2021年版 化粧品マーケティング総鑑

当調査は、化粧品関連企業における化粧品の取扱い実態と、各社の市場戦略を調査、分析することにより、化粧品市場の現状把握と今後を展望することを目的として実施した。

発刊日
2021/09/27
体裁
A4 / 735頁
資料コード
C63110800
PDFサイズ
9.3MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 735頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は、化粧品関連企業における化粧品の取扱い実態と、各社の市場戦略を調査、分析することにより、化粧品市場の現状把握と今後を展望することを目的とする。
調査対象製品・流通
・製品(スキンケア化粧品、メイクアップ化粧品、ヘアケア化粧品、フレグランス化粧品、男性用化粧品)※医薬部外品の化粧品、輸入品を含む。
・流通(制度品流通、一般品流通、訪販品流通、通販品流通、直販品流通、業務用流通)
調査対象先:化粧品ブランドメーカー、受託製造・OEM 企業、輸入商社、化粧品原料メーカー・商社
調査方法:専門研究員による直接面接調査、電話調査を実施
調査期間:2021年6月~2021年9月

調査結果サマリー
Close

化粧品市場に関する調査を実施(2021年)
化粧品市場はコロナ禍でインバウンド需要がほぼ消失、テレワークの拡大や外出自粛などで国内需要も落ち込む
~2020年度の国内化粧品市場規模は前年度比84.4%の2兆2,350億円~

資料ポイント
Close

  • 化粧品産業(川上~川下)がすべて理解できる必読のマーケティングレポート
  • 2020年度化粧品市場のトレンドを徹底調査、ウイズコロナ・アフターコロナ、ニューノーマル時代のトレンドを予測
  • 有力ブランドメーカーの研究開発戦略・生産戦略を調査、今後のトレンドと構造変化を展望
  • 各流通(制度品・一般品・訪販品・通販品・直販品・業務用)の2016~2025年度の市場規模・予測を掲載
  • 各カテゴリー(スキンケア・メイクアップ・ヘアケア・フレグランス・男性用)の2016~2025年度の市場規模・予測を掲載
  • 2020年度各カテゴリー(スキンケア・メイクアップ・ヘアケア・フレグランス・男性用)のメーカーシェアを掲載
  • 2020年度各流通(制度品・一般品・訪販品・通販品・直販品・業務用)のメーカーシェアを掲載
  • 化粧品市場関連基礎データ(工業統計・化学工業統計、家計調査)を分析
  • 有力原料メーカー・商社(3社)、有力受託メーカー(3社)を、有力容器メーカー・ディーラー(3社)を調査、サプライチェーンのトレンドを俯瞰
  • 有力卸売業(4社)・有力小売業(8社)を調査、末端トレンドのトレンドを俯瞰
  • 有力ブランドメーカー(39社)・有力業務用化粧品メーカー(3社)のマーケティング戦略を研究分析
  • 前回版との違い:アフターコロナ・ウイズコロナ時代の展望、DX化、SDGsへの対応を調査

リサーチ内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 化粧品市場の総論

1.2020年度日本の化粧品総市場
  (1)化粧品の市場規模推移(2016~2020年度)
  (2)化粧品の地域別市場構成比(2020年度)
  (3)化粧品市場のメーカーシェア(2020年度)
  (4)化粧品総市場のメーカーシェア一覧(2020年度)
2.化粧品市場の今後の方向性と見通し
  (1)化粧品市場の市場見通し
  (2)化粧品の市場規模予測(2021~2025年度)
3.アフターコロナ、ウイズコロナ時代の化粧品市場の展望
  (1)ビジネスモデルのDX化が進展
  (2)D2C型ブランドの台頭
  (3)マスク着用・テレワークを前提とした商品の需要拡大
  (4)日本製化粧品の輸出金額のさらなる拡大
4.化粧品市場の注目動向
  (1)2020年の化粧品輸出総額は前年比113.8%の6,549億円に拡大
  (2)アフターコロナ、ウイズコロナ時代への対応を図る化粧品業界
  (3)SDGsに関する取り組みを推進する化粧品業界
  (4)DX化を推進する化粧品業界
  (5)日本市場で存在感増すK-Beauty(韓国コスメ)
  (6)ベンチャー企業の新規上場が相次ぐ
  (7)マスク着用による肌トラブルの増加で注目集める敏感肌化粧品
  (8)価格帯・チャネル・ターゲット層の拡がりにより‘シワ改善’化粧品が市場を席巻
  (9)DX化を背景に細分化する需要への対応策として注目集める‘パーソナライズ化’
  (10)クリーンビューティーの観点から注目集める自然派・オーガニック化粧品
5.化粧品メーカーの研究開発戦略
6.化粧品メーカーの生産戦略
7.化粧品受託製造市場の動向
8.化粧品原料市場の動向
9.化粧品容器市場の動向
10.化粧品卸の動向
11.ドラッグストアの化粧品戦略

