ファッション産業の新潮流 ~ファッションテックとマスカスタマイゼーション~

アパレル業界は見込生産を前提としたサプライチェーン体制でモノづくりをし、見込はずれが招いた大量の不良在庫を積み上げている。これら大量の不良在庫は原料、エネルギーなどの環境負荷の増加を招き、サスティナビリティにおいて疑義を生ぜしめ、業界企業の成長を阻害する構造的な問題として顕在化している。
過剰生産は1990年初頭のバブル崩壊後、国内企業が生産コストの低い中国、東南アジアに生産拠点を移転したことに始まり、その後、「ザラ」「ユニクロ」などのグローバルSPA、「H&M」「フォーエバー21」などのファストファッションが興隆し、国内流通量と実際購入される需給ギャップがさらに拡大していく。
このようなアパレル業界の構造的な問題解決にマスカスタマイゼーションの導入が注目されている。同時にファッションテックと呼ばれるAIやテクノロジーを活用したソリューションを導入することで、需要予測やエンドユーザーの需要喚起に役立てている企業が増えている。
本調査レポートでは従来型のサプライチェーンから、生産性の向上、在庫レス、機会ロスの低減に向けた先進的な取組みを行っている事例を調査し、アパレル産業における新しいサプライチェーン構築に向けた方向性をレポート。

発刊日
2019/07/31
体裁
A4 / 218頁
資料コード
C61108900
PDFサイズ
8.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:アパレル業界は見込生産を前提としたサプライチェーン体制でモノづくりをし、見込はずれが招いた大量の不良在庫を積み上げている。このアパレル産業の課題解決に向け、マスカスタマイゼーションが導入され、またファッションテック企業の取組みが注目されている。本調査はアパレル産業の課題解決に向けた新しいサービス、企業に着目し、その動向をレポートすることを目的とした。
調査対象
(1)国内主要アパレルメーカー、アパレル小売業
(2)弊社が選出したマスカスタマイゼーション導入企業
(3)弊社が選出したファッションテック展開企業
(4)弊社が選出したスマートテキスタイル展開企業
調査方法:直接面接ヒアリング、アンケート郵送法、文献調査
調査期間:2019年5月~2019年7月

資料ポイント
Close

  • 主要なファッションテック企業、マスカスタマイゼーション企業、スマートテキスタイル企業の取組み
  • 従来型サプライチェーン企業の勝ち組と将来の生き残り企業を分析
  • アパレル、小売が抱えるSCMの問題点と5年後のマスカスタマイゼーション市場予測

資料概要
Close

第1編 アパレル産業の現状と展望
第2編 従来型サプライチェーン企業の現状分析
第3編 マスカスタマイゼーション導入企業の動向
第4編 ファッションテック企業の動向
第5編 スマートテキスタイル展開企業の動向
第6編 アンケート調査分析

リサーチ内容

サマリー

第1編 アパレル産業の現状と展望

1.衰退する国内繊維産業の生き残り戦略
  (1)国内繊維産業の衰退
  (2)国内市場における衣類の輸入浸透率と貿易収支
  (3)国内供給数量と衣料品消費支出額の推移
  (4)国内繊維・アパレル産業の現状と課題
2.繊維・アパレル産業のサプライチェーンの特徴
  (1)川上・川中・川下の段階別市場規模推計と予測
  (2)国内繊維・アパレル企業が目指すべき方向性

第2編 従来型サプライチェーン企業の現状分析

1.従来型アパレルメーカーの現状と課題
2.アパレル小売業の現状と課題
3.アパレル、小売業の財務比較分析
4.アパレル、小売業の財務データの相関分析

≪資料編 主要企業の業績動向と業績見込み≫
  1.青山商事
  2.AOKIホールディングス
  3.コナカ
  4.はるやまホールディングス
  5.オンリー
  6.ファーストリテイリング
  7.ユナイテッドアローズ
  8.ライトオン
  9.アダストリア
  10.しまむら
  11.ハニーズホールディングス
  12.良品計画
  13.西松屋チェーン
  14.バロックジャパンリミテッド
  15.パルグループホールディングス
  16.オンワードホールディングス
  17.三陽商会
  18.ワールド
  19.TSIホールディングス
  20.レナウン

第3編 マスカスタマイゼーション導入企業の動向

1.マスカスタマイゼーションの全体動向
2.マスカスタマイゼーション市場の展望
3.主要企業の事業戦略
  ①株式会社アシックス(アシックス・カスタム・フィット)
  ②光和衣料株式会社(オートファクトリーシステム)
  ③セーレン株式会社(ビスコテックス メイク・ユア・ブランド)
  ④株式会社FABRIC TOKYO(FABRIC TOKYO)
  ⑤株式会社フクル(フクルSCMシステム)

 新しいサプライチェーンの構築を目指す注目企業
  ①株式会社オールユアーズ
  ②株式会社10YC
  ③丸井織物株式会社

第4編 ファッションテック企業の動向

1.ファッションテック企業の全体動向
2.主要企業の事業戦略
  ①サイジニア株式会社(パシャリィ)
  ②スタイラー株式会社(フェイシー)
  ③SENSY株式会社(SENSY MARKET BRAIN, SENSY MD)
  ④株式会社ニューロープ(カブキスキャナー)
  ⑤株式会社ルグラン(テンキュール)
  ⑥株式会社TFL

第5編 スマートテキスタイル展開企業の動向

1.ストレッチャブルデバイス(スマートテキスタイル)市場規模と予測
2.スマートテキスタイル展開企業の動向
3.主要企業の事業戦略
  ①帝人フロンティア株式会社
  ②東洋紡株式会社
  ③ミツフジ株式会社

第6編 アンケート調査分析

アパレル業界におけるSCMとファッションテック導入の現状
◇アンケート結果分析(サマリー)

【全体、売り上げ規模別、業種別】
  1.アパレルマーケットの低迷要因
  2.「ファッションテック」の認知度
  3.ファッションテックの取組状況
  4.サプライチェーンマネジメントにおける優先課題
  5.アパレル企業が生き残るために不可欠な要素
  6.前期の消化率(数量ベース)
  7.消化率の変動
  8.店頭投入からマークダウンをするまでの期間
  9.店頭投入からマークダウンをするタイミングは早まっているかどうか
  10.最終不良在庫の処分方法
  11.今後の経営戦略の方向性
  12.マスカスタマイゼーション導入の課題
  13.マスカスタマイゼーションの取組【現状】
     マスカスタマイゼーションの取組【5年後】

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。