2030年の医療産業 -注目ヘルステックの将来展望-

本資料では、2030年の医療産業において注目されるヘルステック(HealthTech)を取り上げる。「Health」については健康・医療を中心に介護も対象とし、「Technology」としては特にTelehealth(遠隔医療)、mHealth(モバイルヘルス)、Robot、AI、XR(VR等)に着目する。
特に注目されるヘルステックの市場については、「3.Technology別ヘルステック市場」にて市場概要や参入企業概況、市場規模、将来展望などを取り上げる。

発刊日
2023/03/27
体裁
A4 / 218頁
資料コード
C64122900
PDFサイズ
14.3MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 218頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ヘルステック(HealthTech)とは、「Health」と「Technology」を組み合わせた造語であり、ヘルスケアにテクノロジーを適用することで、新たな価値の創造を目指す製品・サービスを指す。医療・介護業界では様々な課題が指摘されており、その解決の手段としては法令改正等の政策的な対応も進められているが(例:医師の働き方改革)、一方で新たなテクノロジーの発展・普及を背景に、ヘルステックも課題解決のための手段として有力なものとなる。
本資料では、2030 年の医療産業において注目される「ヘルステック(HealthTech)」を取り上げる。
「Health」については健康・医療を中心に介護も対象とし、「Technology」としては特に Telehealth(遠隔医療)、mHealth(モバイルヘルス)、Robot(特に手術ロボット、見守り機器)、AI(人工知能)、XR(VR 等)に着目する(特に注目されるヘルステックの市場については、「3.Technology別ヘルステック市場」にて取り上げる)。
なお、本資料で掲載の市場規模は、特記のないものは事業者売上高ベースである。
調査方法:医療・介護(主にヘルステック)業界参入企業への取材、文献調査の併用
調査期間:2022年11月~2023年3月

調査結果サマリー
Close

2030年の医療産業(注目ヘルステック)に関する調査を実施(2023年)
医療・介護分野での課題に対するヘルステックの貢献・市場性等を分析
~2030年度への10年間に大幅伸長の個別市場も~

資料ポイント
Close

  • ヘルステックについて、医療提供施設別、Technology別、疾患領域(利用対象者)別の観点で編集。
  • 「3.Technology別 市場動向」では、市場概要や参入企業概況、市場規模(2020/2030年度)、将来展望などを掲載(市場により一部構成が異なります)。

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.2030年の医療産業 総論

1.1.本資料の構成
1.2.ヘルステックとは
  1.2.1.ヘルステックの形式的分類
    図表1.2-1:ヘルステックの分類(医療機器・非医療機器、保険適用)
  1.2.2.ヘルステックMatrix
    図表1.2-2:ヘルステックMatrix(Technology×Patient Journey)
    図表1.2-3:ヘルステックMatrix(Technology×Disease)
  1.2.3.医療政策の3大目標とヘルステック
    図表1.2-4:ヘルステックが貢献する医療・介護への課題例
    図表1.2-5:各ヘルステックの課題への貢献
    図表1.2-6:臨床ワークフローにおける主なCADの利用形態
1.3.2030年における医療業界の注目トピックス
    図表1.3-1:各種ヘルステックの勃興と「ヘルステック」の検索状況推移
  1.3.1.RWD・医療ビッグデータ
    (1)RWD・医療ビッグデータ事業とは
    (2)医療ビッグデータ事業者の概況 ①総合系
    図表1.3-2:メディカル・データ・ビジョンを中心としたアライアンス状況
    (3)医療ビッグデータ事業者の概況 ②電子カルテデータ系
  1.3.2.PHR・PHR関連サービスとマイナポータル
    図表1.3-3:PHRの概要
    図表1.3-4:PHR関連サービスの構成要素
    図表1.3-5:PHR関連サービスのビジネスモデル例
  1.3.3.PHRと情報銀行
  1.3.4.救急医療とヘルステック
    図表1.3-6:各社における救急医療に関するICTサービスの概要
  1.3.5.スマートシティと健康・医療
    (1)スマートシティとは
    (2)自治体向けヘルスケアICT
    図表1.3-7:自治体向けヘルスケアICTサービスの普及状況推移(2020/2025年)
    図表1.3-8:個人向けPHRサービス提供企業が行う自治体向けサービス例
    図表1.3-9:電子母子健康手帳導入の目的
  1.3.6.心不全パンデミックと関連するヘルステック例
  1.3.7.デジタルバイオマーカー(dBM)
  1.3.8.DCT(バーチャル治験/バーチャル臨床試験)
    (1)DCT(Decentralized Clinical Trial:分散化臨床試験)とは
    (2)企業動向

