2020年版 機能別ME機器市場の中期予測とメーカーシェア(治療機器編)

機能別ME機器【治療機器・関連製品】32項目(54区分)の製品別市場における2009~2019年度台数・点数・金額ベース市場規模推移と製造販売業・販売元シェア(国内ベース)及び2020~2024年度までの市場規模予測を行う。また、関連製品の相対性分析や注目製品・売れ筋製品の徹底分析、各企業別戦略と有力メーカー・製造販売業・販売元動向分析等を実施。

発刊日
2020/11/09
体裁
A4 / 695頁
資料コード
C62111800
PDFサイズ
16.7MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:国内メーカー、及び、輸入製品製造販売業・販売元
調査方法:面接取材とTEL取材併用
調査期間:2020年4月~2020年10月

調査結果サマリー
Close

ME機器(治療機器)市場に関する調査を実施(2020年)
病院のOperation Room数が微増にとどまる中で、治療機器の買い替え需要が徐々に増加に転じる
~2020年度は新型コロナウイルスの影響で一部機器で需要拡大も、手術件数減少や購入延期などME機器(治療機器)市場全体では成長を抑制と予測~

資料ポイント
Close

  • 32項目(54区分)の製品別市場の10年間の市場推移と5年後の市場予測
  • 247社(事業部別も含む)個票の掲載
  • コロナ特需市場(新型コロナウイルスによる伸張市場)を分析

資料概要
Close

PartⅠ 医療機器の市場動向と有力企業分析
PartⅡ 治療機器(関連製品含む)品目別推移
PartⅢ 参入企業分析

リサーチ内容

PartⅠ 医療機器の市場動向と有力企業分析

医療機器の環境要因分析と有力企業の動向

§1 新型コロナウイルスの影響
  新型コロナウイルスによって、医療機器に対する影響は大きく、
  2倍強の市場規模になる製品も
§2 治療機器の環境
  Operation Room数や施設収支をみると厳しい環境は変わらないものの、
  電気メスでHigh end機種が復活の兆し。
  地域医療構想、施設再編統合の中でのOperation Roomも含めた
  医療提供体制の再構築が市場を動かす
§3 調査品目における市場推移と予測
  2019年度は、増税の影響でプラス実績の製品群が多く、
  前年比12.8%アップの1,905億12百万円。
  中でも内視鏡下外科・関節鏡市場は3D4K需要と症例数の増加による
  消耗品UPで前年比38.7%アップ、前年比最大マイナスとなった
  高精度放射線治療装置も復調したが、2020年度は
  新型コロナウイルスの影響でマイナス予測
  調査品目における金額ベース市場規模推移
  調査品目における台数・数量ベース市場規模推移
  品目別マーケットリーダー(2019年度総発売元ベース)
§4 有力企業の動向
  オリンパス:2020/3期連結ベースでの医療部門売上高は
  前期比1.2%アップの6,418億17百万円、医療分野では3期連続で
  過去最高売上を達成、国内:海外売上比率は16.9:83.1
  フクダ電子:2020/3期 単独ベース売上高718億円、連結で1,334億円
  日本光電工業:2020/3期 単独売上高3.1%アップの1,543億52百万円、
  連結は3.5%アップの1,850億7百万円

