2022年版 モーションキャプチャシステム市場の現状と将来展望 ~エンタメ、医療、スポーツ等注目用途を中心に~

モーションキャプチャシステムメーカー及び国内代理店等取り扱いのある企業の現在の動向と事業施策を調査。世界含めた今後のモーションキャプチャシステム市場の展望を掲載している。

発刊日
2022/09/13
体裁
A4 / 184頁
資料コード
C64110200
PDFサイズ
17.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 184頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:モーションキャプチャシステムメーカー及びモーションキャプチャシステムの国内代理店等取り扱いのある企業の現在の動向と今後の事業施策を調査することで、モーションキャプチャシステム市場の現状と今後の動向を把握することを目的とする。
調査対象品目
モーションキャプチャシステム
光学式:カメラ、反射マーカー、ソフトウェア、その他システム使用時に必要なアクセサリー含む
慣性式:反射マーカー、ソフトウェア、その他システム使用時に必要なアクセサリー含む
磁気式:センサー、システムコントロールユニット、磁場発生器、ソフトウェア、その他システム使用時に必要なアクセサリー含む
調査企業:上記対象品目を扱う企業や研究機関
調査方法:弊社専門調査員による直接面談、またはWeb面談取材による
調査・分析期間:2022年6月~2022年9月

調査結果サマリー
Close

モーションキャプチャシステム世界市場に関する調査を実施(2022年)
2022年のモーションキャプチャシステム世界市場規模は前年比110.0%の816億円の見込
~エンターテインメント分野では、映像関連の3DCG制作手法としてモーションキャプチャシステムが活用される~

資料ポイント
Close

  • 今後に応じた新領域への適切な導入と代役を許さない価値向上がカギ
  • 2030年の世界市場は対2022年比260%の2,000億円越え
  • 光学式は厚い信頼を武器に半数以上のトップシェアを安定維持
  • 徐々に適応領域を広げる慣性式、技術開発力でチャンスを掴め
  • 医療分野に強い磁気式は健在、今後の適応次第で他分野へも拡大余地あり
  • エンタメやVR/ARは要注目、現在リーチ済のメタバース関連は氷山の一角

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 モーションキャプチャシステム市場の現状と将来展望

モーションキャプチャシステム市場の現状と将来展望
3タイプで切磋琢磨し市場全体ニーズと次世代価値を高めていく
今後に応じた適切な使い道と代役を許さない技術が必須
2030年には世界で2,000億円規模と成長階段が続く
今後も光学式は半数以上のトップシェアを堅持
図表.世界モーションキャプチャシステム市場のタイプ別市場規模推移と予測
(2020~2025年、2030年/金額ベース)
図表.世界モーションキャプチャシステム市場のタイプ別市場規模推移と予測
(2020~2025年、2030年/数量ベース)
図.世界モーションキャプチャシステム市場のタイプ別シェア
(2022年→2030年/数量ベース)

日本市場は2022年から2030年にかけ150%以上アップの56億円超え
この成長をもとに身近に感じられる生活が始まる
図表.国内モーションキャプチャシステム市場規模のタイプ別推移と予測
(2020~2025年、2030年/金額ベース)
図表.国内モーションキャプチャシステム市場規模のタイプ別推移と予測
(2020~2025年、2030年/数量ベース)

国内でもトップシェアとして活躍する光学式
それを取り込み徐々に追う慣性式にも期待が高まる
図.国内モーションキャプチャシステム市場のタイプ別シェア
(2022年→2030年/金額・数量ベース)

光学式はシェア上位2メーカーが今後も80%以上を独占、引き続き市場を牽引
図.国内モーションキャプチャシステム市場の光学式メーカーシェア
(2022年→2030年/金額・数量ベース)

Xsensは40%、NDIは60%を超えるシェアへ
タイプごとにトップメーカーがより定着、追う他メーカーも着実に需要拡大の見込み
表.慣性式、磁気式におけるメーカーシェア大別
(2022年→2030年/金額・数量ベース)

