2019年版 5G移動体サービス市場展望

5Gはこれまでの移動体通信サービスと比較して摘要範囲が広く、社会インフラとしての役割がより重要視される。特にIoT分野、自動車分野、XR(VR/AR/MR)分野での利用は有力視されている。
2020年から2022年頃に掛けて世界の通信事業者が相次いで商用サービスを開始するのに合わせ、端末メーカーも5G対応スマートフォンを導入予定である。一方で米中貿易摩擦の影響で移動体通信市場に於けるサプライチェーンは大きな影響を受けており、特に華為技術(中国)の問題は大きな影を落としている。
本調査レポートでは、5Gの基本線となる移動体通信市場の動向について纏める事に注力した。対象市場としては日本、米国、中国、EUを中心に、大手通信事業者の動向、大手端末メーカーの動向に注視した。

発刊日
2019/08/上旬
体裁
A4 / 約200頁
資料コード
C61112900
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 2020年より商用サービスが本格化する第5世代移動体通信サービスは高速・大容量化、ネットワークの強靭化・少遅延、多頻度・多数同時接続に対応することで、既存の4G・LTEと比較して様々な産業分野での活用が期待出来、新たな社会インフラとしての注目度が急速に高まっている。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに合わせて通信事業者各社が準備を進めている事も追い風になっている。毎日のように新聞・ネットで話題に上がっており、5GはIoT、自動運転に加え、少子高齢化・地方活性化といった社会問題への解決策の一つとしての期待も高まっている。
  • 商用サービス開始前の国内及びグローバル・主要市場における5Gの状況について調査・予測を行った。また、5Gの導入が期待される市場についてもピックアップして取り上げている。

リサーチ内容

2019年7月5日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査結果のポイント

1:国内GG契約数見通し
2:主要市場5G契約数見通し
3:5G対応スマートフォン出荷台数見通し

第1章.5G概要

1-1:移動体通信市場の変遷
1-2:データトラフィック量の増加
1-3:5G規格概要
1-4:電波使用状況
1-5:各種無線通信規格との仕様比較
1-6:5G導入ロードマップ

第2章.5G国内市場動向

2-1:日本市場の概況
2-2:国内移動体通信サービス契約数動向(2018年実績~2025年予測)
2-3:仮想通信事業者(MVNO)契約動向
2-4:日本市場における5G導入動向
2-5:大手通信事業者による5Gへの取り組み
  2-5-1:NTTドコモ
  2-5-2:KDDI(au)
  2-5-3:ソフトバンク
  2-5-4:楽天モバイル
【主な分析項目】
  ・5G対応インフラ・基地局の整備動向
  ・実証実験等5Gの取り組み状況
  ・料金政策
  ・5G契約数の見通し
  ・5G端末調達の見通し
  ・サービス開発に向けた取り組み
  ・5G契約数2018年実績~2025年予測

第3章.5G世界市場動向

3-1:携帯電話世界市場概況
3-2:世界市場移動体通信サービス契約数動向(2018年実績~2025年予測)
3-3:5G標準化動向
3-4:主要国の取り組み状況
  3-4-1:米国
  3-4-2:韓国
  3-4-3:中国
  3-4-4:欧州(EU)
  3-4-5:その他市場
【主な分析項目】
  ・周波数割り当て状況
  ・主要事業者の取り組み状況
  ・投資動向
  ・5G対応インフラ・基地局整備動向
  ・5G端末調達の見通し
  ・5G契約数2019年見込~2025年予測

第4章.5G端末市場動向

4-1:国内スマートフォン市場概況
4-2:国内5Gスマートフォン出荷台数見通し(2019年見込~2025年予測)
4-3:国内市場向けスマートフォン市場動向
  4-3-1:Apple
  4-3-2:シャープ
  4-3-3:ソニー
  4-3-4:京セラ
  4-3-5:Huawei
  4-3-6:SAMSUNG
  4-3-7:その他メーカー
【主な分析項目】
  ・5G端末開発・導入の見通し
  ・通信事業者向け、SIMフリー供給の見通し
  ・5G端末 2019年見込~2025年予測
4-4:スマートフォン世界市場概況
4-5:5Gスマートフォン出荷台数見通し(2019年見込~2025年予測)
4-6:主要国スマートフォン市場動向
  4-6-1:米国
  4-6-2:韓国
  4-6-3:中国
  4-6-4:欧州(EU)
【主な分析項目】
  ・参入メーカー
  ・5G端末導入が見込まれるメーカー
  ・市場の特殊要因
  ・5G端末 2019年見込~2025年予測
4-7:大手端末メーカーの取り組み状況
  4-7-1:SAMSUNG
  4-7-2:APPLE
  4-7-3:Huawei
  4-7-4:OPPO
  4-7-5:Xiaomi
  4-7-6:Vivo
  4-7-7:Transsion
  4-7-8:LG
  4-7-9:Others
【主な分析項目】
  ・5G端末開発・導入の見通し
  ・主な導入市場
  ・製品概要・特徴
  ・5G端末 2019年見込~2025年予測

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。