2019年版 セルフケア健康機器の市場実態と将来展望

「ロコモティブシンドローム」、「治療から予防へ」、「人生100年時代」など、セルフケアに関連するキーワードへの注目度が高まっている。人生100年時代の「マルチステージ人生」においては、健康の維持が非常に重要となり、セルフケア健康機器の重要性も高まると考えられる。
本調査レポートでは、セルフケア健康機器(家庭用)の「市場規模」や「メーカーシェア」、「参入企業動向(主要製品、販売戦略、今後の展開など)」、「将来展望」などの分析を行った。
掲載アイテムは、「電子血圧計」、「心電計」、「電子体温計」、「体重体組成計」、「歩数計・活動量計」、「フィットネス機器」、「マッサージチェア」、「各種マッサージャー」、「フェイスケア機器」、「電位治療器」、「低周波治療器」、「吸入器」である。

発刊日
2019/11/28
体裁
A4 / 197頁
資料コード
C61116400
PDFサイズ
7.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

137,500
125,000
12,500
137,500
125,000
12,500
170,500
155,000
15,500
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
412,500
375,000
37,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象品目
A.健康管理機器:電子血圧計、心電計、電子体温計、体重体組成計、歩数計・活動量計
B.フィットネス機器:トレッドミル、フィットネスバイク、ステッパー、乗馬系フィットネス機器、振動系フィットネス機器、EMS
C.健康回復機器:マッサージチェア、フットマッサージャー、ハンディマッサージャー、フェイスケア機器
D.健康治療機器:電位治療器、低周波治療器、吸入器
調査方法:直接面接取材、インターネットやその他の情報収集の複合調査
調査期間:2019年9月~2019年11月

資料ポイント
Close

  • 「人生100年時代」で重要性の高まる「セルフケア健康機器」の市場動向を分析
  • 「市場規模」や「メーカーシェア」、「参入企業動向」のほか、ウェアラブル端末によるバイタルセンシングなど、新たな展開について重点的に分析

資料概要
Close

第1章 セルフケア健康機器 市場総論とトピックス
第2章 セルフケア健康機器 市場各論編
第3章 参入企業実態編
第4章 参入企業個票

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 セルフケア健康機器 市場総論とトピックス

1.治療から予防へ
 1-1.「健康」と「セルフケア」
 1-2.「ICT」、「PHR」、「健康管理サービス」
 1-3.「コンティニュア」と「予防医療」
 1-4.「健康づくり対策」と「予防意識」
2.セルフケア健康行動と行動経済学
 2-1.長続きしないセルフケア健康行動
 2-2.セルフケア健康行動が続かない理由 ~行動経済学の観点から~
 2-3.セルフケア健康行動を促す手法 ~ナッジ~
 2-4.補論:経済産業省委託調査からの考察
3.セルフケア健康機器市場のトピックス
 3-1.ウェアラブル ヘルスケア デバイス
 3-2.ロコモティブシンドローム対策
 3-3.「ストレスチェック」義務化
 3-4.自治体によるセルフケアプログラム
 3-5.「健康」と「睡眠」
 3-6.人生100年時代と健康・セルフケア
4.新市場・関連製品動向
 (1)パルスオキシメーター
 (2)血糖測定器(非侵襲・低侵襲)
 (3)血中脂質測定器
 (4)心拍・脈拍測定器
 (5)脳活動計
 (6)簡易電機マッサージ機器

第2章 セルフケア健康機器 市場各論編

A.健康管理機器

1.電子血圧計
 1-1.市場概況
 1-2.市場規模、メーカーシェア
 1-3.主要参入企業動向
  (1)エー・アンド・デイ
  (2)テルモ
  (3)パナソニック
  (4)シチズン・システムズ
  (5)タニタ
  (6)オムロンヘルスケア
 1-4.将来展望 ~新たな測定手法・デバイス~
2.心電計
 2-1.市場概況
 2-2.市場規模、メーカーシェア
 2-3.主要参入企業動向
  (1)オムロンヘルスケア
  (2)トライテック
  (3)パラマ・テック
 2-4.将来展望 ~心電計付きスマートウォッチの登場~
3.電子体温計
 3-1.市場概況
 3-2.市場規模、メーカーシェア
 3-3.主要参入企業動向
  (1)オムロンヘルスケア
  (2)シチズン・システムズ
  (3)テルモ
 3-4.将来展望 ~新たな測定手法・サービスの登場~
4.体重体組成計
 4-1.市場概況
 4-2.市場規模、メーカーシェア
 4-3.主要参入企業動向
  (1)エー・アンド・デイ
  (2)オムロンヘルスケア
  (3)タニタ
  (4)パナソニック
 4-4.新製品動向 ~新たな製品とデータサービス~
5.歩数計・活動量計
 5-1.市場概況
 5-2.市場規模、メーカーシェア
 5-3.主要参入企業動向
  (1)タニタ
  (2)山佐時計計器
  (3)オムロンヘルスケア
  (4)シチズン・システムズ
  (5)パナソニック
 5-4.将来展望 ~スマートフォンアプリの脅威~