モーションキャプチャシステムを世に知らしめ時代に合わせた変化が絶えない業界
エンターテイメントにマッチした性能を持つ慣性式シェアが25%まで拡大していく
図.国内市場のエンターテイメント分野におけるタイプ別メーカーシェア
(2022年→2030年/金額・数量ベース)

慣性式は製品の手軽さを武器に7%シェア拡大、医療に強い磁気式も当然力を発揮
世界ではあまりみられない日本独自の活用方法が光る
図.国内市場の医療分野におけるタイプ別メーカーシェア
(2022年→2030年/金額・数量ベース)

スポーツ分野ではメリットを最大限に活用できる慣性式が30%以上のシェアを獲得
図.国内市場のスポーツ分野におけるタイプ別メーカーシェア
(2022年→2030年/金額・数量ベース)

一単語で様々な目的を秘める「VR/AR」
光学式・慣性式がその一つ一つの用途に的確に対応し市場を盛り上げていく
図.国内市場のVR/AR分野におけるタイプ別メーカーシェア
(2022年→2030年/金額・数量ベース)
 
「動きを数値化する」必要性を持つ業界を見逃すな
未開拓市場の発見と早期適応(開発)がこの先の伸びしろを左右
表.モーションキャプチャシステムのタイプ別メリット・デメリットと分野別今後の展開

第2章 タイプ別市場動向

光学式モーションキャプチャ
  カメラとマーカーを用いることで最もトラッキング能力が高く
  他タイプの性能追随を許さない
  図.光学式モーションキャプチャ手順
  カメラを用いた高精度トラッキングで映像業界ではさらに需要が拡大
  デメリットとなる分野では学術研究で根強い人気を保つ
 
Vicon Motion Systems
  光学式市場のトップを走り動作研究に欠かせないベースとなる製品を開発し続ける
  表.Vicon Motion Systemsカメラの最新版「Valkyrie」の4種類性能比較
  画像.最新版「Valkyrie」のカメラ概要
  表.Vicon Motion Systemsが開発している
  光学式モーションキャプチャシステムカメラ3種の性能特徴一部比較
  表.Vicon Motion Systems製の光学式モーションキャプチャシステム
  ハードウェアの性能と特徴抜粋
  表.Vicon Motion Systems製の一部ソフトウェアとその特徴一部抜粋
 
NaturalPoint
  性能は高く、価格は低く
  常にニーズを読み取り独自の開発を重ねてよりレベルアップし続ける
  表.NaturalPoint製のカメラ10種類とその一部性能比較
  表.NaturalPointが開発するOptiTrackソフトウェア「Motive」の特徴
  画像、図.ソフトウェア機能使用時の画面一部
  モーションキャプチャ関連アクセサリー一覧
 
Qualisys
  他メーカーにはない新しい視点と業界を支えてきた知見で活用用途の幅を拡げていく
  図.一般的なモーションキャプチャシステムの接続方法スター式
  Qualisysで採用されているデイジーチェーン式
  表.Qualisys製のカメラArqusシリーズと
  Miqusシリーズのラインナップ詳細とその特徴一部抜粋
  表.Qualisys製のカメラOqusシリーズと水中用、
  MRI用シリーズのラインナップ詳細とその特徴一部抜粋
  表.Qualisysが開発するソフトウェア2タイプの各特徴比較
 
Motion Analysis
  高性能カメラの組み合わせで対象物の動きを一瞬も逃さずキャプチャし分析へ
  表.Motion Analysis製のカメラとその性能一覧
  図、写真.Motion Analysis製のソフトウェア「Cortex」特徴
  操作画面一例
  図.ソフトウェア「Theia3D」の特徴5つ
 
慣性式(IMUセンサー式)モーションキャプチャ
  カメラレスながらセンサー内蔵のマーカー使用で高性能データの取得可能
  狭いスペースでの活用といった特定ニーズへ柔軟に対応
  図.慣性式モーションキャプチャの原理
  場所を選ばずコスパ良く使用可能
  全ての業界から使い勝手を見込まれ市場拡大のキーとなっていく
  表.慣性式と光学式の特徴比較と慣性式の可能性一部
 
