2019年版 低温物流市場の現状と将来展望

食料品を中心に流通業態が多様化するなか、低温物流は安定的かつ安全な食糧供給を支えてきた。日本の低温物流市場は堅調に伸長するなか、冷凍食品需要の拡大による冷蔵倉庫の庫復量の増加、消費者ニーズの多様化による少量多品種の取り扱い・小分けニーズの高まりなど、低温物流事業者に求められるニーズは変化してきている。その一方、低温物流事業者だけではなく、荷主側も人手不足という課題を抱えている。調達物流からラストワンマイル配送まで一連の低温物流の流れを整理し、低温物流事業者および荷主の業界別に低温物流に関わる動向を調査、分析する。

発刊日
2019/12/下旬
体裁
A4 / 約250頁
資料コード
C61116700
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 低温物流に関わる事業者を徹底分析!
    低温物流への参入事業者を業態別にカテゴライズし、各区分における事業概要・参入事業者の事業戦略、荷主との取引
    形態傾向、参入事業者の事業戦略を体系的に整理するとともに、低温食品物流市場規模を推計!
  • 荷主の業界別に低温物流の実態を調査!
    小売(GMS・食品スーパー・CVS・ドラッグストア・通販 等)や食品メーカー(冷凍食品、チルド食品、米飯メーカー、生鮮 等)、卸売(食品卸・医薬品卸)について動向を調査
  • 注目トピックスを多数掲載!
    ・低温物流の大部分を占める食品物流と、医薬品物流の融合はあり得るのか?
    ・変化する低温物流のチャネル動向について
    ・IoT化、倉庫の脱フロン、オリンピック対策は?
  • 低温物流に関わる有力企業17社の企業個票(事例研究)を掲載!

リサーチ内容

2019年11月19日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 低温物流市場の動向

1.低温物流業界と医薬品物流の融合はあるか?
2.低温物流の成長を阻害する課題は「人手不足」「チャネルの購買力不足」
3.低温物流市場規模
4.低温物流市場の動向
5.低温物流業界の再編動向

第2章 低温物流市場を取り巻く市場環境

1.国内における物流政策の動向
2.物流市場を取巻く経済環境の動向

第3章 低温物流市場の最新動向

1.IoT化について
2.低温物流の海外展開の動向
3.国内外の原料調達
4.温度管理技術の進歩と業容の拡大
5.温度管理技術に伴う輸送形態の変化
  ◆事業概要と参入企業の概要
  ◆最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  ◆荷主動向と業界構造についてそれぞれ分析!

第4章 タイプ別にみる低温物流市場動向

1.大手低温物流事業者
2.中堅低温物流事業者・路線便事業者および宅配便事業者
3.地場低温物流事業者
4.冷凍冷蔵倉庫系事業者
5.非専業タイプ事業者
6.商社・食品卸・米飯ベンダー
    ◆物流事業概要と参入企業の動向
    ◆小売業態別の低温食品の位置づけ
    ◆小売業態別の低温物流の動向/トピックス
    ◆課題・問題点 についてそれぞれ分析!

第5章 荷主業種別にみる市場動向

A:小売・チェーンストア
  1.食品スーパー(SM)
  2.GMS
  3.コンビニエンスストア(CVS)
  4.ドラッグストア/ディスカウントストア
  5.百貨店
  6.通販
  7.外食・居酒屋チェーン
B:メーカー
  1.冷凍食品・冷菓メーカー
  2.チルド食品メーカー
  3.米飯メーカー・パンメーカー
  4.生鮮専門卸・商社
  5.介護食・高齢者向け宅配事業者
  6.医薬品卸(医薬品メーカー)

第6章 低温物流に関わる有力企業個票(事例研究)

1.国分グループ本社
2.サッポロライオン
3.ギオン
4.シーエックスカーゴ
5.スターゼンロジスティクス
6.東洋水産
7.トワード
8.ベジテック
9.マルハニチロ物流
10.三井食品
11.武蔵野ロジスティクス
12.マルハニチロ物流
13.メディパルHD
14.ヤマトHD
15.ランテック
16.ANA cargo
17.C&Fロジホールディングス
  ◆企業業績と動向
  ◆低温物流の取り組みについて
  ◆荷主/商品の状況
  ◆拠点展開
  ◆社会動向に合わせた取り組み(IoTの導入状況、オリンピック、脱フロン)
  などについて事例を解説!

第7章 有力低温物流事業者の事業実態(簡易個票)

◆約30社分掲載予定!

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。