2030年の物流業界の展望

人々の日常生活に欠かせない「物」の流れを支え、経済の血液と謳われる物流は、今や社会インフラの一つと認識されていますが、その実態は労働集約型産業であるが故に人手不足が他業界より深刻であり、近年その課題が浮き彫りになっている。本レポートでは、2030年の物流業界について①人手不足への対策、②環境対策、③テクノロジーの活用、デジタル化の3つの軸に焦点をあてた上で、4つの未来のシナリオを仮定した。2030年のシナリオに向け、現状の市場概況や進んでいる取組についてとりまとめを行った。

発刊日
2023/03/28
体裁
A4 / 204頁
資料コード
C64123300
PDFサイズ
19.1MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 204頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:人々の日常生活に欠かせない「物」の流れを支え、経済の血液と謳われる物流は、今や社会インフラの一つと認識されていますが、その実態は労働集約型産業であるが故に人手不足が他業界より深刻であり、近年その課題が浮き彫りになっています。
本レポートでは、2030 年の物流業界を①人手不足への対策、②環境対策、③テクノロジーの活用、デジタル化の 3 つの軸に焦点をあてた上で、複数の未来のシナリオを仮定しました。2030年のシナリオに向け、現状の市場概況や進んでいる取組についてとりまとめを行いました。
本資料が当業界をはじめ、関連業界各位の参考資料としてお役に立つことを目的として、作成いたしました。
調査対象:各社IR情報/その他、国土交通省、経済産業省、業界団体等 
調査方法
・専門調査員による面接ヒアリング調査、一部書面および電話による補足調査
・各種統計、文献資料等の収集・分析調査 
調査期間:2023年1月~2023年2月

調査結果サマリー
Close

2030年の物流業界に関する調査を実施(2023年)
2030年の物流業界は人手不足への対応、テクノロジーの活用やデジタル化、脱炭素に向けた対策を軸とした取り組みが加速

資料ポイント
Close

以下4つのシナリオに沿って、業界動向と展望を調査

  • 「トラックの電動化が進んだ未来」
    ・2030年に電動化はどこまで進むのか、導入における課題
    ・車両用リチウムイオン電池を保管する危険品倉庫の需要動向
  • 「輸送の効率化が進んだ未来」
    ・共同物流、モーダルシフト、中継輸送、車両の大型化に関する取組動向
  • 「活況となる地場配送」
    ・2030年の宅配便市場の動向
    ・ギグワーカなど新たな担い手の動向
  • 「物流DXが進んだ未来」
    ・倉庫内の物流ロボティクス・システムの動向、輸配送分野のシステム・ハードの自動化についての動向
    ・【対象】物流ロボット、物流システム、自動運転、隊列走行、トラックマッチング等全25種類のソリューションを調査

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.物流業界を取り巻く環境の変化
2.物流業界の課題と今後の方向性
3.2030年の物流業界の展望

第1章 総論

1-1.2030年の物流市場
1-2.物流市場を取り巻くキーワード
1-3.2030年に向けたシナリオ
  1-3-1.2030年に向けた法令・制度の改正、目標値の整理
  1-3-2.2030年の物流市場のシナリオ
   (1)2030年のディストピアシナリオ
   (2)2030年のユートピアシナリオ
1-4.今後の展望
  1-4-1.物流DX(自動化・省人化)が進んだ未来
  1-4-2.目指すべき姿は、個別最適から全体最適へ
  1-4-3.サプライチェーン全体の最適には、業界の垣根を越えたデータの連携が必要

第2章 物流市場を取り巻く市場環境

2-1.国内の人口推移と経済状況
  2-1-1.国内の人口推移
  2-1-2.国内経済の動向
2-2.国内物流の動向
  2-2-1.国内貨物輸送量の動向
  2-2-2.国内貨物在庫量の動向
  2-2-3.物流不動産市場の動向