第Ⅱ章 製品カテゴリー別の市場動向分析

1.化粧品の製品カテゴリー別市場
  (1)製品カテゴリー別市場構成比(2020年度)
  (2)製品カテゴリー別市場規模推移(2016~2020年度)
  (3)製品カテゴリー別市場規模予測(2021~2025年度)
2.スキンケア市場
  (1)スキンケアの市場概況
  (2)スキンケアの市場規模推移(2016~2020年度)
  (3)スキンケアのメーカーシェア(2020年度)
  (4)スキンケアのメーカーシェア一覧(2020年度)
  (5)スキンケアの製品別市場規模(2020年度)
  (6)スキンケアの市場見通し
  (7)スキンケアの市場規模予測(2021~2025年度)
3.メイクアップ市場
  (1)メイクアップの市場概況
  (2)メイクアップの市場規模推移(2016~2020年度)
  (3)メイクアップのメーカーシェア(2020年度)
  (4)メイクアップのメーカーシェア一覧(2020年度)
  (5)メイクアップの製品別市場規模(2020年度)
  (6)メイクアップの市場見通し
  (7)メイクアップの市場規模予測(2021~2025年度)
4.ヘアケア市場
  (1)ヘアケアの市場概況
  (2)ヘアケアの市場規模推移(2016~2020年度)
  (3)ヘアケアのメーカーシェア(2020年度)
  (4)ヘアケアのメーカーシェア一覧(2020年度)
  (5)ヘアケアの製品別市場規模(2020年度)
  (6)ヘアケアの市場見通し
  (7)ヘアケアの市場規模予測(2021~2025年度)
5.フレグランス市場
  (1)フレグランスの市場概況
  (2)フレグランスの市場規模(2016~2020年度)
  (3)フレグランスのメーカーシェア(2020年度)
  (4)フレグランスのメーカーシェア一覧(2020年度)
  (5)フレグランスの市場見通し
  (6)フレグランスの市場規模予測(2021~2025年度)
6.男性用化粧品市場
  (1)男性用化粧品の市場概況
  (2)男性用化粧品の市場規模推移(2016~2020年度)
  (3)男性化粧品のメーカーシェア(2020年度)
  (4)男性用化粧品のメーカーシェア一覧(2020年度)
  (5)男性用化粧品の製品別市場規模(2020年度)
  (6)男性用化粧品の市場見通し
  (7)男性用化粧品の市場規模予測(2021~2025年度)

第Ⅲ章 流通ルート別の市場動向分析

1.化粧品の流通ルート別市場
  (1)流通ルート別市場構成比(2020年度)
  (2)流通ルート別市場規模推移(2016~2020年度)
  (3)流通ルート別市場規模予測(2021~2025年度)
2.制度品流通
  (1)制度品流通の市場概況
  (2)制度品流通の市場規模推移(2016~2020年度)
  (3)制度品流通のメーカーシェア(2020年度)
  (4)制度品流通のメーカーシェアランキング一覧(2020年度)
  (5)制度品流通の市場見通し
  (6)制度品流通の市場規模予測(2021~2025年度)
3.一般品流通
  (1)一般品流通の市場概況
  (2)一般品流通の市場規模推移(2016~2020年度)
  (3)一般品流通におけるチャネル別動向
    ①一般品流通におけるチャネル別市場構成比(2020年度)
    ②ドラッグストアルートの市場規模推移(2016~2020年度)
    ③量販店の市場規模推移(2016~2020年度)
    ④CVSの市場規模推移(2016~2020年度)
  (4)一般品流通のメーカーシェア(2020年度)
  (5)一般品流通のメーカーシェアランキング一覧(2020年度)
  (6)一般品流通の市場見通し
  (7)一般品流通の市場規模予測(2021~2025年度)
4.訪販品流通
  (1)訪販品流通の市場概況
  (2)訪販品流通の市場規模推移(2016~2020年度)
  (3)訪販品流通のメーカーシェア(2020年度)
  (4)訪販品流通のメーカーシェアランキング一覧(2020年度)
  (5)訪販品流通の市場見通し
  (6)訪販品流通の市場規模予測(2021~2025年度)
5.通販品流通
  (1)通販品流通の市場概況
  (2)通販品流通の市場規模推移(2016~2020年度)
  (3)通販品流通のメーカーシェア(2020年度)
  (4)通販品流通のメーカーシェアランキング一覧(2020年度)
  (5)通販品流通の市場見通し
  (6)通販品流通の市場規模予測(2021~2025年度)
6.直販品流通
  (1)直販品流通の市場概況
  (2)直販品流通の市場規模推移(2016~2020年度)
  (3)直販品流通のメーカーシェア(2020年度)
  (4)直販品流通のメーカーシェアランキング一覧(2020年度)
  (5)直販品流通製品の市場見通し
  (6)直販品流通の市場規模予測(2021~2025年度)
7.理美容(業務用)流通
  (1)理美容(業務用)流通の市場概況
  (2)理美容(業務用)流通の市場規模推移(2016~2020年度)
  (3)理美容(業務用)流通のメーカーシェア(2020年度)
  (4)理美容(業務用)流通のメーカーシェアランキング一覧(2020年度)
  (5)理美容(業務用)流通の市場見通し
  (6)理美容(業務用)流通の市場規模予測(2021~2025年度)