B.家庭用フィットネス機器

1.家庭用フィットネス機器市場の概況
 1-1.家庭用フィットネス機器市場の概要
  (1)家庭用フィットネス機器の分類
  (2)家庭用フィットネス機器のトレンド
  (3)主要なチャネルと参入企業
  (4)家庭用フィットネス機器の課題
 1-2.有酸素フィットネス機器の分類別市場概況
  (1)トレッドミル
  (2)フィットネスバイク
  (3)ステッパー
  (4)乗馬系フィットネス機器
  (5)振動系フィットネス機器
  (6)EMS
 1-3.主要参入企業動向
  (1)アルインコ
  (2)オークローンマーケティング
  (3)ドリームファクトリー
2.市場規模・将来展望
 2-1.市場規模
 2-2.将来展望

C.健康回復機器

0.電気マッサージ機器の分類と概況
 0-1.電気マッサージ機器の分類
 0-2.簡易電気マッサージ機器の概況
  (1)シート型マッサージャー
  (2)マッサージクッション
  (3)ネックマッサージャー
  (4)ハンド(手用)マッサージャー
  (5)アイマッサージャー
 0-3.簡易電気マッサージ機器の参入企業動向
  (1)アテックス
  (2)ドリームファクトリー
  (3)フジ医療器
1.マッサージチェア
 1-1.市場概況
 1-2.市場規模、メーカーシェア
 1-3.主要参入企業動向
  (1)大東電機工業
  (2)パナソニック
  (3)ファミリーイナダ
  (4)フジ医療器
 1-4.将来展望
2.フットマッサージャー
 2-1.市場概況、主要参入企業動向
  (1)大東電機工業
  (2)パナソニック
 2-2.市場規模、メーカーシェア
3.ハンディマッサージャー
 3-1.市場概況、主要参入企業動向
  (1)オムロンヘルスケア
  (2)大東電機工業
 3-2.市場規模、メーカーシェア
4.フェイスケア機器
 4-1.市場概況
 4-2.市場規模、メーカーシェア
 4-3.主要参入企業動向
  (1)パナソニック
  (2)ヤーマン
  (3)MTG
 4-4.将来展望

D.健康治療機器

1.電位治療器
 1-1.市場概況
 1-2.市場規模、メーカーシェア
 1-3.主要参入企業動向
  (1)ココロカ
  (2)コスモヘルス
  (3)白寿生科学研究所
2.低周波治療器(・高周波治療器)
 2-1.市場概況
 2-2.市場規模、メーカーシェア
 2-3.主要参入企業動向
  (1)伊藤超短波
  (2)オムロンヘルスケア
  (3)パナソニック
  (4)マルタカテクノ
3.吸入器
 3-1.市場概況、参入企業動向
  (1)エー・アンド・デイ
  (2)パナソニック
 3-2.市場規模、メーカーシェア

第3章 参入企業実態編

アテックス
アルインコ
エー・アンド・デイ
MTG
オムロンヘルスケア
シチズン・システムズ
大東電気工業
タニタ
テルモ
ドリームファクトリー
白寿生科学研究所
パナソニック株式会社 アプライアンス社
ファミリーイナダ
フジ医療器
ヤーマン
山佐時計計器

第4章 参入企業個票

ARTISTIC CO.
伊藤超短波
エムティーアイ
ココロカ
コスモヘルス
シーエーシー
ツインバード工業
トライテック
日本精密測器
ネオス
パラマ・テック
フィットネスアポロ
マルタカテクノ
メディカルフォトニクス

図表目次

図表1-1-2-1:各社の健康管理サービス
図表1-1-3-1:コンティニュアの対象領域
図表1-1-4-1:日本における健康づくりの変遷
図表1-2-1-1:セルフケア健康機器の役立ち度
図表1-2-2-2:客観的確率と意思決定に用いられる確率
図表1-2-2-3:客観的確率と意思決定に用いられる確率
図表1-2-3-1:意思決定のボトルネックと対策
図表1-2-3-2:ダイエットのナッジ
図表1-2-4-1:健康維持・増進の取り組み参加を促進する要素(男女別)
図表1-2-4-2:健康維持・増進に関する意識(男女別)
図表1-2-4-3:健康関連商品サービス・施策に求める事柄(情緒)
図表1-3-6-1:人生100年時代と健康
図表1-4-1-1:先進的な血糖値・血圧測定器
図表1-4-2-1:電気マッサージ機器の分類