PartⅡ 治療機器(関連製品含む)品目別推移

§1 内視鏡下外科(腹腔鏡・胸腔鏡下外科手術)手術市場 低侵襲手術
  市場概要
  企業動向
  内視鏡(光学視管・Scope、ビデオスコープ)市場
  市場動向:2019年度は前年比4.2%ダウンの3,360本、
  2020年度は(同)1.3%ダウンの3,316本の見込み
  ビデオカメラ市場
  市場動向:2019年度1,139台、2020年度1,121台見込み
  光源装置(Light Source)市場
  市場概要:2019年度563台、2020年度544台見込みと2年連続のマイナス
  気腹器市場 (CO2 吊上式)
  市場動向:CO2(気腹下)タイプのみで、2019年度435台、
  2020年度は415台見込み。新型コロナウイルスを背景に
  排煙機能付き「エアシール・インテリジェント・フローシステム」は80台
  処置具市場(Forceps・Clamps、Scissors等)
  市場概要
  リユース処置具市場動向:症例数増加もあるが、予算縮小の影響もあり、
  2019年度は微増23,937本、2020年度23,562本見込み
  (リポーザブルタイプ含む)
  ディスポーザブル処置具市場動向:
  2019年度前年比19.3%アップの209,400本
  クリップアプライヤー市場
  市場動向:2019年度192,099ケ(本)、2020年度182,185ケ(本)
  トロカール市場(トロカール・トロカー・トロッカー・Trocar)
  市場動向:2019年度131.7万本、2020年度124.8万本見込み
  参考資料:自動縫合器・自動吻合器について
  脳内視鏡(脳室鏡・脳神経内視鏡) 
  市場概要
  市場動向:2019年度21セット・288本、
  2020年度14セット・272本見込み
  関節鏡システム
  市場概要
  市場動向:2019年度は4.1%アップの32億47百万円、
  2019年度は30億14百万円見込み
  関節鏡視下電気手術装置市場動向:コンソールはマイナス実績が続く中、
  消耗品は症例数増で2019年度はほぼフラットな32,868本、2020年度は
  マイナス傾向の30,200本見込み。
  消耗品に関してはS&NがNo1シェア(販売額)に。
  日本ストライカー、ジンマー・バイオメットも販売強化
  耳鼻咽喉科用シェーバーシステム:
  日本メドトロニックの圧倒的シェア続く
  椎間板ヘルニアシステム市場:「METRx」シリーズは単品買替、
  Wolf脊椎鏡は年間130本の実績に
  エピドラスコピー(内視鏡下硬膜外腔癒着剥離術)
  内視鏡下外科関連市場
  市場動向:Intuitive Surgical「da Vinci」シリーズ、
  現稼働数304台(弊社推測)。2020/4より7項目で保険適用、
  2020年度以降新規参入相次ぐ可能性
  HALS(Hand Assisted Laparoscopic Surgery):2019年度9,600ケ、
  2020年度8,900ケ見込みと微増傾向
§2 ベンチレータ
  市場概要
  【特集:新型コロナウイルス(COVID-19)による
  ベンチレータ市場に及ぼした影響】
  長期ベンチレータ市場規模:新型コロナウイルスにより2019年度は
  7.5%アップの3,671台、2020年度は22.2%アップの4,485台の見込み、
  10月以降にさらに増える可能性も
  高流量式鼻カニューラ酸素療法(High Flow Therapy)市場:
  一体型装置は2019年度2,468台、2020年度は2,570台
  長期人工呼吸器企業別動向:全体的に伸長しているが、
  国産メーカーの強みを活かして日本光電がトップシェアに
  レンタル領域ベンチレータ市場(在宅・病院)
  非侵襲型・侵襲型市場/在宅人工呼吸療法
  HMV~Home Mechanical Ventilation
  市場概要
  市場動向:患者数はNPPVで2019年度17,960人(同:18,160人見込み)、
  TPPVは7,540人(同:7,830人見込み)。
  NPPVは患者数の伸びが少なく台数ベースで前年比12台減の687台
  (2020年度:695台見込み)、TPPVも患者数が伸びず
  (同)82台減の323台(同:324台見込み)
  排痰補助装置市場:市場は一巡もあり、2019年度は新規参入の
  需要喚起もあり690台、2020年度720台見込み
  救急関連(搬送用含む) 人工呼吸器市場
  市場概要
  市場動向:2015年度以降プラストレンドに転じたものの、
  2019年は増税もあって予算が具体化し前年比54台増の892台。
  2020年は928台が見込まれる
  CPAP:スリープCPAP  マスクCPAP
  経鼻的持続陽圧呼吸療法装置
  市場概要
  市場動向:2019年度患者数は57.6万人、
  2020年度は58.9万人見込みと