第3章 我が国の物流施策

3-1.物流に関する政府の指針・政策
  3-1-1.総合物流施策大綱
  3-1-2.ウィズコロナ、ポストコロナ時代における物流に関する政府の指針
  3-1-3.フィジカルインターネット
3-2.2030年の物流を考える上で、重要な指標となる取組
  3-2-1.EC需要の増加に伴う動き
   (1)EC市場の推移
   (2)宅配便取扱個数の推移
  3-2-2.トラック運送事業を取り巻く状況
   (1)倒産件数やM&Aの増加
   (2)トラック運送事業者の事業者数
   (3)ドライバー不足の現状
    1)物流業界の労働者不足の状況
    2)年齢構成
    3)トラックドライバーの年間所得及び労働時間の推移
    4)トラックの積載効率の低下
    5)一運行あたりの待機時間
    6)業界構造上の課題:トラック運送業界のピラミッド構造
   (4)2024年問題の概況
    1)概要
    2)2024年問題に向けた取組
   (5)適正な運賃の収受
   (6)高速道路の深夜割引の見直し
  3-2-3.環境対策
   (1)2050年カーボンニュートラルに向けた目標値
   (2)ホワイト物流・グリーン物流に向けた取組

第4章 シナリオ別に見る、2030年の物流市場

4-1.シナリオ①:トラックの電動化が進んだ未来
  4-1-1.日本の電動車市場の概況と、トラック業界の取組
   (1)日本における電動車の販売台数の推移と予測
   (2)日本における電動商用車市場規模予測
   (3)物流業界における電気自動車の動向
   (4)トラックの電動化における目標値
   (5)電気自動車の導入状況
   (6)大型トラックの電動化に伴う課題点
   (7)電動化を進める新たな企業の取組
  4-1-2.需要が見込まれる危険品倉庫の市場概況
   (1)定義
   (2)危険品倉庫(危険物倉庫)の規模と現状
   (3)危険品倉庫(危険物倉庫)の市場概況
    1)危険品倉庫の所管面積の推移
    2)危険品倉庫の地域別の所管面積の推移
    3)危険品倉庫の入庫量・保管残高・品目別の割合
   (4)電動化に関わるリチウムイオン電池の保管動向
    1)リチウムイオン蓄電池の保管規制(消防法上の規制)
    2)車両の電動化に向け、危険品倉庫の需要は高まるのか?
   (5)今後の展望
4-2.シナリオ②:輸送の効率化が進む長距離輸送
  4-2-1.共同物流
   (1)定義
   (2)共同物流の実施によるメリットとデメリット
   (3)考慮すべき法令
   (4)共同物流の事例
   (5)共同物流に関わる実証実験
   (6)共同物流に関わる物流テック
   (7)今後の展望
  4-2-2.モーダルシフト
   (1)定義
   (2)モーダルシフトのメリット・デメリット
   (3)モーダルシフト推進のための支援策等
   (4)モーダルシフト取組優良事業者
  4-2-3.中継輸送
   (1)定義
   (2)中継輸送の法制的な問題と検討の進め方
   (3)具体的な実施事例
   (4)中継物流拠点の設置
   (5)中継輸送を行うにあたり、加味すべき事項
   (6)中継輸送を行うメリット・デメリット
  4-2-4.トラックの大型化
   (1)ダブル連結トラックの導入が進む背景
   (2)ダブル連結トラックの実証実験の取組
   (3)ダブル連結トラックの実験結果
   (4)主要企業の取組
   (5)ダブル連結トラックを導入するメリットと課題
   (6)今後の方向性
4-3.シナリオ③:活況になる地場配送(宅配市場)
  4-3-1.宅配便市場の概況
   (1)宅配便市場の2030年度の市場規模
   (2)宅配便以外の宅配(地場配送)の増加
  4-3-2.地域の宅配市場
   (1)受け取り方/送料の考え方の変化
    1)宅配クライシスと2023年の値上げ対応
    2)再配達の問題
    3)ピックアップ式の受け取り方:宅配ボックスと置き配
    4)今後の動向と送料の考え方
   (2)新たな担い手の登場
    1)配達代行サービスの登場:ギグワーカーの増加
    2)貨物軽自動車運送事業(黒ナンバー)の増加