第Ⅳ章 有力参入企業のマーケティング戦略(63社)

【化粧品ブランドメーカー(39社)】
 
株式会社I-ne
~2021年3月、「BOTANIST」のスタンダードラインをフルリニューアル~
 
株式会社アイビー化粧品
~「レッドパワー セラム」「ホワイトパワー セラム」をトップブランドに育成~
 
株式会社アイム
~真の自然派化粧品を目指し、化学肥料不使用の原料作りに着手~
 
株式会社アルビオン
~変化する購買行動に対応し、より顧客目線を重視した顧客管理方法に変更~
 
アンファー株式会社
~コロナ禍もECを中心としたマーケットで堅調を維持、スキン・ボディケアを強化~
 
株式会社伊勢半
~Z世代に向けて、創業初となるD2Cセルフメイクブランド「MN」を立ち上げる~
 
株式会社オージオ
~卵殻膜美容液「ビューティーオープナー」が、シリーズ累計400万個を突破~
 
オッペン化粧品株式会社
~人的リソースと商品力にオンラインを融合した訪販スタイル継続強化~
 
オルビス株式会社
~肌測定IoTデバイスを用いたスキンケアサービスを始動~
 
花王株式会社
~中期経営計画「K25」を発表し、企業理念「花王ウェイ」を刷新~
 
株式会社カネボウ化粧品
~2020年10月、グローバルブランド「KANEBO」のスキンケアを刷新~
 
川辺株式会社
~ブルガリ パルファン事業部の日本国内における輸入販売を開始~
 
クラシエホームプロダクツ株式会社
~ヘアケアはプレミアム、スキンケアはシワ改善製品ラインナップを拡充~
 
株式会社コーセー
~「コスメデコルテ」から誕生29年目となるロングセラー美容液を初リニューアル~
 
株式会社シーボン
~中期経営計画に掲げた3つの重点実行項目に取組み、再成長を目指す~
 
株式会社資生堂
~アクセンチュアとの戦略的連携によりDX(Digital Transformation)を加速~
 
株式会社シャルレ
~リアルな訪問活動にデジタルサポートを融合しウイズコロナに対応~
 
新日本製薬株式会社
~シワ改善と美白の「パーフェクトワン 薬用リンクルストレッチジェル」を発売~
 
株式会社スタイリングライフ・ホールディングス(BCLカンパニー・(株)CPコスメティクス)
~トレンドをキャッチし具現化するスピード感の強化で内外の市場開拓を推進~
 