  5.5%を超える伸び率の中、2019年度68,100台、
  2020年度62,200台見込み。
  F&P製品は4社から販売され、実質市場占有率は高い。
  スリープアプニア市場、Sleep市場(診断装置)
  Sleep Apnea Syndrome~SAS
  睡眠時無呼吸モニタ 呼吸睡眠モニタ、睡眠ポリグラフシステム
  市場概要
  市場動向:施設数と患者数とも増加しているものの、
  簡易型ポリグラフィーは簡易施設の落ち着きにより2019年度
  前年比0.7%アップの1,809台(2020年度:1,660台見込み)
§3 全身麻酔器
  市場概要
  市場規模:2019年度は消費税増税の影響により1.9%アップの
  1,247台、クラス別でHigh endは9.3%アップの692台、
  Middle endは6.1%ダウンの555台。2020年度は8.5%ダウンの
  1,141台で、クラス別でHigh endは12.1%ダウンの608台、
  Middle endは4.0%ダウンの533台
  企業別動向:High end市場、GEヘルスケア・ジャパンが
  「Carestation」等によりシェア60%の確保継続
§4 除細動器 デフィブリレータ
  External Defibrillator
  市場概要
  トータル市場規模:2019年度は前年比853台増の130,490台、
  2020年度は4,468台減の125,722台見込み
  AED市場:2019年度前年比110台減の126,400台、2020年度は
  4,485台減の121,915台見込み
  企業別動向:新型コロナウイルスの影響は大きく2019年度は
  2020/2~3の減速、2021年度マイナス傾向
  自動心臓マッサージシステムについて
§5 電気メス
  電気メス市場
  市場概要
  市場規模:2019年度は前年の反動により前年比8.8%ダウンの1,924台、
  2020年度は(同)10.8%アップな2,131台見込み、
  うち2019年度のHigh endは1,459台、
  2020年度もフラットな1,630台見込み
  企業別動向:シェア上位2社で70%以上を確保
  排煙装置について
  バイポーラ市場
  市場概要
  市場動向:2019年度前年比3.5%増の415台、2020年度は367台見込み
  APC・ABC市場
  市場動向:2019年度内視鏡室での買替需要と電気メスとのシステム化で
  257台、2020年度は231台見込み、アムコの「APC3」で圧倒的シェア続く
  小型電気メス・各科に特有な電気メス市場 
  市場動向:内視鏡室、処置室、各科で市場形成の中、2019年度1,085台、
  2020年度1,073台見込み販売提携活発化の可能性
  その他 特定領域
  1.肝悪性腫瘍RF/マイクロ波熱凝固療法:
  「Cool-tip」シリーズの伸びはないものの、高シェア維持の中、
  メディコスヒラタの「VIVARF System」が20%強のシェアに、
  コヴィディエンジャパンはマイクロ波
  「Emprintアブレーションシステム」は年間7~10%程度の伸び
  2. RF心房細動手術:年間6,500本(推定症例:4,200~4,600例)
  3. 神経ブロック用高周波熱凝固装置はアボットメディカルジャパン
  (旧:セント・ジュード・メディカル)とトップが参入
  4.マイクロ波手術装置、加熱メス市場
  5.美容外科ルートにおけるRF/フォトRF市場
  対極板市場
  市場動向:2019年度476.5万枚、2020年度458.0万枚、
  企業実績の二極化続く電気メス市場における
  ディスポコントロールペンシル、電極コントロールペンシル市場動向:
  2019年度179.4万本、2020年度210.0万本見込み、
  日本メディカルネクストがトップシェア
  アクティブ電極市場動向:ディスポタイプ2019年度149.1万本 、
  2020年度159.7万本見込み
§6 超音波凝固切開装置・超音波吸引装置
  市場概要
  超音波凝固切開装置 
  市場動向:2019年度ジェネレーターはコードレスを含め925台、
  2020年度は900台見込み。ディスポプローブは2019年度176億13百万円、
  2020年度153億76百万円見込み
  超音波吸引装置
  市場動向:Integra Japan「CUSA Clarity」が参入。
  2019年度125台、2020年度100台見込み
§7 Nd:YAG、Ho:YAG、KTP/YAG、KTP/Tm:YAG
  市場概要
  市場動向:2019年度は増税によるプラス影響で前年比31台増の143台、
  2020年度は6台増の149台見込み、Ho:YAGは買替需要と新規需要で
  年間120台の市場推移
§8 C O 2レーザー
  市場概要
  市場動向:2019年度前年比13台増の418台、2020年度390台見込み。