    3)今後の動向
   (3)地方のラストワンマイル
    1)共同配送
    2)貨客混載
    3)今後の動向
4-4.シナリオ④:物流DXが進んだ未来
  4-4-1.倉庫内の物流ロボティクス市場の動向
   (1)AGF
    1)定義
    2)市場動向
    3)AGFの特長
   (2)バンニング/デバンニングロボット
    1)定義
    2)市場動向
    3)デバンニングロボットの特長
   (3)デパレタイズ/パレタイズロボット
    1)定義
    2)市場動向
    3)デパレタイズ/パレタイズロボットの特長
   (4)ロボット自動倉庫
    1)定義
    2)市場動向
    3)ロボット自動倉庫の特長
   (5)ピースピッキングロボット
    1)定義
    2)市場動向
    3)ピースピッキングロボットの特長
   (6)GTP型AGV
    1)定義
    2)市場動向
    3)GTP型AGVの特長
   (7)ピッキングアシスト型AMR
    1)定義
    2)市場動向
    3)ピッキングアシスト型AMRの特長
   (8)搬送用ロボット(AGV/AMR)
    1)定義
    2)市場動向
    3)搬送用ロボット(AGV/AMR)の特長
   (9)仕分けロボット
    1)定義
    2)市場動向
    3)仕分けロボットの特長
  4-4-2.倉庫内の物流テック(システム)市場の動向
   (1)クラウド型WMS
    1)定義
    2)市場の仕組みと動向
    3)クラウド型WMSの特長
   (2)WES(倉庫実行システム)
    1)定義
    2)市場の仕組みと動向
    3)WESの特長
   (3)バース予約/受付システム
    1)定義
    2)市場の仕組みと動向
    3)バース予約/受付システムの特長
   (4)紙伝票のデジタル化
   (5)AI技術の活用(画像認識AI)
    1)検品作業の自動化
    2)商品サイズの自動計測
    3)今後の展開が期待される、開発段階の新技術
   (6)RFIDタグの活用
    1)物流分野におけるRFIDタグの動向
    2)物流分野におけるRFIDタグの今後の方向性
    3)物流分野におけるRFIDタグの活用事例
  4-4-3.屋外の物流テック(ハード・ロボット)の市場の動向
   (1)自動運転
    1)自動運転の実現に向けた研究が進められている背景
    2)社会実装の促進
    3)無人自動運転移動サービスの実現に向けた取組
    4)高度幹線物流システムの構築に向けた取組
    5)RoAD to the L4プロジェクト
    6)オーナーカーのAD/ADAS市場の拡大
    7)今後の方向性
   (2)隊列走行
    1)トラック隊列走行の実現に向けたロードマップ
    2)トラック隊列走行実験の取組
    3)成果と課題及び今後の方向性
    4)国際標準の「ISO 4272」の発行
    5)今後の方向性
   (3)配達ロボット
    1)市場動向
    2)主要事業者
   (4)配達ドローン
    1)市場動向
    2)主要事業者と主な実証実験
  4-4-4.屋外の物流テック(システム)市場の動向
   (1)配車計画システム
    1)定義と仕組み
    2)市場動向
    3)今後の展望
   (2)動態管理システム
    1)定義と仕組み
    2)市場動向
    3)今後の展望
   (3)トラックマッチングサービス
    1)定義と仕組み
    2)市場動向
    3)今後の展望
   (4)安全管理に関わるシステム
   (5)IT点呼

第5章 有力企業の個票

NIPPON EXPRESSホールディングス
ヤマトホールディングス
SGホールディングス
日立物流
日本郵便
セイノーホールディングス

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 204頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。