2.医療提供施設別 ヘルステック概況

2.1.一般病院
  2.1.1.病院とは
    図表2.1-1:病院数の推移(一般病院・精神科病院別)
  2.1.2.医療クラウド
    (1)本資料で取り上げる医療クラウド
    図表2.1-2:各社の医療クラウドサービス概要
    (2)通院支援/PHR
    図表2.1-3:通院支援/PHRサービス概要
    (3)電子カルテとクラウド型システム
    図表2.1-4:病院における電子カルテ導入状況(2020年10月時点)
    図表2.1-5:一般病院向け電子カルテ稼働施設数とクラウド型割合推移
    図表2.1-6:PACSに関するクラウドサービスの分類
  2.1.3.AIホスピタル
  2.1.4.病院事例
2.2.一般診療所
  2.2.1.診療所とは
    図表2.2-1:一般診療所数の推移(無床・有床別)
    図表2.2-2:診療所に従事する医師数の年齢階級別構成
    図表2.2-3:一般診療所における電子カルテ導入状況の推移
    図表2.2-4:一般診療所(無床)向け電子カルテ稼働施設数とクラウド型割合推移
  2.2.2.診療所ICT
    図表2.2-5:診療所における来院前~会計に関連するIT/ICT
  2.2.3.診療所事例
2.3.薬局
  2.3.1.薬局の概況
  2.3.2.電子お薬手帳・電子薬歴システム導入の概況
    図表2.3-1:薬局における電子化状況
    図表2.3-2:電子お薬手帳や薬歴管理システムを使用するメリット(複数回答)
    図表2.3-3:電子お薬手帳の利用意向
  2.3.3.薬局ICTの概況(オンライン服薬指導/服薬フォローアップ)
    図表2.3-4:各社の薬局向け各種システム展開状況
2.4.健診施設
  2.4.1.健診施設とは
    図表2.4-1:健診施設の種類
  2.4.2.健診システムとWebサービス(PHRサービス)
  2.4.3.健診施設における遠隔画像診断の利用と画像診断支援AI
    図表2.4-2:読影サービス件数の内訳推移(保険診療/健診・検診)
    図表2.4-3:診断支援AIシステムの導入状況(健診件数別)

