2030年の小売市場の展望

EC、インバウンド、物価高騰、人手不足などを背景に近年、大きく産業構造が変化している小売市場。リアルとデジタル、メタバースビジネスなど近未来の小売市場を予測し、「2030年の小売業界」をテーマに、今後の業界の展望や注目の最新トピックスについて取りまとめる。

発刊日
2023/04/28
体裁
A4 / 200頁
資料コード
C64124500
PDFサイズ
5.5MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 200頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:我が国の小売市場はインターネットの普及、新型コロナ感染症の拡大、少子高齢社会など様々な要因によってダイナミックな変貌を遂げている。その小売市場の2030年までの中期展望を現在の状況をもとに考察し、将来予測を行うことで小売市場プレイヤーに資する資料とすることを目的とした。
定義:本調査における小売市場は個人用または家庭用消費のために販売される商品および産業用使用のため少量または少額で販売される商品の販売額を指す。
調査対象:国内の小売企業
(1)百貨店、(2)量販店、(3)専門店、(4)Eコマース、(5)その他
調査内容
(1)国内小売市場の現状
(2)小売市場を取り巻く市場環境
(3)海外の小売市場動向
(4)チャネル別 2030 年の小売市場の変化と予測
(5)小売市場アンケート分析
調査方法:◇アンケート郵送法 ◇文献調査
調査期間:2023年2月~2023年4月

調査結果サマリー
Close

2030年の小売市場に関する調査を実施(2023年)
2030年の国内小売市場規模は2022年比約14%減の114兆9,770億円を予測

資料ポイント
Close

  • チャネル別2030年に向けての中期展望
    ダイナミックに変化する小売業界のなかで勝ち残る業態は?百貨店、量販店、専門店、ドラッグストア、ホームセンター、家電量販店、食品スーパー、Eコマース、ショッピングセンターの中期展望を分析
  • 小売市場を取り巻く市場環境
    ・サプライヤー、ユーザー共に進んだデジタル化によって、小売企業もAI活用を本格化。また、メタバースビジネスの機運が高まるなか各社のメタバース活用状況等を分析
    ・コロナ禍で激減したインバウンド市場が渡航制限の解除で急回復、インバウンド市場が2030年までに国内小売市場にもたらす影響を分析
    ・サスティナブル、SDGsが小売業界に与えるインパクトと世界のスタンダード、小売企業の方向性を分析
  • 流通小売業アンケート調査
    2030年に向けた経営課題、生き残り戦略、調達・販売戦略、セールスプロモーション戦略等

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 2030年の小売市場の展望

<総論>2030年の小売市場の展望
1.2030年の小売市場予想と展望
  (1)国内小売全体市場の動向
2.社会の変化と小売業界への影響
  (1)人口減に伴う小売業への影響
  (2)物流の2024年問題
3.小売事業者が目指す方向性
  (1)2030年の小売事業者のマーケティング戦略の方向性
  (2)主力業態別の2030年予想

第2章 小売市場を取り巻く市場環境

人口長期予想
  1.人口長期予想
世界経済予測
  1.世界実質GDP成長率
インバウンド市場
  1.インバウンド市場の現状
  2.インバウンド需要の業種別状況
  3.2030年のインバウンド市場
小売市場の技術革新 ~AI~
  1.小売業の課題
  2.小売業におけるAI活用でできること
  3.主要小売企業のAI活用に対する取組み
  4.小売業界におけるAI活用の課題
小売市場の技術革新 ~メタバース~
  1.メタバースとは
  2.小売業におけるメタバースの活用
  3.主要企業のメタバースに対する取組み
  4.小売業界におけるメタバースの課題
小売市場のサステナブル・SDGs動向
  1.世界のサステナビリティ動向
  2.国内の環境負荷低減に資する取組み
  3.主要企業のサステナブルに対する取組み
  4.小売業界におけるサステナビリティの課題
  5.サステナブル・SDGs時代の生き残り戦略

第3章 2030年の海外小売市場

2030年の海外小売市場
  1.米国小売市場概況
  2.中国小売市場概況
  3.ECは拡大基調にブレーキがかかる可能性
  4.2030年の米国および中国の人口予想
  5.米国小売市場
    (1)米国小売市場規模
    (2)2030年の米国小売市場
    (3)米国の有力小売企業動向
  6.中国小売市場
    (1)中国小売市場規模
    (2)2030年の中国小売市場
    (3)中国の有力小売企業動向
  7.その他の地域
    (1)インド
    (2)アフリカ

第4章 チャネル別2030年の小売市場の変化と予測

<百貨店>
  1.百貨店市場規模推移と動向
  2.主要市場参入企業の状況
  3.百貨店市場の現状、トピック
  4.2030年の百貨店市場
<量販店(GMS)>
  1.GMS市場規模推移と動向
  2.主要市場参入企業の状況
  3.GMS市場の現状、トピック
  4.2030年のGMS市場
<衣料品専門店>
  1.衣料品専門店の市場規模推移と動向
  2.主要市場参入企業の状況
  3.衣料品専門店市場の現状、トピック
  4.2030年の衣料品専門店市場
<ドラッグストア>
  1.ドラッグストア市場規模推移と動向
  2.主要市場参入企業の状況
  3.ドラッグストア市場の現状、トピック
  4.2030年のドラッグストア市場
<ホームセンター>
  1.ホームセンター市場規模推移と動向
  2.主要市場参入企業の状況
  3.ホームセンター市場の現状、トピック
  4.2030年のホームセンター市場
<家電量販店>
  1.家電量販店市場規模推移と動向
  2.主要市場参入企業の状況
  3.家電量販店市場の現状、トピック
  4.2030年の家電量販店市場
<食品スーパー>
  1.食品スーパー販売規模推移と動向
  2.主要市場参入企業の状況
  3.食品スーパー市場の現状、トピック
  4.2030年の食品スーパー市場
<Eコマース>
  1.BtoC Eコマース市場規模推移と動向
  2.主要市場参入企業の状況
  3.Eコマース市場の現状、トピック
  4.越境EC市場の状況
  5.中国Eコマース市場のトピック
  6.2030年のEコマース市場
<ショッピングセンター(SC)>
  1.ショッピングセンター(SC)の市場規模推移と動向
  2.ショッピングセンター(SC)の近年の開発動向
  3.主要市場参入企業の状況
  4.ショッピングセンターの現状、トピック
  5.2030年のショッピングセンター市場

第5章 流通小売業の2030年戦略

アンケート調査の概要/統括と考察
  1.2030年に向けた商品・調達戦略としてすべきこと
  2.2030年に向けた販売戦略としてすべきこと
  3.2030年に向けたセールスプロモーション戦略としてすべきこと
  4.2030年に向けたチャネル戦略としてすべきこと
  5.中期的(2030年まで)な経営課題
  6.2030年までの成長率予想
  7.2030年を予測するのに重視している外部指標
  8.2030年の経営を考える際、動向を注視する必要があると考える国・地域
  9.2030年に向け注力していく生き残り戦略

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 200頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。