ちふれホールディングス株式会社
~「ちふれグループカタログ通信販売」を開始、各種ECサイトでの販売も拡大~
 
常盤薬品工業株式会社
~変化するお客さまのニーズを捉えた商品の継続的な提供を推進~
 
株式会社ナリス化粧品
~コロナ禍は既存顧客の固定化の推進と新規サービス・ブランドを導入~
 
日本アムウェイ合同会社
~2020年12月、一般向け製品購入ウェブサイトを開設~
 
日本ロレアル株式会社
~イヴ・サンローラン・ボーテで定額制サービスをスタート~
 
ニュー スキン ジャパン株式会社
~大型新製品の美顔器「ageLOC ブースト」を発売し話題となる~
 
株式会社ノエビア
~薬用しわ改善美容液「ノエビア 薬用リンクルセラム」が売上に貢献~
 
株式会社ハーバー研究所
~2020年7月、中国向け越境ECをスタート~
 
株式会社ハウス オブ ローゼ
~夏のマスク生活を快適に過ごす「クールルーセントパウダー」の売上が好調~
 
P&Gジャパン合同会社
~AIを活用した棚割り「スマートシェルフ」を小売業に提案~
 
P&Gプレステージ合同会社
~2020年8月、新スキンケアシリーズ「SK-II スキンパワー」を発売~
 
株式会社ファンケル
~ITの活用で顧客の体験価値を高め、一人一人に最適なアプローチを目指す~
 
フォーデイズ株式会社
~「ムーサ エッセンス ステム」が牽引、化粧品関連売上高は2ケタ伸長~
 
ブルーベル・ジャパン株式会社
~オンラインとオフラインを相乗させて融合する販促活動を展開~
 
株式会社ポーラ
~2020年9月、ポーラ最高峰シリーズ「B.A」をフルリニューアル~
 
株式会社マンダム
~中期経営計画(MP-13)のもとVI刷新と新コーポレートスローガンを導入~  482 
 
株式会社ヤマサキ
~コーポレートサイトに続き、「ラサーナ」ブランドサイトを全面リニューアル~
 
ユニリーバ・ジャパン株式会社
~2021年3月、“まっすぐ髪”を追求した新ブランド「MASUGU」を投入~
 
ロート製薬株式会社
~コロナとニューノーマルに対応、EC戦略遂行や通販商品拡充に注力~
 
ロクシタンジャポン株式会社
~プレステージエイジングケア「イモーテル ディヴァイン」をリニューアル~
 
【理美容(業務用)化粧品メーカー(3社)】
 
コタ株式会社
~コロナ禍もヘアケアを軸とした旬報店経営が強みを発揮~
 
日華化学株式会社
~コロナ禍も既存ブランド及び新製品の投入で健闘、オンラインサービスを強化~
 
株式会社ミルボン
~「Life Time Beauty Innovation for NEXT100」を掲げ、リアルとデジタルの最適化推進~
 
【化粧品原料メーカー・商社(3社)】
 
岩瀬コスファ株式会社
~オンラインプロモーションを強化 SDGsを始めとしたCSR活動を推進~
 
日本精化株式会社
~サステナブル・海外規制対応の素材開発を推進~
 
株式会社マツモト交商
~物流体制強化による供給安定性確保に尽力、健康食品分野の市場開拓も堅調~
 
【化粧品受託メーカー(3社)】
 
東洋ビューティ株式会社
~新中期経営計画を策定 「世界最良のODM企業」の実現に取り組む~
 
株式会社トキワ
~イノベーション、営業改革、コスト構造改革によりグローバルに成長を加速~
 
日本コルマー株式会社
~市況の逆風下も17期連続増収を達成、2021年度はベトナム新工場稼働を予定~
 
【化粧品容器メーカー・ディーラー(3社)】
 
共同印刷株式会社
~チューブ生産体制を継続強化し、国内外の提案営業で受注拡大へ~
 
株式会社グラセル
~東日本エリアの物流拠点を開設しBCPを推進、容器開発は環境対応を強化~
 
竹本容器株式会社
~新中期経営計画を策定、「環境対応・開発力・スピード・WEBマーケティング」を推進~
 
【化粧品卸企業(4社)】
 
株式会社あらた
~化粧品事業ではコロナ禍でもアジアコスメが牽引、売上も回復基調~
 
株式会社大木
~流行を追いかけながらも、メディカルスキンケアを訴求~
 
CBグループマネジメント株式会社
~2019年に海外マーケティング室を設立、海外の良質なブランドの発掘を強化~
 
株式会社PALTAC
~2021年1月EC事業部を設立、拡大するECビジネスへの対応強化~
 
【化粧品小売企業(8社)】
 
株式会社アインホールディングス
~「アインズ&トルペ」は公式アプリと公式ECサイト拡充による顧客サービス向上~
 
株式会社クリエイトSDホールディングス
~「ワンストップ&ショートタイムショッピング」の実現に注力~
 
Genky DrugStores株式会社
~来店頻度向上の核となる食品事業を一層強化、化粧品購入の波及効果も期待~
 
株式会社ココカラファイン
~2020年12月、都市型旗艦店「ココカラファイン東京新宿三丁目店」をオープン~
 
サツドラホールディングス株式会社
~環境や人体への負担を考慮した化粧品PBブランド「サウレ」を発売~
 
株式会社スタイリングライフ・ホールディングス(プラザスタイルカンパニー)
~コロナ禍もオンラインから店舗への来店につなげていくO2O戦略を推進~
 
株式会社トモズ
~One to Oneマーケティングの中核となる公式アプリは100万DL達成見込み~
 
株式会社マツモトキヨシホールディングス
~リニューアルしたPB「ザ・レチノタイム」「アルジェラン」が好調に推移~

第Ⅴ章 化粧品関連基礎データ分析

1.工業統計分析
  (1)出荷金額、事業所数推移(2015~2019年)
  (2)都道府県別出荷ランキング
2.化学工業統計調査
  (1)2016年
  (2)2017年
  (3)2018年
  (4)2019年
  (5)2020年
3.家計調査にみる化粧品消費支出動向(2020年)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 735頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。