3.Technology別 市場動向

3.1.Telehealth(遠隔医療)
  3.1.0.遠隔医療(Telehealth)とは
    図表3.1-1:遠隔医療の分類(DtoD/DtoP/その他)
    図表3.1-2:オンライン診療、オンライン受診勧奨、遠隔健康医療相談の分類
  3.1.1.オンライン診療システム市場
    (1)市場Summary
    (2)市場定義
    (3)市場沿革・制度面等
    図表3.1-3:オンライン診療の制度の推移
    (4)参入企業
    (5)市場規模・将来展望
    図表3.1-4:オンライン診療システム市場規模(2020/2030年度)
    図表3.1-5:オンライン診療システムの外部環境の動向
    図表3.1-6:過去1年間のオンライン診療の利用状況(性別・年齢階級別)
    図表3.1-7:オンライン診療に寄与し得るテクノロジー例
    【参考】オンラインセカンドオピニオン
    【参考】往診およびオンライン診療サービス
  3.1.2.オンライン服薬指導・医薬品配送
    (1)市場Summary
    (2)市場定義
    (3)市場沿革・制度面等
    (4)参入企業
    (5)市場規模・将来展望
    【参考】疾患領域特化型オンライン診療サービス
    【参考】遠隔健康医療相談サービス
    【参考】遠隔画像診断(読影サービス)
    【参考】遠隔ICU
    図表3.1-8:各社の遠隔ICU展開概要
3.2.mHealth(モバイルヘルス)
  3.2.0.mHealth(モバイルヘルス)とは
    (1)mHealth(モバイルヘルス)の範囲
    図表3.2-1:スマートフォン保有率の推移(2013年~2021年)
    図表3.2-2:65歳以上の者におけるスマートフォンの利用方法
    図表3.2-3:
    年齢階級別スマートフォンを使った医療・ヘルスケアサービスの利用意向
    (2)ビジネスモデル
    図表3.2-4:個人向けPHRサービス(アプリ)の展開形態イメージ図
  3.2.1.デジタルセラピューティクス(DTx)
    (1)市場Summary
    (2)市場定義
    図表3.2-5:本資料でのDTxの定義
    (3)市場沿革・制度面等
    図表3.2-6:DTxに関する3つの動向
    (4)参入企業
    図表3.2-7:DTx開発専業的企業の設立年
    (5)市場規模・将来展望
    図表3.2-8:DTx市場規模(2025/2030年度)
    図表3.2-9:DTx市場の課題と将来展望(2021~2025年/2026~2030年)
    (6)DTx関連事業者(Collaborator/Customer)
    図表3.2-10:DTx関連事業各社の概要
    【参考】個人向けPHRサービス
    図表3.2-11:個人向けPHRサービスの分類
  3.2.2.医療機関へのPHR共有サービス
    (1)市場Summary
    (2)市場定義等
    図表3.2-12:PHRを医療機関と共有する意義
    (3)参入企業
    (4)市場規模・将来展望
    図表3.2-13:医療機関へのPHR共有サービス市場規模(2020/2030年度)
  3.2.3.電子問診システム(Web問診システム等)
    (1)市場Summary
    (2)市場定義等
    (3)参入企業
    (4)市場規模・将来展望
    図表3.2-14:電子問診システム市場規模(2020/2030年度)
3.3.Robot
  3.3.0.医療・介護等におけるRobot活用
    図表3.3-1:運動量増加機器加算の対象
    図表3.3-2:地域医療介護総合確保基金を利用した介護ロボットの導入支援
  3.3.1.手術支援ロボット
    (1)市場Summary
    (2)市場定義
    (3)市場沿革・制度面等
    (4)参入企業
    (5)市場規模・将来展望
    図表3.3-3:手術支援ロボット市場規模(2020/2030年度)
    (6)遠隔手術について
  3.3.2.見守り機器
    (1)市場Summary
    (2)市場定義
    (3)市場沿革・制度面等
    図表3.3-1:2021年度の介護報酬改定で示された夜勤職員配置加算の要件緩和
    (4)参入企業
    (5)市場規模・将来展望
    図表3.3-2:見守り機器市場規模(2020/2030年度)
3.4.AI(人工知能)
  3.4.0.医療におけるAI活用
    (1)AI(Artificial Intelligence・人工知能)とは
    図表3.4-1:AIブームの歴史
    (2)保健医療分野におけるAI活用推進懇談会
    (3)医療におけるAI活用の動向
    (4)規制・ガイドライン動向
    (5)医療AIに関する課題
    図表3.4-2:医療AIの5つの課題
  3.4.1.診断支援AI市場
    (1)市場Summary
    (2)市場定義
    (3)市場沿革・制度面等
    (4)参入企業
    図表3.4-3:モダリティ別診断支援AI参入企業
    (5)市場規模・将来展望
    図表3.4-4:診断支援AI市場規模(2020/2030年度)
  3.4.2.診療支援AI市場
    (1)市場Summary
    (2)市場定義
    (3)市場沿革・制度面等
    (4)参入企業
    (5)市場規模・将来展望
    図表3.4-5:診療支援AI市場規模(2020/2030年度)
3.5.XR(VR・MR等)
  3.5.0.医療におけるXRの活用
    (1)XRとは
    (2)医療におけるXR活用の動向
    (3)規制・ガイドライン動向
    (4)医療XRに関する課題
  3.5.1.医療XR市場
    (1)市場Summary
    (2)市場定義
    (3)市場沿革・制度面等
    (4)参入企業
    (5)市場規模・将来展望
    図表3.5-1:医療XR市場規模(2020/2030年度)

