2030年の住宅市場の展望

2030年の住宅市場を展望する新規マーケティングレポート。2030年の節目における住宅市場の定量的な予測とともに、住宅のあり方や住まい方などのトレンドを展望。

発刊日
2023/03/29
体裁
A4 / 171頁
資料コード
C64123800
PDFサイズ
5.6MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 171頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本書において、2030 年という節目における新築住宅市場や住宅ストック市場の定量的な予測を行うとともに、住宅のあり方や住まい方などの将来的なトレンドを把握することにより、今後の住宅市場を展望することを目的とする。
調査対象:住宅市場及び住宅関連市場
調査方法
・専門調査員による面接ヒアリング調査、一部書面および電話による補足調査
・各種文献および公開情報等の収集・分析
調査期間:2022年12月~2023年3月

調査結果サマリー
Close

2030年の住宅市場に関する調査を実施(2023年)
2030年度の新設住宅着工戸数は2022年度比13.5%減の約74万戸を予測
​~長期的な需要減に伴い、住宅供給事業者や建材・設備事業者の淘汰が進む可能性も~

資料ポイント
Close

  • 2030年の住宅市場を展望する新規マーケティングレポート
  • 新築、既築、中古住宅、リフォーム市場など、2030年までを定量的に予測
  • 「SDGs」「脱炭素社会」などといったキーワードに関連付けて、今後の住宅市場のトレンド、方向性を10のテーマで考察

リサーチ内容

調査結果のポイント

住宅関連市場予測・住宅市場の展望

第1章 住宅市場を取り巻く外部環境分析

1.新設住宅市場
  ①新設住宅着工戸数の推移
  ②新設持家着工戸数の推移
  ③新設分譲戸建着工戸数の推移
  ④新設分譲マンション着工戸数の推移
  ⑤新設貸家着工戸数の推移
2.住宅ストックの状況
  ①住宅ストック数
  ②住宅ストックの平均床面積の推移
3.人口・世帯数の状況
  ①総人口
  ②総世帯数
  ③片働き世帯と共働き世帯数の推移
4.住宅取得者の属性
  ①住宅取得者の属性
  ②年代別持家率
  ③平均給与の推移
  ④片働き世帯と共働き世帯の収入分布
5.住宅価格の動向
6.住宅ローン金利の動向
7.地価の動向と見通し
8.住宅業界に関連する注目すべき制度・施策等
  ①住生活基本計画
  ②脱炭素社会の実現に資する等のための建築物等における
  木材の利用の促進に関する 法律(2021年10月)
  ③脱炭素施策_改正建築物省エネ法
  ④省エネ住宅に関連する支援事業
  ⑤建築基準法 4 号特例の縮小

第2章 住宅関連市場規模予測(~2030)

1.新設住宅市場予測
  ①新設住宅着工戸数予測
  ②新設持家着工戸数予測
  ③新設分譲戸建着工戸数予測
  ④新設分譲マンション着工戸数予測
  ⑤新設貸家着工戸数予測
2.新築注文戸建住宅_ZEH 化率予測
3.中古住宅流通市場規模予測
4.買取再販市場規模予測
5.住宅リフォーム市場規模予測
6.住宅解体市場規模予測
7.住宅ストック市場規模予測
8.空き家市場規模予測

第3章 2030年の住宅市場の展望

1.住宅市場を取り巻くキーワード
2.住宅市場の業界再編展望
3.消費者の住まいに関するニーズの変化
  (1)人口動態・社会環境の変化からみた住宅需要の変化
  (2)消費動向や世代変化からみた消費者の住宅需要の変化
    ①消費の2極化
    ②住宅価格高騰を背景に、子育て世代を中心に、郊外住宅需要の高まり
    ③シニア層による郊外住宅需要の高まり
    ④コロナ禍を契機とした住まい方の変化
    ⑤世代の変化
4.住宅商品の今後のテーマ
5.コロナ禍を契機とした新たな生活様式
  ①テレワークの普及に伴う変化
  ②ウィズコロナ時代の住まいづくり
  ③居住地の多様化/多拠点生活(マルチハビテーション)
  ④ワーケーション
6.建設業の人手不足と高齢化・大量離職問題/2024 年問題
  ①建設業就業者数は減少傾向/2024年問題
  ②工務店の大工不足問題
7.住宅市場における今後、注目の 10 テーマ
  テーマ 1:脱炭素社会/ゼロエミッション化
    ①太陽光発電設備
    ②蓄電システム
    ③V2H
    ④ZEH
    ⑤オフグリッドハウス
  テーマ 2:資源循環型社会/SDGs
    ①長期優良住宅
    ②中古住宅流通市場
    ③良質な中古住宅市場の整備や拡大に関する施策
  テーマ 3:空き家対策
    ①空き家ストックからみた中古住宅ビジネス
    ②空き家(対策)ビジネスに対する取組
  テーマ 4:レジリエンス住宅
  テーマ 5:スマートホーム/IoT/AI
  テーマ 6:3D プリンター住宅
  テーマ 7:高齢者住宅市場
    ①高齢者住宅とは
    ②主な参入企業
    ③高齢者住宅ストック数/市場の見通し
    ④2030 年の高齢者住宅の市場規模
    ⑤平屋住宅
  テーマ 8:ウェルビーイング住宅
  テーマ 9:地政学リスク
  テーマ 10:スマートシティ
    ①スマートシティの定義
    ②スマートシティにおけるデータ活用
    ③日本国内におけるスマートシティの展開状況
    ④スマートシティの事例研究

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 171頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。