Xsens
  手軽さ簡便さはそのままに
  性能レベルを日々向上させ光学式を猛追する勢いあり
  図、写真.Xsensが開発しているXsens MVNの全体写真同製品の特長、性能一例
  表.Xsens MVNの機能詳細、各ソフトウェアの性能比較
  表.Xsens DOT「MVN Link」と「MVN Awinda」の性能比較
  写真.Xsens DOTの全体写真
 
TEA
  長年の研究から得た知見をもとに独自のソリューションとサービスを展開
  人間行動の技術進歩に繋げていく
  表.TEAが開発しているCAPTIV-L7000のT-Sens Motionと
  他3種センサー、T-Sens生体センサー仕様詳細一例
 
NOITOM
  コスパと使い勝手の良さでエンターテイメントのバーチャル業界を後押し
  細かい動きにも配慮した対応力が光る
  写真.NOITOM最新版の慣性式モーションキャプチャ
  「Perception Neuron 3 Body Kit」
  表.NOITOM最新版「Perception Neuron 3 」製品仕様一例
  表.NOITOM製のPerception Neuron 3 Glove Setの詳細
 
AiQ Synertial
  求められるニーズと併せてそれぞれの特技を活かし
  可能性を秘めたバージョンアップが進められる
  写真.AiQ Synertialが開発しているG5 MocapSuitソフトウェア一例
  表.AiQ Synertialが開発しているG5 MocapSuitのハードウェアラインナップ
 
磁気式モーションキャプチャ
  少ない構成品で正確な数値をキャッチ
  他タイプとは異なる特長で需要拡大を狙う
  図.磁気式モーションキャプチャの仕組み簡略図
  目的によっては持ち味を最大限に発揮
  認められたニッチな業界でさらにニーズを拡大していく
  図.磁気式モーションキャプチャの特徴と今後の可能性
 
Polhemus
  黎明期を支え市場を牽引してきた立役者のひとつ
  磁気式だからこその特性を武器に再度需要拡大を目指す
  表.Polhemusが開発している磁気式モーションキャプチャシステム
  4種類の基本構成品
  表.Polhemusが開発している磁気式モーションキャプチャシステム
  4種類の性能比較一覧
 
NDI
  圧倒的な医療からの信頼と製品の特性を活かして他業界に踏み込んでいく
  表.NDI社が開発している磁気式モーションキャプチャシステム
  「Aurora®」構成品詳細
 
ボリュメトリックキャプチャ
  キャプチャ空間をそのまま映像化しリアルとバーチャルを融合させる近未来技術
  写真.2022年7月にソニーグループ「清澄白河BASE」にて開設した
  ボリュメトリックキャプチャスタジオ
  まだまだ始まったばかりの新技術
  活用法は無限大、進化を遂げながらの活躍に期待が高まる

第3章 国内関連企業動向

アキュイティー株式会社
  画像処理の知見を活かし
  目視と感覚に頼らない数値化された社会発展を目指す
  人や物の動きに対して数字を用いた「見える」解決策を追求する
  図.アキュイティーが取り組んでいる課題や業界、システム一覧
  勢いがある後続製品と
  必要とされているデータを的確に提供できる独自開発品を武器に未開地を耕す
  表.アキュイティーが開発・提供しているソフトウェア「SKYCOM」
  解析機能一覧とSKYCOMシリーズその他機能一部
  1つに集中せず多種多様なアイテムを用いて顧客のニーズに攻める
  図.アキュイティーがOptiTrack以外に提供している
  モーションキャプチャとソフトウェア
  メーカーの開発力と画像処理の知見で更なるレベルアップに臨み
  時代に合わせたマーケット拡大が止まらない
 
