2022 電動パワーステアリングシステム市場の最新動向と将来展望

電動パワーステアリングシステム(EPS=Electric Power Steering)やその応用技術(ステアバイワイヤ等)を対象として、市場への参入企業およびサプライヤの取り組み動向や市場の見解、今後の戦略などを面談取材し、現状把握と将来予測を行うことで関連各社の戦略立案のための基礎資料に供する

発刊日
2022/09/29
体裁
A4 / 289頁
資料コード
C64103700
PDFサイズ
39.6MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 289頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:EPS に関する現状の市場動向を明らかにするとともに、開発動向や技術動向を踏まえ、今後の市場展望を俯瞰する
調査対象:電動パワーステアリングシステム(EPS)を構成するシステムと主要構成部品の技術動向、市場動向
調査対象先:EPSシステムメーカ、EPS部品メーカ、商用車メーカなど
調査方法:弊社研究員による面談取材、電話取材、文献調査 など
調査期間:2022年4月~2022年9月

調査結果サマリー
Close

電動パワーステアリング世界市場に関する調査を実施(2022年)
2035年の電動パワーステアリング世界市場規模は搭載数量ベースで9,865万台と予測
~AD/ADAS対応、ブレーキなどとの協調制御による安全性向上を目的にステアバイワイヤの本格的な普及が2025年から始まる~

資料ポイント
Close

  • 電動パワーステアリング/EHPSの搭載率は21年に85.5%(17年は56.6%)
  • 中国が市場の成長を牽引、大型車向けの電動パワーステアリングも2025年から本格的に普及開始
  • ステアバイワイヤは自動運転、シャシの協調制御による安全性向上を目的に普及が進む
  • 大型商用車は25年頃から電動パワーステアリングの本格普及が見込まれる
  • 対象エリア:日本、欧州、北米、中国、その他
  • 予測年:2019~2025/2030/2035
  • New! ステアバイワイヤ/大型商用車向けのステアリング動向を追加

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 EPSの市場概況

1-1 EPSの歴史と進化
1-2 EPSの種類と特徴
  1-2-1 パワーステアリングシステムの種類
  1-2-2 EPSの構成
  1-2-3 EPSの種類
1-3 EPSの開発動向
  1-3-1 ステアバイワイヤの動向
  1-3-2 E/Eアーキテクチャの動向
  1-3-3 中大型商用車向けパワーステアリングの動向

第2章 地域別EPSマーケット予測

2-1 ワールドワイド
  2-1-1 燃費規制
  2-1-2 安全基準/自動運転に向けた取り組み
  2-1-3 脱炭素化に向けた動向
  2-1-4 自動車生産台数予測
  2-1-5 ステアリング市場規模予測
2-2 日本
  2-2-1 燃費規制
  2-2-2 安全基準/自動運転に向けた取り組み
  2-2-3 脱炭素化の取り組み
  2-2-4 自動車生産台数予測
  2-2-5 ステアリング市場規模予測
2-3 欧州
  2-3-1 燃費規制
  2-3-2 安全基準/自動運転に向けた取り組み
  2-3-3 脱炭素化の取り組み
  2-3-4 自動車生産台数予測
  2-3-5 ステアリング市場規模予測
2-4 北米
  2-4-1 燃費規制
  2-4-2 安全基準/自動運転に向けた取り組み
  2-4-3 脱炭素化の取り組み
  2-4-4 自動車生産台数予測
  2-4-5 ステアリング市場規模予測
2-5 中国
  2-5-1 燃費規制
  2-5-2 安全基準/自動運転に向けた取り組み
  2-5-3 脱炭素化の取り組み
  2-5-4 自動車生産台数予測
  2-5-5 ステアリング市場規模予測
2-6 その他地域
  2-6-1 燃費規制
  2-6-2 安全基準/自動運転に向けた取り組み
  2-6-3 脱炭素化の取り組み
  2-6-4 自動車生産台数予測
  2-6-5 ステアリング市場規模予測

第3章 アシスト方式(タイプ)別市場動向

3-1 ステアリングタイプ別市場予測
  3-1-1 乗用車向けステアリングタイプ別需要台数予測
  3-1-2 中大型商用車向けステアリングタイプ別需要台数予測
3-2 メーカシェア(2021年)
  3-2-1 納入マトリクス
  3-2-2 メーカシェア
  3-2-3 コラムアシストのメーカシェア
  3-2-4 シングルピニオンのメーカシェア
  3-2-5 デュアルピニオンのメーカシェア
  3-2-6 ラックアシストのメーカシェア
  3-2-7 EPSのメーカシェア
  3-2-8 EHPSのメーカシェア
  3-2-9 EPS&EHPSのメーカシェア
3-3 地域別各タイプの需要予測(2019~2025年/2030年/2035年)
  3-3-1 日本
  3-3-2 欧州
  3-3-3 北米
  3-3-4 中国
  3-3-5 その他地域
3-4 タイプ別各地域の需要予測(2019年~2025年/2030年/2035年)
  3-4-1 コラムアシストEPS
  3-4-2 シングルピニオンEPS
  3-4-3 デュアルピニオンタイプEPS
  3-4-3 ラックアシストタイプEPS
  3-4-4 ステアバイワイヤ(SBW)
  3-4-5 電動油圧パワーステアリング(EHPS)

第4章 EPS主要構成部品の市場動向

4-1 モータ
  4-1-1 コンポーネント概要
  4-1-2 技術動向
  4-1-3 納入マトリクス(EPS用モータ、2021年)
  4-1-4 メーカシェア(2021年、数量ベース)
  4-1-5 市場規模予測(2019年~2025年/2030年/2035年)
4-2 ECU
  4-2-1 コンポーネント概要
  4-2-2 技術動向
  4-2-3 納入マトリクス(2021年)
  4-2-4 メーカシェア(2021年、数量ベース)
  4-2-5 市場規模予測(2019年~2025年/2030年/2035年)
4-3 トルクセンサ
  4-3-1 コンポーネント概要
  4-3-2 納入マトリクス(2021年)
  4-3-3 検出方式別シェア(2021年、数量ベース)
  4-3-4 メーカシェア(2021年、数量ベース)
  4-3-5 市場規模予測(2019~2025年/2030年/2035年)
4-4 モータポジションセンサ
  4-4-1 コンポーネント概要
  4-4-2 納入マトリクス(2021年)
  4-4-3 検出方式別シェア(2021年、数量ベース)
  4-4-4 市場規模予測(2019~2025年/2030年/2035年)
4-5 ステアリングアングルセンサ
  4-5-1 コンポーネント概要
  4-5-2 納入マトリクス(2021年)
  4-5-3 検出方式別シェア(2021年、数量ベース)
  4-5-4 メーカシェア(2021年、数量ベース)
  4-5-5 市場規模予測(2019~2025年/2030年/2035年)
4-6 コンビネーションスイッチ
  4-6-1 コンポーネント概要
  4-6-2 納入マトリクス(2021年)
  4-6-3 メーカシェア(2021年、数量ベース)
  4-6-4 市場規模予測(2019~2025年/2030年/2035年)

第5章 主要EPSシステムメーカの最新動向

5-1 ジェイテクト
5-2 日本精工
5-3 日立Astemo
5-4 Bosch
5-5 ZF
5-6 Nexteer Automotive
5-7 thyssenkrupp
5-8 Mando Corporation
5-9 China Automotive Systems
5-10 Knorr-Bremse

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 289頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。