2022年版 理美容化粧品マーケティング総鑑

当調査は、理美容市場参入企業における理美容事業・美容事業の方向性と、各社の企業戦略を調査・分析することにより、理美容市場の現状把握と将来性を展望することを目的として実施した。

発刊日
2022/03/28
体裁
A4 / 282頁
資料コード
C63124300
PDFサイズ
2.8MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 282頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は、理美容市場参入企業における理美容事業・美容事業の方向性と、各社の企業戦略を調査・分析することにより、理美容市場の現状把握と将来性を展望することを目的として実施した。
調査対象市場:理美容化粧品市場
・品目別市場規模、メーカーシェア(ヘアカラー剤、パーマネントウェーブ剤、ヘアケア剤、スタイリング剤、その他)
調査対象先:関連企業/その他、理美容関連協会・団体、理美容関連企業
調査方法:弊社専門研究員による面接調査、電話調査、文献調査
調査期間:2022年1月~2022年3月

調査結果サマリー
Close

理美容向け業務用化粧品市場に関する調査を実施(2021年)
2021年度の理美容向け業務用化粧品市場は、前年度比106.4%の1,478億円
~コロナ禍による理美容室の来店客数の減少が影響も、店販品を中心とするヘアケアカテゴリーが大きく伸長~

資料ポイント
Close

  • 理美容化粧品の市場規模推移(2017~2021年度)を調査、全体トレンドを分析
  • 理美容化粧品カテゴリー別市場規模推移(2017~2021年度)を調査、カテゴリー別トレンドを分析
  • 理美容化粧品総市場のメーカーシェア(2019~2021年度)、製品カテゴリー別のメーカーシェア(2019~2021年度)を調査
  • 有力理美容化粧品メーカーのマーケティング戦略を分析
  • 理美容化粧品メーカーの実態を調査(14社)
  • 有力理美容商社・ディーラーの実態を調査(5社)
  • ウイズコロナとコロナ収束へ向けた現在の市場動向を調査、物販を中心としたビジネスモデルの構造変革を大胆予測
  • 2022~2026年度の理美容化粧品市場を大胆に予測
  • 【前回版との違い】アフターコロナ時代の展望、DX化、SDGsへの対応を調査

リサーチ内容

調査結果のポイント(理美容化粧品マーケティング総鑑 2022年版Semiannual Report)

第Ⅰ章 理美容化粧品市場の総論

1.2021年度理美容化粧品総市場
  1)市場概況
  2)理美容化粧品の総市場規模推移(2017~2021年度)
  3)理美容化粧品のメーカーシェア(2019~2021年度)
  4)理美容化粧品の売上ランキング一覧(2019~2021年度)
  5)理美容化粧品の地域別市場構成比(2021年度)
    (1)理美容化粧品総市場
    (2)ヘアカラー剤市場
    (3)パーマネントウェーブ剤市場
    (4)ヘアケア剤市場
    (5)スタイリング剤市場
    (6)その他化粧品市場
2.理美容化粧品の今後の方向性と見通し
  1)理美容化粧品の今後の市場見通し
  2)理美容化粧品の市場規模予測(2022~2026年度)
3.アフターコロナ、ウイズコロナ時代の理美容化粧品市場の展望
4.理美容化粧品市場の注目動向
  1)メーカーやディーラーのEC・販促アプリ等、ビジネス領域拡大サービスの導入が加速
  2)タカラベルモントが脱毛機器販売を開始、新たなサロンメニューの浸透と確立に期待
  3)SDGsの取組が加速、各社の取組に加えて業界初となる団体を立ち上げ
  4)資生堂プロフェッショナル事業の売却により変革する理美容化粧品業界
5.業務用理美容機器市場の動向
6.理美容商社・ディーラーの動向

第Ⅱ章 理美容化粧品市場の製品カテゴリー別動向分析

1.理美容化粧品の製品カテゴリー別市場
  1)製品カテゴリー別市場構成比(2021年度)
  2)製品カテゴリー別市場規模推移(2017~2021年度)
  3)製品カテゴリー別市場規模予測(2022~2026年度)
2.ヘアカラー剤市場
  1)ヘアカラー剤の市場概況
  2)ヘアカラー剤の市場規模推移(2017~2021年度)
  3)ヘアカラー剤のメーカーシェア(2019~2021年度)
  4)ヘアカラー剤の売上ランキング一覧(2019~2021年度)
  5)ヘアカラー剤の今後の市場見通し
  6)ヘアカラー剤の市場規模予測(2022~2026年度)
3.パーマネントウェーブ剤市場
  1)パーマネントウェーブ剤の市場概況
  2)パーマネントウェーブ剤の市場規模推移(2017~2021年度)
  3)パーマネントウェーブ剤のメーカーシェア(2019~2021年度)
  4)パーマネントウェーブ剤の売上ランキング一覧(2019~2021年度)
  5)パーマネントウェーブ剤の今後の市場見通し
  6)パーマネントウェーブ剤の市場規模予測(2022~2026年度)
4.ヘアケア剤市場
  1)ヘアケア剤の市場概況
    (1)全体の市場概況
    (2)ヘアケア剤(プロフェッショナル向け)市場の概況
    (3)ヘアケア剤(店販用)市場の概況
  2)ヘアケア剤の市場規模推移(2017~2021年度)
  3)ヘアケア剤のメーカーシェア(2019~2021年度)
  4)ヘアケア剤の売上ランキング一覧(2019~2021年度)
  5)ヘアケア剤の今後の市場見通し
  6)ヘアケア剤の市場規模予測(2022~2026年度)
5.スタイリング剤市場
  1)スタイリング剤の市場概況
    (1)全体の市場概況
    (2)スタイリング剤(プロフェッショナル向け)市場の概況
    (3)スタイリング剤(店販用)市場の概況
  2)スタイリング剤の市場規模推移(2017~2021年度)
  3)スタイリング剤のメーカーシェア(2019~2021年度)
  4)スタイリング剤の売上ランキング一覧(2019~2021年度)
  5)スタイリング剤の今後の市場見通し
  6)スタイリング剤の市場規模予測(2022~2026年度)
6.理美容化粧品の市場規模推移一覧(2017~2026年度予測)

第Ⅲ章 有力企業のマーケティング戦略分析

1.製品戦略・開発戦略
2.流通戦略
3.販売動向
4.業界展望と問題点と課題
5.コロナ禍への対応
6.DX化への対応
7.SDGsへの対応
8.今後の事業戦略
9.海外事業の取組み

第Ⅳ章 有力企業のマーケティング戦略(19社)

1.理美容商社・ディーラー編(5社)
  滝川株式会社
  日理株式会社
  株式会社きくや美粧堂
  株式会社フジシン
  株式会社ビューティガレージ
2.理美容化粧品メーカー編(14社)
  株式会社アジュバンホールディングス(旧 アジュバンコスメジャパン)
  株式会社アリミノ
  クラシエホームプロダクツ株式会社
  コタ株式会社
  資生堂プロフェッショナル株式会社
  タカラベルモント株式会社
  玉理化学株式会社
  株式会社ナンバースリー
  日華化学株式会社
  株式会社ハホニコ
  株式会社b-ex(旧 ビューティーエクスペリエンス)
  ヘンケルジャパン株式会社
  三口産業株式会社
  株式会社ミルボン

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 282頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。