株式会社スパイス
  ユーザー目線で製品を熟知し需要拡大に奮励する
  事業展開の常識を超えていく
  総合クリエイティブエージェンシーが取り扱うモーションキャプチャ
  図.スパイスグループが取り組む業務内容一覧
  ユーザーとしてモーションキャプチャを導入し国内総代理店へ
  老舗メーカーに劣らない性能とコスパを武器に国内の活用の幅を拡げていく
  図.スパイスが扱うOptiTrack製品の特長一例
  特に需要が高いカメラシリーズ「Primex13」
  ソフトウェアのデータ処理画面
  図.スパイスのモーションキャプチャスタジオ
  顧客に最適な提案と制作を提供できる技術力
  長期にわたる事業展開を行っているからこその力を発揮していく
 
株式会社ナックイメージテクノロジー
  国内トップの映像計測ノウハウを糧に更なる精確さが光る技術を追求していく
  ハイスピードカメラの開発から時代を開拓し現役で業界トップを走る
  図.ナックイメージテクノロジーが取り扱う機器一例
  計測機器をいち早く国内に発信
  活用需要を見極め国内へ浸透させていく
  図.MAC3D Systemの構成品と
  同製品のソフトウェアCortex特長一例
  カメラはもちろんソフトウェア開発にも徹底してこだわりをみせる
  写真.THEIAでキャプチャされ骨格判断された映像と
  nMotion musculousでの解析画面
  カメラから始まった高性能を求め続ける開発力を武器に
  これからのニーズに合わせたソフトウェアで市場を走り続ける
 
ゼロシーセブン株式会社
  関連製品の販売拡大はもちろん長年の見識を活かした独自の開発で業界をリードする
  「ひと」のための最新テクノロジーを開発・提供し顧客を支援する
  図.ゼロシーセブンにて提供している製品全体
  唯一の高性能を武器にどんな分野にでも適応させ、需要拡大へ繋げていく
  図、写真.Xsensが開発している「Xsens MVN」の全体写真
  同製品の特長、性能一例
  写真.Xsens DOTの全体
  複数の対象製品を扱い製品ごとのニーズをキャッチ
  今後の活躍が期待される次世代モーションキャプチャシステムの準備も怠らない
  図.ゼロシーセブンが取り扱うXsens以外のモーションキャプチャシステム一例
  長年の研究成果をもとに製品展開と自社開発を拡大していく
 
株式会社アユート
  手軽に高性能な製品を新しいコンテンツ内へ活用できるよう拡大させる
  全国のパソコン機器需要に一早く応え提供していく
  図.アユートの各事業における契約企業と取り扱い製品一例
  「小型」「安価」「高汎用性」の三拍子揃った慣性式を武器に国内シェアトップを誇る
  図.NOITOMが開発した「Perception Neuron」装着時の詳細
  2020年3月に発売された製品「Perception Neuron Studio」の
  アップグレード版となる「Perception Neuron Studio Body / Ultimate Edition」紹介
  図.Perception Neuron3のセンサー及びストラップ装着図
  ボディ全体だけではない!手先の動きに対する開発も需要も見逃さない
  図.2018年に発売していた「Hi5 VR GLOVE BUSINESS EDITION」
  (現在は販売停止)
  「Perception Neuron Studio Ultimate Edition」最新版グローブ
  現状の活用先浸透は確実に、未知なる市場開拓へと歩を進める
 
株式会社東陽テクニカ
  顧客の声と独自の取り組みを融合し相応以上の技術提供を目指す
  従来から培ってきた計測機器の技術を武器に時代の基礎を築いていく
  図.東陽テクニカの事業セグメント一覧と
  モーションキャプチャシステムを扱う機械制御/振動騒音セグメント詳細
  長期で寄り添ってきた顧客のリクエストに真摯に応えて始まりつつある事業
  図.東陽テクニカと提携しているAiQ Synertialを設立した企業紹介
  基本的なスペックはもちろん製品には珍しい特長で魅了していく
  写真.AiQ Synertialが提供しているMocapSuitとグローブ
  スポーツ向けスーツのSports Edition
  本格的事業開始に向け活用先の業界を拡げた万全の準備を進めていく
 
