネー決済金額予測
8:おサイフケータイ搭載携帯電話出荷台数
9:スマートフォン決済動向
  9-1:ApplePay
  9-2:AndroidPay
  9-3:その他
10:QRコード決済動向
  10-1:LINEPay
  10-2:楽天Pay
  10-3:d払い(ドコモ払い)
  10-4:その他
11:NFC市場の見通し

第5章.グローバルNFC市場動向

1:非接触ICカードの普及状況
2:グローバルにおけるNFC展開状況
  2-1:概況
  2-2:モバイルペイメントの定義
  2-3:クレジットカードのEMV対応状況
  2-4:スマートフォン決済の動向
  2-5:主要市場の動向
    2-5-1:米国
    2-5-2:韓国
    2-5-3:中国
    2-5-4:台湾
    2-5-5:フランス
    2-5-6:英国
    2-5-7:その他
3:QRコード決済普及状況
  3-1:Alipay(支付宝)
  3-2:WeChat Pay(微信支付)
4:プラットフォーム別 NFCへの取り組み
5:主な標準化団体の動向
  5-1:NFCフォーラム
  5-2:GSMA
6:主要スマートフォンプラットフォーム企業の動向
  6-1:Google「GooglePay」(AndroidPay)
  6-2:サムスン電子「SAMSUNG Pay」
  6-3:Apple「ApplePay」
  6-4:Microsoft「Microsoft Wallet」
7:NFC搭載スマートフォン市場規模予測
  7-1:NFC搭載スマートフォン出荷台数
  7-2:NFC搭載スマートフォン メーカー別出荷台数の見通し
  7-3:NFC搭載スマートフォン 地域別見通し
8:まとめ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

270,000
250,000
20,000
270,000
250,000
20,000
302,400
280,000
22,400
540,000
500,000
40,000
572,400
530,000
42,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。