  耳鼻咽喉科:手術室では146台(2020年度:131台見込み)、
  皮膚科・形成外科は272台(同:259台見込み)
§9 高出力半導体レーザー手術装置
  市場概要
  市場動向:下肢静脈瘤治療用の新規需要は年間70台前後の中、
  前立腺肥大症用の本格設置で、2019年度は前年フラットな115台、
  2020年度109台見込み
§10 P D T~Photo Dynamic Therapy
  市場概要
  市場動向:「PDレーザー」シリーズ2019年度16台、
  2020年度12台見込み
§11 レーザー心筋血管新生術、心筋血行再建術 TMR・PTMR
  市場動向:Excimer Laser「CVX-300」の販売が
  フィリップス・ジャパンへ移管、2019年度は同社から15台、
  2020年度は12台見込み
  RF心房細動手術装置:
§12 (疼痛緩和)半導体レーザー治療器
  市場概要
  市場動向:新規参入の影響も続き2019年度は175台、
  2020年度もマイナスの150台
  ESWT/RSWT市場:RSWTは2019年度91台、2020年度78台見込み
§13 (直線偏光)近赤外線治療装置
  市場概要
  市場動向:2019年度479台、2020年度568台見込み
  参考資料:神経ブロック用高周波熱凝固装置はアボットメディカルジャパン
  (旧:セント・ジュード・メディカル)とトップが参入。
  アボットメディカルジャパンのみで年間50台前後で推移
§14 あざとり・美顔用レーザー装置
  市場概要
  市場動向:プラス傾向が続く。2019年度トータル台数は
  前年比12台増の554台、2020年度は578台見込み、
  Picoレーザーは2019年度149台、2019年度179台見込み
  紫外線治療装置:2019年度438台、2020年度430台見込み
  IPL、高周波・中周波装置市場:IPLは2019年度214台
  (2020年度:223台見込み)、高周波/中周波は2019年度246台
  (同:256台見込み)
§15 美容整形外科関連注目製品
  脱毛(Hair Removal)市場概要
  市場動向:承認品の買替や、皮膚科での設置により、
  2019年度は前年比23台増の652台、2020年度は654台見込み
  IPL、高周波・中周波装置市場動向
§16 (経尿道的)結石破砕装置 TUL(TransUrethal Lithotripsy)
  (経皮的)結石破砕装置 PNL(Percutaneous Nephro-Lithotripsy)
  レーザー、空気衝撃波、EHL、USL、火薬
  市場概要
  市場規模:Ho:YAGレーザーはESWLとのセット販売や
  消費税増税の影響もあり
  2019年度は前年比28台増の106台、2020年度は103台の見込み。
  トータルでは、2019年度は148台、2020年度は140台の見込み
  企業別動向:Ho:YAGレーザーはプラス実績
§17 BPH治療製品 装置&VLAP用ファイバー
  高温度治療 VLAP 高出力半導体
  市場概要
  市場動向:2019年度レーザー関連(Ho:YAG、KTPレーザー、
  ダイオードレーザー、Tm:YAG)は2台減の38台、
  2020年度45台の見込み
  前立腺癌治療装置について
§18 E S W L
  市場概要
  市場動向:2019年度50台、2020年度48台の見込み。
  ドルニエメドテックの最新機種「Dornier Delta Ⅲ」は好調推移
  ESWT/RSWT市場:RSWTは2019年度の91台、2020年度78台見込み
§19 ハイパーサーミア(温熱療法加温装置)
  市場概要
  市場動向:山本ビニターの新機種、庄内クリエート工業の新規参入で
  市場は活況を呈しているものの、2019年度10台、2020年度6台の見込み
§20 I A B P装置 大動脈内バルーンポンプ
  市場概要
  市場動向:2019年度は前年増の反動から9台減の155台、
  2020年度は新型コロナウイルスの流行拡大による
  手術減の影響があるものの161台見込み
§21 自己血回収装置・回収式自己血輸血装置
  市場概要
  市場動向:2019年度144台、2020年度138台見込み、
  リヴァノヴァ「XTRA」が高シェア維持の中、ヘモネティクス28台、
  Fresenius製品を展開するJMSは10台
  参考資料:自己血輸血の消耗品市場
  1.貯血式・希釈式における血液バック市場
  2.術中回収式における自己血回収システム
  3.術後回収式における自己血輸血(セット)市場
§22 コンティニアス・パッシブ・モーション
  市場概要
  市場動向:2019年度前年比15台増の324台、2020年度は49台減の275台
§23 タニケットシステム
  市場動向:手術室予算縮小が続き2019年度前年比10台減の345台、
  2020年度は300台見込み
§24 骨電気刺激装置/超音波骨折治療器