兼松エアロスペース株式会社
  他業界からの視点を活かし市場参入への歩を進める
  総合商社の航空宇宙専門商社を全う
  顧客が要求する製品を確実に提供していく
  図.兼松エアロスペースの事業一例
  市場を作ってきた磁気式は現在も性能のレベルアップがみられる
  再熱に向けて活用拡大を図る
  図.兼松エアロスペースにて取り扱っているPolhemus製の
  磁気式モーションキャプチャ「VIPER」その他製品
  5年前から少しずつ蒔いてきた種に期待が高まる
  それに併せて活用先をさらに拡大させる動きが必須となってくる
 
株式会社クレアクト
  各国からの選りすぐりを収集し目的に沿った計測器全般の提供を行う
  人のあらゆる動作を計測する機器で多くの研究者やエンジニアの手助けをする
  長年続けてきた人の計測に対する研究を惜しみなく発揮
  筋肉や脳波、視覚といった様々な動作を数値化し人の進歩へ役立てていく
  画像.TEAが開発するCAPTIVソフトウェア上の表示一例
  通常は必須のアイテムが不要、最低限の構成で人以外も難なく測定していく
  画像.Simiを用いた解析データ一部
  キャプチャ性能はもちろん着用衣類へも力を入れ使いやすさを重視
  それぞれの特徴を活かして今後の活躍を望む
 
株式会社クレッセント
  イメージエンジニアリング技術を駆使した製品、サービスで産業に貢献
  映像テクノロジスト集団として提供だけでなく開発も進めた事業を展開する
  図.クレッセントが取り扱うモーションキャプチャ含めたシステム一例
  光学式のトップ製品をもとに市場の拡大とその成長を支えていく
 
インターリハ株式会社
  リハビリ機器から障害を克服し「健康に生きる」を実現していく
  医療という分野を細分化し、選りすぐりの製品を導入・提供していく
  図.インターリハで取り扱っている製品一覧
  現場の声を具現化し確実に役立つ機器を開発する力
  海外とのネットワークも併せて一歩進んだ機器を提案していく
 
アーカイブティップス株式会社
  各分野の研究や開発に必須となる計測機器をトータルで提案、ニーズに合わせていく
  生体のあらゆる信号をキャッチするための製品を導入、適切にコンサルティングする
  図.アーカイブティップスが取り扱うモーションキャプチャ関連一例
  複数タイプのモーションキャプチャを導入
  今後確実に拡大していく市場成長へ貢献する
 
キヤノン株式会社
  追随を許さない技術力を持って新しいソリューションに挑戦していく
  時代のフェーズに合わせて求められる光学機器の先を生み出す
  図.グループ会社含めたキヤノン事業一例
  スタジオビジネスの開始と最先端を走り続けるための継続した開発
  図.キヤノン川崎事業所のボリュメトリックビデオスタジオ-川崎と
  その内部映像制作ワークフロー
  ボリュメトリック映像のリアルタイム生成を追究
  スポーツ中継で威力を発揮
  図.スタジアムでのボリュメトリックビデオシステム全体構図
  自社の強みである映像技術を最大限に発揮し将来へ繋げていく
 
ソニーグループ株式会社
  長年の映像技術を駆使して次世代コンテンツに一早く参入する
  クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす
  図.ソニーグループ全体の事業一例
  あらゆる分野を網羅し他企業の追随を許さない開発力で
  ボリュメトリック分野の研究を進めていく
  写真.2022年7月に[清澄白河BASE]に開設した
  ボリュメトリックキャプチャスタジオ
  アーティストと協力し培ってきた映像技術を存分に制作へ発揮
  今後の活用用途の需要増加は明らか
  現状の性能で満足せず常にレベルアップを考えた開発を進めていく

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 184頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。