4.Disease別 ヘルステック概況

4.0.序論
  図表4.0-1:優先的に取り組むべきとされる3つの疾患分野
  図表4.0-2:傷病分類別医科診療医療費(2014年度)
  図表4.0-3:ヘルステックMatrix(Technology×Disease)
4.1.認知症・MCI
  4.1.1.市場環境
    図表4.1-1:MCI・認知症について
    図表4.1-2:高齢者の認知症状況の推計(2020年)
    図表4.1-3:年齢階級別認知症推計有病者数・有病率(2020年)
    図表4.1-4:認知症の社会的コストの推計
    図表4.1-5:新オレンジプランの概要
    図表4.1-6:認知症基本法案の概要
  4.1.2.未病・予防・セルフチェック領域
    (1)認知機能関連アプリ
    図表4.1-7:認知症保険の付帯サービスとしての認知機能関連アプリ例
    (2)認知機能関連ITサービス
    図表4.1-8:認知機能関連ITサービス例
  4.1.3.診断・治療領域
    (1)デジタルセラピューティクス(DTx)
    図表4.1-9:認知症(MCI)領域DTxパイプライン(2022年11月時点)
    (2)診断支援AI
4.2.糖尿病(生活習慣病)
  4.2.1.市場環境
    図表4.2-1:年齢階級別糖尿病が強く疑われる者(2016年)
    図表4.2-2:糖尿病が強く疑われる者の推移
    図表4.2-3:2型糖尿病の総患者数(年計階級・男女別)
    図表4.2-4:糖尿病重症度と年間医療費
  4.2.2.未病・予防領域の各種サービス概要
    (1)遠隔特定保健指導
    (2)健保向け・健康経営向け健康増進アプリサービス
  4.2.3.治療・重症化予防領域の各種サービス概要
    (1)デジタルセラピューティクス(DTx)
    図表4.2-5:糖尿病領域DTxパイプライン(2022年11月時点)
    (2)PHRアプリと医療機関への共有サービス
    (3)健保向け・健康経営向け重症化予防アプリサービス
    (4)オンライン診療サービス
4.3.がん
  4.3.1.市場環境
    図表4.3-1:部位別がん罹患数(2017年)
    図表4.3-2:生涯がん罹患確率(部位別)
  4.3.2.未病・予防、診断領域の各種サービス概要
    (1)オンライン禁煙サービス
    (2)診断支援AI
    (3)オンラインセカンドオピニオン
  4.3.3.治療領域の各種サービス概要
    (1)デジタルセラピューティクス(DTx)
    図表4.3-3:がん領域DTxパイプライン(2022年11月時点)
    (2)がん患者向けアプリ
4.4.メンタルヘルス
  4.4.1.市場環境
    図表4.4-1:職場におけるメンタルヘルスケアの概要
    図表4.4-2:2020年における主要な精神障害の有病者数の推計
    図表4.4-3:精神疾患の社会的コストの推計
    図表4.4-4:認知行動療法とDTx
  4.4.2.セルフケア領域の各種サービス概要
    (1)メンタルヘルスケアアプリ
    図表4.4-5:メンタルヘルスケアアプリ例
    (2)オンラインカウンセリング
  4.4.3.診断・治療領域の各種サービス概要
    (1)デジタルセラピューティクス(DTx)
    図表4.4-6:うつ病領域DTxパイプライン(2022年11月時点)
    (2)その他(医療機関へのPHR共有サービス、診断支援AI、XR)
4.5.女性領域(フェムテック)
  4.5.0.フェムテックとは
    (1)フェムテックの全体像
    図表4.5-1:フェムテックの展開分野と商品例
    図表4.5-2:国内のフェムテックカテゴリと関連企業、製品・サービス事例
    (2)フェムテックと薬機法
    図表4.5-3:フェムテック製品について薬機法関連の近年の動きの一部
    (3)政府・省庁の取り組み
    (4)女性のライフステージと人口
    図表4.5-4:国内の女性人口(ライフステージごと)の推移(2011~2021年)
    図表4.5-5:女性のライフステージごとの体の変化
  4.5.1.女性関連遠隔健康医療相談サービス市場
    (1)市場Summary
    (2)市場定義
    (3)市場沿革・制度面等
    (4)参入企業
    (5)市場規模・将来展望
    図表4.5-6:女性関連遠隔健康医療相談サービス市場規模(2020/2030年度)
    【参考】女性のがん領域に関するDTx
    図表4.5-6:がん領域DTxパイプライン(2022年11月時点)
    図表4.5-7:がん(乳房)の罹患数・有病数の推計

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 218頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。