図表2-A-1-1:血圧の測定方式の概要
図表2-A-1-2:電子血圧計の購入の決め手(医師に言われたからか否か別)(複数回答)
図表2-A-1-3:電子血圧計の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-A-1-4:電子血圧計の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-A-1-5:電子血圧計のメーカーシェア(2018年:出荷台数ベース)
図表2-A-1-6:電子血圧計のメーカーシェア(2018年:金額ベース)
図表2-A-1-7:測定機器別の長所、短所・課題
図表2-A-1-8:国内外で研究・開発されているスマートフォンによる血圧測定手法
図表2-A-2-1:心電計の種類
図表2-A-2-2:心電計の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-A-2-3:心電計の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-A-2-4:心電計のメーカーシェア(2018年:出荷台数ベース)
図表2-A-2-5:心電計のメーカーシェア(2018年:金額ベース)
図表2-A-2-6:心電計機能付きスマートウォッチ等の概要
図表2-A-3-1:体温計の種類
図表2-A-3-2:電子体温計の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-A-3-3:電子体温計の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-A-3-4:電子体温計のメーカーシェア(2018年:出荷台数ベース)
図表2-A-3-5:電子体温計のメーカーシェア(2018年:金額ベース)
図表2-A-3-6:開発中の深部体温計測器
図表2-A-4-1:体重体組成計の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-A-4-2:体重体組成計の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-A-4-3:体重体組成計のメーカーシェア(2018年:出荷台数ベース)
図表2-A-4-4:体重体組成計のメーカーシェア(2018年:金額ベース)
図表2-A-5-1:歩数計・活動量計の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-A-5-2:歩数計・活動量計の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-A-5-3:歩数計・活動量計のメーカーシェア(2018年:出荷台数ベース)
図表2-A-5-4:スマートフォンの歩数計関連アプリ例
図表2-A-5-5:生命保険会社が提供する主なアプリ

図表2-B-1-1:主な家庭用フィットネス機器の分類
図表2-B-1-2:家庭用フィットネス機器の役立ち度
図表2-B-2-1:家庭用フィットネス機器(有酸素運動)の市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-B-2-2:家庭用フィットネス機器の分類毎の市場動向(予測)

図表2-C-0-1:マッサージ機器の複数所有状況
図表2-C-1-1:マッサージ機器の購入の決め手(複数回答)
図表2-C-1-2:マッサージチェアの出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-C-1-3:マッサージチェアの出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-C-1-4:マッサージチェアのメーカーシェア(2018年:出荷台数ベース)
図表2-C-1-5:マッサージチェアのメーカーシェア(2018年:金額ベース)
図表2-C-1-6:マッサージ機器の購入の動機
図表2-C-2-1:各種電気マッサージ機器の所有率(男女別)
図表2-C-2-2:フットマッサージャーの出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-C-2-3:フットマッサージャーの出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-C-2-4:フットマッサージャーのメーカーシェア(2018年:出荷台数ベース)
図表2-C-2-5:フットマッサージャーのメーカーシェア(2018年:金額ベース)
図表2-C-3-1:ハンディマッサージャーの市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-C-3-2:ハンディマッサージャーの市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-C-3-3:ハンディマッサージャーのメーカーシェア(2018年:出荷台数ベース)
図表2-C-3-4:ハンディマッサージャーのメーカーシェア(2018年:金額ベース)
図表2-C-4-1:フェイスケア機器の分類
図表2-C-4-2:フェイスケア機器の市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-C-4-3:フェイスケア機器の市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-C-4-4:フェイスケアのメーカーシェア(2018年:出荷台数ベース)
図表2-C-4-5:フェイスケアのメーカーシェア(2018年:金額ベース)
図表2-C-4-6:フェイスケア機器の購入の際に参考となった媒体

図表2-D-1-1:主な電位治療器の販売会社および製造会社
図表2-D-1-2:電位治療器の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-D-1-3:電位治療器の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-D-1-4:電位治療器のメーカーシェア(2018年:出荷台数ベース)
図表2-D-2-1:高周波治療器と低周波治療器の比較
図表2-D-2-2:低周波治療器等の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-D-2-3:低周波治療器等の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-D-2-4:低周波治療器等のメーカーシェア(2018年:出荷台数ベース)
図表2-D-2-5:低周波治療器等のメーカーシェア(2018年:金額ベース)
図表2-D-3-1:吸入器の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
図表2-D-3-2:吸入器の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

137,500
125,000
12,500
137,500
125,000
12,500
170,500
155,000
15,500
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
412,500
375,000
37,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。