2021 データ・プラットフォーム戦略研究 ~欧州GAIA-Xの与える影響~

世界の主要国(主要地域)において、国等が主導し、データ・プラットフォームを構築しようとする動きがある。欧州では世界に先駆けてGAIA-Xというデータインフラの構築に向けて動きだしており、本レポートではその概要を調査し、日本への影響を考察することを目的とする。

発刊日
2021/06/30
体裁
A4 / 72頁
資料コード
C62126300
PDFサイズ
2.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:世界の主要国(主要地域)において、国等が主導し、データ・プラットフォームを構築しようとする動きがある。欧州では世界に先駆けて GAIA-X というデータインフラの構築に向けて動きだしており、本レポートではその概要を調査し、日本への影響を考察することを目的とする。
調査対象:本レポートにおいては、国等が主導するデータ・プラットフォームのなかでも、GAIA-X を主要調査対象とした。なお、GAIA-X 設立団体は、GAIA-X は連邦型のデータインフラであり、プラットフォームではないと表明している。これは GAIA-X はクラウドサービスを構築するものではなく、それらと連携するものという意図からである。しかしながら、グローバルで行われている同種の取組はデータ・プラットフォームとして扱われていることから、本レポートでもGAIA-X をプラットフォームとして扱っている個所がある点は注意を要する。
調査方法:研究員による直接面接取材(Web 会議含む)。文献調査その他データ収集。
調査期間:2021年4月~2021年6月

調査結果サマリー
Close

海外データ・プラットフォーム戦略に関する調査を実施(2021年)
GAIA-Xへの新規加入企業数は195社(2020年12月~2021年3月計)
~産業界における成功モデルの確立とデータ取引に係る法整備が普及拡大の鍵を握る~

資料ポイント
Close

  • 欧州独自のデータインフラ「GAIA-X」の現状と今後の視点から詳細に調査・分析した調査レポートです。
  • 今回は特に、同データインフラ「構築の背景」「産業への影響」「アーキテクチャの特徴」「普及予測」と、今後日本を含めた欧州内外の産業界に与える影響を詳細に提示することで、日本の欧州圏内に進出している製造業を中心とした企業群、更に国内のITサービスベンダー企業群に対し、今後のGAIA-Xに対する取組みの手引書となることを本資料のポイントとしております。

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.企業動向
  図表1 2.7.1.GAIA-Xへの新規加入国別内訳(2021年3月)
3.展望と課題
  図表2 GAIA-Xの普及予測と課題

データ・プラットフォーム 戦略研究

1.世界で進展するインフラとしてのデータ・プラットフォーム
  1.1.産業革命の構成要素
    図表3 第四次産業革命 検索トレンドの推移
  1.2.GAFAMからの脱却
  1.3.社会インフラとしてのデータ・プラットフォームの役割
    図表4 データ駆動型の価値創造
  1.4.Web3.0へ向かう大きな流れ
  1.5.いま、新たな潮流の端緒にある
2.GAIA-Xとは
  2.1.GAIA-Xから読み取る欧州データ戦略の狙い
    図表5 欧州における連邦型データインフラ
  2.2.組織構成
    図表6 設立メンバー企業一覧(GAIA-X AISBL)
  2.3.参加企業リスト・企業情報
    図表7 GAIA-Xへの新規加入国別内訳(2021年3月)
    図表8 GAIA-Xへの新規加入企業一覧 (2021年3月)
  2.4.GAIA-X設立の背景
    図表9 参考情報GAIA-Xに係るEU法
3.GAIA-Xによる産業への影響
  3.1.GAIA-Xと産業との関連性
  3.2.Catena-Xとは
    図表10 Catena-X組織概要
    図表11 Catena-X参加企業一覧
  3.3.Catena-Xの目的・産業への影響
  3.4.その他の産業分野
  3.5.日本への影響
    図表12 4か国の実質GDPのうち各国製造業が占める割合(2017年)
4.データ・プラットフォームの普及予測
  4.1.GAIA-Xの普及に関するネガ・ポジ要素
  4.2.GAIA-Xの普及と課題
    図表13 GAIA-Xの普及予測と課題
5.GAIA-Xのアーキテクチャ
  5.1.GAIA-Xのアーキテクチャ解説にあたり
  5.2.アーキテクチャの原則
  5.3.アーキテクチャのガイドライン
  5.4.アーキテクチャの概要
    図表14 :Federation Services に付随する主要なアーキテクチャ要素と
    機能を示す、GAIA-Xアーキテクチャの概要
  5.5.コアアーキテクチャ要素
  5.6.データスペース
  5.7.NTTコミュニケーションズの事例(IDSコネクター)
6.参考:データ・プラットフォームの位置づけ
  6.1.GAIA-Xの位置づけの理解のために
    図表14 クラウド共有利用の推移概要
    図表14 クラウド・オンプレの連携による企業システムの将来イメージ図
    図表15 業界/業際クラウドの概要
7.日本のデータ・プラットフォーム戦略
  7.1.デジタル・ガバメント閣僚会議
  7.2.プラットフォーム構築に向けて
  7.3.一般社団法人データ社会推進協議会(Data Society Alliance、略称DSA)
    図表16 DSA 事業の狙い
    図表17 DSAが解決する主な課題
    図表18 DATE-EXがめざすデータ連携の姿 概念図
    図表19 データ戦略タイムライン
    図表20 データ基盤システム
8.世界のデータ・プラットフォーム戦略
  8.1.米国
    8.1.1.データ・プラットフォーム戦略NIEM
    8.1.2.NIEMの組織運営について
    図表9 NIEMの組織図
    図表10 NIEMの組織運営概要
    8.1.3.NIEMのデータモデルについて
    図表11 NIEMのデータモデル
    図表12 NIEM活用政府機関
  8.2.インド
    8.2.4.データ・プラットフォーム戦略India stack
    図表13 Aadhaar諸機能開発の推移
    8.2.5.India Stackについての説明
    図表14 India Stackの4層とAPIの関連
    図表15 India StackのAPIの中身
  8.3.中国
    8.3.6.データ・プラットフォーム戦略BDx
    図表16 BDxのデータセンター所在地
    図表17 BDxに関連する企業情報

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。