  市場概要
  市場動向:2019年度は前年比5.5%ダウンの988台、
  2020年度も5.4%ダウンの935台。
  レンタル患者数は2019年度31,900人、2020年度25,940人見込み
§25 低周波治療器  市場概要
  市場動向:2019年度は消費増税のプラス影響を受け・
  746台増の12,610台。
  2020年度は同様にプラス傾向が続き12,687台見込み
  干渉低周波治療器市場:2019年度3,068台(構成比:24.3%)、
  2020年度は2,440台(同:19.1%)見込みにとどまる
  納入先台数:接骨院・鍼灸ルート・その他は前年比269台増の8,179台。
  病院は1,500台前後、一般診療所は2,000台後半の市場
  ベッド型マッサージ器市場動向:2019年度161台減の1,749台、
  2020年度1,518台見込み
  参考資料:牽引装置市場
  深部静脈瘤予防機器、浮腫治療器、家庭用エアーマッサージ機器
  (脚・腕装着用)
  (医科向)空気圧式マッサージ器、家庭用エアーマッサージ器、
  業務用エアーマッサージ器
  市場概要
  医科向D.V.T.市場動向:2019年度4,460台、2020年度4,230台見込み、
  引き続き日本コヴィディエン圧倒的シェア
  家庭用エアーマッサージ器市場:年間3,500台前後の市場形成
  下肢静脈瘤について
§26 パワーインスツルメンツ 市場概要
  市場規模:2019年度は前年比9.5%アップの130億55百万円、
  2020年度は0.5%アップの131億15百万円見込み
  科別動向:2019年度 整形外科領域は4.8%アップの84億67百万円
  (2020年度:72億88百万円見込み)、脳外科領域は22.3%アップの
  38億45百万円(同:33億86百万円)
  企業別動向:ジンマー・バイオメット、日本ストライカーが
  安定的シェア。
  東機貿のAnspach:Synthes製品は安定軌道
  参考資料:洗浄器市場、防護服市場
§27 ガンマナイフ 市場概要
  市場動向:コーンビーム付フレームレス型
  「Leksell Gamma Knife Icon」への
  買替が進む。2019年度4システム、2020年度は2システムの見込み、
  バージョンアップは年平均1~2システム
§28 定位脳手術装置 定位・高精度放射線治療システム
  定位脳手術装置
  市場動向:年間10~7台の市場形成
  定位・高精度放射線治療システム(体幹部適用含む)
  市場動向:2019年度78台/システム、2020年度60台/システム見込み、
  うち高精度(定位)放射線治療装置
  (体幹部兼用)は2019年度66台/システム、2020年度54台/
  システム見込み
§29 手術室用顕微鏡システム ナビゲーションシステム 手術室用顕微鏡システム
  市場概要
  市場規模:2019年度トータル市場は前年比64台増の589台、
  手術用で(同)8台増の185台、処置/小型用で56台増の404台、
  2020年度は89台減の500台見込み
  企業別動向:カールツァイス「KINEVO 900」、
  遅れてライカマイクロシステムズ「ARveo」を市場投入。
  さらに、オリンパスと三鷹光器がビデオ顕微鏡の参入で激戦に
  歯科用顕微鏡市場:加圧根管充填処置(4根管又は樋状根)加算による
  プラス傾向終了。2019年度1,100台、2020年度973台見込みで
  2年連続マイナス見込み
  ナビゲーションシステム(Navigation)
  市場動向:2019年度139システム、2020年度104システム見込み、
  Robotic surgeryとのシステム化の可能性
§30 ネブライザー
  市場概要
  市場規模:2019年度トータル台数79,692台、2020年度77,435台見込み。
  うちジェット式:62,705台(2020年度:60,292台見込み)、
  超音波式:16,987台(同:17,143台見込み)
  企業別動向:ジェット式ではフクダコーリン、日本メディカルネクスト、
  東京エム・アイ商会の上位は変わらない中、
  フィリップスがプラス実績でシェアアップ
§31 滅菌コンテナーシステム
  市場動向:2019年度はプラス実績の9,410システム、
  2020年度は販売終了製品もありマイナス実績の8,710システム見込み
  プラズマ滅菌対応コンテナーシステム市場:2019年度440システム、
  2020年度545システム見込み
§32 鋼製手術器具・器械(内視鏡下外科手術を除く)
  市場概要
  市場動向:2019年度はプラス実績の86億23百万円。
  2020年度は新型コロナウイルスの影響によりマイナス実績の
  80億72百万円見込み

PartⅢ 参入企業分析

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。