2030年の再生可能エネルギーマーケット ~太陽光発電編~

2021年10月に閣議決定された第6次エネルギー基本計画では、2018年度の太陽光発電導入量55.8GWから2030年度に100GWまで導入量を増やすための施策について掲載されている。
「2030年のエネルギーマーケット ~太陽光発電編~」では、こうした導入目標に対して、現場レベルでどのような課題を解決していく必要があるのか、発電事業者等へのヒアリングを通して明らかにして纏めている。
また、太陽光発電の導入拡大とともに重要になってくる、太陽光発電のO&Mサービス、セカンダリー市場、リユース・リサイクル、スポット型点検・診断サービスについても市場分析を行うことで、太陽光発電について網羅的に扱った。

発刊日
2023/03/30
体裁
A4 / 298頁
資料コード
C64120900
PDFサイズ
16.8MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 298頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本調査資料は、太陽光発電市場の今後の導入量予測、今後の太陽光発電の発電量増加に必要なトピック、国内の太陽光発電所の運営・メンテナンスやセカンダリー市場(稼働中の太陽光発電所取引)、太陽光パネルリユース・リサイクル、設備診断・評価などに関連するサービスや技術の市場動向について調査を実施した。
調査対象先:太陽光発電事業者、電力小売事業者、PPA 事業者、太陽光発電所の運営・メンテナンスや取引、太陽光パネルのリユース・リサイクルなどに関連するサービスや技術を持つ企業及び先進的な太陽光発電設備の活用事例を有する企業・公共機関など
調査方法:弊社専門調査員による直接面接取材および電話取材等による調査結果をもとに、弊社独自の手法と責任により分析を行った。また、掲載している数値等はヒアリング内容等を基に弊社が推定したものである。
調査期間:2023年1月~2023年3月

調査結果サマリー
Close

太陽光発電市場に関する調査を実施(2023年)
2030年度の国内太陽光発電導入量を6,151MWと予測
~2030年度の導入量を契約種別にみると、PPAが最も多く次いで自家消費が続く見通し~

資料ポイント
Close

  • 有力事業者へのヒアリングをもとに、矢野経済研究所が独自に2030年の太陽光導入量を予測。
  • 旧一電を含む太陽光発電導入のキープレイヤーに対して、今後の太陽光発電導入拡大に向けた主要な論点に対する視点をヒアリング。
  • 太陽光発電所設備運用・セカンダリー市場(O&Mサービス市場、太陽光発電所セカンダリー市場、太陽光パネルリユース・リサイクル市場)について市場分析と将来予測を実施。

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章:2030年に向けた太陽光発電導入量予測

1.2030年に向けた太陽光発電導入量予測
2.第 6次エネルギー基本計画と政府の方針

第2章:今後の太陽光電源導入拡大に向けた課題

1.系統接続
2.適地
  (1)屋根
  (2)耕作放棄地
3.電力需要家別の導入課題
  (1)住宅
  (2)大企業
  (3)中小企業
  (4)自治体
4.既存再エネの活用
5.蓄電池の併設
6.様々な設置方法への対応

第3章:O&Mサービス

1.概要
2.代表的なO&Mサービスのメニュー
  (1)遠隔監視
  (2)駆け付け
  (3)定期点検
  (4)改修
  (5)その他防草・除草・除雪・洗浄等
  (6)O&Mサービスにおける情報通信技術等の活用
3.低圧太陽光発電所向けO&Mサービス
4.高圧太陽光発電所向けO&Mサービス
5.特別高圧太陽光発電所向けO&Mサービス
6.O&Mサービスの市場規模推移

第4章:太陽光発電所セカンダリー市場

1.概要
2.稼働済みの太陽光発電所の取得に関する確認事項
3.太陽光発電所セカンダリー市場の市場規模推移

第5章:廃太陽光パネルリユース・リサイクル

1.概要
2.民間企業の動向
3.廃太陽光パネルのリユース・リサイクルの流れ
  (1)廃太陽光パネルの排出・回収
  (2)リユース市場
  (3)リサイクル
4.廃太陽光パネルリユース・リサイクルの市場規模

第6章:スポット型点検・診断サービス

1.概要
2.低圧太陽光発電所向けスポット型点検・診断サービス
  (1)ドローン点検
  (2)診断サービス
3.高圧及び特別高圧太陽光発電所向けスポット型点検・診断サービス
  (1)ドローン点検
  (2)診断サービス

第7章:有力事業者の取り組みと戦略分析

1.スマートエナジー
2.エネテク
3.juwi自然電力オペレーション
4.オリックス・リニューアブルエナジー・マネジメント
5.エナジー・ソリュションズ
6.リコージャパン
7.テスホールディングス
8.野原ホールディングス
9.ウエストO&M
10.三井化学
11.ヒラソル・エナジー
12.センシンロボティクス
13.トーエネック
14.未来機械
15.浜田
16.環境保全サービス
17.東芝環境ソリューション
18.ネクストエナジー・アンド・リソース
19.チヨダマシナリー
20.日本動産鑑定
21.新エネルギーO&M協議会
22.エコスタイル
23.大阪ガス
24.シェアリングエネルギー
25.積水化学工業 住宅事業
26.東京電力グループ 発電・小売電気事業
27.パシフィックパワー
28.VPP Japan

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 298頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。